ワックスのツヤ。定期的なメンテナンスで、綺麗な外装を手に入れよう

ワックスのツヤ。定期的なメンテナンスで、綺麗な外装を手に入れよう

CAR / MOTORCYCLE 2018.02.27

Share :

こまめなケアでマイカーをキレイに保とう

洗車を行って汚れを落とす

洗車を行うことで、日頃の誇りや、砂、泥、鳥の糞などの車についた汚れを落としましょう。汚れをほっておくと、落ちにくくなってしまい、放置すると錆びてしまいます。また、錆びたところを何年も放置すると腐食が始まり、穴が開くこともあります。

そして、ホイールは、物によっては、汚れをほっておくと錆びてしまって、錆びた鉄が固まってしまい、取れなくなってしまうなんてことにもなります。ある程度の錆びは、粘土などを使うと落ちますが、それでも取れなくなってくると、元の状態に戻すことは大変なことです。

日頃から定期的に洗車を行って汚れを落とすことで、汚れが落ちにくくなることを防げます。洗車は定期的に行うことが一番車のためです。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

ワックスで新しい汚れから守る

車の種類と色によって、コーティングされている材料の種類が違うため、使うワックスの種類が違います。自分の車のコーティングにあったワックスをまずは見つけましょう。ワックスを塗ることは、車をピカピカに見せることもできますし、ワックスを新しい汚れから守ることができます。

ワックスは水をはじき、水垢をつけずらくする効果や、コーティングの表面で汚れを弾く効果もあるので、洗車をしてワックスをつけることで汚れずらくなります。定期的にワックスを塗ることによって、汚れずらく綺麗な状態を保つことができますよ。

ワックスの種類で仕上がりが変わる

固形ワックスならツヤが長く続く

固形ワックスは、ワックスを練りながら車に塗り込んでいきます。ワックスを塗りこむため、ワックスが落ちづらくツヤが出やすくなります。薄く均等に伸ばしていくことで、より綺麗なツヤが出ます。

固形ワックスは、塗りすぎると車のゴム部分が白くなってしまったりします。そのため、固形ワックスをスポンジにつける際に、ついているのかついていないのか、わからない程度の量をつけ塗り、完全に乾く前にすぐに拭き取ります。

完全に乾く前に拭き取ることによって、綺麗に塗ることができます。この時拭き取り切れていないワックスがあり、ゴムのところに溜まってしまうと白くなってしまうのです。

柔らかめの半練りタイプのワックス

半練りタイプのワックスは、水が入らず塗りやすく、短期間で乾くため塗りやすいです。固形タイプのワックスよりも柔らかいため、伸びが良く一度に広範囲を塗ることができます。そして、伸びが良いため、ムラができにくくなります。

長持ちさとしては、固形ワックスよりも劣りますが、それでも十分な持ちです。厚くなってしまって、白くなることが少ないため綺麗に塗ることができます。ワックスを始めて使う人は、半練りタイプのものから使うのも良いでしょう。

手軽に塗れる液体ワックス

液体のワックスは、一気に広範囲を塗ることができるので、短期間で塗ることができます。また、液体ワックスなので白く固まってしまうことがありません。固形ワックスや半練りタイプのワックスよりも持ちは悪いですが、塗りやすさは抜群です。

霧吹き状のものから、スポンジで塗るものなど何種類かあり、液体なのでよく伸びますが、流れやすいため、塗れていないところがわかりにくいので、注意してみる必要があります。固形のものなどと違い、ある程度汚れが落ちていれば塗れるものもあるので、頻繁に塗りやすいものとも言えます。

ネル生地の布ならワックスがふき取りやすい

ワックスの拭き取りをするのに、適した布と適していない布があります。拭き取りやすいのは、ネル生地の布が拭き取りやすく、車屋さんでも洗車、ワックス用などとして扱われています。

布の繊維が取れてしまうものや、キメが粗いものは、ワックスのコーティングを汚くしてしまいます。埃が混ざってしまったり、細かい筋がついてしまったり、せっかくワックスを塗ったのに、傷がある車に見えてしまいます。

ネル生地の布なら、埃がつく心配もありませんし、きめ細かく柔らかい素材なので、拭き取りもしやすくできています。

クロス生地で車を磨こう

最後の仕上げにクロス生地で車を磨きましょう。クロス生地は、ワックス拭き取り後の最後の仕上げで車をピカピカにするときに使います。ワックスを最後になじませることによって、ワックスが浸透し、ワックスを均等にする効果があります。

ワックスを拭き取っただけで終わってしまうと、ムラが後々出てきてしまったり、ワックスが取れやすい原因になってしまいます。ワックスのもちをよくさせるためにも、仕上げは必要です。

ムラなくワックスを塗っておくことで、塗装が剥げにくくなり、劣化しにくくなります。そのため、長い期間で、良い状態を保つことができるのです。

洗車の順番とコツ

動きやすく汚れに強い服装

洗車を始める前に、動きやすく汚れに強い服装に着替えましょう。動きにくいと、屋根やガラスの上の方など、届きにくいところが雑になってしまう原因になります。また、オイルなどのベタベタした部分の汚れがある場合があるので、汚れても良い服装をしておきましょう。

洗濯しても落ちない可能性があります。洗剤やワックスがつくことによって、服装の色落ちやシミになる場合もあるため注意が必要です。洗車だけに集中できるように、服装を整えましょう。

気温と天気をチェック

洗車を行う日を決める際に、気温と天気をチェックしましょう。一番ベストな状態は、くもりで気温が高く、湿度が50%前後あることです。天気の日でも良いですが、ワックスを塗っている最中に直射日光が当たってしまうと、ワックスがすぐに乾いてしまいます。

そのため、直射日光は当たらないけど、天気がよくカラッとしていることが重要です。湿度が高すぎてもワックスがムラになってしまいますし、湿度が低すぎて乾燥していても、ワックスがすぐに乾いてしまうため、よくありません。

また、ワックスを塗ってから、何時間後かに雨が降るような天気でもワックスをした意味がなくなってしまいます。数日間の天気を見て、前後の天気も含めて良い天気の日を選びましょう。

タイヤとホイールから洗車スタート

洗車をする際に、タイヤとホイールから洗車をスタートしましょう。タイヤとホイールの汚れは、車の部位の中で最も汚れている部分であり、オイル等が付着していて、他のボディに付着すると取れにくくなってしまう場合があるためです。

タイヤとホイールから洗車をし、錆や、オイルの汚れ、土や砂などを落としましょう。この時点で、汚れが落ちていないと、ボディを洗車する際に汚れが飛び散って、本体を傷つける可能性もあります。

できる限り最初に綺麗にしておいて、ボディも洗車が終わったら、水で流すだけで大丈夫な状態を作っておくことがベストです。

汚れや破損のないスポンジを使う

汚れや破損がスポンジにあり、それで洗車をしてしまうとボディを傷つけてしまいます。タイヤを洗ったスポンジで車体を洗うなど、傷つけるリスクがある方法はやめましょう。タイヤとボディ、ガラスは、別々のものを使うことをおすすめします。

よく洗えば何回か使えると思いますが、破損していたり、汚れがひどくなってきた場合は、スポンジを取り替えるようにしましょう。綺麗なスポンジを使うことで、泡立ちが良くなることや、汚れを綺麗に落としやすりますよ。

キズとムラ回避には水がポイント

シャンプーをする前に必ずボディ全体を水で流しましょう。ここでしっかりと水で流しておくことによって、車についているゴミやほこりなど、キズになりやすい原因のものを流すことができます。

シャンプーをしている最中は、こまめに水で流すことによって、洗えていない部分がわかりやすくなり、洗うムラがなくなりやすいです。こまめに流すことは、汚れに敏感に反応できるので、こまめに水で流しましょう。

泡で手元が見えなくなっていては、汚れに気がつけません。車用のシャンプーは泡立ちが良いものが多いため、手元が見にくくなる可能性が高いので、泡に頼らず、目で見て判断しましょう。

カーシャンプーは泡立ちにこだわる

カーシャンプーは、泡立ちが良いほどボディを傷つけません。泡が汚れを包み込んで、泡と汚れが一緒になって流れてくれるためです。また、この泡のキメが細かいほどボディに優しいです。

きめ細かい泡は、ボディ表面の繊細な隙間にまで入り込んでくれ、汚れを落としてくれます。ゴシゴシこすると、ボディに小傷を負わせてしまう場合がありますが、泡の力で汚れを出してくれるためその心配がありません。

泡は、流れやすいものよりも、弾力があり、きめ細かく吸着力があるものが洗車をする上でおすすめのものです。

ワックスはスポンジに均一につける

ワックスをつける際に、端っこだけにつけて塗ろうとする人がいますが、ワックスはスポンジ全体に均一につけましょう。スポンジ全体に均一につけることによって、一度に広範囲に均一につけやすくなります。

スポンジ全体に均一につけるのがやりにくいと感じる場合は、スポンジが大きすぎる場合があります。スポンジの大きさを手のひらで持ちやすい大きさにするなど工夫することで、塗りやすくなりますよ。

スポンジ全体に均一についていないと、ムラになる他に、厚塗りでつけすぎてしまい、白くなってしまうことがあるので、見た目が悪くなってしまいます。できる限り均一に付けれる努力をしましょう。

ワックスやコーティングは仕上げ

ワックスなどのコーティング剤は、仕上げの時に使います。洗車をして、ゴミや埃が載っていないところに塗っていきます。ワックスやコーティング剤を洗車をしていない、汚れた車に塗ってしまうと、傷やムラの元です。

また、中途半端にワックスがついてしまうので、その次に塗る時に上から塗ると汚くなってしまいます。一度塗ったワックスを落とすのは、時間がかかるので、ワックスを塗る時はしっかりと車が綺麗になった状態で仕上げましょう。

月に一回のメンテナンスが理想

月に一回は、洗車をしてワックスを塗り直すと綺麗な状態で車を維持することができます。ワックスは、綺麗に塗れれば、次に塗った時に上から塗ることができ、古くなったワックスを溶かしながら新しいワックスをつけることができます。

そのため、最初に綺麗に仕上げておくことで、毎月のメンテナンスが楽になります。毎月メンテナンスをしておくことによって、ワックスも馴染んできて綺麗な状態をキープすることができますよ。

キレイな車をこまめなメンテナンスで維持する

車の塗装は、しっかりとケアしていれば綺麗な状態を保つことができます。そのため、購入した際などから、毎月一回でいいので、洗車とワックスを塗り、コーティングを維持できるようにしましょう。

ワックスは、毎月重ねるごとに古いワックスを溶かしながら新しいワックスを付着させることができるので、定期的に行うことによって、手入れも楽になっています。洗車をする日の前後の天気から気をつけながら、日程を組んで行いましょう。綺麗な状態を保っていれば、同じ車でも長く乗れますよ。

category

記事カテゴリー