ライザップのCMの音楽は何?筋トレ中に聴きたいモチベーションを上げる曲も紹介

ライザップのCMの音楽は何?筋トレ中に聴きたいモチベーションを上げる曲も紹介

TRAINING 2019.02.25

Share :

ダッダッダのCMの曲が気になる

ライザップのCMで使用されている「ダッダッダ」と聴こえる曲が気になるという人は多いようです。何と言う曲なのか、調べてみました。気になる方、興味のある方はご覧になってください。

ライザップのCMで使用されている曲について

ライザップのCMの曲はとても印象的です。あの「ダッダッダ」という音を聴くと「ダイエット頑張ろう。」と思う人は多いはずです。CD化されているのか、元の音源は何なのか、サウンドデザイン賞受賞などの情報をこちらにお届けします。

CD化はしていない

ライザップのあの有名な曲はCM用のオリジナル曲になります。変身前と変身後の身体の違いがものすごいので、まるでべート―ベンの「運命」のようなインパクトを受ける曲です。CMといっしょに曲も話題になりました。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

新しいCMの曲はHY仲宗根泉さんが歌う「DEBUと言われて」という楽曲で着うたステーションでダウンロード可能です。こちらのサイトでは、パパイヤ鈴木さん振付の動画も見られます。ユニークな歌詞と印象的な旋律がうまくマッチしています。ライザップ自体に興味がなくても、曲にハマってしまったという人が多いのも頷けるところです。

https://sp.popn.cc/uta/youtube/wMg4ZvCw-O0/

元の音源があるとの一説がある

上記の曲ですが、元となった音源があると言われています。それはドイツのエレクトロ・ユニット「Boys Noize」の「The Battery」という曲です。イントロが同じなので、ライザップの曲の元ネタではないかと言われています。

サウンドデザイン賞を受賞した

実は、このCMは201555th ACC CM FESTIVALのクラフト賞の一つサウンドデザイン賞を獲得しているという優れものです。確かにグッと人の心を引き付けるサウンドといえます。一度聴いたら、忘れないようなインパクトの強さや体中に力がみなぎるような力強さが評価されたのかもしれません。

あの「ダッダッダ」は特に、これからダイエットに励もうと思う人達の背中を押してくれるようなサウンドです。誰もが、その力強いサウンドを聴くと体から力がみなぎってきそうな感じもします。あの音楽に後押しされて頑張ったという人も少なくないでしょう。因みに、同じ年に赤井英和さんがライザップのCMで演技賞を受賞されています。

ライザップの曲を手に入れるには

では、そんなライザップの曲を手に入れたいと思う場合、どうすればよいか、考えてみます。出来れば、手に入れていつでも好きな時に聴きたいという人は多いでしょう。こちらをご覧になるとよい参考になります。

ニコニコ動画でアカウントを取得すれば可能

ライザップの曲を常日頃、聴いていたいという場合は無料でダウンロードできる「ニコニコ・コモンズ」というサイトを利用するとよいです。こちらで、アカウントを取得すると私用目的ならば、無料でダウンロードできます。検索してみてください。

筋トレ中に聴いたり、車の中で聴いたり、忘年会などの出し物で使うのも楽しそうです。子供が学校のお楽しみ会で使うのもウケねらいによいでしょう。何よりも元気が出るのはうれしいところです。

新バーションはレコチョクで購入すれば可能

上記でも触れました新バージョンはHY仲宗根泉さんの『DEBUと言われて』という楽曲です。こちらも、話題性のある曲なので、知っていると話のタネにもなるでしょう。着うた同様、i Tuneやレコチョクで購入もできます。

新バージョンの方が切なさがこみあげてくるバラード調です。練習して覚えてカラオケで挑戦してみるのもよいでしょうし、歌を聴きながら筋トレに励むのもよいでしょう。心の癒しになる美しい曲です。

筋トレを頑張れる曲を紹介

では、最後に筋トレ中に聴きたい曲をご紹介します。この曲を聴くと筋トレを頑張れるというのもがあると、励みになるでしょう。オリンピック選手等もよく競技の前にモチベーションを上げる曲を聴いているようです。

洋楽ならBon Jovi の It’s My Life

洋楽が好きで洋楽を聴くとモチベーションが上がるという人におすすめなのはBon Jovi の It’s My Lifeです。この力強いサビが元気をくれますから、頑張ろうという気持ちになれるでしょう。スポーツジムでよく流れている曲です。

英語が好きで、英語力もアップしたいという人にはリスニングの勉強にもなるでしょう。テンポはまあまあ速いのですが、わり聞き取りやすいクセのない英語です。Bon Joviを知らないという人でも、どこかで聴いたことのあるような馴染のある曲かもしれません。

イギリス人博士が推奨するQueenのDon’t Stop Me Now

こちらも有名なQueenのDon’t Stop Me Nowです。テンポが速いので、スポーツにはもってこいですし、「Don’t Stop」ということで、ここでやめないでもっと頑張ろうという気持ちになれます。多くのアーティストがカバー曲を発表しているため、Queenを知らなくてもどこかで聴いたことがあると思うでしょう。

このような速いテンポの明るい曲は人を幸せな気持ちにする傾向にあるそうです。イギリスの電気メーカーの調査ではこの曲に幸せを感じる人が最も多かったという結果が出ましたし、博士の研究でも幸せの方程式と推奨されました。幸せな気分で筋トレができれば、モチベーションが上がるでしょう。

入場曲として使用されているDarudeのSandstorm

こちらも有名な曲で、特に総合格闘家のヴァンダレイ・シウバやボストン・レッドソックスの上原浩治が入場曲にしていることも、よく知られています。何かが始まるような予感、徐々に盛り上がってくる旋律が「頑張ろう。」という気持ちを奮い立たせてくれるでしょうから、筋トレのBGMにぴったりです。

この曲を聴いていると、自分の限界に挑戦したくなります。昨日の自分よりに負けないという強い気持ちになれること間違いなしでしょう。めげてしまいそうな時に、聴くと良いです。

応援曲にピッタリなSuperflyのタマシイレボリューション

こちらは、2010年のFIFAワールドカップ日本公式応援ソングとして有名です。冒頭からの力強いメロディーと歌声が気持ちを高めてくれます。リズムに乗って、トレーニングできそうです。

テンポも速いので、筋トレをしっかり行うにのにちょうどよいでしょう。エレキの音と「タマシイレボリューション」を叫ぶ歌詞に押されて筋トレを頑張れること間違いなしです。サッカーの経験のある人は特に頑張れるかもしれません。

筋トレ中に音楽を聴いてモチベーションをあげよう

音楽には癒やし、集中力を高める、気分を高揚させてくれたりと様々効果があり、そういった理由から筋トレに適している曲はたくさんあります。トレーニングに音楽を取り入れましょう。

category

記事カテゴリー