キャンプを楽しむ道具は必須。用意しておきたい便利グッズあれこれ

キャンプを楽しむ道具は必須。用意しておきたい便利グッズあれこれ

CAMP 2018.02.27

Share :

キャンプの準備時にあると便利なグッズ

一度に荷物を運べるキャリー

駐車スペースからキャンプサイトまで離れているキャンプ場や、目的地まで長い道のりを歩いていかねばならない海やBBQやフェスの時など、役に立つのが「アウトドア用のキャリー」です。1台あればたくさんの道具を一気にのせて運ぶことができる優れものです。

購入の際は、サイズをチェックし、実際どのくらいのキャンプ道具が積み込めるのか確認しましょう。また、キャンプ道具は重いため、積載重量・耐荷重の確認は必須です。自家用車に積み込む際に本体の重量と収納サイズを見ることが重要。

便利なキャリーは、子供がのったり、お手伝いのために押してくれるなどとっても喜ばれるアイテムです。使い勝手のよいものを見つけてキャンプを楽しみましょう。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

雨も日差しも避けられるタープ

タープはさまざまな点でキャンプに役立ちます。まず1つ目は、日焼け防止になることです。長時間日光に当たっていると、ぐったりとなるため体力消耗対策になります。また、急な雨の際にも重宝します。

2つ目は、スペース確保をするためにも役立ちます。たくさんの荷物をタープの中に置いてしまえば、スペース確保以外身も悪くなりやすいバーベキューの食材管理にも重宝します。

3つ目は、タープの種類にもよりますが、スクリーンタープの場合4面がフルメッシュにすることができるため虫嫌いの人にも虫よけになります。

固い地面にも使える頑強ペグ

ペグは、地面に打ち込む杭で、テント、タープを設営するために必要不可欠なアイテムです。しっかりとペグ打ちが出来ていないと、テントやタープが風に飛ばされてしまったり、ペグが飛んでしまいたいへん危険です。地面の状態に合わせて多くの種類があります。ペグの抜けにくさは、素材や形状、長さによって変化します。軽いペグは取り扱いがが簡単ですが、重いペグに比べると抜けやすいのが難点です。

プラペグやV字ペグは抜けにくいのが特徴です。長さが長いほど地面を掴むので抜けにくくなります。一般的な長さは、15cm~40cmほどが主流ですが、テントの場合、風で飛ばない程度の15~20cmあれば十分固定できます。タープの場合は30cm以上の長さが必要になります。必要に応じてしっかり見極めて購入しましょう。

コツのいらない火おこし器

火おこし器は木炭に火をつける専用の機器です。BBQなどの際に手間のがかかる火おこし作業。原始的なものだと、うちわを使ったり一生懸命汗をかいたりと一苦労しますが、火おこし器があれば簡単に火をおこすことができます。

使い方は火おこし器に空気の通り道を作るイメージで縦に並べ、着火剤に火をつけた木炭の上に置きます。10分程放置しておくと火のついた木炭ができます。火起こし器の側面にある通気口から空気が入り、上昇気流により上へと空気の流れが出来ることにより火が起き、器全体の木炭に火がつきます。とても簡単に火を起こすことが出来るため1台あると重宝します。

掃除いらずのBBQコンロ用アルミホイル

BBQコンロ用アルミホイルは炭火の熱にも耐えられる厚手のアルミホイルです。バーベキューの後片付けも楽チンで、肉の脂や灰の処理がいりません。アルミのシートをバーベキューグリルの大きさに合わせて切り取り、グリルの内側を覆うように敷き詰めて使います。

バーベキュー終了後は、汚れたシートを捨てるだけ。グリルが傷みにくく、長持ちし、洗う手間もいりません。水を使うことが大変なキャンプには特に重宝します。サイズもワイドから簡易的に使えるサイズまでありますので必要に応じていくつか用意しておくことをおすすめします。

 

キャンプでの料理時にあると便利なグッズ

蓋をするだけで料理ができるダッジオーブン

ダッチオーブンには種類があります。

1.ステンレス製…フライパンでよく使われるタイプ。洗剤で洗うことができ、お手入れの手間がほとんどかかりません。

2.黒皮鉄製…鉄を1,200度程度で加熱し圧延してできる酸化皮膜のことを「黒皮」といいます。赤サビ防止の役割を果たし、初心者の方にも扱いやすく洗剤でしっかり洗えてお手入れも簡単です。

3.鋳鉄製…ダッチオーブンの本格派で、使うほど味が出てきます。油がなじんでくるまでは料理が焦げつきやすく、使用後にさびやすいという点があります。

燻製

ダッチオーブンは燻製を作ることができるためBBQでは是非チャレンジしたいところ。作り方は簡単です。

1.ダッチオーブンの底にアルミホイルを敷きます。
2.1の上にスモークチップを敷きます。
3.食材を載せる網に高さを出すため、アルミホイルを3~4つ丸めて脚代わりにします。
4.網を置く前に、燻製中に食材から出た油がチップに落ちると風味が損なわれるので、その防止のためにスモークチップの上にふんわりとアルミホイルを載せます。
5.網を置き、加熱してから食材を載せれば出来上がりです。

ポイントは、火をつけてしっかり煙が出てきたら網の上に食材を並べます。蓋をする際は割り箸や枝などを挟んで隙間を作っておきましょう。

おしゃれなドリンクサーバー

ガラスの瓶にミネラルウォーターが入っているドリンクサーバーを置いてあるだけで、BBQでの気分はあがり、見た目がおしゃれになります。ガラスのキャニスターなので持ち運びは大変ですが、体にいいデトックスウォーターや好きな果物や野菜をだけを入れておくだけでほんのりとフルーツや野菜の香りや甘みがを楽しむことができます。

また、レモネードやフルーツをたっぷり入れたフレーバーウォーターなどのノンアルコールドリンクや、サングリアやモヒートなどのアルコールドリンクなどキャンプをさらに楽しめるアイテムになるでしょう。

 

あると盛り上がるキャンプグッズ

電池不要の組み立てスピーカー

電源不要のスピーカーは配線がなく見た目がすっきりしています。コンパクトで持ち運びが便利なものがたくさんあり、屋外や車、職場、旅先など、いつでもどこでも好きな音楽を流してあなたのお気に入りの空間をつくることができるでしょう。

キャンプのみならず、キッチン・リビング・寝室などインテリアにお洒落に溶け込みます。携帯からつないで音楽を流すことができたり、電池がいらないため充電しておくことで長時間楽しめます。さまざまなデザインがありますのでお気に入りを1台をみつけましょう。

キャンプ中をレース場に変えるラジコン

持ち運びにかさばらず、キャンプ場でサッと遊べるのがラジコン。水陸両用のものから、衝撃を吸収するタイヤででこぼこ道に負けないものなどさまざまなタイプがあります。本格的なものは、操作が難しくて使いこなすのが難しいのが難点です。

子供と遊ぶ場合は、上手く操作できない事もあるため年齢に合わせて選ぶとよいでしょう。値段は1万円前後からあるため、初心者や小さい子供の場合は手軽なものから始めてみても十分楽しむことができます。子供から大人まで一緒に楽しめるラジコンはキャンプで大活躍、間違いなしです。

綺麗な星空を見られる天体望遠鏡

キャンプの楽しみの一つは夜空に浮かぶ満点の星です。天体観測の楽しみかたとして、天体望遠鏡を使う方法があります。星との距離をぐっと縮めてくれ、まるで自分が宇宙にいって星へ近づいているような感覚になれ擬似的な宇宙旅行ができるのが望遠鏡です。

初めて望遠鏡を使う人におすすめなのは、セッティングが簡単な「経緯台」という種類の望遠鏡です。年代問わず扱いやすく、好きな方向にいつでも向けられるため親子でも気軽に楽しめます。

望遠鏡を置く場所のポイントは、サイト周りに上から光が当たらない場所を選ぶことと、出来るだけ地面が平らな場所に設置しましょう。

おしゃれな蚊取り線香

キャンプに必須なものは虫よけです。一般的な虫よけグッズではなくおしゃれな蚊取り線香も多くあるため用意しておくと気分を上がります。花柄の蚊取り線香やおしゃれなスタンドの蚊取り線香、鳥かご風や、バーベキューグリル風の物などさまざまです。インテリアとして、飾ることもできますので可愛いグッズをチョイスしてみることをおすすめします。

みんなで作れるソーセージメーカー

自分でソーセージを作ってみたい、無添加のソーセージを食べてみたい、食育を子供に体験させたいなど実際ソーセージ作りを楽しむことができるソーセージメーカー。フライパンに油を敷いて焼いてみても、コンロで炭火焼きしてみても、ボイルして食べても美味しく楽しめるため、キャンプに持っていくと重宝します。

フィルターのいらないコーヒー

なるべくごみを減らすことがキャンプの鉄則です。エコ意識の高い人には、大自然のなかで入れたてのコーヒーを楽しむことができるフィルターのいらないコーヒーが人気です。挽いてあるコーヒー豆を入れ熱湯を注ぐだけで飲むことができます。洗えば何度でも使える便利もので、さまざまなタイプがあります。気分を上げるために自分の気に入ったドリッパーを手に入れましょう。

 

100均で買える便利なキャンプグッズ

料理をするときに使えるグッズ

キャンプは用具を揃えるだけでかなりの金額がかかります。さらに交通費を考えると出費がかさむのは辛いところでしょう。そこで100円均一で揃えられる便利グッズが大活躍します。使い捨ての食器類、トング、鉄串、網、紙コップ、紙皿、木炭、アルミプレート、着火剤、紙皿、割りばしなどは最低限100円均一ショップで揃えることができます。

あると便利なものは、折りたたみいす、保冷グッズ、保冷バッグ、保冷剤などがあると食材を悪くすることなく管理することに役立ちます。また、フライパンやアルミの箸は使い捨てではなく、繰り返し活用できるアイテムで重宝します。

おしゃれを演出できるグッズ

テント周りや、テーブル周りをおしゃれに演出できるグッズを揃えると、さらに気分を高めることができます。

・ガーランド…テント内やテーブル周りに飾るだけでおしゃれに早変わり。
・風車…カラフル風車も目立って可愛いです。風になびかれクルクル回るだけで子供から大人まで楽しい気分にしてくれます。
・ピンチ…タープやテント内にロープを張り、ピンチをつけておくことで濡れたものを干したり帽子やハンカチや拾った木の実などを挟んで可愛く飾ることができます。

買っておいて良かったと思えるグッズ

・エア枕…空気を入れるだけで使えるエア枕やエアクッションは車の中やちょっと休憩の際に使えます。使わない場合は空気を抜いておけばかさばることはありません。
・ワンタッチバンド…本やブランケットをまとめる際に荷物をコンパクトにできるためあると便利です。
・スマホ防滴ケース…急な雨や川遊び、水回りの作業に水没防止に大事な携帯を水から守ります。
・虫よけグッズ…虫よけバンドや蚊取り線香、虫よけスプレーなど虫刺されから身を守るために必要です。

 

便利グッズを活用してキャンプをもっと楽しもう

キャンプは前もっての準備が大切です。大自然を思いっきり楽しむために便利グッズを揃えておくことで余すことなく楽しむことができます。

高価なものから100円均一ショップで揃えることができる用品まで幅広くあります。楽しいキャンプにするために事前にくまなく準備し、自分たちならではのキャンプで楽しい思い出を作りましょう。

category

記事カテゴリー