マットレスを劇的に変える快眠法と睡眠のポイントに付いて解説

マットレスを劇的に変える快眠法と睡眠のポイントに付いて解説

LIFE STYLE 2019.01.27

Share :

マットレスで快適な睡眠を得るために

なぜかわからないけれど、ちゃんと寝ても体の疲れがとれない、あるいは腰痛に悩まされている場合には、マットレスが合っていない可能性があります。マットレスを変えずに快眠を手に入れたい、そんな方におすすめの、マットレスにちょっと足すだけで快眠になれる方法を紹介します。

マットレスが合わない根本の原因

マットレスの居心地が悪いと感じる場合、そのまま使用を続けると様々な不調を引き起こす原因になる可能性があります。なぜ合わないのか、マットレスの問題を解決をするためには、根本的な原因をつきとめることが大切です。

こんな症状が出たらマットレスとの相性を疑え

朝起きたときに、腰に痛みを感じたり、体の節々が痛いという場合には、マットレスが合わない、またはマットレスが寿命を迎えている可能性があります。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

このようなマットレスを使用すると、体に痛みを感じたり、睡眠の質が低下する可能性があり、さらに、肩こりや腰痛の原因にもなってしまいます。原因がわからずそのまま使用を継続すると、慢性的な体調不良を引き起こす恐れがありますので、気づいた段階で早急に対処することが大切です。

マットレスのちょうどよい固さ見るチェックポイント

マットレスの固さは、人の好みによっても分かれますし、体に合う合わないの問題もあります。ただし、固すぎたり柔らかすぎると、体に影響を及ぼす可能性がありますので、まずは自分が使っているマットレスの状態を確認してください。

目覚めた後の体の調子で見てみる

起床時に、体の節々が痛かったり、しびれが伴う場合には、マットレスが固すぎる可能性があります。固いマットレスに接している部分が血行不良となり、痛みやしびれを引き起こし、睡眠の質の低下を招いて疲れがとれにくくなってしまいます。

あるいは、いびきがひどい、筋肉痛のような疲労感が残る場合には、マットレスが柔らかすぎることが原因の可能性があります。柔らかすぎるために体が沈みこんでマットレスが変形し、体に負担がかかっていると考えられます。

5分体を動かすだけでわかるチェック法

マットレスと体の相性を確認したい場合は、使用しているマットレスの上で、枕を外した状態で仰向けになって寝転び、脚を上げ下げすることでチェックすることができます。脚がちゃんとスムーズに上がるか、また上げるときの感じ方に左右違いがあるかで判断します。

楽に上がる、動きがスムーズという場合は相性がよく、逆に、脚が重く感じたり、腰が重くなる、あるいはヒザが曲がってしまう場合には、相性が悪いと考えられます。

マットレスが固すぎるという人へのおすすめ

マットレスが固すぎることが原因で、体の痛みやしびれを感じているという人には、上半身とマットレスの隙間を埋めるアイテムがおすすめです。ここでは、睡眠改善の実証例があり、人間工学に基づいて開発されているものなど、すでに多くの人が利用しているアイテムを紹介します。通気性のよさ、体の凹凸にフィットすることもおすすめポイントとなります。

介護現場でも注目を集める天使のオーバーレイ

愛知県で通信販売をしている「天使のオーバーレイ」は、厚さがわずか33mmでありながら、固すぎるマットレスの上に置くだけで、寝心地や睡眠の質の改善ができる優れた補助寝具商品です。一般的な低反発ウレタンに比べて、はるかに優れた吸湿・発散性、さらに通気性と体圧分散性を持ち、介護用としても利用されています。寝返りがしやすく、低反発のような柔らかさがありながら、低反発マットの3~4倍の清涼感があります。

冬場は厚めの生地のシーツなどで包んで使用すれば、熱を貯めて暖かく寝ることができます。固いマットレスが体にいいと言われて購入したけれど、固すぎて体が疲れる、もっと柔らかい布団で寝たいという方におすすめです。ただし、若干重く感じてしまうことがデメリットとなります。

人間工学に基づいた腰痛持ちにも嬉しい腰枕

「SATEOBA 人間工学設計ベッドバックサポート」は、腰枕のランキングで常に上位にランキングしているSATEOBAが開発したヘルスケア低反発腰枕です。人の腰椎の凹凸に合わせてフィットするように設計されており、仰向け、横向きにもしっかり対応、水洗いもできるおすすめ商品となります。

背中から腰への自然なカーブで、無理のない態勢をキープし、血行を悪くし体の痛みを引き起こす原因である、体圧を分散させる役割があります。S字カーブにより、背中の筋肉への負担を軽減し、体を疲れさせない構造になっています。マットレスが固くて眠りの質が悪い方はもちろん、腰痛に悩んでいる方、妊娠中の方にも最適です。

マットレスが柔らかすぎるという人へのおすすめ

マットレスが柔らかすぎて、体が沈み込むことが原因で快眠できない方は、腰のサポートに特化したアイテムがおすすめです。睡眠改善への実証例があり、弾力性と高い反発力がある新素材で体をサポートする商品や、仰向けになれないように設計されたユニークな商品を紹介します。

金メダリストが製品開発に加わった高反発パッド

「ライズ スリープオアシスエントリーマットレスパッド」は、金メダリストの高橋尚子選手が開発に加わり、アマチュアランナーが遠征時にも利用できるようにと開発されたマットレスです。3次元構造の新素材、高反発ファイバーにより、腰を押し上げるようにサポートし、理想的な睡眠姿勢をキープしてくれます。寝心地を左右する寝返りをスムーズにして、熟睡をサポートします。

商品の種類には、マットレスパッド、マットレス、モバイルパッドがあり、従来のパッドより薄く丸めて収納できることも大きな特徴となります。今使用しているマットレスの上に重ねるだけで、快適な睡眠へと導いてくれます。

いびきも減らせるちょっと荒療治な横向き寝サポーター

「ナハトウェヒター」は、ドイツで開発された横向きに寝るためのサポーターです。背中に枕を背負ったように使用する、画期的なサポーターとして注目されており、どんなに寝相が悪い人でも仰向けに眠れない構造になっています。仰向き寝でいびきをかきやすい人にもおすすめとなりますので、腰痛改善といびき改善の一石二鳥を可能にするサポーターです。

背枕サポーターの中身は、波形の凹凸があることで通気性をよくし、ムレを防ぐ構造になっています。仰向け寝が原因で体が痛い、いびきがひどいという方におすすめの快眠グッズとなります。

ちょっと工夫で快適な夜を

朝起きた時に、腰痛や肩こりなどの体の痛みやしびれ、睡眠の質の低下による倦怠感や疲れを感じる方は、マットレスが固すぎる、あるいは柔らかすぎることが原因の可能性があります。マットレスの上に敷くだけで改善してくれるグッズやサポーターを利用して、良質な睡眠がとれる工夫をされることをおすすめします。

category

記事カテゴリー