初心者でも楽しめる、キス釣り。手軽にルアーからはじめてみよう

初心者でも楽しめる、キス釣り。手軽にルアーからはじめてみよう

FISHING 2018.02.27

Share :

キスの釣り方

少しづつ引っ張りながら釣る

キス釣りは、ただ竿を投げて放っておけば釣れるというものではありません。キスは、主に砂地に潜って生息しています。なるべく遠くへ投げて、キスがいる場所までエサを引っ張りながら、あたりを待つのです。ただ投げてボーっとしていても、魚が寄ってきてくれるとは限りません。

ゆっくりリールを巻く

少しづつ引っ張りながら釣るとよいといいますが、どのくらいゆっくりなのか初心者には分かりにくいもの。だいたい5秒でリールをひと巻きするくらいのスピードを基本とします。そして、巻き上がったらまた仕掛けや餌を確認して投げなおしましょう。

ただし、その日の天候や水温、釣りをしているポイントによって、キスのあたりをみながら、スピードを早めたり緩めたりして様子を見ていくのが大切です。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

キスを釣る道具選びのポイント

硬い竿を選ぶ

道具選びも初心者にとっては悩ましいもの。釣り道具屋を覗いてみると、竿から針までついた仕掛けとバケツまでついて1,500円程度で購入できるものから、竿だけで10万円を超えるものまでさまざまな値段設定や種類が見られます。

キスを狙うには、まず竿は硬いものを選ぶとよいといわれています。なぜなら、砂場でキスを狙うには、遠投しなければならないため、重量のあるオモリと、ある程度の竿の長さが必要になるためです。ただし、水温の高くなる夏場であれば、近場に投げるチョイ釣り程度だったら、安価なお試し竿でもよいでしょう。

ナイロンラインがおすすめ

投げ釣りで本格的に遠くへ投げたいという玄人の方は、ラインも「PE」と呼ばれる、強くてコシのある遠投用のラインを使われます。PEラインは強度とハリがあり、延びがあるので、狙う魚によってPEの太さや種類を変える人もいます。

また、PEはお値段設定も高め。その分とても強くて切れにくいので、カバーや手袋をつけない手で直接引っ張ったりすると、指が切れてしまうことも。

安価でも、ある程度強度があるのでおすすめ

初心者であれば、ナイロンラインで十分楽しめます。ナイロンラインは安くて、しなやかであり、ある程度の強さがあるため、キス以外の魚を狙う場合でも対応が可能。ナイロンラインのデメリットは、水や紫外線によって劣化することです。初心者はそろそろ卒業したいな、と感じる方はナイロンラインも交換もお忘れなく。

リールは竿とのバランスで選ぶ

初心者が、道具選びで一番難しいといわれているものは、「リール」です。リールも竿と同じく、安いものから高いものまでの幅が大変大きく、何を選べばよいのか難しいところ。

安すぎるとすぐ壊れて糸が絡まってしまったり、高価なリールでも重量が重ければ、自分の竿とのバランスが悪くなって、上手く投げられなかったり、竿が壊れてしまう心配もあります。ポイントは小さ過ぎず大きすぎず、自分の持っている竿に付けたときに、バランスがとれているかを確認しましょう。

餌はチロリが良い

一般的に、キス釣りのエサには「チロリ」がよいといわれています。ただし、このチロリは夏場しか置いていない餌屋が多く、夏を過ぎると手に入りにくくなります。

チロリはエサ付けの時に針に付けようとすると、千切れやすく扱いにくいので、虫餌であればチロリよりも安い、ジャリメやイシゴカイ、青虫などに変える人もいます。しかし、キスの食いつきが抜群によいので、チロリは根強い人気があるのです。

キスの釣りスポット

砂地の場所によくいる

キスは、基本的に日本各地の海岸におり、砂地の場所に住んでいます。夜寝る時には砂に体をうずめて、目だけを出して休んでいるので、驚いたり外敵に襲われた時にも砂に潜るといわれています。

日中は群れをなして、海底から30cmほど離れた場所でエサを探しながら泳いでいます。エサは、小さなエビやカニ、ゴカイなどを食べているようです。

夏場は浅い場所にいる

キスの産卵シーズンは、夏場。よって、冬場の寒い時期は、深い海底付近に住んでいるキスも、水温が高くなってくる夏場には岸壁近くまで上がってきます。

夏場は、水深の浅い場所でもキスが上がってきているので、キス釣りが楽しめるようになってきます。キス釣りをするなら夏場がおすすめです。

キス釣りの仕掛けの種類

動きの良いスプリット仕掛け

キス釣りの仕掛けについては、釣り師たちがたくさんの仕掛けをインターネットでつぶやいていますが、まず初心者におすすめなものは、「スプリット仕掛け」というもの。スプリットとはオモリのことで、特につぶし玉と呼ばれるオモリを直接ラインに付けて、その先に針と餌というシンプルな仕掛けです。

この場合の餌は、多くの場合が重量のある「ジグ」と呼ばれるルアー。つぶし玉から餌までのラインの長さを調節することで、針に付けたエサがよく動き、あたりを狙えます。ただし、オモリがつぶし玉だけなので、飛距離がでにくいこともあるようです。

遠くへ投げたい時はキャロライナ

「キャロライナ」という仕掛けは、主にバスフィッシングで使われている仕掛けですが、現代では海釣りでも使われるようになってきました。キャロライナとは、中通しの重りをパイプに通した仕掛けで、海底を探るような釣りや遠投するときに向いている仕掛け。

ただし、ラインが絡まりやすいので、投げる際には針の頭にオモリをつけたり、絡まり防止のチューブを中継するなど、注意と工夫が必要です。

キス釣りの為のタックル

キスのアタリを逃がさないルアーロッド

釣りを始めるといろいろな専門用語にであうことでしょう。タックルとは、釣り道具全般を指すもので、ルアーロッドとはルアー(疑似餌)に向いた釣り竿のことを指します。まず、釣り道具屋に行ったとき、このような専門用語で説明を受けた場合は、1つずつ聞いていきましょう。

キス釣りに向いているルアーロッドは、全長が3m弱のもので、ルアー重量の上限が30g程度。海水に耐えられるものを選びましょう。また、遠投する場合には釣り竿が長ければ飛距離も比例しますが、竿が長くなれば、それだけ重量も増して扱いづらくなるので、初心者には難しいこともあります。

小型スピニングリール

釣り初心者にすすめられるのは、扱いやすい「小型のスピニングリール」。キス以外の釣り方にも使えるため、汎用性も高く、扱いやすいものです。

摩擦が少なく、糸の出がよいため、ちょい投げでも比較的飛距離を稼ぐことができます。ドラグと呼ばれ、魚が急に力強く引っ張った時に、自動で糸を出してくれる糸切れ防止のネジ部分も、スピニングリールでは簡単に強度を調節できるようになっています。

リールには、1,000番代から12,000番代までの大きさがあり、数が多くなればなるほど大きくなります。その中でも、キス釣りには2,000番代から3,000番代のリールで比較的小型のものが一番扱いやすいといわれています。

キス釣りの仕掛け

キス釣りに最適なキャロライナリグ

実際にキス釣りに出かけるとすれば、どんな仕掛けを持って行くとよいのでしょうか。実は、一般的に海釣りでキスを狙うというと、よく聞く仕掛けは「天秤」という仕掛けなのです。

しかし、この天秤は根がかりしやすいという難点も。そこで、キス釣りにチャレンジしやすい仕掛けは、先述した「キャロライナリグ」です。

キャロライナリグ

キャロライナリグの利点として、海底を探るように釣るときに向いているという点があります。しかし、初心者には地形の把握がなかなかできないため、キャロライナリグは根がかりしにくいオモリだけの仕掛けなので、キスに違和感を与えないという点でおすすめです。

仕掛けの準備方法とは

まず、竿にリールをセッティングして、ラインを伸ばし、中通しのオモリを付けてその先に針と餌を付けるという手順。中通しのオモリの扱い方が分からない時には、「キャロ」と名前の付いたキャロライナリグのオモリや、そのまま付けられる仕掛けの商品がありますので、キス釣り用のものでなくても、十分利用できます。

ただし、針はメバル用やカレイ用など特化しているものにあたりが出やすいことも。キス用の針に変えると、さらにあたり率がアップします。

ワームはメバル用のストレートワーム

餌については、現代では生き餌によく似たルアー(疑似餌)が販売されています。キスのような小さめの魚を狙う時に使うルアーは、虫餌に似せてゴムなどで作られており、ワームと呼ばれています。

生きたエサが触れない人でも、ワームであれば動かないので大丈夫。キス狙いのワームはまだ少なく、メバル用のワームが多く流通しているので、このメバル用のストレートワームを半分にカットしてつけるとよいでしょう。

現代では、生き餌に似せて作られていることもありますが、、姿形はもとより、匂いまでついているものもあります。何種類か用意して、あたりの様子を見て、付け替えてもよいでしょう。

ルアーで釣る時のコツ

当たり前のことですが、ルアーは生きていないので、海に投げても自分で動いてくれません。キスの興味を引くためには、キスが食いつきたくなるように、美味しそうに動いていないといけません。ルアーを生きているように動かすには、「しゃくる」必要があります。

仕掛けを投入したあとに、オモリが底に沈んだあと、糸をピンと張って、様子を見ましょう。少しずつ引いていき、糸を引く際に、ルアーが生きているように見えるよう、少し竿先を上げるように何度か動かします。この「しゃくり」という行動を何度か繰り返し、キスのあたりを待ちましょう。

キスを釣るコツ

防波堤からの投げ釣り

初心者が挑戦しやすい防波堤からの投げ釣り。防波堤は、見た目では分からないくらい水深が深くなっていることが多いため、誤って海に落ちてしまうと、なかなか上がって来られません。必ずライフジャケットを着用して、釣りを楽しみましょう。

防波堤からの投げ釣りでは、手前の方からでは砂地に投げても砂地に届かないことが多いため、場所取りは出来るだけ先端の方を陣取る心づもりで。防波堤からの釣りは水深がすぐに深くなることが多いため、キスも大物を狙える可能性があります。

狙いたい釣り場のポイントとは

潮目が出来ているところや、船の通り道になって海底に溝ができているような場所がおすすめ。竿を投げる前に海を眺めて、海の色が変わっていたり、小さな波が常に立っているような場所が狙い目です。

砂浜からの投げ釣り

キス釣りの基本ポイントは「砂浜釣り」。沖の方まで砂地が続いているような場所は、キスがたくさん住んでいるポイントです。海水浴シーズン前の砂浜には、キス狙いの釣り人が定間隔に並んでいることも。

砂浜からの釣りは「サーフ」と呼ばれています。砂浜釣りでは、できるだけ遠くへ投げた方があたりの確率が上がります。オモリが海底に着いたらゆっくりとリールを回しながら底の地形を確認しながら引っ張っていきましょう。

地形が変化している場所や、海底に急な高低差のある場所は、キスの通り道や溜まり場なっていることが多いので、そのポイントを覚えておいて、狙い打ちするように、その辺りを探りながら投げ釣りしましょう。

キス釣りはルアーを知って更に楽しむ

キス釣りは、1年を通して楽しめることから、家族やカップルにも人気のレジャーフィッシング。あたりもわかりやすく、釣りやすい上に、釣りあげた後にも美味しくいただけるという人気の理由もわかります。

生き餌には触られない子供や女性にも、ルアーであればもっと気軽に楽しむことが可能です。本物に近いルアーも多く店頭に並んでいるので、いろいろと試しながら仕掛けを選び、ルアー選びの準備も楽しみましょう。

category

記事カテゴリー