首都圏からアクセス便利な山梨の自然豊富なキャンプ場を満喫しよう。

首都圏からアクセス便利な山梨の自然豊富なキャンプ場を満喫しよう。

CAMP 2018.02.27

Share :

山梨県のキャンプ場の魅力

首都圏からアクセスしやすい

週末をキャンプをして過ごすと決まったら、どこに行くか、いかに魅力的な場所であっても往復に時間がかかると、それだけで疲れてしまいます。出来るだけ現地で過ごす時間を充実したいので、首都圏から1~2時間程度で行くことが出来る場所が理想的です。

その条件にかなう場所が山梨県です。首都圏からのアクセスは、車なら例えば、高井戸ICから河口湖ICまで約1時間10分、鉄道なら新宿駅から河口湖駅まで約2時間、また、高速バスも新宿、東京駅、渋谷、秋葉原、横浜、町田、大宮、成田空港など多数の場所から出ていて、約2時間から3時間以内で行くことが出来ます。

自然が豊富

山梨は何と言っても首都圏近郊にありながら、その豊富な自然が非常に魅力的な場所です。南に富士山、西に赤石山脈(南アルプス)、北に八ヶ岳、東に奥秩父山地と、四方を山々に囲まれた県です。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

世界遺産に登録された日本一の富士山をはじめ、河口湖、山中湖などの富士五湖や、山梨・長野・静岡にまたがって連なる南アルプスには日本で2番目に高い北岳をはじめとする3000m級の山々があります。

キャンプ場の選択肢が豊富

首都圏からアクセスしやすく、その素晴らしい自然環境にあって、山梨には多数のキャンプ場があります。富士五湖周辺のキャンプ場、高原地帯のキャンプ場、温泉が多くある地域のキャンプ場、ファミリーで気軽に訪れることのできるキャンプ場など、各地域に数十軒のキャンプ場が存在します。

キャンプ場を紹介する本や旅行会社、ネットのサイトなど、選択肢が非常に豊富です。いろいろな情報を集めて、気になるキャンプ場選びも楽しくなること間違いなしです。

富士山を間近で望める山梨のキャンプ場

目にもお腹にも美味しい富士ヶ嶺・おいしいキャンプ場

自然豊富な山梨の代表的な山である、富士山に近い富士ヶ峰には、「おいしいキャンプ場」という「おいしい」をコンセプトにしているキャンプ場があります。

このキャンプ場では地元で採れたおいしい食材を生かしたこだわりの食事や「焚き火bar」など特色のあるサービスがあります。そして、おいしいのは食事だけではなく、そのキャンプ場からの素晴らしい自然の景観やキャンプ場へのアクセスのよさ、キャンプ場から他の観光スポットへも便利にいけるという「おいしさ」を特色としています。

http://oic-camp.com/

手ぶらで行ける清水国明の森と湖の楽園

タレントで歌手の清水国明さんのキャンプ場、「清水国明の森と湖の楽園」では、現代社会の煩雑な社会によるストレスフルな環境を改善しようと自然に帰る体験を行っています。

なんと手ぶらで行っても大丈夫なように全て準備してくれています。宿泊は、テントもありますが、お洒落なトレーラーハウスもあって、泊まるだけでワクワクします。その上、特別な自然体験もできる、自然に還れる、素敵なキャンプ場です。

http://www.workshopresort.com/

夕暮れ時の美しい富士山に出会えるLake Lodge YAMANAKA

富士五湖の最大の湖、山中湖のすぐそばにある「Lake Lodge YAMANAKA」ですが、ここは、まさに山中湖の自然がそのまま楽しめる場所にあります。

大木に囲まれた車乗り入れ可能のオートサイトがあり、自分たちで自由にテントを張って自然の中でゆっくり楽しめる場所になっています。また、トイレやシャワー、炊事棟という共有設備もあり安心して過ごすことが出来ます。

http://rprojectjapan.com/news1/article/llcamp

コテージやバンガローがあるおすすめのキャンプ場

新築のキャビンが嬉しいのForesters Village kobitto

南アルプスのきれいでおいしい水や石空川のせせらぎや木漏れ日がやさしく感じられるキャンプ場、「Foresters Village? kobitto」には広大な13000坪の敷地にゆったりしたテントサイトがあり、ファミリー向けの設備になっています。

また、新設のログキャビンもあり、他の人を気にせず、綺麗なキャビンでゆったり過ごすことが出来るのが魅力です。

https://www.kobitto-camp.com/

初心者にも安心なほうれん坊の森キャンプ場

東京都と山梨県の境にある小菅村、自然豊かな森林の中に「ほうれんぼうの森キャンプ場」があります。「ほうれん坊」の語源は小菅村の方言、「ほうれる」からきています。外で遊ぶ、という意味の通り、森の中で自然に親しむ癒しの体験プログラムがあります。

ドラム缶での五右衛門風呂、焚き火やバーベキューを楽しめる囲炉裏、手前味噌作り、滝めぐり、ハイキング、など初心者でも安心して参加できるプログラムが用意されています。

ほうれんぼうの森キャンプ場

季節の花に彩られた花の森オートキャンピア

季節の花で飾られた四季折々の自然が楽しめる、「花の森オートキャンピア」にはハンモック付きのコテージや温水プール、ジャグジー、ログコテージなど充実の設備があります。

寒い冬でも薪ストーブのあるコテージで過ごせるし、年末の餅つきイベントなどもあり、ゆったりと森の散歩をしながら四季の自然や花々を楽しめるようになっています。

http://www.hananomori.jp/

ちょっと変わった宿泊施設のあるキャンプ場

築100年の古民家に泊まれる古民家宿LOOF 『澤之家』

築100年の古民家宿といえば、ホテル、温泉宿という感じを受けますが、そのシステムはコテージやキャビンのようなお宿、それが、古民家宿LOOF『澤之家』です。暮らすように泊まる宿というコンセプトどおりに古きよき日本の静かな家、大家族で「暮らして」いたような不思議な安心感の中で、話し、古民家の趣に情緒を感じ、料理を作り、楽しみ、食べて飲み、また語り明かす。だけど、一人になれる空間もある、とても贅沢なお宿になっています。

そして宿だけでなく、外に出れば、トレッキングやカヤックなどのオプションも楽しめます。まさに語り、暮らし、遊びが沢山詰まったお宿なのに、キャンプ感覚の利用ができるのが魅力的です。

http://loof-ashigawa.com/sawanoie/

パオに泊まれるPICA富士吉田

自分たちで張るテントに泊まるのはもちろん楽しいけれど、ちょっと変わったテントも面白いです。モンゴル人の住居、移動式テント、の「パオ」です。そんな変わったパオに泊まれるのが、「PICA富士吉田」です。

天井が円錐形、周囲は円筒形、のパオに入るとモンゴル遊牧民気分に浸れる素敵な空間です。ソファやシュラフ、人数は制限がありますが、ベッドのあるパオもあります。外にはもちろんBBQグリルやベンチもあります。

https://www.pica-resort.jp/yoshida/

原始時代にタイムスリップできる原始村そば処キャンプ

そしてもう一つ変わったお宿が小菅村にあります。その名も「原始村そば処キャンプ場」です。

縄文時代の住居である竪穴式、横穴式住居に泊まれるので気分は原始時代にタイムスリップしたかのようでワクワクします。小菅村の特産品のそば粉で作った蕎麦を味わい、ハイキングや川遊びも存分に楽しむことができます。

http://genshi-mura.com/

自然を満喫できるキャンプ場

ハイキングコースが豊富な篠沢大滝キャンプ場

レクリエーションやハイキングコースが豊富に紹介されている「篠沢大滝キャンプ場」美しい渓谷や滝、緑豊かなハイキングコースをたっぷり楽しめるキャンプ場です。このキャンプ場の開設者が発見し命名した篠沢大滝を始めとする滝を散策するコース、渓谷や緑をたっぷり楽しめるコース、丁寧な説明が親切です。

http://shinozawa-ootaki-camp.com/

周囲には温泉施設も多数ウッドペッカーキャンプ場

豊かな森林の中にある「ウッドペッカーキャンプ場」は森林浴でリラックスできる素敵なキャンプ場です。BBQや季節の野草や草木、野鳥観察などの体験なども楽しめます。また周囲には須玉温泉、花いずみの湯、旭温泉、ハイジの村・クララの湯など十以上の温泉があり魅力の一つになっています。

http://www.woodpecker-cs.com/

自然の中でオートキャンプができる清里中央オートキャンプ場

標高1200mの清里高原にある「清里中央オートキャンプ場」は、夜には満点の星空を楽しみ、ハンモックを楽しんだり、周囲の温泉を利用したり、ハイキングもできるキャンプ場です。

白樺の林の中、高原の爽やかな風を感じ、エアコンいらずで自然な環境で過ごせる、施設やイベントが満載のオートキャンプ場です。

http://www.autocamp.co.jp/

昇仙峡の観光も楽しめるビッグホーンオートキャンプ場

森の隠れ家、「ビッグホーンオートキャンプ場」はカップル・ファミリー限定のキャンプ場です。手ぶらで利用してもレンタル品が豊富で親切なスタッフが対応してくれるので、安心です。

釣り、トレッキング、スターウォッチング、バードウォッチング、また、昇仙峡の観光も楽しむことができて、大人も子供も大満足の隠れ家キャンプ場です。

トップページ

グランピングのできるキャンプ場

静かな時間を楽しめる白州・尾白 FLORA Campsite

自然豊かな南アルプス甲斐駒ヶ岳と日向山の麓にある「白州・尾白FLORA Campsite」はゆったりとした時間の流れる静かなキャンプ場です。

火を囲み、星空の下で、日常を忘れ、家族や仲間との語らい、自然を楽しみながらゴージャスなグランピングが出来るキャンプサイトです。

https://www.floracampsite.com/

アウトドアやスポーツをするならSUMIKA CAMP FIELD

富士山の麓、本栖湖の湖畔にある「SUMIKA CAMP FIELD」ではキャンプファイヤーもできる広大な施設です。キャンプファイヤーをして本格的キャンプを楽しみ、おまけにトレッキングやいろいろなアウトドアイベントの開催などもあり、スポーツを楽しむこともできます。

そしてグランピングプランとして海外で人気の「Lotus Bells  Tent」があり、一度は泊まってみたい豪華なテントでキャンプを楽しむのも素晴らしい時間になるでしょう。

サンプルページ

展望風呂から富士山が見える河口湖カントリーコテージBan

富士山と河口湖の四季が楽しめる、まさにゴージャスなロケーションにある「河口湖カントリーコテージBan」は森の一角にある、とても素敵なグランピングリゾートです。富士の湧き水を利用した露天風呂、仲間とのBBQパーティ、デッキにはハンモックやブランコ、そしてロフトもあり、贅沢な時間を過ごすことが出来ます。

http://www.c-ban.com/

グランピングといえばやっぱり星のや富士

河口湖を見晴らす丘にある日本初のグランピングリゾートといえば、「星のや富士」です。グランピングマスターのいる星のやでは、料理もアクティビティもゴージャスなプランを提案してくれます。

豊かな大自然の中で遊び、快適に、ゴージャスに過ごし、乗馬や湖上カヌーや樹海ツアーなどの催し、森の中のテント、冬の森のグランピングリトリートなど多彩なプランを楽しめる大人のキャンププランといえるでしょう。

http://hoshinoyafuji.com/

山梨までちょっと足を伸ばして充実した週末を

首都圏近郊でのキャンプに出掛ける、週末の貴重な時間を有効にしたいと、出来るだけ近いところを選ぶこともあるでしょう。でも、せっかく行くならすこし足を伸ばして山梨に行ってみると、素晴らしい体験ができます。

豊富な自然のもとにある魅力的な数多くのキャンプ場、温泉やイベントやハイキングやスポーツなど、キャンプだけでない、さまざまな楽しいスペシャルな体験ができます。そしてゴージャスな体験のできるグランピングリゾートまで選択肢が広がります。仲間でもカップルでも、ファミリーでも、手ぶらでも行けるところも沢山あります。充実した癒しの週末が過ごせることは間違いないでしょう。

category

記事カテゴリー