「高級スポーツカーを買うなら」遊び心を大切にした1台を選びたい

「高級スポーツカーを買うなら」遊び心を大切にした1台を選びたい

CAR / MOTORCYCLE 2018.02.23

Share :

高級スポーツカーの特徴

実用性よりドライビングを楽しめる

自家用車というのは、通勤や通学に利用するなど実用的な消耗品ですが、車をツールとしてではなく、趣味として楽しみたい人が愛用しているのが、高級スポーツカーです。

車そのものが好き、あるいは、車と対話しながらドライビングを楽しむことが好きな人なら、1度は買ってみたいのが高級スポーツカー。予算に合わせて、いろいろなタイプを選ぶことができます。

低重心でスタイリッシュなデザイン

スポーツカーは普通の乗用車と違い、車体が低く低重心になっています。これは、スピードを出すことを重視しているためで、抵抗を少なくするために、流線的でスタイリッシュなボディを採用しているためです。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

もともと、スポーツカーは、レースで使われることを想定してデザインされています。初期の頃は、屋根がなくオープンホイール(タイヤがボディから飛び出しているタイプ)のデザインが主流でした。

スポーツカー独特のエンジン音

車好きの人にとって、エンジンの音は、ドライビングを楽しむ要素の一つといえます。特に高級スポーツカーの場合は一つ一つの部品がまるで楽器のように細心に組み立てられていますので、どのスポーツカーでどんな音が楽しめるかも車選びの基準の一つになります。

国産のスポーツカーであれば、音にうるさい人は、ホンダのNSXなどが特にお気に入りのようです。エンジン音を堪能できるようになれば、高級スポーツカーを上手に乗りこなしているといえるでしょう。

 

人気の高い高級スポーツカーブランド

スポーツカーといえば赤いフェラーリ

「赤のフェラーリ」といえば、スポーツカーの代名詞のような感があります。可視光線の中でも、赤は最も波長が長く目立つ色だということもあり、スポーツカーを持っている人の中でも、赤色はかなりポピュラーです。

青やグリーンの車は、事故に遭遇しやすく、赤や黄色だと、事故率が低いという調査結果も出ていますから、単なる好みの問題だけで、赤が選ばれるというわけでもないようですね。いかにも、スポーツカーらしい一台を買いたいのであれば 、絶対におすすめなのが、赤のフェラーリです。

一目でわかる独特のデザイン ランボルギーニ

デザインが最重視されることの多いスポーツカーですが、ランボルギーニの大きな特徴は、機能性が最優先されていること。スライドして真上に開く、ガルウイング式のドアがお目見えしたときは、かなりのセンセーションを巻き起こしましたが、あのドアも機能性を追求してたどり着いた、一つの結果だったのです。

一目見ただけで「ランボルギーニだ」とわかることも、ランボルギーニを持つ理由といえるでしょう。

ドイツの高級スポーツカーブランド ポルシェ

スポーツカーというと、ひたすらデザイン重視で、「実用性とはほど遠い」というイメージを持っている人も多いと思いますが、ポルシェの車は、レーシングカーとしての名声を欲しいままにしています。

イタリアの派手なスポーツカーとはちょっと違い、「レースに勝つために生まれてきた」点を強調したフォルムは、一種独特。緻密に設計された潜水艦か、飛行船を思わせる流線的なデザインは、スポーツカーを何台か乗り回した経験のある人におすすめです。

スタイリッシュなデザインのアルファロメオ

フェラーリやランボルギーニの目立つ派手さとは、また違う美しさを持ったスポーツカー、それがアルファロメオです。エレガントな車体は、車好きにはこたえられない魅力でしょう。

高級スポーツカーを買おうと思っているけれど、華やかさよりも、渋くてスタイリッシュなイメージを大切にしたい人に、ぴったりのブランドです。違いのわかる、洗練された趣味を持つ彼女を納得させたいのなら、アルファロメオしかありません。

国産で人気のレクサス

高級スポーツカーというと、海外のラグジュアリーが筆頭にあげられますが、国産でもかなり格好いいと人気なのがレクサスです。レクサスは、トヨタが展開している高級車ブランドで、「究極の国産スポーツカー」をモットーとして誕生しました。

1台1台手間ひまかけて作られた、職人気質あふれるレクサスのスポーツカーは、ぜひ1度は乗ってみたい逸品です。

 

国産車で人気の高級スポーツカー

レクサス LFA

http://lexus.jp/models/lfa/

レクサス LFAは、2000年から開発がスタートした国産高級スポーツカーです。世界に誇る自動車メーカーのトヨタが「究極の国産スポーツカー作り」をモットーに、莫大な労力と研究開発費をかけて作り上げた芸術品、レクサス LFA。

2005年にはデトロイト・モーターショーで発表され、2009年には東京モーターショーで、市販車としてお目見え。最高速325km/hの同車は2010年から。愛知県豊田市の元町工場内にあるLFA工房で、限定500台の製造販売が始まり、2012年に製造販売が終了しています。

日産 GT-R Premium edition

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/gt-r/specifications.html#grade-3G-2|equipment

日産 GT-R Premium editionも、国産の高級スポーツカーとしては、かなり評価の高い1台です。2016年7月に発売開始となった同車は、シートに強靱で柔らかく、しかも滑りにくいナッパレザーを使用しています。

GT-R Premium editionの最高速度は、時速315?。スポーツカーだけではなく、日産が開発したGT-Rドローンも、話題を集めています。3秒で時速100kmまで加速できる、このGT-RドローンとスポーツカーGT-R Premium editionの対決動画は、見逃せません。

ホンダ NSX

http://www.honda.co.jp/NSX/

コンセプト作りの上手いホンダのNSXは、他人に差を付けたい人にぴったりのスポーツカー。同車は「インテグレーテッド ダイナミクス システム」を採用しており、4つのモード「QUIET」「SPORT」「SPORT+」「TRACK」を楽しむことができるようになっています。

アクティブ・エキゾーストバルブを閉じることによって、排気をサイレンサーに誘導する「QUIET」モードや、アクティブ・エキゾーストバルブを閉じた状態で発進し、加速に応じて開いていく「SPORT」モードは、ホンダの公式YOUTUBEチャンネルで観ることができます。

外車で人気の高級スポーツカー

ランボルギーニ アヴェンタドールSロードスター

https://www.lamborghini.com/jp-en/%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB/aventador/aventador-s-roadster

どうせ高級スポーツカーを購入するなら、思いきり派手に、そしてぜいたくにと考えている人の第一選択肢としては、何といってもランボルギーニがあげられるのでは。

ランボルギーニの車の特徴は、1度見たら忘れられない印象的なデザイン。特に同社のアヴェンタドールSロードスターは、最高出力740HPを誇る7新型V12エンジンを搭載しており、まるで交響曲のようなエンジン音を、心ゆくまで楽しむことができます。

見かけの良さと、ドライビングそのものの両方を楽しみにたい人には、イチオシのスポーツカーです。

ポルシェ パナメーラ4Sスポーツツーリスモ

https://www.porsche.com/japan/jp/models/panamera/panamera-models/panamera-4s-sport-turismo/

スポーツカーに、洗練された美しさを求める人なら、ポルシェ パナメーラ4Sスポーツツーリスモの購入を検討することが妥当でしょう。安定した作動では、定評のあるポルシェ。わずか4.4秒で、100km/hまで加速することができ(スポーツクロノパッケージ装着時なら4.2秒)、最高速度も286km/hまで出ます。

色はメタリックブルーやブラック、ホワイトなどが揃っています。同じパナメーラ4には、スポーツツーリスモのほかに、「エグゼクティブ」モデルもありますが、若々しい印象を大事にしたいのなら、やはりスポーツツーリスモのほうがおすすめです。

フェラーリ 488スパイダー

http://auto.ferrari.com/ja_JP/sports-cars-models/car-range/488-spider/

プランシング ホース(跳ね馬)のロゴで名高いフェラーリが、世界に向けて発信するフェラーリ 488スパイダーは、これ以上スタイリッシュにはできないというほどおしゃれなデザイン。

RHT(リトラクタブル ハードトップ)は、二つのセクションに分離されており、開閉に要する時間は、14秒となっています。メカニカルセットアップに磨きをかけ、サイドスリップ・アングル・コントロールの最新バージョンを含む、電子システムを取り入れたこのモデルは、総合的なレスポンスタイムが、先代のスパイダーより9%も短縮されています。

アウディ R8

https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/r8/r8.html

派手なデザインでありながら、都会の街角にも自然に溶け込むデザインが好評なアウディ R8は、2016年度「ワールド パフォーマンス カー」も受賞しています。

最高速度は330km/h、Audi史上最強の自然吸気エンジンを搭載した同車は、扱いやすさも抜群で、実際に運転した印象は、スポーツカーというよりも高級セダンという感じです。

メルセデスベンツ SL

https://www.mercedes-benz.co.jp/content/japan/mpc/mpc_japan_website/ja/home_mpc/passengercars/home/new_cars/models/sl-class/r231.html

2つのBlueDIRECTエンジンを搭載したメルセデスベンツ SLは、エレガントなオープンカータイプ。メルセデス最先端の知能を結集してデザインしたこの車は、一生残る思い出を作り出してくれるに違いありません。セーフティを第一に考えて作られた、究極のスポーツカー。乗るだけで、心に安心とゆとりが生まれてきます。

ベンツの車は、どれも高級素材を使用した最上級のインテリアで知られていますが、このモデルは、特にアンビエントライトを用いて、エモーショナルな雰囲気を演出しています。

3億の超高級スポーツカー ブガッティ シロン

ブガッティ ヴェイロンの後継車として登場

ブガッティ ヴェイロンといえば、フォルクスワーゲングループによって設立された、ブガッティブランドとしては最初の市販車であり、ビートたけしが購入したことでも有名になりました。この世界で最高速の市販車として、2005年から名を馳せたブガッティ ヴェイロンの後継者として登場したのが、まるで映画に出てくるような高級スポーツカー ブガッティ シロン。

価格が3億円ということでも、話題になっています。2016年春に開催された、スーパーカーの祭典「ジュネーブショー」でも、熱い注目を浴びていました。

なんと時速420km以上出すことが出来る

このブガッティ シロンは、時速400km/hに到達するまでに要するタイムはわずか30秒足らず(0-100km/hの加速は2.5秒以下)、最高時速は420km/hを上回ります。

先輩であるブガッティ ヴェイロンの最高時速が410km/hですから、10km記録を更新したことになります。価格の方も、ヴェイロンより約8,550万円高くなっていますが、それだけの価値はあるようです。

限定500台で価格は約3億円

ブガッティ シロンの価格は約3億円で、500台限定生産となっています。人気サッカー選手のクリスティアーノ・ロナウド選手もさっそく購入。ブガッティ ヴェイロンに続いての購入ですから、かなりブガッティのファンだということがわかります。

発売開始直後で、100名以上の予約が入ったということですから、世の中には、お金持ちが結構いるものなのですね。

デザイン スピード 価格すべて一流の高級車

ブガッティ シロンは、とにかく究極のスポーツカー。スーパーカーというよりは、ハイパーカーの名前がふさわしい、空前絶後の1台といえます。

ブガッティ ヴェイロンの最高出力は1200馬力ですが、シロンの方は1500馬力にまで高められています。エンジン形式は、ヴェイロンと同じものを引き継いでいますが、出力とトルクに関しては、大幅に向上されていることも特徴。

ちなみに同車は、モナコF1レースの伝説的なレースドライバーである、ルイ・アレクサンドル・シロン氏の名前にちなんでいます。

高級スポーツカーでドライブを楽しもう

車を極限まで楽しむ方法、それが高級スポーツカーでドライブを楽しむことです。彼女のハートをつかむために、買ったばかりのスポーツカーでドライブすることもいいですし、ときには都会の喧騒から離れて、一人で夜のドライブを楽しむのもいいかもしれません。

高級スポーツカーを運転するときは、さり気なくて、しかも質のいいシャツとGパンなどを身につける方がおしゃれです。

category

記事カテゴリー