クーラーボックスのおすすめとは?選ぶ時にチェックしたいポイント

クーラーボックスのおすすめとは?選ぶ時にチェックしたいポイント

CAMP 2018.02.23

Share :

クーラーボックスの素材

頑丈でコスパのいい発泡ウレタン

クーラーボックスには、値段や保冷効果などにより、さまざまな材質が使われています。発泡ウレタンは、頑丈で、しっかりとした保温・保冷効果が期待できる材質。発泡ウレタン製のクーラーボックスは、壊れにくく、外からの熱を遮断し、温度をキープします。

比較的安く手に入れることができるので、コスパもよく、多くの人に選ばれています。値段も保冷効果もバランスよく得たい人におすすめのアイテムです。

折りたためるポリエチレン

ポリエチレンは、プラスチック素材の一種で、バケツやシャンプー容器、ラップ、食品用のタッパーなどの幅広い目的で使用されています。折りたたむことができるので、気軽に持ち運べるクーラーバッグにも用いられています。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

クーラーバッグタイプは、他の素材に比べると保冷効果は低くなりがちですが、かさばらず、使用しないときにはたたんでしまうことも可能。ちょっとしたお出かけや、適度な保冷効果を得たいときなどに選ぶと便利です。

とにかく安い発泡スチロール

発泡スチロールは、安く、使い勝手がよいこともあり、身の回りのさまざまなものに使用されています。発泡スチロールでできたクーラーボックスは、リーズナブルに購入することができるのが魅力。発泡スチロールの性質により衝撃から中のものを守ってくれる効果も期待でき、水にも強いので、さまざまなシーンで使うことができます。

使用する頻度が少なく、たまにしか使わない人にとって、手軽に使えるアイテムです。しかし、軽いため、風で飛ばされてしまう可能性も。蓋が外れないような工夫をしておくなど、風対策が必要です。

高機能な真空断熱パネル

真空断熱パネルを使ったクーラーボックスは、保冷効果が最も高く、高い保冷効果を望む人におすすめ。クーラーボックスの側面を真空状態にすることで、外からの熱を伝えずに温度をしっかりキープします。他の素材では、クーラーボックス自体に厚みがあるほど効果が高くなるものが多いもの。

しかし、この真空断熱パネルは、厚みを出すことなく保冷効果を高めることができるので、容量に対し比較的コンパクトに抑えることができます。その分価格も高くなりがちですが、使う頻度が多い人や、夏場のキャンプなどで保冷効果をしっかり得たい人などに効果的なクーラーボックスです。

クーラーボックスの選ぶ際のポイント

季節に合わせる

クーラーボックスには、さまざまな種類があります。保冷のために使われている素材だけでなく、目的に合わせたものを選ぶことが大切です。まず、クーラーボックスを選ぶ上で押さえたいポイントは、使用したい季節。

夏場のバーベキューなどで保冷のために使うのか、それとも寒い冬に保温のために使うのか、使用するシーズンによって選ぶものも変わってくるでしょう。保冷と保冷、それぞれに対応したものもありますが、一番使う季節を考えて、より適したものを選びたいですね。

使用する容量を考えよう

クーラーボックスは、収納できる容量によって大きさが異なってきます。キャンプなど、多くの食材をしっかり運びたいときには大きい容量のものが必要になりますし、お弁当などちょっとしたものを運びたいならコンパクトなものが便利です。

容量が大きいものを選ぶと、荷物が少ない場合でもすっぽり収納することはできますが、クーラーボックスの中に空間があると保冷効果が下がってしまうことに。できる限り、中身に合わせたサイズのものを選びましょう。

もし中に空間ができてしまうときには、中身は敷き詰めて使うのが効果的。使いたいシーンに合わせ、適した容量のものを選んでいきましょう。

使用日数に合わせる

保冷効果は、素材や構造などによってさまざま。安く手に入れたい人や、頻繁に使う人など、状況によってかけられる金額も異なるでしょう。しかし、クーラーボックスは、使用する日数に合わせて選ぶ必要があります。数日間のキャンプなどの場合には、しっかりとした保冷効果が欠かせません。

多少高くても、食品を安全に運べるものを選んだ方がよいでしょう。反対に、数時間だけ効果が維持できればよい場合には、お金をかけずに、手軽なものでも十分だといえます。使用する日数に合わせ、それぞれの保冷効果を確認して選びましょう。

収納スペースを考えよう

容量や保冷機能が高いクーラーボックスは、どうしてもサイズが大きくなりがち。使用するときは便利でも、使うまで収納しておくにはややかさばりやすいものです。クーラーボックスを選ぶときには、まずは使用目的や日数などが重要なポイントになるでしょう。

さらに、普段収納しておくことができるスペースの確保も忘れずに行いましょう。車に載せたい場合などは、車に積載できるサイズかどうかをよく確認しておくことが大切です。

クーラーボックスの保冷力を長持ちさせるコツ

直射日光に当てない

いくら保冷効果の高いクーラーボックスでも、直射日光に当ててしまうと、クーラーボックスの外側の面が温まり、保冷効果が落ちてしまうことに。クーラーボックスを使用するときには、持ち運ぶ方法や置いておく場所に注意が必要です。

車などで持ち運ぶときには、車内の温度が高くなりすぎないように気をつけたり、窓からの光が届きにくいところに置いたりするのがおすすめ。レジャーの際にも、直射日光が当たる場所は避け、日陰など、涼しいところに置いておきましょう。

また、意外と見落としがちな地面の温度にも注意。下から伝わる温度で保冷効果が落ちないよう、気をつけましょう。

食材を冷凍して収納する

クーラーボックスの効果を高めるためには、中に入れる食材を冷凍しておくと効果的です。熱い季節のレジャーや、数日間のキャンプなどの場合には、高い保冷効果があるクーラーボックスでもやや不安が残るでしょう。できる限り冷凍して入れることで、食材を安心して保存することができます。

さらに、食材自体が保冷材代わりにもなります。保冷剤だけで保冷効果を高めようとすると、実際に詰められる食材の容量が小さくなりがち。保冷剤と、冷凍した食品をうまく組み合わせることで、より保冷効果を高めながら、収納力もキープすることができるでしょう。

断熱材を内側に敷く

断熱材であるアルミシートは、バッグタイプのクーラーボックスなどでよく使用されています。アルミシートをクーラーボックスの内側に敷くだけで、保冷効果をより高めることができます。薄いシートですが、外からの熱を遮断してくれるので、クーラーボックス内部の温度をより長く保つことができるのです。

アルミシートは、リーズナブルに購入できるものが多く、100円ショップでも販売されています。いつもの保冷効果をさらに高めたいときに、アルミシートを敷くだけなので、覚えておくと便利です。

ふたの開け閉めは最小限にする

保冷効果を保つためには、クーラーボックス内の温度をできるだけ低くキープしておくことが大切です。家庭にある冷蔵庫と同じで、ふたの開け閉めをするたびに中の冷気が逃げてしまいます。ふたの開け閉めは最小限にするよう、心がけましょう。

ふたを開けたときに逃げてしまう冷気を抑えるためには、ふたの下にビニールシートをかぶせておくのも効果的。また、飲み物などの頻繁に開け閉めする可能性のあるものは、別のクーラーボックスに閉まっておくことで、鮮度を保ちたい食品を守ることができるでしょう。

隙間に保冷剤をいれる

クーラーボックスの中身を詰めていると、食材と食材の間に隙間ができてしまうことがあります。できてしまった隙間には、保冷剤をいれておきましょう。食材が動いてしまうのを防ぐとともに、保冷効果を高めることができるのです。

ちょっとした隙間でも、コンパクトな保冷剤を詰めておくだけでも、効果は高まります。ふたとの間に空間ができてしまう場合には、中身の表面を新聞紙で覆って保冷空間を狭めたり、新聞紙をまるめて詰めたりすることでも空間をなくすことができ、解消できるでしょう。

おすすめのクーラーボックスメーカー

スタイリッシュなColeman

コールマンは、老舗のキャンプ用品メーカー。高い機能性に加え、スタイリッシュなデザインが特徴的で、根強い人気があります。コールマンから販売されているクーラーボックスは、素材やサイズ、形などの種類が豊富で、目的に合ったものを選ぶことができます。

保冷効果も高く、使いやすいので、レジャー初心者の人でも安心して使うことができるでしょう。また、コールマンのクーラーボックスは、カラー展開が多いので、自分好みのデザインを選ぶことができます。目印にもなるので、他のクーラーボックスとの見分けも付きやすいというメリットも。

おしゃれなデザインで、自分らしさを演出でき、レジャーがより楽しくなりそうです。
http://www.coleman.co.jp/

軽量なダイワ

さまざまな釣り具用品を扱うダイワ。ダイワのクーラーボックスは、釣った魚を新鮮に持ち運べる高い保冷力が人気です。容量や形状もさまざまで、大きめの魚でもそのまままっすぐ収納することができる大型タイプや、持ち運びしやすいコンパクトなものまで種類が豊富です。

両開きタイプの蓋は、片側から開けるともう片方が自動でロック。消臭機能がついていたり、蓋を外して水洗いできたりと、釣りなどのレジャーを思いきり楽しめる工夫がいっぱいです。目的に合わせて選ぶことで、中の鮮度を保ちながら、便利に使用することができます。

真空断熱パネルによる断熱効果で、暑い季節のレジャーでも活躍しそうですね。
http://www.daiwa.com/jp/

保冷力の高いSHINWA

キッチン用品やごみ箱、コンテナなど、さまざまなプラスチック製品を販売している伸和。伸和のクーラーボックスは、しっかりとした保冷力のある商品が、比較的リーズナブルに手に入ると人気です。低価格でありながら、容量もあり、運びやすい車輪付きタイプなど、使いやすくなっています。

他のアウトドアメーカーに比べ、値段を抑えることができるので、初めてクーラーボックスを購入する人や、短時間のレジャーを楽しみたい人などにはうれしいアイテムです。シンプルなデザインで、さわやかなカラーが印象的。水色や白が、レジャーにマッチしそうです。

目的に合わせて、容量や機能を選んでいきましょう。

http://shinwa-plastic.com/

クーラーボックスを上手に選ぼう

屋外でのレジャーを楽しみたいとき、クーラーボックスがあると便利。特に暑い季節や、バーベキューなど食品を運びたいときには、なくてはならないものです。日常的に使用する人は、目的に合わせてさまざまなタイプを持っておくのもよいでしょう。

たまにしか使用しない人は、あらゆるシーンで使用しやすいものを選ぶと使いまわしが効きます。クーラーボックスを上手に選んで、自分好みのレジャーを思いきり楽しみましょう。

category

記事カテゴリー