楽しい自転車旅行をするためには|おすすめ旅行先を厳選してご紹介

楽しい自転車旅行をするためには|おすすめ旅行先を厳選してご紹介

CYCLING 2019.03.04

Share :

自転車の旅の支度どうしよう

プライベートの充実をはかるために、自然を肌で感じられる自転車旅はとても魅力的に感じられることでしょう。しかし、今まで電車や飛行機などで旅行しかしていなかった人にとって、自転車旅はハードルの高いものと感じられるかもしれません。

そこで、初めて自転車で旅行をする人が押さえておきたい、必要な持ち物、おすすめのサイクルスポット、注意事項を解説します。特に、初心者が安心して楽しめるサイクルスポットについて詳しくご紹介していきます。

自転車旅をするうえで必要な知識を理解して、気持ちのよい自転車旅行に出向きましょう。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

自転車で旅行するのに必要な装備

初めて自転車旅行をする人にとって、どのような事前準備をすればよいのか、また旅における必需品はなにか気になるところかと思われます。初めての自転車旅でも困らないよう必要な装備と想定しておくべき事態について解説し、満喫できる自転車旅になる準備をチェックしましょう。

絶対必要な自転車

どのような自転車で旅をするかは、個々の趣向に合わせたほうが、満足な旅行になります。長距離の移動でも体に負荷の少ない旅用自転車やロードバイクから、挑戦と言う意味でシティバイクやミニベロで旅行する人もなかにはいます。

また、初心者の人には、電動アシスト付きのレンタサイクルで手軽にはじめてみて、自転車旅の楽しさを味わってから本格的な自転車を購入されるのもよいかもしれません。

自転車用のバッグ

長期自転車旅行を決行するのであれば、自転車用バッグは欠かせません。長旅で通常のバックを使用すると肩や腰に負荷が掛かってしまします。自転車用のサイドバッグやパニアバッグであれば荷台に取り付けられるので、旅本来の楽しみを味わうことができます。

また、自転車用のバッグには防水機能や耐久性に優れたものが多くあり、荷物が濡れて駄目になってしまう心配もありません。とは言え、長期の自転車旅行でなければ専用のバッグを用意しなくても、大きめのバックパックで代用できます。

どれくらいの期間、自転車旅行をするのかによって、自転車バッグは使い分けたほうが懸命です。

宿泊施設に泊まらないなら野宿用品

宿泊施設を使わずにキャンプ場や公園、道の駅で野宿を考えているのであれば、野宿用品が欠かせません。着替えや洗面道具から、防寒性能の高いシュラフやマット、料理をされるのであれば調理器具も必要でしょう。

また、キャンプ場や公園では、雨をしのぐ屋根が付いていないこともざらにあるので、小さく折り畳めるようなコンパクトなテントを持っていたほうがよいです。

トラブルを想定して準備するもの

自転車旅につきものと言っても過言ではないのが、予期せぬトラブルです。一般的な旅行とは違い、気象の影響が旅自体の質に影響を与えます。また、機材トラブルや体のコンディションにも気をつかわなくてはならないのが、自転車旅行の醍醐味と言ってもよいでしょう。

だからこそ、事前にトラブルを想定して準備をしておくことが大切です。雨が降りそうであればレインウェアを、風や冷え込みが厳しくなるようであればウインドブレーカーや防寒着を用意しておきましょう。

パンクや自転車の故障と言った可能性もあるので、タイヤレバーや予備のチューブ、携帯空気入れ、六角レンチなどの修理道具も必要です。夕暮れ時の視認性を確保するライトも欠かさずに準備しておきましょう。

自転車で旅行におすすめの場所

自転車旅行におすすめの代表的な場所を4つご紹介します。景色が綺麗なところを基準として選らびました。

まずは近場から荒川サイクリングロード

荒川沿いを快適に走ることができる荒川サイクリングコースは、河口から武蔵丘陵森林公園まで全長約90kmのコースです。緊急車両を除いて自動車の乗り入れがない荒川サイクリングコースは、スポーツバイク初心者の人にとってうってつけの練習場と言えるでしょう。

もちろん、本格的にトレーニングをしたいと言う人にもおすすめです。特に、約35kmに渡る葛西橋から羽根倉橋間は、左岸、右岸ともに舗装されています。右岸の方が、道幅が広く舗装されいるので走りやすいのですが、運動施設があるため歩行者に注意しなければなりません。高速巡航で走りたいのであれば、左岸を利用することをおすすめします。

景色や食べ物の楽しみが多い北海道

自転車旅人に聖地とも称されているおすすめの場所が北海道です。北海道の広大な土地には、いまだ人の手がつかずに自然の景色のままである場所が多く、札幌から稚内までの海沿いの道、オロロンラインは王道コースです。

オロロンラインには、途中電線やガードレールがなく広大な空と、海、緑を味わいながら走ることができ、まるで日本ではないような解放感を体験できます。その他にも、農業や漁業、畜産業が盛んな北海道では、さまざまなグルメに舌鼓を打つことでしょう。

自転車にやさしい那須高原

那須連山の豊かな自然を味わいながら、アップダウンのあるヒルクライムや平地のサイクリングなど、さまざまなコースを楽しめるのが那須高原です。ご自身のコンディションや楽しみ方に合わせて、多様なコースの中から選べるのは初心者サイクリストにとってうれしいポイントです。

また、那須町は自転車の街とも言われており、自転車旅行者向けの施設や、多くの飲食店で自転車ラックが併設されているので気軽に立ち寄れます。各種スポーツバイクのレンタルサービスを実施している店舗も少なくなく、本格的な自転車旅行をする前のお試しで行ってみるのもよいでしょう。

サイクリストの聖地といわれるしまなみ海道

瀬戸内海に浮かぶ6つの島を橋で結んでできたしまなみ海道は、瀬戸内海の穏やかな海の上を走れることで人気のサイクルスポットです。四国と本州を結んだしまなみ海道は、日本で唯一の自転車、歩行者専用道が整備されています。

また、気軽に自転車旅行ができるようレンタサイクルの乗り捨てが13か所で可能であったり、自転車トラブルにあっても地元有志で集まった島走レスキューが対応してくれたりと、自転車旅行者のためのシステムが整っています。

ゲストハウスもたくさんあるので、安心して自転車旅行を楽しむことができるでしょう。

自転車で旅行するとき気をつけること

安全な自転車旅をするためにも旅行計画は欠かさずに作成しましょう。また、体調管理が欠かせない自転車旅では、その都度自分の体調に合わせて柔軟に旅行計画を更新することも重要です。

無理のない計画をたてて旅をする

通常の旅行と違って、自転車旅行をするときは体力、金銭、時間をあらかじめ余裕をもって計画することが大切です。特に、体力に関しては自転車旅行のかなめと言っても言い過ぎではありません。自分がどれくらいの距離なら無理なく走ることができるのか、事前に知っておくことがよいでしょう。

その他、旅行の途中で立ち寄りたいお店や宿泊施設等に掛かる費用も計算しておくことも大切です。大方の出費を把握しておくことで、想定外の出費でもお金の心配が少なくなるので安心して旅をすることができます。

そのように予期せぬトラブルがつきものの自転車旅だからこそ、ゆとりをもった無理のない旅行計画を立てることが大切だと言えます。

水分をしっかり取る

自転車旅行でもっとも気をつけたいのが、水分補給です。また、汗をかくことにともなって失われる電解質の摂取も忘れてはなりません。水分補給と電解質が十分におこなわれていないと、脱水症状や熱中症のおそれがでてきますのでスポーツドリンクや水の摂取は忘れずにおこないましょう。

また、思っている以上にエネルギー消費の激しい自転車旅行では、こまめにエネルギー補給をすることも太大切です。適切なエネルギー補給をすることで、疲労の蓄積を軽減する効果があるので、胃に負担のすくないスポーツ用ゼリーなどでまかなうことをおすすめします。

適切な装備をして楽しい自転車の旅を

自転車旅に欠かせない準備やおすすめのサイクルスポット、注意事項を解説してきました。自転車旅では、ご自身の旅行スタイルに合わせて、自転車の選択から野宿用品の用意、トラブルを想定した準備をしていくことが大切です。

もちろん、気軽に自転車旅行をしたいと言う人には、自転車旅行サービスが充実しているサイクルスポットを利用してみるのもよいでしょう。いずれにせよ、自転車旅の醍醐味である風を感じることや、自然との一体感は無理のない旅行計画や適切な栄養補給が欠かせません。

今回ご紹介してきたことをもとに、自分だけの自転車旅の楽しみかたをみつけていただければと思います。

category

記事カテゴリー