バイク通勤のメリットとは?経済的に楽しい気持ちで通勤時間の短縮に

バイク通勤のメリットとは?経済的に楽しい気持ちで通勤時間の短縮に

CAR / MOTORCYCLE 2018.02.27

Share :

バイク通勤のメリット

時間を短縮できる

車や電車での通勤ではなく、バイク通勤されている方は多いです。バイクを活用することで、ラッシュ時の通勤時間帯でもスムーズに追い越しながら進むことができ、時間を短縮して通勤することができます。

車だと渋滞が発生して、次の信号まで何分も待つという事態になりますが、バイクの場合は車を避けて先頭車両に並ぶことができるので、効率的に通勤できることが魅力です。

なかには幅寄せしてくる車もいるので、避けれない場合があります。無理によけようとすると接触してしまう可能性があるので、安全運転、安全走行は基本。バイク通勤は車よりスムーズに、電車のように時間にとらわれなくて済むので、時間を短縮し有効活用することができるのです。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

経済的にコストパフォーマンスに優れている

バイクは車に比べて維持費が安く、税金や保険、かかるガソリンの量もバイクのほうが安いので、コストパフォーマンスに優れています。タイヤ交換の必要もないので、管理がしやすいのも魅力です。

バイクを通勤手段として活用されている方は多く、車からバイクに切り替えるという方も。男性だけではなく、女性でもバイク通勤されている方は多くいます。時間も資金にもメリットが。

バイクというと、免許がないと乗ることができないイメージがありますが、普通自動車免許を取得すれば、原動機付自転車の免許も付いてくるので、車を運転することができれば50cc以下のバイクを運転することができます。コストを抑えて通勤することができ、家計の負担も抑えることができるので、バイク通勤は経済的な乗り物として活用することができます。

寄り道がしやすくなる

バイク通勤の魅力は、寄り道がしやすくなることもメリットの一つです。車だと少し面倒に感じる場所でも、バイクだとスムーズに入ることができ、駐車場で悩む心配も滅多にありません。

大抵お店の入り口近くに停めることができるので、便利に買い物を済ませることができますが、スーパーで大量購入することには向いていません。

通勤中に、ちょっと寄り道したいときには、便利に移動することができるので、バイク通勤に魅力を感じる方は多いです。小回りもきくので、狭い道でも楽に通ることができ、会社までの近道も見つけることができる場合もあります。

車とは違い、乗り降りしやすく寄り道がしやすいので、通勤中の寄り道でもスムーズに用事を済ませることができます。

通勤にぴったりなバイクの選び方

性能で選ぶ

通勤だけとはいえ、バイク選びは慎重に行うべきです。通勤距離がある場合は、乗り心地も大切ですが性能で選ぶことをおすすめします。またスクーターよりも、またがるタイプのバイクがおすすめです。

排気量によって免許取得が必要になりますが、またがるタイプのバイクのほうが安定した走行を行うことがで可能です。スクーターは、荷物を入れるところがあり、通勤距離が近い方など便利に活用できます。スクーターも安定して乗ることができますが、長距離には向いていないので、通勤距離に応じてバイクを選びましょう。

積載量で選ぶ

積載量は車種で異なります。積載量が多ければ、荷物が増えてもバイクで走行することが可能になります。積載量に優れたバイクは、通勤時だけではなくその他のプライベートでも活用することができるので、積載量で選ぶ方も。

通勤時、バイクに乗るときに背負う荷物などが増えるとバランスを取ることが難しくなります。積載量に優れたバイクであれば、荷物の収納力もあるので幅広く活用することが。通勤だけではなく、普段もバイクを愛用したい方におすすめです。

価格で選ぶ

安く購入できるのは原付バイクですが、中古のバイクもあります。中古のバイクは安く購入できますが、メンテナンスや修理にかかる費用にかかる場合があるので、長く乗りたい方は新車バイクの購入を考えましょう。中古は数万円~、新車は15~20万円程で購入できるバイクが多いです。

通勤バイクに利用するのですから、デザインや性能よりも価格で選ぶ方は多いです。新車でも、20万円以下ならとても経済的。維持費は車に比べて安く燃費もよいので、価格で選んでも問題は無いでしょう。30万円以下になると、スクーターだけではなくまたがるタイプの幅も増えるので、好みのバイクを見つけやすくなります。バイク

バイク通勤をする前に必要な準備

保険などの手続きをする

バイク通勤を考えている方は、乗る前に必ずしておかなければならない準備があります。バイクを運転する場合は、自賠責には必ず加入しなければなりません。

任意保険は「任意」なので入らなくてもよいのではと考えがちですが、万が一のためにも加入したほうがよいとおもいます。バイク事故の被害者のために作られた保険の為、保障される範囲は人身事故と賠償損害のみの内容が一般的。

自分が大丈夫だと思っていても、バイクは車から発見しにくく、相手の方から接触してしまう確率が高いです。事故が全くない保障はどこにもないので、賠償損害を起こしてしまったときのことなども考えて、任意保険も加入をしておきましょう。

基本的な道具の用意をする

バイクに乗るときは、自分を守るために服装を考えなければなりません。ヘルメットは必ず着用し、グローブやプロテクターもしっかりと装備しておきましょう。転倒してしまったときのダメージを軽減させることができ、風からうける体への負担も和らげます。そして、丈夫な素材で作られたジャケットも上下着用しましょう。

夏の暑い時期は、服装を軽めにして露出を多くしてしまう方も多くいます。半袖でバイクに乗るなど、転倒してしまったときのダメージは通常の倍以上になるので、夏場でも長袖を着用し、丈夫な素材の服装を心がけましょう。

天候の対策をする

車とは違い、バイク通勤の場合は天候の対策を行う必要があります。雨に濡れてもよい服装や靴なども、天候に合わせて着用しなければなりません。車とは違い、バイク通勤の場合は服装を選ばないといけないので、急な雨の場合はとても困ることが多く、通勤距離が長い方は常に雨対策ができる服装も常備しておく必要があります。

通常の服装に、上下のウインドブレーカーを着るだけでもよいので、コンパクトにできるタイプを常備しておくことをおすすめします。風の強いときは、バランスも重要になりますが、障害物が飛んでくる恐れもあるので、薄い服ではなく、天候に合わせて対策を行っていきましょう。

定期的なメンテナンスをする

定期的なメンテナンスも忘れてはいけません。車とは違い、メンテナンスを行いやすく、ポイントを抑えておけば自分でしっかりと管理を行うことができ、長く愛用することができます。

オイル交換を忘れてしまう方が多いのですが、オイルは定期的に質のよいものを使用すると燃費がさらによくなります。タイヤの減りを確認することも重要です。

またバイクがパンクすると、車とは違い危険性が増します。パンクしてから交換するのではなく、パンクする前にタイヤの状態をチェックしましょう。通勤距離が短い方は気にならないかもしれませんが、通勤距離が長い方は、オイルやタイヤのチェックは欠かさず行いましょう。バイク

手軽に乗れるおすすめスクーター3選

スズキ アドレスV125SS

URL:http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/uz125ssl3/top

手軽に乗りたい方には、スクータータイプがおすすめ。スズキのアドレスV125SSは、最軽量でコンパクトな割に乗るスペースが広く、鞄をかける部分もあり、手軽に乗れるバイクです。盗難抑止アラームがついており、スタンドもサイドに付いているので、女性でも便利に乗りこなすことができます。

最少なエンジンなのに、燃費性能と加速性能が向上しています。バイクは軽いですが、安定感のある走りができるので、通勤バイクの使用にも。

カワサキ Z125 PRO

URL:https://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/z125pro/

落ち着いたデザインの125Lバイク。街中を走るときや通勤バイクとしても活用でき、スポーティなエンジンと軽い車体で、ビギナーからベテランライダーまで満足できるバイクです。大きなバイクに見えますが、小回りがきくので街中でも楽に運転することができます。シートの収まりもよく乗り心地もよいです。

スピードメーターも、アナログとデジタルで表示されるので見やすく、狭い場所での取り回しや街中での走行でもストレスなく活用できます。通勤ではなくても、天気のよい日に通リングを楽しむことができるバイクでもあるので、活用の幅を広げて利用することができることも魅力。

ヤマハ ジョグ

URL:https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/jog/index.html

カラーデザインがよく、自分のカラーを大事にできるスクーターです。シートが低く楽に乗ることができ、姿勢に無理なく乗ることができるので、綺麗に見えます。男性でも女性でもおすすめでき、安定した走りが軽快です。フロントポケットにはフックがついており、ペットボトルやビジネスバッグをかけることができるので、便利に活用できます。

また、シートを開けずに給油をすることができ、メーターパネルもスッキリと見やすいです。シート下トランクは、ヘルメットやレインウエアをしっかり収納できる大きさになっています。リキャリアには最大3キロまでの荷物を乗せられるので、便利に活用できるバイクです。カラーバリエーションも4種類あり、好みのカラーやアクセサリーを付けることができます。

パワフル重視のおすすめ通勤バイク3選

ホンダ CB250F

URL:http://www.honda.co.jp/CB250F/

250Lのパワフルなバイクを求めている方は、こちらのバイクがおすすめ。機能性が抜群で、大きなバイクの割にコンパクトに操作できるバイクが特徴。また、機能の割にリーズナブルな価格というところにも驚きです。メーターは液晶ディスプレイで表示され、ユーリティースペースには小物を収納できます。

スクーターのように手軽に荷物を前に置くということはできず、荷物があればリュックを使用するという方法になります。通勤バイクとして使用される方もいますが、プライベートにも活用できるバイクなので、バイクライフを満喫することができます。

スズキ GSR250

URL:http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/gsr250l7/top

スタイリッシュでダッシュ力が強いバイク。多機能のデジタルメーターが搭載されており、エンジン回転数が設定値に達すると点滅し、シフトアップのタイミングを知らせてくれます。また、どのギアに入っているかが表示されるので、心強い装備です。メンテナンスインジケーターも付いており、オイル交換の時期を知らせてくれます。

設定することができますが、6,000キロメートルごとに表示するように設定するなど、ユーザーにとって使いやすく心強い機能が多いバイク。パワフルに走りたい方におすすめでき、スタイルもよく、満足できるバイクです。

カワサキ エストレヤ250

URL:https://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/estrella/

落ち着いたデザインのバイク。豊富なカスタムパーツがあり、雨や風の抵抗を抑えたい方は、カウルを付属で付けることも可能です。また、ESTRELLA専用ETC車載器キットもあるので、高速道路も便利に活用できるようになります。

パワフルエンジンなのに燃費がよく、頑丈なバイクなので、通勤バイクとして利用される方も多いです。スポーツタイプのバイクがNGな方は、こちらのタイプのバイクがおすすめです。

自分に合ったバイクで通勤を快適にしよう

バイク通勤は面倒に感じる方も多いですが、乗ってみると開放感や爽快感が出ます。ラッシュ時でもスムーズに渋滞をくぐりぬけることができ、燃費もよいので時間を有効に活用でき、ガソリン代も節約できるので、最近では女性でもバイク通勤の方が増えてるほど。

自分に合ったバイクで通勤することで、楽しく快適に通勤することができる魅力があります。天候の対策を行いながら、安全に走行することが大切です。

category

記事カテゴリー