キャンプのコーディネートとポイント|おしゃれに決めるコツ

キャンプのコーディネートとポイント|おしゃれに決めるコツ

CAMP 2019.01.07

Share :

キャンプの服装に迷っている

日常のファッションでは自分なりのおしゃれを楽しめるのに、キャンプの場合にはどんな服装にしたらいいのか迷ってしまう、という方もいることでしょう。キャンプでは日常よりも気温や天候の変化などに気を配らなければなりません。

ファッション性を重視しながらも、キャンプを安全に楽しむための服装選びをすることが大切です。そこでキャンプではどんなポイントに注意して服装選びをしたらいいのか、アイテムごとにご紹介していきます。

キャンプでの服装選びのポイント

日常のファッションとは違い、キャンプ中は動きやすく快適に着用できる服装を念頭に置いてコーディネートする必要があります。通気性や動きやすさ、安全なカラーなどを考慮に入れつつ全体のバランスを考えると、おしゃれでくつろぎやすいコーデに仕上がります。それでは具体的にどのようなことを考えれば良いのか見ていきましょう。

いつでも動ける

まず大切なのは伸縮性に優れた物を選ぶことです。ストレッチ素材の服なら伸縮性があるため、体を大きく動かしても邪魔になりません。

キャンプ中にはテントを張ったり、フィッシングを楽しんだりとアクティブな活動をする場面が多いものです。そんな時に普段着に近いものだと、動きにくくてストレスを感じてしまうこともあります。

そこまで本格的ではないキャンプでも、活動を始めると思っていた以上に激しく動くことになります。キャンプの際には、どんなハードな活動をしても邪魔にならない、動きやすい服装をすることが大切です。

水や汗に強い

撥水性に優れた素材を選ぶことも重要です。キャンプ中は急に天候が悪くなることも考えられるため、パーカーなどのアウターは、特に撥水性に優れたものを着用していると快適に活動することができます。

下着については、吸水性がよく汗を吸い取ってくれるコットンがよいでしょう。化学繊維の素材よりもコットンの方が活動が多く汗をかきがちなキャンプ中でも肌がべたつくことがありません。

アウターで通気性のいい素材としては、メッシュタイプが挙げられます。ポリエステル素材は一般に蒸れやすいですが、中には通気性がよく吸水加工がされたタイプもあります。キャンプの際には通気性のあるポリエステルを選択するといいでしょう。

防寒対策をする

天候により冷え込むこともありますので、防寒対策もきちんとしておきましょう。寒さからしっかりと体を守ってくれる保温性のあるジャケットがあると便利です。また厚手で保温性に優れたシャツやレギンスを重ね着するのも寒さ対策として適しています。足が冷えやすい方は厚手の靴下を重ねて履くと安心です。

山でキャンプをする場合には防寒対策を十分に行っておく必要があります。夜や明け方には気温が大きく下がって冷えることもあります。体調不良にならないために、特に1日の気温差が大きい山でのキャンプ時は注意しましょう。

防寒対策のために、使い捨てカイロも用意しておくと、急な気温低下時でも体を温めることができます。衣類の中に使い捨てカイロを入れて防寒するという使い方もできます。

虫の対策をする

キャンプ中には虫に刺されないような服装を着用することも必要です。虫は特定の色に対して寄ってくることが多くあります。

例えば赤や青が複数含まれるような服装は虫が寄ってくることが多い傾向があります。また蜂や蚊は黒い色のものに寄ってくる習性があるため、黒の服も避けるようにしてください。

虫が寄ってきにくい色は白と黄色です。白や黄色のアウターを着ておくと、虫が寄ってきにくいので無難な選択といえます。

服の素材は天然素材が良い

服の素材しては、化学繊維よりも天然素材の方がお勧めです。キャンプでは調理などで火を使う機会がありますが、化学繊維は火の粉が付くとすぐに穴が開いてしまいます。それに対して天然素材では、火の粉が付いたとしてもすぐに払ってしまえば穴が開くことはありません。

天然素材の中でもコットンやウールは寒さ対策にもなるため、どんな天然素材の服を選べばいいのかわからない場合、コットンとウールを頭に入れて選択するといいでしょう。

おすすめのコーディネートグッズ

キャンプ中のファッションは自分を素敵に見せるために、カラーやデザインなどを拘って選択したいものです。その際によりおしゃれ感を出すために重要なのが靴や帽子といったアイテムです。キャンプを快適に楽しむことを考慮に入れつつ、全体的な統一感も考えて靴や帽子を取り入れたいものです。

靴や帽子とアイテムはどのようなものを選択したらいいのでしょうか。キャンプにお勧めなグッズをご紹介します。

濡れても大丈夫なサンダル

サンダルは足元を涼しくすることができますし、ラフでナチュラルなおしゃれ感を演出することができます。サンダルの中でも速乾性に優れたタイプは履き心地がよく、足がべたつきにくいメリットがあります。また開放感を感じられるタイプなら、蒸れにくくて多少足が濡れても乾きやすいため、キャンプ中でも快適に活動ができます。

軽量タイプのサンダルは川遊びや水遊びだけではなく、散策をする際にも足が疲れにくく、アクティブに行動することができます。速乾性と開放感、また軽量といった3点を考慮に入れてサンダルを選ぶといいでしょう。

防寒にもなるマウンテンパーカー

防寒対策にもなるマウンテンパーカーは、着用しているだけでスポーティーなおしゃれさを出すことができます。またインナー選びに迷った場合でも、マウンテンパーカーを着るだけで上手にコーデがまとまるメリットがあります。

マウンテンパーカーはフードが付いており、上半身をしっかりと寒さから守ってくれます。また雨天時など悪天候の際にも使える優れものです。天候が変化しても邪魔にならず、どんな時でも着用できるため、暑い時期以外のキャンプでは他のアイテム以上に重宝します。

頭を守るニット帽

服だけではなく帽子のコーデにもこだわることで全体の印象をよりおしゃれにすることができます。帽子の中でも、キャンプ時に役立つのがニット帽です。おしゃれだけではなく、頭部を保護できるメリットもあります。

キャンプ中は自然の中を移動することもあり、そんな時に木の枝が頭に当たることも考えられます。そのような時にニット帽を着用しておけば、頭部を保護することができます。また寒い時期のキャンプでは防寒対策になります。

普段使いも可能なキャップ

スポーティーなファッションを強調させたい時には、日常でも使用できるキャップがお勧めです。キャップはつばがついているため、夏の紫外線から肌を保護する効果に優れています。

キャップは着用しているだけでスポーティーな雰囲気になりますが、かぶり方を変えると全体的な印象を変えることもできます。つばを横に向けたり、後ろに向けるなど、方向によってファッションの雰囲気をガラッと変えらため楽しめるアイテムです。

動きやすさに関わるクライムパンツ

スポーティーで動きやすいクライムパンツは、細めで体のラインをきれいに見せてくれるおしゃれにぴったりなアイテムです。アウトドアに便利なクライムパンツですが、タウンユースでも違和感なく履くことができます。スリムな体のラインを見せることができ、気軽におしゃれ感を出せるアイテムといえます。

クライムパンツを選ぶ時には通気性が良く、また濡れてもすぐに乾く撥水性に優れたものがお勧めです。キャンプ中に汗をかいたり濡れた時でも快適に過ごすことができます。またポケットが多くついているタイプは、ライターなどの小さめなアイテムを多く入れておくことができて便利です。

おしゃれで機能性の高い服装にしましょう

キャンプのファッションはアウターや帽子、靴に気を使い統一感のある感じにすると、より素敵に見せることができます。その際には活動的に動けるような配慮も必要になります。日常でのファッションとは違い、より多く動くキャンプでは、体の動きを邪魔しないファッションを考えておくことが大切なのです。またカラーや素材といった点も、安全のために重視したいポイントになります。

おしゃれさを演出できるアイテムを上手に活用して、こなれたスタイルでコーデをすればキャンプもより充実した楽しみ方ができることでしょう。

category

記事カテゴリー