三菱スポーツカーは個性的。性能やデザインも進化し続ける大人の車

三菱スポーツカーは個性的。性能やデザインも進化し続ける大人の車

CAR / MOTORCYCLE 2018.02.27

Share :

三菱自動車の基本

三菱自動車のこだわり

三菱自動車は、走る歓びと確かな安心にこだわりを持ち、利用者が満足できるカーライフを実現するための車作りを行っています。二つの考えを反映し、車の魅力である走行性と走破性を感じ、安全性や耐久性にも徹して、「楽しく安心した走行ができる」ということにこだわりを持っています。

どんな小さなことでもこだわりを持って利用者の目線になり、満足できる車作りと新しい価値を見出していきながら、信念と情熱を持って継続的な挑戦を行っています。単に走る車ではなく、性能とデザインにも三菱のこだわりを持ち、ユーザーに求められる車として進化しています。

ダイナミックシールドの考え方

三菱ならではのダイナミックシールドは、高級感を感じさせるデザインと、力強さを感じさせる安心感のあるシールドが特徴です。三菱の車は、パジェロやデリカ、ランサーレボリューションなど、力強さが表に出ている印象があります。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

どんな路面や運転環境においても、安心して運転ができるということが重要です。力強くダイナミックなシールドにして、デザインだけではなく、機能に則った形ということを大事にして、ハイパフォーマンスを表現しています。人と車を守るというイメージをもち、ダイナミックに表現しているのです。

ホリゾンタルアクシスのデザイン

三菱のホリゾンタルアクシスは、操作性と快適性を追求した水平基調のデザインがコンセプトです。外観だけが水平基調ではなく、車内にも取り入れて車内を広く見せるとともに、視界を広く確保することができます。

外観と車内のデザインも、上品で高級感のあるパフィーマンスを具現化しています。大人のデザインを感じさせ、気持ちをリラックスさせてくれます。安心・安全な走行をするために、外観のデザインだけではなく、車内のデザインにもこだわりを持っているのです。

公式ページ

三菱のランサーエボリューション

世代毎にベースモデルが替わる

ランサーエボリューションは、第一世代から第四世代に渡り、性能やデザインなど改良され、進化し続けている車です。車体の大きさ、タイヤの大きさのアップ、エアロパーツを大幅に改良するなど、ベースモデルを大幅に変えながら、エレガントなスポーティーさを求めています。

世界ラリー選手権で優勝するなどの実績があり、耐久性や燃費などもグレードアップされています。最高出力も改良されるたびにアップされ、スポーツカーとしての印象を強く与えてくれています。年々、丸みのあるデザインに改良され、2007年10月~のモデルは、エレガントな雰囲気を感じさせるスタイルになっており、ハンドリング性能も大きく改善されています。

終焉を迎えたファイナルエディション

23年間に渡り進化し続けてきたランサーエボリューションですが、終焉を迎え富士スピードウェイのサーキットでファイナルエディションに。ランエボは、専用設計された究極の高性能車として、進化は民衆化されることに。欠点難点をつぶし、性能の追求だけではなく、安全性も徹底して作られた車なのです。

そして、ランエボは、万人向けの超安全高性能実用車として多くの方に求められ、高級感のあるカーライフを楽しむことができる車になったのです。日本での愛用者も多いのですが、エレガントさやカッコよさ、性能などのグレードが高く、手軽さに欠けてしまう点も。上質な走り心地を求める方が増えれば、より多くの方にランエボの魅力を伝えることができます。

世界でも人気が高いランエボ

ランエボは世界でも人気が高く、ランエボ8から輸出されることになり、正規に海外輸出が開始されました。性能はさらに進化され、スーパー耐久等のレースカーで見受けられるようになったのも、ランエボ8です。

とても人気が高く高性能なため、年々車両盗難が増え続け、全モデルで盗難防止用のイモビライザーが標準装備されました。レースベースカーとしてのイメージをさらに高め、スーパースポーツカーとして愛用する方が多く、世界が注目する車となったのです。

ランエボの中古車評価

ランエボを中古で購入される方も多く、中古車としての評価も気になります。口コミを見てみると、車のデザインが高級感を感じさせ、大人の車として強い印象を与えてくれるという内容の声が多く、街乗りでも楽に乗れたという声が多いです。

耐久性が高く、中古でも長く乗れることが魅力です。4枚ドアにも関わらず、スポーティでエレガントに乗ることができて満足できたという声も。加速もよく、中古とは思えないほどの乗り心地という声が多く、全体的に高評価でした。中古車になると求めやすくなるので、始めから中古車を狙う方も。思った以上に評価が高く、ユーザーの期待に応えてくれるスポーツカーです。

これからのランサーエボリューション

ランサーエボリューションは、2015年発売のファイナルエディションを最後に、生産が終了していますが、益子社長より復活を示唆する言葉が語られ、ランエボへの復活が望まれる中、期待感は高まります。

経営が苦しい状況でも復活への希望は捨てず、さらなる進化に目を向け、利用者の目線になり開発されていくので、復活が待ち遠しく期待が高まります。どのようなパフォーマンスで私たちを楽しませてくれるのか、復活のときを待ちましょう。


公式ページ

スタリオンの後継モデルの三菱エクリプス

エクリプスのスペック

三菱のエクリプスは、1989年より三菱自動車工業の米国法人によって製造されていた3ドアクーペ。1980年代後期に、北米で展開されていたスポーツカー「スタリオン」の後継モデルとして誕生しました。

初代は、リトラクタブル・ヘッドライトを採用、FFか4WDが選択可能、4G63エンジンを搭載。ニ代目は、丸みを帯びたフォルムに薄型の固定式ヘッドライト、FF方式、初代と同様に4G63エンジンを搭載。三代目は、FF方式、V型6気筒のSOHC-6G72エンジン搭載となっています。

日本での販売数は少ないエクリプス

エクリプスは、北米市場中心として展開されていた車ですが、三代目までは日本でも販売されていた時期がありました。当時は、コンパクトカーが中心で強力なライバル会社が多く、日本のユーザーには受け入れられなかったという点もあり、スポーツカーは北米市場をターゲットにしていました。

スタリオンの後継モデルとして、1989年にアメリカで発売され、圧倒的なパフォーマンスでヒットを飛ばし、エクリプスの存在を強く印象付けることになったのです。日本での販売数は少ないエクリプスですが、北米市場を中心に活躍している車として採用され、左ハンドルや三転式のシートベルトを装備。国内では、初代は日本独自仕様車が受注生産され、二代目は1グレード展開で販売され、三代目は左ハンドル仕様のまま販売されました。

中古車としての三菱エクリプス

中古車のエクリプスは、思った以上に需要が高く、中古なら購入したいというユーザーも。グレードや車体カラーによっても価格は異なります。車も状態にもよりますが、外観デザインに満足される方は多く、スポーティで快適に走行できるとして、中古でもまだまだ魅力を感じる愛用者も多いです。

しかし、中古車ならではの燃費消費量が気になる方、修理部品の取り寄せに時間がかかるなどの声も多いです。長く乗ることができる中古車も中にはありますが、短期間しか乗れないものもあるので、見極めが重要になります。短期間でもエクリプスのスポーティさに触れることはできるので、タイミングを逃さずゲットしましょう。

エクリプスの復活

エクリプスは、「SUVエクリプス クロス」として、2017年3月に復活しました。コンパクトスタイルとなり、メディアからは高評価を得ており、過去最高の三菱車となるかもしれないといわれるほど、期待されています。

三菱車としては、これまでに作ったことのないコンセプトで、5ドア仕様で車内が広く、荷物も乗せられるとして利用者の幅も多くなり、販売ボリュームを確保できそうです。ウェッジシェイプであったり、大きく張り出した前後のフェンダーなど、シャープかつダイナミックなフォルムが、三菱らしさを感じさせます。

現状の内容でも評判がよいですが、販売終了しているエボリューションモデルが、エクリプスクロスで復活するという情報もあるため、今後の発表に注目したいです。


公式ページ

アメ車のような三菱GTO

GTOのデザイン

GTOは個性的なデザインが特徴で、アメ車のような印象を感じさせるスポーツカーです。日本国内全てのグレードは4WDとなっていますが、北米向けはFFも扱われています。三菱のGTOは1990年代に生産され、スタリオンの後継者として登場した乗用車です。

これぞスポーツカーといった洗練されたボディラインに、スポーツカーらしい赤がマッチしていて素晴らしいと、ユーバー評価の高いデザインが魅力。GTOのデザインに魅了され、思い切って購入される方も。シンプルというわけではなく、近未来的な発想をさせてくれるスタイルやデザインなので、魅力を感じているユーザーは多いです。
GTO
公式ページ

馬力から見るGTO

GTOの馬力はターボエンジンが特徴で、ツインターボ仕様は280馬力、NAが225馬力を発生します。グレードは、ツインターボ、ツインターボMR、NAモデルのSRの3つのグレードになります。4WDの力強さを感じるスポーツカーで、グレードによって標準装備が異なります。

オプションで、ハイブリッドタイプを装着することも可能に。また、安全装備として、全てのグレードにデュアルエアバッグとABSを、オプションではなく標準で装備しています。パトカーとして採用される車でもあるので、馬力や性能は確かなものです。

GTOの中古車評価

GTOの中古車は数が少なく、年式が古く価格が低く設定されているものもあれば、グレードのよいものだと高額になるので、手頃な価格や条件が該当しない場合も。車はあるけれども、欲しいグレードがないということもあるので、欲しい中古車に巡り合えることは奇跡です。

評価を見てみると、思っていたより悪い車ではなく、いかにもカッコいいデザインで、フェラーリーにも負けないきれいな赤、リッチなデザインに満足できるという声が。気になった点では、車幅やドアが長いので、駐車場での乗り降りには特に注意するか、遠くの空いているスペースに駐車するよう気を付けたいという声も。

これからの三菱GTO

スポーツカーは復活のブームになってきているので、GTOも復活するのかもしれません。車の機能だけではなく、デザイン性にもこだわりをもっているので、大人の車として楽しめるスポーツカーになるのではないでしょうか。

海外を拠点として販売されていますが、日本でも愛用したいという声が多く、復活の際は多くのユーザーから大絶賛されることでしょう。日本の道幅や、駐車場の入れやすさなどを考慮し、改良されていくと、多くのユーザーに愛される車になりそうな気がします。どのようなスタイルで復活するのか、今後が楽しみです。


公式ページ

個性豊かな三菱のスポーツカーのこれからに注目しよう

三菱のスポーツカーは、どれもデザインがよく個性豊かな機能が魅力です。パトカーに採用されるなど、高い機能と安全性を誇った車なので、これからも活躍できる車として注目していきたいです。

中古車でも、満足できているという声が寄せられているので、耐久性もよく、長く愛用できる車としても親しみを持って乗ることができます。スポーツカーは人気が出てきているので、三菱のスポーツカーもさらなる進化を遂げた復活が期待されます。

category

記事カテゴリー