自然あふれる新島にキャンプに行って心も体もリフレッシュしよう

自然あふれる新島にキャンプに行って心も体もリフレッシュしよう

CAMP 2018.02.23

Share :

新島空港周辺のおすすめのキャンプ場

広大な羽伏浦キャンプ場

とても広い羽状浦キャンプ場。テントの設営可能数はなんと200張です。利用料が無料なのに設備が充実しており、新島では一番人気のキャンプ場といわれています。

GWや夏休みはとても賑わい家族連れが多く、春秋の平日は比較的空いていて上級キャンパーが訪れているようです。利用料が無料なため、長期キャンプで利用する方も多いようです。

敷地内にはスポーツ広場、夏季限定ですがビーチバレーコートの開放などキャンプ以外も楽しむことができるのも魅力の一つです。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

・利用料:無料
・予約:要
・設備:トイレ、かまど、炊事場、水シャワー

問い合わせ先:新島観光協会
電話:04992-5-0001

近くには真っ白な砂浜が魅力な羽状浦海岸があります

回りを全て海に囲まれている新島には海岸が複数あります。中でも真っ白な海岸が続く羽状浦海岸はガイドブックの表紙などにも使われる新島の象徴的なスポットです。海岸が混雑することはあまりないそうで綺麗なビーチでゆったりと遊べるのも人気の理由の一つのようです。

磯遊びもできる海のふるさと村のキャンプ場

目の前に広がるメメズ浜で磯遊びや海水浴が楽しめる海のふるさと村のキャンプ場。ロッジ、デッキテント、フリーテント等プランが沢山あり、キャンプ初心者でも安心なキャンプ場です。

キャンプとなるとテントを張ったり寝具を用意したりと準備や荷物が大変と嫌遠してしまう方も多いですが、こちらのキャンプ場はロッジやデッキテント完備なので手ぶらで来てもキャンプ気分が楽しめます。小さなお子様がいるご家庭にも人気のようです。

・利用料:選択プランによって異なる
・予約:要
・設備:トイレ、かまど、炊事場

問い合わせ先:電話番号04992-4-1137

海水浴ができる底土野営場

八丈島のメインビーチ、底土海水浴場に隣接している底土野営場。八丈島港より徒歩約5分。八丈島で宿泊を伴うキャンプができるのはこちらの底土野営場のみです。海水浴を楽しみながらキャンプができます。トイレ、芝、テントスペースが手入れされていて綺麗。貸出し用品もあるので荷物を少なくキャンプがしたい方におすすめです。予約制なので海水浴シーズンは早めに予約をしましょう。

・利用料:要
・予約:無料
・設備:トイレ、更衣室、炊事場

問い合わせ先:八丈町産業観光課観光商工係
電話番号:04996-2-1377

開放的な大浦キャンプ場

大浦海岸のすぐ上にあるのが大浦キャンプ場です。海のすぐ上なのでとても開放的なロケーションでキャンプを楽しめます。なかなかない立地のキャンプ場なのでキャンプ初心者~上級キャンパーにも人気のようです。予約は不要ですが、ゴールデンウィーク及び夏季のみの営業なので利用する場合は営業期間を確認しましょう。また海のすぐ近くなので強風には注意が必要です。天候のチェックも忘れずにしてください。

・利用料:無料
・予約:不要
・設備:炊事場、かまど

問い合わせ先:新島村役場式根島支所
電話番号:04992-7-0004

かまどが完備されている釜の下キャンプ場

石白川海水浴場の近くにあるキャンプ場。冬季以外は開場しているので春・秋のキャンプも楽しめます。かまど完備なので即席ピザを焼くことも可能。予約が不要のため込み合うとテントの設営ができない場合があるようです。利用前には環境協会に問い合わせをするのがよいでしょう。

・利用料:無料
・予約:不要
・設備:焼き場、水道、トイレ(石白川海岸トイレ)

問い合わせ先:新島村役場式根島支所
電話番号:04992-7-0004

羽伏浦キャンプ場の魅力

利用料金が無料

利用料金が無料なのはとても嬉しいですね。キャンプ場によっては利用料が高く連泊や長期滞在が難しい場所もありますが、長期間の滞在も利用料が無料だとリーズナブルに過ごすことができますね。設備が整っているのに無料なので一度利用するとリピーターになりたくなるようです。敷地も広いので大人数や家族連れのキャンプにもオススメです。

BBQセットがある

BBQに必要な網や鉄板をレンタルすることができます。数量は決まっていますが鍋や食器などの小物もレンタルできるようです。BBQ用のコンロや鉄板、小物等をフェリーで持っていくとなると大荷物なのでレンタルできるのは助かりますね。開放的なロケーションでのBBQはより一層美味しく感じられそうですね。夜は満点の星空が広がる中でBBQが楽しめます。

炊事場が整備されている

炊事場が完備されていてとても便利です。キャンプは水が自由に使えなかったり、火をおこすのが大変といった不便さを気にしている方も炊事場完備だと気軽に利用できると人気のようです。炊事場があると料理の幅もあがり、美味しいご飯が食べられます。衛生面が気になる小さなお子様連れでも炊事場があれば安心して利用することができますね。

無料で調理器具が借りられる

貸出しできる数には限りがあるそうですが、鍋やフライパンなど調理器具を無料で借りることができます。有料な調理器具一式を借りたら結構なお値段になってしまったなんてこともよくある話なので無料なのは嬉しいですね。BBQがメインだけど少しだけ鍋を使いたいなんて時にも無料だと借りやすいです。便利でリーズナブルなキャンプができます。

調味料も借りられる

調味料も借りることができます。少し使いたいだけの調味料を色々な種類持ってくると荷物が増えてしまいます。借りられるのは嬉しいですね。

炊事場完備や無料で調理機器がレンタルできるので料理がとてもしやすいと評判です。数日間のキャンプや長期キャンプだと同じ料理ばかりでは飽きてしまいがちですが、料理しやすいと作れる種類の幅も広がって食事には困らないですね。

無料の温泉がある

新島には無料で入れる温泉もあります。キャンプはお風呂に入れないイメージがありますが、温泉があると楽しみがまた一つ増えると好評です。

湯の浜露店温泉

港から南へ徒歩約10分の距離にある温泉。石造りの建物が目印です。

大小6つの温泉があります。利用料は無料で24時間お湯がはってあるので何時でも入浴が可能です。朝日や夕日を見ながら入浴したり、満点の星空の中入浴したりと楽しみが広がりますね。水着着用なので入浴の場合は持参しましょう。

・利用料:無料
・入浴時間:24時間、年中無休(清掃時除く)
・注意点:水着着用

間々下温泉

新島港より、徒歩約7分。露店温泉、浴場、サウナ、砂風呂と設備が整っている温泉施設。

羽伏浦海岸の白砂を天然の温泉で温めた砂風呂が併設されており、磯遊びや海水浴で冷えた体を心から温めてくれると人気です。定休日、入浴時間が決まっているので利用の際はチェックしましょう。

・利用料:大人300円、・子供150円、70歳以上200円
・砂風呂:大人700円・子供400円
・入浴時間:午前10時~午後9時30分
・砂風呂:午前11時~午後8時
・定休日:水曜日

サーフィンができる

新島は島全体が360℃海に囲まれているため、海岸も複数ありサーフポイントも多数あるようです。季節や気分によって海岸を変えられるのは島ならではの魅力ですね。良い波が来るとサーファーにも人気です。地形が決まりやすいGWは特にサーファーが多いようです。中でも羽伏浦海岸は約6.5kmにも及ぶ砂浜が広がり、人気が高いようです。サーフィンの世界大会も開催されています。

外国の方が多い

近年は外国の方も新島に沢山訪れているようです。在日外国人の間では「新島には最高のキャンプ場がある」と口コミで噂になっているようで、外国人もキャンプ場を多く利用しているようです。仲良くなれば英会話で英語を覚えられますね。海外ならではの料理を教えてもらうのもよいかもしれません。キャンプ好き仲間同士であればすぐに仲良くなれそうです。

新島でキャンプを楽しむコツ

レンタカーをかりる

キャンプのついでに新島の観光名所を色々まわりたいと考えている方はレンタカーを借りるのがオススメです。数時間から1日借りれるプランなど車種やプランが何種類もあるので用途に合わせてレンタルできます。海岸線を海を眺めながらのドライブは最高ですね。

ナカダレンタカー

・営業時間:8:00~18:00
・料金:軽自動車 3,000円/1時間~
・問い合わせ先:04992-5-0215

新島レンタカー

・営業時間:8:00~17:00
・問い合わせ先:04992-5-0073

フェリーの株主優待券を使う

新島に向かう際に乗船するフェリー。フェリーに乗船するにはチケットが必要ですが、さまざまな割引方法があります。インターネット割引、株主優待割引、JAFカード割引等、簡単に使える割引もあるので購入前にはチェックしましょう。中でも株主優待割引は割引率が高くお得のようです。

チケットは電話、インターネット、各旅行会社にて購入できます。

船は事前に予約する

船のチケットは早めに予約して購入するようにしましょう。ハイシーズンはチケットが早々と完売してしまうこともあるそうです。キャンプや旅行の日取りが前もって決まっている場合は3カ月前には予約したいですね。時期によっては予約開始日が通常と事なる場合もあるようです。船会社のホームページを事前チェックして確認しましょう。

重い荷物は先に送る

重くかさばる荷物を先に郵送で配送しておくことも可能です。手荷物以外を郵送してしまえば気軽にフェリーに乗船できますね。キャンプ用品を全て持っていくとなると大荷物なので配送サービスはとても便利です。

キャンプ場、宿泊施設によっては郵送サービスを受付けていない場所もあるそうなので郵送前に宿泊先に問い合わせましょう。

レンタサイクルをする

新島は小さな島と思われがちですが島内は歩いてまわるには広く、時間の効率が悪いかもしれません。

近場の観光名所のみまわりたい場合はレンタルサイクルもオススメです。天気が良い中でのサイクリングはとても気持ちが良く、サイクリング目的でレンタルする方も居るそうです。

吉山商店

干物やさんとレンタサイクルの営業をしているお店。約120年も続く、くさや干物の名店です。お土産にも良いですね。数は限られますが、子供用自転車のレンタルも行っています。

・営業時間:8:30~17:00
・定休日:日曜日
・料金:大人用自転車 4時間レンタル500円~
問合せ先:04992-5-0039

新島でキャンプを楽しもう

新島には海岸が多数あり日中には海水浴や磯遊び、動物の彫刻が並ぶ石の動物園や世界のガラスアートが並ぶガラスアートミュージアムといった観光名所もあり、キャンプ以外も楽しむことができます。

海の近くや山に囲まれた場所などさまざま。利用料が無料なキャンプ場もあり、コストを抑えてキャンプが楽しめます。

ゆったりとした自然に囲まれた魅力あふれる新島にキャンプに行き心も体もリフレッシュしましょう。

category

記事カテゴリー