スポーツカーの燃費。意外と維持しやすいスポーツカーの現状。

スポーツカーの燃費。意外と維持しやすいスポーツカーの現状。

CAR / MOTORCYCLE 2018.02.27

Share :

スポーツカーでも燃費よく走ることができる

街乗りでもスポーツカーは乗れる

日本では、運動性能を重視した車のうち、スポーツカーは公道で走ることを主な目的として設計されている車のことを言います。サーキットなどで使われる車は、レーシングカーと言われる場合が多いです。

スポーツカーというとスピードがすぐに出てしまったり、扱いが難しいと言ったイメージがあるかもしれませんが、一般的な街乗りの車とさほど変わりません。スピードを出して、ドリフトや山道を走りやすい作りにはなっています。

一般的な街乗り用に、プラスして強度を出しているようなものなので、街乗りで乗れないことはありません。小回りもききますし、車体自体も手軽に乗れる大きさのものがほとんどです。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

燃費の良いスポーツカーもある

スポーツカーは燃費が悪いというイメージがあるかもしれませんが、現代のスポーツカーは燃費が良いものも多くあります。燃費が悪いイメージがあるのは、一昔前にスポーツカーブームがあった時の燃費と、現代の車の燃費を比べたために、そう言ったイメージになってしまっているのです。

古いものだけでなく、最近開発されたスポーツカーもありますし、企業側も燃費が悪い車は今の時代売れないのもわかっていますから、燃費がいいように作るように研究されています。一般的なファミリカーよりも燃費が良いものがほとんどですよ。

燃費の良いスポーツカーを選ぶコツ

国産のスポーツカーを選ぶ

日本は、燃費の良さにこだわっています。海外は、燃料が安いため、コストがかからないため、燃費を良くすることに対して、関心が少ないのです。そのため海外のスポーツカーは、燃費が悪いものが多いため、燃費にこだわっている国産のスポーツカーを選んだ方が良いのです。

そして、海外の車というのは、スポーツカーに限らず壊れた時の修理費用が高かったり、パーツを取り寄せるのに時間がかかったりするため、車に何かあった時に時間とコストがかかる車が平均的に多いです。

単純に、国産車は、日本人の国民性や地域性を鑑みてつくられた車なので、日本で扱いやすいです。

エコ先進国のスポーツカーをチェック

ドイツやアメリカ、イギリスは、エコに対して取り組みを強化しています。そのため、これらの国では、排気ガス等の有害物質を出さないような研究が進んでいます。

電気自動車などのEV車を作っており、EV車は、車のパワーがなく、人気がありませんでしたが、最近ではパワフルなエンジンのEV車が発売されるなど、需要に合わせた開発が進んでいます。

エコカーは、二酸化炭素がたくさん出ると問題になっていましたが、その問題も解決しつつあるため、これからはEV車が増えていくでしょう。

スポーツカーのリッターで選ぶ

燃費は、1リットルあたり何Km走るかということでわかります。車のカタログなどに掲載されていますが、ブレーキをかけないで60?の速度で走り続けた場合の燃費が掲載されています。

そのため、街乗りなど普段使いをすれば、ブレーキもかけますし、発進時にエネルギーを使うので、燃費は下がります。一定の基準として燃費を見るようにするのも良いでしょう。また、燃費がきになるようでしたら、実際に乗っている人が、ネットでどのくらい走るかを書いている人もいるので、それを見るのも良い方法です。

燃費の良い運転の仕方と点検場所

急発進と急ブレーキは避ける

急発進には、多くのエネルギーが必要なので、燃料を多く消費します。急ブレーキも同様です。また、急発進や急ブレーキは、エンジンにも負担をかけるので、避けましょう。

例えば、人間が走ろうとする時に、いきなり全力で走り出すのと、徐々にスピードを出すのでは、いきなり全力で走り出す方が疲れますし、体への負担がかかりますよね。走っている時に急に止まる時も一緒です。

この原理と同じことが、車でも起こるのです。燃費も良くないですし、車にも負担をかけてしまうので、緊急時以外は避けるようにしましょう。

緩やかな走行を心掛ける

急にスピードを出すことや、急カーブをドリフトのように曲がることは、エヘルギーが必要なので、燃費も悪い上に車にも負担をかけてしまいます。また、車を煽ったり、いわゆる運転が荒いと言われる方法で運転をした場合も同様です。

周りの運転する人にも迷惑ですし、トラブルの元にもなりかねません。事故の危険性も上がるので、避けましょう。緩やかにアクセルを踏み、緩やかにブレーキを踏んでも間にあるような運転を心がけることです。

車内の荷物を少なくして走る

車内に荷物があり、重量が重いとその分燃料を使います。人間が荷物を持って歩く時、軽いものと思いものとでは、軽いものを持っていた方が疲れにくいですよね。車も一緒で車が重ければ重いほどエネルギーである燃料を使うのです。

車内に荷物を置いたままにする場合がありますが、できる限り重いものはすぐに降ろすことで、燃費も良くなりますし、走った時にアクセルの重い感じがなくなります。車が重いとブレーキをかけた時の制動距離が伸びることもあり、危険な場合があるので気をつけましょう。

できるだけ舗装された道を走る

できるだけ舗装された道を走ることで、アクセルワークがスムーズに行えます。凸凹してる道や、小さな坂が小刻みにある道路などは、車が前に進みにくいため、進むためにエネルギーである燃料を多く使うのです。

舗装された平で綺麗な道は、ブレーキを離しただけでも前に進んでいってしまうほどエネルギーを少ししか使いません。できるだけ、舗装された道を通り、山道とまっすぐな坂道だったら、坂道を選ぶようにするなど、エネルギーを使わない方の道を選定しましょう。

タイヤの点検とケアをこまめに行う

タイヤの空気圧が落ちると燃費も悪くなりますし、いい走りができません。乗り心地もお尻にエンジンの音や、走った時の振動が響き、痛くなる場合があります。空気圧は、ガソリンスタンド図ることもできますし、車のパーツを売っているお店などでも測れるところがあります。

一ヶ月に一回ぐらいは、見ておきましょう。まれに釘などが落ちていて踏んでしまった場合、タイヤがパンクしてしまう場合があります。刺さりっぱなしだとすぐに空気が抜けるのではなく、少しずつ空気が漏れてタイヤが潰れていきます。乗る前に全体を見るようにしましょう。

また、たくさん走っていると、タイヤの山が減ってきます。タイヤの山の見方は、ネットで、写真とともに紹介されているのでそちらを見てください。三分以下になったらタイヤの交換時期ですよ。

エンジンブレーキをうまく使う

ブレーキを使う際は、できる限りエンジンブレーキを使うようにしましょう。エンジンブレーキとは、アクセルもブレーキも踏まない状態で、速度が落ちていくことです。車間距離をしっかりとって、赤信号の手前や、曲がる前などエンジンブレーキをうまく使いましょう。

エンジンブレーキは、ブレーキをかけるよりも燃料を使わないですし、ブレーキパットの減りも少なくなります。ブレーキパットが減っていくと、ブレーキが効きづらくなってしまったり、効きづらくなったブレーキをかばおうと、ブレーキを多くかけるようになるため、燃費が悪くなるのです。

ブレーキパットは、車検の際に見てくれますが、2年に1回なので、日頃から気をつけたほうが車のためには良いです。

エンジンオイルに注意

エンジンオイルの入れ過ぎは、エンジンを円滑に動かしにくくなってしまい、必要以上にエネルギーを使う場合があります。また、オイルの種類もいくつかあり、質が悪いものからいいものまで幅広くあります。エンジンオイルの質を落とさないことも重要です。

エンジンオイルは、エンジンを円滑に動かすためにとても重要な役割をしています。そのため、エンジンオイルがなくてもダメですし、入りすぎていてもダメなのです。

車の種類によって、適用されているオイルは違うので、車に適用されている種類のものを必ず入れましょう。不安な方は、業者に任せてしまうのが一番です。

バッテリーのこまめな点検と整備

バッテリーは、何年かに1回変えなければなりません。バッテリーは、走っている最中に充電され、室内灯や、ライトなど、電気類が動くために使う電力を作っています。そのため、バッテリーが上がってしまうと、エンジン始動時に使う電気もなくなってしまうため、車が動かなくなってしまうのです。

新車で購入する場合は、一ヶ月点検、半年点検、一年点検などが付いていると思いますが、こちらを利用するだけで十分です。また、中古でこ運輸する場合でも2年に一回は車検が来るので、この時にバッテリーも見てもらいましょう。

バッテリーは、2年間で変えるものや、4年で変えるものなど、比較的強いものから弱いものなどさまざまあるので、どのくらいの期間で変えるものなのかぐらいは、把握しておきましょう。

低燃費にするために

カーエアコンの使用や清掃を見直す

エアコンを使っていると、そちらにもエネルギーが必要なため燃料を使います。そのため、全開でエアコンや暖房を使うのではなく、心地よい程度を維持し、多少暑い程度でしたら、窓を開けるなどの対応をしましょう。

また、エアコンが汚れていたり、車が汚れていると、エンジンの始動を汚れが邪魔してしまったりするため、燃費を悪くします。定期的に車を清掃し、綺麗な状態を保っておきましょう。

低燃費タイヤに変える

燃費を抑えることができる低燃費タイヤというものがあります。タイヤにもさまざまな種類があるため、走りにこだわりがあり、このタイヤじゃないと走りたくない、などのこだわりがなければ低燃費タイヤにするのも良いでしょう。

タイヤの種類によっても、エンジンブレーキがよく効くものや、スタッドレスなどの雪でも大丈夫なもの、ドリフトしやすいもの、スピードを出したいものなどさまざまです。一番は、自分が運転を楽しめるものなので、自分にあったタイヤにしましょう。

ガソリンを満タンにせず車体を軽く

ガソリンは、それなりに量が入るため、満タンにせずほどよくガス欠にならない程度入れるようにしましょう。ガソリンが満タンになっていると、車体の重さが重くなってしまうため、燃費が悪くなります。

満タンにしておいた方が、こまめにガソリンを入れなくて済むので楽かもしれませんが、ほどよく入れることで、燃費も上がりますし、車への負担も少なくなるのです。そのため、燃費と行く場所などを計算した上で、余裕がある程度を給油するのがベストです。

お洒落なスポーツカーを低燃費に乗りこなす

現在一部では、スポーツカーブームの再々が起こっています。デザインもオシャレでスタイリッシュなものが増え、乗り心地や使い勝手も抜群に良くなったためです。その上、運転をする上でのスポーツカーならでの楽しさは、残しつつ設計されているため、運転するのも楽しいのです。

そして、エコなどの取り組みにより、低燃費が取り組まれているため、燃費も良くなっています。一般的なファミリーカーよりもほとんどのスポーツカーが走るのが現状です。燃費などの維持費をそこまで負担に考えずにオシャレなスポーツカーを乗りこなせますよ。

車離れの時代ですが、やはり乗っていたらかっこいいのがスポーツカーです。カーライフを楽しみましょう。

category

記事カテゴリー