都心からアクセスしやすい秩父のキャンプ場|自然を満喫しよう

都心からアクセスしやすい秩父のキャンプ場|自然を満喫しよう

CAMP 2019.03.08

Share :

グランピングからフリーサイトまで色々なキャンプの魅力がある秩父

秩父にあるキャンプ場は種類が豊富で、各自のスタイルに合ったキャンプができるのも魅力と言えます。テントを張って楽しむアウトドア満載のフリーサイトキャンプから、必要なものはすべて用意されているグランピングまで、ニーズに合わせて対応できるようになっています。

フリーサイトでのキャンプには、ある程度の道具が必要になりますが、道具を持っていない人でも一式レンタルすれば、手ぶらでキャンプというのも可能です。

まだ秩父でキャンプをしたことがない人に向けて、秩父の魅力や秩父にあるおすすめのキャンプ場を紹介します。

秩父にはキャンプに行く魅力がいっぱい

全国各地に多数あるキャンプ場の中で、なぜ秩父がおすすめなのでしょうか。その理由をいろいろな角度から紹介しますので、秩父にはどんな魅力があるのか見てみましょう。

アクセスが良い

秩父は都心から行きやすく、キャンプ場自体もアクセスしやすい場所にあることが多いです。キャンプ場までは車が便利ですが、手ぶらでキャンププランを選べば電車で行くこともできます。

車で行く場合は関越自動車道が便利です。キャンプ場までの距離にもよりますが、都心から大体2時間あれば目的地までいけます。

電車の場合は西武鉄道か秩父鉄道を利用します。池袋から行く場合でも、90分あれば行けるので、時間を有効活用すれば、日帰りキャンプも可能です。

秩父には多彩なキャンプスタイルに答えてくれるキャンプ場がある

キャンプといっても様々なスタイルがあり、スタイルによって荷物の量やキャンプの仕方も変わってきます。様々なスタイルに合わせて、最適なキャンプ場を選べるのも秩父の魅力。

自分で購入したお気に入りの道具を使い、自分の手でテントを組み立てるフリーサイトキャンプや、車の乗り入れができてすぐ横にテントを張るオートキャンプは、アウトドアを満喫できます。

他にも、リゾートとキャンプの両方を味わえる贅沢なグランピング、電車でも気軽に行ける手ぶらキャンプなど、選択肢は豊富です。

秩父には自然がいっぱい

秩父には大小様々な河川や、長瀞渓谷など数多くの自然が残された場所があります。川沿いにあるキャンプ場では、ラフティングやライン下りなどもできます。

キャンプ場周辺は高い建物や街灯もほとんどないので、夜になると星がよく見えます。空気が澄んだ環境のいい場所で見る夜空は、都会では体験できない貴重な時間となることでしょう。

観光も温泉も楽しめる

秩父には人気観光スポットや温泉もあります。純粋にキャンプだけを楽しむのもいいですし、ちょっとプラスアルファの要素が欲しい場合は、キャンプ場周辺に温泉や観光スポットがある場所を選ぶといいでしょう。

パワースポットとして話題の神社に行ってみるもよし、キャンプの帰りに日帰り温泉によって疲れを癒すというプランもあります。温泉施設に食事処があれば、食事もできて便利です。子供から大人まで幅広く楽しめるのも、秩父の魅力です。

秩父でグランピングができるキャンプ場

家族連れや大人男子におすすめなのが、グランピングです。あらかじめテントが設置されていて、必要なものも全て揃っているから、ゆったりとくつろぎながらキャンプを楽しめます。

ときたまひみつきちCOMORIVER(コモリバ)

清流のほとりにある、グランピングができるキャンプ場です。周囲を自然に囲まれたとても静かで空気がきれいな環境に、都心から90分で行けるというのもいいところ。

ゆったりとしたおしゃれなテントが設置されていて、テント内にはベッドやソファも準備されています。バーベキューをセットにしたプランに申し込めば、道具や食材も全て準備されているので手ぶらでもOK。

敷地内にあるライブラリーカフェは、キャンプ客以外も利用できます。宿泊料はスタイルによっても変わりますが、グランピングサイトは9,800円〜39,000円となっています。

PICA RESORT

PICA RESORTは、テントに宿泊するグランピング以外にも、トレーラーハウスやコテージに宿泊するグランデを体験できるのがポイント。

宿泊施設のスタイルを選べるだけでなく、ペットと一緒に泊まれるコテージも用意されています。必要なものはすべて用意されているので、手ぶらで行けるのもいいところです。

JURA GLAMPING NAGATORO

キャンプやアウトドア体験をしてみたいけれど、まだ道具を持っていないという人には、こちらのキャンプ場がおすすめです。テントに泊まるというスタイルではないものの、三角形と正方形と長方形という3つの形のルームから好きなタイプを用意。

各ルームの中には家具が完備されており内装にも凝っていてオシャレな空間でくつろげます。バーベキューの器材もレンタルできるので初心者でも気軽に遊びに行けます。

  • 施設利用料:大人500円/子供300円
  • 宿泊料:30,000円〜

自然の中の遊びが充実の秩父のおすすめキャンプ場

秩父には川沿いにあるキャンプ場も豊富です。川遊びや釣りなど、キャンプ以外にアクティビティも充実しているのがポイント。アクティビティも楽しみたいなら、設備が整ったキャンプ場を選ぶといいでしょう。

秩父巴川オートキャンプ場

荒川河川敷にある、周囲を緑に囲まれたオートキャンプ場です。アウトドアを満喫したい人におすすめ。車で乗り入れすぐ横にテントを張れるので、荷物が多くても車から降ろせばいいだけなので楽です。

バンガローもありますし、常設テントを利用すれば手ぶらでキャンプも可能です。

  • オープンキャンプサイト:1泊4,800円
  • リバーキャンプサイト:1泊6,500円
  • バンガロー:1泊7,000円

ウォーターパーク長瀞

長瀞玉淀自然公園内にあるオートキャンプ場です、荒川の目の前というキャンプにもってこいの環境がポイント。ラフティングも体験できますし、フィッシングエリアでは本格的な釣りも楽しめます。

数種類の宿泊施設もありますし、エリアは限られますがペットと一緒に泊まることも可能、ドッグランもあるので安心です。テントやバーベキュー器材を持っていなくても、キャンプ場でレンタルできます。

  • オートキャンプスタンダード:3,500円〜
  • オートキャンプ電源サイト:5,000円〜
  • ハンモックサイト:4,500円〜
  • ウッドトレーラーコテージ:7,500円〜

満願ビレッジオートキャンプ場

アメリカントレーラーハウスや、木製コテージに宿泊できるキャンプ場です。すぐ隣には満願の湯という温泉施設があるので、キャンプと温泉を楽しめます。コテージ・トレーラー共にデイキャンプも可能。

トレーラーハウスには、バーベキューコーナーが全棟に完備されています。バーベキュー食材セットをオプションで追加すれば、食材や道具も全て用意されているので手ぶらで行けます。

  • アメリカントレーラーハウス:23,000〜
  • 木製コテージ:18,000円〜
  • キャンプサイト利用料:大人2,200円/子供500円

こまどり荘キャンプ&コテージ

中津川の川辺で釣りや川遊びをしたり、トレッキングをしたりとキャンプ以外の楽しみも充実しているのがいいところ。中津川渓流釣場で釣りをする人には、先着15名まで無料でライフジャケットの貸出もあります。

鉄板やガスコンロなど、バーベキューの必需品も、無料で貸出をしています。敷地内にはレストランやお風呂もありますので、快適に過ごせます。

  • 本館客室宿泊料金:大人8,400円/小学生7,400円/幼児4,200円
  • コテージ宿泊料金:1棟25,000円(食事別)
  • コテージ宿泊者の食事料金:大人&小学生夕食2,200円・朝食800円/幼児夕食1,000円・朝食500円

ウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場

荒川沿いにあるオートキャンプ場です。入川渓谷ハイキングや滝見ハイキングで、マイナスイオンをたっぷり浴びられます。冬になると清流が凍るので、氷柱を見学できます。

オートキャンプサイト、林間サイト、ウッドデッキ付きサイト、バンガローの4タイプから選べます。グッズのレンタルもあるので、手ぶらもOK。

  • オートキャンプ:6,500円〜
  • 林間サイト:7,000円
  • ウッドデッキ付きサイト:7,500円
  • バンガロー:25,000円〜

長瀞オートキャンプ場

関越自動車道の花園ICから20分のところにある、広大な敷地を誇るオートキャンプ場です。バンガローを含め40棟以上の宿泊施設を用意しており、一部ならペット同伴も可能で、ドッグランもあります。

事前に予約をすれば、手ぶらでバーベキューも可能。道具や食材は全て用意されているので安心です。

  • 施設利用料:大人500円/子供300円/未就学児無料
  • オートキャンプ:1,200円〜
  • 手ぶらでバーベキュー:豚肉プラン1人1,200円/牛肉プラン1人1,700円(4名から)
  • バンガロー:8,000円〜

オートキャンプサイトはソロや女子限定など、多彩なプランが用意されています。バンガローは追加料金を払えばグレードアップも可能です。

フリーサイトで自由に広々と楽しみたい人におすすめのキャンプ場

キャンプはあまりお金をかけずに気軽に楽しみたいという人には、フリーサイトがあるキャンプ場がおすすめです。フリーサイトがあり、最低限の設備が整った場所をご紹介します。

中津川村キャンプ場

中津川の上流にあるキャンプ場で、4月下旬〜11月下旬まで営業しています。テントサイトとバンガローの2タイプから選べますが、フリーサイトもあります。ピザ釜を無料で利用できるので、手作りピザを食べるのもいいかもしれません。

敷地内には露天風呂もあって、ソロキャンプに最適なキャンプ場としても知られています。

  • テントサイト:4,000円〜
  • バンガロー:7,000円〜

橋立川キャンプ場

橋立川と浦山川の合流地点にあるキャンプ場で、フリーサイトは直火OKとなっています。ただし3月1日〜12月中旬までのシーズン営業となるため、期間以外はキャンプできません。関越自動車道の花園ICから35kmという交通アクセスにも便利な場所にあり、料金もリーズナブルです。

  • 入場料:200円
  • テント泊:1張り1,000円
  • バンガロー:4,000円〜
  • ログハウス:13,000円

スプラッシュガーデン秩父

荒川河川敷のすぐそばにあって、芝生の上でキャンプができます。家族連れやペット連れには特におすすめです。敷地内には日帰り温泉もあって、メイン炊事場ではお湯を使えます。

  • オートキャンプ:4,700円/電源付きサイト5,250円
  • バンガロー:24,200円〜

秩父の自然を満喫するキャンプ場へ行こう

秩父にあるキャンプ場は、キャンプ初心者や家族連れでも安心して楽しめる要素が揃っているところが多いのも特徴的です。秩父の自然に触れながら、都会では味わえない基調な体験ができるでしょう。

高規格なところは利便性も高く安心できますが、アウトドア感を満喫したいならフリーサイトを選んで達成感を味わうのもいいかもしれません。

category

記事カテゴリー