40代男性とっての転職サービスに登録するメリットを解説

40代男性とっての転職サービスに登録するメリットを解説

BUSINESS 2019.02.03

Share :

転職支援サービスに登録するメリット 

転職活動は、1人で行うと情報に乏しいだけではなく、自分に見極める力があるのかどうか不安になります。そのため、求職者の経歴を第三者の目で見てもらったり、自己分析の手伝いをしてもらえば心強いと考えます。この記事では、サイトやエージェントに登録すると、実際にどのようなメリットがあるのか細かく説明していきます。

業界職種に特化した情報が得られる

転職サービスには大きく分けて総合型と特化型とあります。特化型の転職サイトで検索すると、より細かい職務内容別の求人を探すことが可能です。求職者の希望する業界・職種に特化した情報が得られるので、希望にあった転職先が探しやすいというメリットがあります。

例えば、女性しか募集できない求人があったとしても、差別的に女性のみを募集するわけにはいきません。ですが、支援サービスに登録しておけば、あらかじめ女性のみの募集であることを伝達されるので、求職者の負担が軽減できます。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

また、Iターン・Uターン転職にもクローズアップしているサイトもあるので、求職者の人生設計に合わせた検索も可能です。

個人では得られない情報が得られる

エージェントは必ず企業に訪問し、どのような人材を欲しているのかを聞き取りしています。企業理念・経営戦略・社風などの情報をあらかじめ得られることもあります。

それだけではなく、当該業界全体の動向や転職労働市場に関する情報も得ることができます。

すべてを踏まえたうえで、求職者のスキルや能力などをヒアリングしたときに、マッチするかどうかを見極めることができるのです。

よって、非公開求人を紹介を受けたり、面接で不採用になったとしても理由をフィードバックしてもらえたりするので、個人で動くよりもメリットが多いです。

転職活動のサポートが受けられる

自己分析・業界研究・企業研究をエージェントと一緒に考えることができ、時間に余裕が生まれます。現職に集中しながら収入をキープし、転職活動ができます。

仮に、退職してから転職活動をすると、自分を見つめなおすことができるかもしれませが、収入がなくなってしまうため、オススメできません。

また、書類の添削や面接対策もサポートしてもらえるため、一人で活動するよりも心強いです。

転職エージェントの特徴 

大きく分けて、転職活動は2パターンあります。1つは転職サイトに登録して、黙々と1人で進めるやり方。もう1つは、転職エージェントに登録して相談しながら進めるやり方です。

自分のペースで転職活動をするのも良いですが、労力や知識に限界を感じたとき、転職のプロに相談したくなります。悩みをカウンセリングしながら進めてくれる転職エージェントに登録すれば、転職活動を成功に導いてくれます。

それでは、どのようなサービスを転職エージェントで受けられるのか、特徴を説明していきます。

非公開求人情報を多数保有している

まず、企業が非公開求人を出す理由があります。求職者が一般の求人で応募し、そこから絞り込むと、企業側としては成功報酬をもらえなかったり、コストがかかったりすることを嫌う傾向にあります。

また、同業他社などに知られたくないとされる極秘プロジェクトのため、非公開にすることもあります。ですが、逆に言えば掘り出し求人が眠っていることになり、求職者にはうれしい情報でもあります。この状況をうまく活用して、非公開求人を活用する方は多いです。

内定率が高い

転職エージェントでは、企業側と求職者側の両方の話を聞いて、職業のコーディネートをします。求職者のスキル・経験・能力が、企業側が要求している人物像とマッチするかどうか、エージェントが人材をピックアップすることができるので、内定の確率が高いです。また、有効的なアピール方法を事前に伝授してもらえるので、安心感があります。

サービスが充実

転職エージェントでは、職務経歴や履歴書の添削をしてくれます。その他、雇用形態や契約書の確認など、入社関連の手続きなどを代行してくれます。

また、必要なPRポイントを管理し、効果的な対策を練り、面接のサポートも受けることができます。前もって先方の要求する人物像を伝達してくれることもあるので、エージェントの営業力が高ければ、通過しない面接も通過したりすることも十分あり得えます。

転職サイトの特徴 

マンツーマンで転職活動を行うことに、窮屈さのようなものを感じているのならば、入り口の広いやり方をしていきたいと考える方もいます。

職業を絞り込んで、オンリーワンに出会うやり方も良いですが、多数の求人に目を向けながら適職を探すやり方もいいかもしれません。そんな時には、転職サイトがオススメです。以下、特徴を説明していきます。

転職活動がすぐに始められる

転職サイトで検索するメリットは、インターネットのつながる環境があれば、場所を選ばず好きな時間に検索できることです。電車やカフェなどでリフレッシュしながらできるのも魅力の1つです。また、転職サイトの多くは全国に対応しており、転職エージェントがカバーしていない地方でも利用できます。

自分のペースで仕事が探せる

特定の担当者と対面するわけではないので、条件提示に気負いする心配がありません。また条件を細かく設定し、求人情報と擦り合わせて自ら追求できます。

一方、マイペースに就職活動ができますが、検索・応募・面接日の決定など、すべて1人で行うことを念頭に入れましょう。

幅広く応募できる

求職者のキャリアに限定されるような制約がないので、第一希望から検索し、ふるいをかけていくことができます。サイトによっては、プロフィールからコンピューターが判断して企業をピックアップするといった、人工知能による検索ができることもあります。

また、年収や福利厚生などの待遇面でも、自己分析をしてマッチする企業を選び応募できます。窓口が広く制限がないので、希望条件に合った求人が出たときに応募することも可能です。

40代にオススメの転職エージェントの紹介  

40代に特化した転職エージェントがあるのかどうか、不安になることもあるでしょう。ですが、即戦力や高いスキルに関して、若年層にはない魅力があると考えている企業は多数あります。

転職エージェントは、有資格者であるキャリアコンサルタントから、就職活動・内定・退職に至るまで、手厚いサポートが受けられると評判です。中には、業界ごとに細分化されていて、1つの分野に深く精通しているエージェントがいることもあります。

それでは、代表的な転職エージェントをピックアップしていきます。

リクルートエージェント

職務経歴・履歴書の添削や、面接のサポートはもちろんのこと、業界・企業情報を提供しています。

面接の傾向を事前にアドバイスしたり、詳しいコンサルタントを連れてくる場合もあると評判です。また待遇面の維持を可能にし、Uターン・Iターン転職を成功させる事例もあり、内定率が高いです。

また、「Personal Desktop」という専用ページで、多くの機能を利用でき、「レジュメnavi」というシステムで、スムーズに職務経歴書を作成できます。

営業・IT・通信や医薬業をお探しの40代・50代の方にオススメです。

参考:https://www.r-agent.com/

Spring転職エージェント

書類の添削時に、専任のコンサルタントが適正を見出し、転職成功に向けてアドバイスしてくれます。アデコという企業が運営していて、外資系・人材派遣・アウトソーシングのほか、転職にも力を注ぐサイトです。

また、採用担当者とのコミュニケーションをとり、ミスマッチをなくす「一気通貫型コンサルタント」と呼ばれるシステムを採用しています。面接の日程の調整や、内定後の年収の交渉にも応じます。特に、海外や外資を視野に入れた方にオススメのサイトです。

参考:https://www.springjapan.com/

40代にオススメの転職サイトの紹介 

転職サイトでよく目にすることは、情報を入力して絞り込み、職業を閲覧することです。細かくプロフィールを設定することで、企業側が知りたいことは何かを意識して、書類を仕上げると良いでしょう。一方企業側は、条件の合った求職者を直接検索するので、ミスマッチを防ぐことができます。それでは、代表的な転職サイトをピックアップしていきます。

ビズリーチ

求人に応募し、スカウトやヘッドハンターと直接コンタクトをとることができます。面談や面接が確約されるプラチナスカウトという特別なスカウトがあり、無料で受けられることもあります。

また、他社に出回っていない非公開求人が多数掲載されていて、求人の閲覧応募やスカウトの閲覧・返信などの機能を利用でき、有料に変更すると内容の閲覧や返信が可能になります。

料金プランは、タレント会員2980円/30日間と、ハイクラス会員4980円/30日間があります。

また企業に対して職務経歴を非公開にし、プライバシーを守れます。仮に転職が決まっても、退会することなく継続できるので、転職活動を再開することも可能です。高年収・ハイクラス・即戦力の求人を探している方にオススメのサイトです。

参考:https://www.bizreach.jp/job/

リクナビNEXT

企業エージェントと直接メッセージをやり取りすることができます。登録は無料で、転職エージェントからオファーが来ることもあります。

web上で転職支援コンテンツや機能が充実していて、経歴を設定し、「スカウト通知機能」をONにすると、オファーを受け取ることができます。また、「気になるボタン」とを押すと、リストを管理することができて機能的です。

また応募先に送られるのは、自分が書いた経歴のみで、履歴などは企業に知られることはありません。個人情報なども非公開に設定できるので、現社に知られる可能性も低いです。 正社員の経験がない方や、初めて転職活動する方にオススメのサイトです。

参考:https://next.rikunabi.com/

転職活動を知られたくないときは

転職サイト上で、情報を非公開にすることで現職にばれる確率を下げることができます。また、その他に考えられることとして、怪しまれる行動パターンをあらかじめ推測しておく必要があります。

都合の良い日時などを、転職先に前もって伝えておけば、電話などの連絡手段ででばれることを防げます。また、メールに関しては、フリーメールやブラウザーメールを使用したりして、出先から確認できるようにし、郵便物などは私書箱を活用する手段もあります。

転職支援サービスに登録することで転職活動をスムーズに進められる 

求職者にとって有利になる情報やサービスを受けることができるので、転職サービスに登録する方が有利に活動できることは言うまでもないことです。求職者が転職活動をするにあたり、転職サイトと転職エージェントのどちらがご自分に合っているのか、見極めてから行うのもよいかもしれません。

また、2つのやり方を同時並行で行い、天秤にかけたりすることも転職活動の効率化につながります。いずれにせよ、時間と活動エネルギーに余裕をもって行うことがベストとです。

category

記事カテゴリー