八景島周辺の釣りスポットと釣れる魚の情報を徹底解説

八景島周辺の釣りスポットと釣れる魚の情報を徹底解説

FISHING 2019.01.22

Share :

八景島周辺の釣りスポットを徹底解説

八景島は観光スポットとしても有名で、多くの人が休日には訪れている横浜でも人気のある場所の一つです。観光で訪れるだけでなく、八景島周辺の海では釣りを楽しむこともできます。ただ、釣りはどこでもできるわけではなく場所が決められているので事前のリサーチが必要です。

八景島周辺の釣り場の基本情報

八景島周辺はどこでも釣りができるわけではありません。基本情報を確認しルールを守って釣りを楽しみましょう。ルールもさほど難しいものではないので事前に確認しておけば間違える心配もありません。

島内は釣り禁止

八景島周辺での釣りで最も多くの人が間違えるのが釣りのできる場所です。実は、八景島での釣りが禁止されています。八景島シーパラダイスで知られる八景島は横浜市金沢区にある島で、この島の中では釣りができません。

シーパラダイスでの釣りができないと聞くと八景島では釣りができないと思われがちです。しかし、八景島の対岸では釣りができるので、釣りは八景島の対岸にあるいくつかのスポットで竿を出すことになります。

釣れる魚の種類

八景島周辺では一年を通してキス、ハゼ、カレイ、クロダイ、メジナ、カサゴ、タコ、サバといったものが釣れるといわれています。投げ釣りの場合には、夏はキス、冬はカレイがメインターゲットです。夜釣りの場合にはアナゴやメバルといったものも釣ることができます。

釣れる魚は季節によって違うので訪れるたびに様々な釣果が期待できるのも魅力です。決して魚は大きくないですが、その分種類で楽しませてくれます。

八景島周辺の釣りポイント

八景島での釣りを楽しむ場合、いくつかのポイントがあります。楽しく楽しむためにも釣りのポイントは理解しておきましょう。ポイントによって混雑状況も釣れる魚も変わってきます。自分の楽しみやすいスポットを訪れると八景島での釣りがより一層楽しくなります。

八景島の対岸

八景島の対岸である福浦岸壁の南側のあたりはないとポイントとして人気のある場所です。ルアーフィッシングでシーバスを釣ることもできます。サイズを問わなければかなりの釣果が期待できます。

また、秋冬は照明や電気ウキを使えばメバルや味が比較的釣りやすいです。ただ、こちらもサイズは大きいとは言えません。魚のサイズにこだわらなければソウダガツオなど青物の魚の回遊にも遭遇でき、一年を通じてかなりの種類の魚が釣れます。

スポットまでは八景島の駅から徒歩10分ほどなので電車でのアクセスもしやすいです。照明を持参しなくても八景島の照明で十分夜釣りも楽しめます。

八景島駐車場の周辺

金沢八景の駅から徒歩2分ほどのところにある八景島駐車場の周辺もいろいろな魚が期待できる釣り場の一つです。場所としてはかなり狭いですし、砂地もあるのであまり釣りをしている人を見かけないですが、実は釣果が期待できる隠れた穴場と言えます。一年を通していろいろな魚が釣れ、春はアナゴ、冬はビール瓶アイナメが特に釣果を期待できるスポットです。

駐車場は駅に近いので車で行くとかなりコストがかかります。そこで、電車で釣りに行くのがおすすめです。ただ、夜釣りの場合、終電がかなり早い時間に出るのでその点だけは気をつけましょう。

八景島海の公園の周辺

八景島海の公園周辺のポイントは変化に富んでいる場所です。公園側の砂浜ではシーバス、マゴチ、夜釣りはメバルなどを狙うこともできる。特徴として港の護岸やスリット、橋脚などの人工物のストラクチャーが点在しているために狙えるスポットが多くあり、釣りに行くたびにいろいろなスポットで釣りが楽しめるのも魅力です。

ただ、ここは海水浴場側は釣りが禁止されています。海水浴場としても人気ですし観光で訪れる人も多いので混雑することもあるのでその点は注意が必要です。釣りをする前に釣り禁止の場所をきちんと確認したうえで行うようにしましょう。

八景島シーパラダイスで釣り体験をしよう

八景島は釣りが禁止とされていますが、実は釣りができる場所があります。手ぶらで行けて楽しめるということで新しくできたスポットですがかなりにぎわっている人気の場所です。

八景島シーパラダイスの釣り堀で釣り体験ができる

八景島では個人での釣りが禁止されていますが、八景島シーパラダイスの施設内にあるフィッシングスクエアでは気軽に釣り体験を楽しむことができます。利用料は600円で釣りざおと餌、魚をつかむトング、バケツがセットになっているので手ぶらで訪れて釣りを楽しむことが可能です。

仕組みとしてはいくつかのいけすがあり、場所によって釣れる魚が違います。通年でいる魚だけでなく季節ごとに変わる魚もあるので訪れるたびに様々な魚が楽しめます。釣り堀では初心者でも簡単に釣れる魚も多いです。

魚釣りが初めてで全然釣れない人や小さい子供が釣りを楽しむ場合、手づかみで魚を獲ることができるハンディングスクエアがあります。こちらも600円で参加をすることができ、一年を通していろいろな種類の魚が獲れます。下が砂地で冬でも水温はそこまで低くないですから冬場でも楽しみやすいです。

釣った魚はスタッフが調理

この釣り堀の特徴は釣った魚や食べることがルールであることです。食育を目的としており、持ち帰りは禁止となっており、その場で食べることになっています。

魚を釣ったらその場でスタッフが調理をしてくれます。調理台は魚の大きさと料理の種類で違いますが、190円から2500円と幅が広いです。唐揚げやムニエル、チーズフライなど種類もいろいろとあるので魚によって調理方法を変えて楽しむことができ、料金設定もリーズナブルなのでいろいろな魚料理が楽しみやすいです。

八景島周辺で釣りを楽しもう

八景島周辺は魚釣りのスポットとしてはとても楽しい場所です。魚のサイズは小ぶりなものも多いですが、その分いろいろな種類の魚を楽しむことができます。初心者でも楽しみやすいスポットもあるのでぜひ足を運んでみましょう。

 

category

記事カテゴリー