キャブ側のリンクを目視できたとして、キャブレターのリンク箇所の固着が原因とだと分かった場合、キャブクリーナーやガソリンで解決しましょう。キャブクリーナーやガソリンは、つけることで安全に固着をとることができます。

これでも取れないときには力で抜きます。チョークピストンは壊れてしまうので、チョークピストンを交換しましょう。本体が損傷しなければ、このパーツ交換だけで元に戻るようになるのです。