赤穂市にあるキャンプ場の特徴とは|予約を入れて遊びに行こう

赤穂市にあるキャンプ場の特徴とは|予約を入れて遊びに行こう

CAMP 2019.01.18

Share :

赤穂市にあるキャンプ場を紹介

赤穂市には3つのキャンプ場があります。瀬戸内の海も近く設備も整っているので、交通アクセスもよくキャンプ初心者も十分に楽しめます。

キャンプ以外の楽しみもあるので、充実した休暇を過ごせるのも魅力となっています。

 

大阪からも瀬戸大橋からもアクセスが良い赤穂市 

兵庫県の最南端にあり、海沿いは一部が国立公園となっています。赤穂市の真ん中には名水百選にも選ばれた千種川が流れています。赤穂四十七士ゆかりの地としても有名です。

赤穂市への交通アクセスは、大阪からの場合電車でも車でも最短90分ほどで到着できます。車なら瀬戸大橋から最短で約60分というコースもあります。歴史が文化に触れられる観光スポットも多く、温泉やグルメなど楽しみ方もたくさんあります。

海産物が堪能できる赤穂海浜公園

赤穂海浜公園のキャンプ場は、広大なスペースのキャンプ場でゆったりとキャンプを楽しめます。海山物が豊富なのでキャンプ場近くでバーベキュー用の新鮮な食材を調達できます。

海浜公園の中にあるキャンプ場ということもあって、キャンプ場選びで重要となる交通アクセスの良さやキャンプ場の利便性にも優れています。赤穂海浜公園キャンプ場の特徴を詳しく見ていきましょう。

赤穂海浜の施設情報

瀬戸内の潮風を感じながら過ごせるキャンプ場です。キャンプ場は6つのエリアに分かれていて、自分のスタイルに合ったキャンプを楽しめるのもいいところ。営業期間は1月4日~12月28日まで、年末年始はキャンプ場の利用はできませんので注意してください。

 

  • センターハウス

受付やシャワールーム、ランドリールーム、キャンプ用品を販売している売店があります。

  • ファミリーサイト

三方を植木で仕切ってあるので適度にプライバシーが保たれます。エコノミー20区画(10mx10m)1泊4,500円/ロイヤル18区画(12mx10m)1泊5,500円/AC電源使用600円

  • フリーサイト

40区画あって、1区画がテントxタープの広さとなっています。駐車スペースはありますが、車の横付けはできません。1泊3,500円/AC電源使用600円

  • キャンピングカーサイト

キャンピングカー以外にRV車も利用できます。12mx12mの広々としたスペースで、車の横付けが可能です。1泊8,000円/AC電源使用600円

  • コテージ

ログハウスタイプのコテージで定員は4名(エキストラベッド使用で5名まで可)。一般タイプと身障者タイプの2タイプを用意。室内は家電やエアコンなどほとんど揃っています。通常1泊12,000円/土日15,500円/夏休み期間17,000円

  • 炊事棟

大型流し台や洗面台が完備された炊事棟は敷地内に3ヶ所あります。

海産物が豊富で冬でも行きたくなるグルメなまち

赤穂市は牡蠣の産地としても知られているので、キャンプ場周辺には新鮮な牡蠣を販売している商店が多数あります。冬に訪れるキャンプ客の多くも、バーベキューで焼き牡蠣を楽しんでいます。

広大な公園内にレジャー施設

赤穂海浜公園は、キャンプ場以外にも様々な施設が揃っています。広大な敷地の中には海洋科学館や遊園地、ボートやカヌー乗り場、遊覧船に乗れる赤湖、夏には海水浴ができる砂浜もあります。キャンプ以外にも楽しめるので、ファミリーにもおすすめです。

キャンプ場の利用は先着順なので注意

赤穂海浜公園のキャンプ場は、利用しやすいことから大変人気があります。キャンプをする場合は事前予約もできますが、テントの場所までは指定できません。テントをどこに設置するかは早い者勝ちとなってしまいます。

少しでもいい場所を確保したいなら、早めにチェックインすることをおすすめします。

丘の上から瀬戸内海を眺望できる野外活動センター

野外活動センターはキャンプ場の設備の充実度が高く、キャンプ初心者や家族連れにも安心なキャンプ場です。行く前に楽しみ方を知っておくといいでしょう。

野外活動センターの施設情報

キャンプを始めとして、ハイキングや野外炊飯、キャンプファイヤーができる野外活動スペースと、バーベキュー設備、文化活動ができるスペースがあります。

キャンプ場はテント大サイトx4、小サイトx20、フレッシュエアテントx4サイト、洗い場やかまど、トイレ、宿泊できる管理棟(炊事室やシャワーあり)で構成されています。

  • 管理棟基本使用料:市内は無料/市外は1団体4,000円
  • キャンプ場使用料:市内は無料/市外は1人10円
  • 実費必要経費:厨房1人10円/シャワー1人10円

野外活動センターでの楽しみ方

フリーサイトからは、瀬戸内の海を一望できます。準備が整いのんびりする時に、景色を眺めるのもいいでしょう。宿泊は基本的に10人以上からの利用となるので、気の合う仲間と一緒にワイワイキャンプしたい人に向いています。

近隣には観光スポットもありますし、赤穂唐船サンビーチまで行けば潮干狩りを楽しめます。少し足を伸ばすと、地元の食材で作るおいしい料理が食べられる店もあるので、食べに行くのもいいかもしれません。

全てがフリーの丸山県民サンビーチ

予約が不要で、利用料金がかからないキャンプ場を選びたいならこちらがおすすめです。無料とは思えないくらい、設備も充実しています。

丸山県民サンビーチの施設情報

無料で利用できるキャンプ場です。区画割りもなく、誰でも利用できるのがポイント。事前の予約も必要ありません。無料ですが、屋根付きの炊事場やかまどもあります。トイレやシャワーもあるので、キャンプ道具をきちんと用意していけば、困ることはないでしょう。

芝生で海岸と林間の2種類から、好きな場所でキャンプできます。丸山海岸の海水浴場にあるので、海を眺めながら過ごすことも可能。

管理棟はありますが、海水浴シーズン以外は閉鎖しています。春はお花見、夏は海水浴、秋は紅葉と季節によって違う景色を楽しめるのもいいところです。

釣りや海水浴場でゆったり過ごそう

ビーチサイドにあるので、夏は海水浴ができます。ただしビーチは砂浜ではなく大きめの石がゴロゴロとしています。裸足では歩きにくいので、靴を履いて行くといいでしょう。夕日が綺麗なので夕方の散歩もおすすめです。

キャンプ場の奥には岩場があり、そこで釣りができます。釣った魚をバーベキューで焼いて食べるのもキャンプらしくておすすめです。

車は駐車場がありますのでそこに停めておけますが、キャンプ場への乗り入れはできません。荷物を運ぶことを考えて、駐車場の近くにテントを張ると便利です。

赤穂市のキャンプ場で瀬戸内海を満喫

瀬戸内の雰囲気を満喫しながらキャンプをしたいなら、赤穂市にあるキャンプ場をおすすめします。子供から大人まで、初心者から上級者まで楽しめる要素もあって、美味しい食べ物も豊富です。交通アクセスもいいので、気軽にキャンプしに行けます。

category

記事カテゴリー