キャンプ用品をDIY。愛着あるアイテムでモチベーションをあげよう

キャンプ用品をDIY。愛着あるアイテムでモチベーションをあげよう

CAMP 2018.02.23

Share :

キャンプ用品を自作するメリット

既製品を買うよりも経済的

DIYの最大のメリットはリーズナブルに品物を手に入れることができることです。既製品の場合、本来一般の人にはできないことをするため、物質的なコストに技術料というものが価格に付いてきます。この技術料がモノの幅が広くものによってはとても高額になる物があります。

自分の力で作ることにより、掛かるものは物質的なコスト、つまり部品、素材、道具だけで済むことになります。道具は、掛かるのは最初に最低限に必要なものを購入するだけで、次回行う際には道具のコストは掛かりません。DIYはとても経済的にすみます。

自分の理想のものを手に入れられる

既存品の場合、必要なサイズや大きさ、用途などに合うか合わないかで考えなければなりません。お洒落だなと思ってもサイズや大きさがいまいち欲しいものと違うケースがあり、断念しなければならないことも珍しくはありません。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

DIYであれば自分の好きなように制作出来ます。 「サイズが合わない」といった事は、工夫次第で、自分の必要とするアイテムを作ればよいのです。既存品ではまず見かけないようなデザインの物も自分で自由に制作出来ますので、自分の理想のものを手に入れることができるでしょう。

個性を演出できる

DIYは自分のアイディアでお洒落なものを作ることができます。アイディアが多々浮かんでくる人にとってはとても楽しい作業になります。「こんな色が欲しい」「これがあると便利」「もっとこういった物が欲しい」といったように、個性的なアイディアが出てきてそれを形にすることができ、作る事そのものがとても楽しいものになるため、趣味になる人が増えています。

人と被らない

DIYで制作した物は、どのような物であれ基本的に自分オリジナルになります。世界に一つだけの物で他にはどこにもなく、人と被ることがないもの魅力の一つです。

販売されているものは、この世に一つという事はありません。気に入ったと思っても、他にも同じ物を購入し、使用する人もいます。それでは面白くないと思う人もいますが、DIYで制作した物はどこにも置いてありませんから、自分だけの物として楽しめるのですしょう。

難易度別のDIY

超初歩は一部分をペイントする

ペンキをハケで塗るというペイントは最も基本的なDIYです。他にもスプレーなどもありますが、ムラが出てしまうため、基本的なハケ塗りをマスターしていくことをおすすめします。

いきなり広範囲の物をペイントするのではなくまずは、1部分を塗ってみましょう。ペンキを塗るときの基本は「配る」→「広げる」→「整える」の3ステップです。この塗り方はハケの跡が目立たず、全体に均一な厚さで塗り広げることが出来ます。

初歩は全体をペイントする

ハケの使い方、の3ステップをマスターしたら全体を塗っていきます。水性ペンキのほとんどはエマルションペイントと呼ばれるもので、水の中に顔料や樹脂の成分が浮遊しています。それらは水より重く、長期間にわたり静置すると沈殿することがあります。この顔料と樹脂などを水と均一に混ぜることが重要になります。

また、ペンキも100均一で買える物がありますので、最初は100均一で買ったものを使ってみることもおすすめです。ペンキは別容器に一度移し変えてからペイントすることでゴミなどが入ることを防ぐことができます。

中級はパーツを付属する

中級者にはペイントからステップあっぷして、木材にパーツをつけることに挑戦してみましょう。木材にはさまざまな種類がありパーツをビスなどで組み立てて作っていくことでより楽しむことができます。

木材はカットされているものも多く、欲しいサイズの木材を必要な量を揃えることで作ることができます。ホームセンターにも多くの木材がありますが100均一にもパーツがあります。

ホームセンターは自分でのこぎりでカットしなくても必要な長さでカットしてくれるサービスがありますので、それを利用することもできます。付属品が揃ったら、電動のドリルなどでビスを打ち込み組み立てていきましょう。

上級は一から作る

組み立てに慣れてきた場合は、自分で木材を必要なサイズで揃えていくことで大きめの家具やテーブルまで作ることができるようになります。一から作る場合には必ず図面を起こします。図面を起こす場合には木の厚みまで計算する必要があります。

寸法が木の厚みにより前後するためしっかり計算することが大切です。わからない場合には実際にホームセンターで必要な木材を下調べして図面を起こしてみましょう。ビスの長さや、組み立てる位置まで図面に記入し、しっかり計算することが重要です。

DIYできるキャンプ用品

素材にこだわれるウォータージャグ

ウォータージャグはあるだけでおしゃれでキャンプの雰囲気を一気に変えることができるアイテムです。手作りすることができブリキのバケツやタルなどを利用して作ることができます。大切なことはじゃぐち部分の取り付けで、ビールサーバー用のじゃぐちを再利用することをおすすめします。

作り方

1.ドリルを使い、蛇口部分のサイズに合わせて穴をあけます。穴あけドリルはホームセンターで販売しています。鉄鋼用ドリルが安定して穴を開けられますが、高価なので木工用を購入することをおすすめします。

2.穴を空ける位置を決め(穴の位置はバケツの底より下の位置に蛇口先端が行かない程度に)、バケツを内股に挟むなどして慎重に貫通させて行きます。あまり上過ぎるとバケツの底に水を沢山残したままになるため取り付け位置に注意しましょう。シリコンゴムをバケツ表面、裏側にしっかり密着させることで水漏れを防ぎます。

3.バケツ内側から、締めナット→半円のワッシャー→シリコンゴム→バケツやタルの側面→シリコンゴム→半円ワッシャー→蛇口出口へ慎重に取り付けると完成します。

木材の色味にこだわれるテーブル

テーブルを作る際はテーブルになる天板にこだわりましょう。足になる部分は好みの木材やレンガなどで作れます。テーブルになる天板や板を張り付けたテーブル部分の木材は好きな木目を選んだり、張り付け方を工夫して貼り付ける場合はなるべく平らになるように裏から板とで固定します。

天板は使いやすいサイズに設定し、ペンキを使って好みの色に塗る作業を楽しみます。ペンキの色や塗り方で個性が出せます。ペンキのみで汚れが気になってしまう場合にはニスをつけることをおすすめします。

高さにこだわれるキッチンテーブル

ホームセンターで木材を調達します。

材料

・40 × 12 × 1820mm ? ?6本
・縦の脚 850mm ? ?6本
・横の脚 300mm ? ?12本

?作り方

1.縦の脚と横の脚をつなぐため、8mmのダボ穴をあけます。横の脚にも8mmのダボ穴をあけます。
2.穴に木工用ボンドを流し込み、ダボを打ち込みます。
3.縦の脚2本と横の脚3本をつなぐと、脚組になります。これを2組つくり、この2組を蝶番でつなぎます。つなぎ終わると、脚組になります。
4.これでは下方が開いてしますので、開きすぎないように30cmのチェーンとストラップ金具を用意します。ねじで接続します。開き加減は調節できます。
5.下側につけたのは、棚板をのせれるようにするためです。これで脚一つできました。
6.もう1脚同じ手順で作成します。つぎは天板です。ホームセンターで手ごろな幅の板を購入し、利用します。(2段目の棚用の板)
これで高さ850mmのキッチンテーブル完成です。

雰囲気をだせるランタンスタンド

DIY好きなキャンパーの心をくすぐる、自作のランタンスタンドの作り方です。

材料

・デンデンボルト(ボルトの頭部がリング形状のもの)(M8×80mm)×4個
・蝶ナット(M8)×3個
・装飾スナップ1個
・丸棒(24mm×910mm)×3本

?作り方

1.丸棒に穴をあけます。端から約100mm程の位置に、約90mmの穴をあけます。

※全て同じ位置ではなく、2本目以降は、間隔を80mmずらして穴をあけます。

2. デンデンボトルを組み合わせ3つを通ししっかり止めます。

3.2を木棒に通します。3つボトルをそれぞれ木棒に通し、三角になるように角度をつけて調節します。

4.3本すべてに通ったら、デンデンボトルボトルを蝶ナットで固定します。

5.丸棒を同じ方向に倒して完成です。2.で軸になっていたデンデンボルトの穴に装飾スナップをつければ、ランタンが吊るせます。ランタンに合わせて応用が利きます。

100均グッズでできる調味料ケース

100均にいくと必ずおいてある木製の箱、これに調味料を収納してキャンプに持っていくアイテムが簡単に作れます。

材料

・木製の箱(正方形や長方形など好みのサイズのもの)×2個
・丁番2個
・取っ手1つ
・引っ掛け1つ
・ビス

作り方

1.箱を好きな色にペイントします。

2.二つの箱を重ねて片面に2つ丁番を合わせてビスで打ち込みます。

3.これでパカパカと開き機能完成。

4.片方に引っ掛けの金具をビスで取り付けます。

5.持ち手の部分は箱の上部に取付て完成です。

6.中身は仕切りをつけた方が良ければ木の板を打ち込みますが、タオルなど敷いておくことで隙間を埋めることができます。

これで簡易的で、シンプルなチュ魅了ケース完成です。

簡単にできるゴミ箱

可愛いバックや手提げなどを立てて、スーパー袋を中に入れるだけでゴミ箱が完成します。キャンプはゴミが出ます。袋だけでは風で飛んでしまったり、立てるにも安定しません。少ししっかりしたバックは立てることもできますし、見た目も可愛く演出できます。

手提げやバックは100均でも購入できますし、自信で持っている少ししっかりしたバックも簡易的なゴミ箱に使えますのでオリジナルなゴミ箱を楽しんでみましょう。

コーヒーペーパーでも作れるキャンドルホルダー

どこにでも売っているコーヒーペーパーの底を切り、100円均一などで買ったキャンドルライトにはめるだけでキャンドルホルダーが作れます。ペーパーにはオリジナルのイラストを入れキッチン前に並べてテーブルに並べて飾れば、雰囲気のいいサイトが完成します。

コストが安く済み、使い終わったらそのまま捨てることができます。キャンドルだけでも可愛いのですが、コーヒーペーパーにより光が広範囲になり、可愛い形に変身します。雰囲気作りが大切なキャンプにぴったりのホルダーです。

セルカ棒でつくるファイヤーブラスター

「ファイアスタンド」用にファイアブラスターが作れます。

材料

・100均の自撮り棒

作り方

1.カメラを付ける所をパイプカッターで切り落とします。

2.切り口をケガしないように、ヤスリで綺麗にします。

3.お尻にドリルで穴開けます。先端を細くするため、ジョイントボルト用のナット(M6)をつけます(丁度ピッタリです)

4.しっかりと、接着剤をつけます。

これで完成です。80センチくらいになり、持っていても熱くないファイヤーブラスターになります。万が一失敗しても作り直していけばコツがつかめます。手を切らないように注意して作成しましょう。

こだわりのキャンプ用品で楽しいキャンプをしよう

DIYは世界に一つだけのオリジナルアイテムを作ることができます。既製品ではなかなか手にすることができない欲しいサイズのアイテムや自分の好みのカラーの物を手間をかけて作ることで愛着がわき、キャンプに行くモチベーションにつながります。最初は時間がかかってしまいますが、好きな材料を調達しDIYに挑戦してみましょう。

category

記事カテゴリー