スポーツカーの魅力的な外見と爽快な走り。車の運転を心から楽しもう

スポーツカーの魅力的な外見と爽快な走り。車の運転を心から楽しもう

CAR / MOTORCYCLE 2018.02.27

Share :

スポーツカーの特徴

加速性能に優れている

スポーツカーは、車が実用性を重視して作られるのに対して、趣味性が高く、スポーツカーを所有することがステータスとなっています。性能の高さは、街中では必要とすることがないほど備わっています。加速性能にすぐれていることは、スピードを出しやすいということだけでなく、スピードをコントロールする力がすぐれているということです。そのため、スポーツカーは本来、操作の安全性にすぐれた、高品質の車種であるということになります。

運転を楽しむために作られた車

スポーツカーの特性は、車を思い通りに自在に動かせる、速いスピードでも楽に安定して走れる、操作性にすぐれて速やかに的確に曲がれる、見た目がかっこよく乗っているだけで気分がいいなど、運転を楽しむために作られた車です。燃費は気にしません。エコカー、ファミリーカーなどほかの車とは、乗る目的と楽しみ方が違います。メーカーによって、さまざまな特性が違っています。高度な操作性に加えて、趣味的なものや遊び心などが取り入れられて、スポーツカーが好きな人を満足させる仕上がりになっています。

車高が低い

スポーツカーはたいてい車高が低く、重心が低い位置にあります。重心が低いと、曲がる操作など車体の角度を変えるときに、遠心力がかかりにくくなります。外側に大きくはみ出すことなく、運転する人の操作がストレートに車に伝わり、絶妙な操作がしやすくなります。走るときにも、フロントに当たる風の抵抗が少なくなり、スピードも出しやすくなります。遠心力、風の抵抗と性能を考慮して、幅広く平たい、スポーティーなボディに設計されています。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

基本性能が高い

スポーツカーの基本性能は、走る、曲がる、止まる、ブレーキがより利かせられるということに特化しています。その限界性能は、一般車両と大きく違います。走る、曲がる、止まる性能を表す指標として、海外の自動車メディアでよく使われるデータがあります。

1.0-100 km/hは、停止状態からフルに加速して、時速100キロに到達するまでにかかる時間

2.最大横加速度(G)は、高速旋回する性能を示す指標。数値が高いほど性能がよい

3.100-0 km/hは、 時速100キロからのフルでブレーキをかけて、完全に停止する位置までの距離

海外のスポーツカーは、この3つの指標を目やすに、それぞれの性能を把握します。

はっきりとしたスポーツカーの定義はない

自動車の1カテゴリとして最初に使われたのが「スポーツカー」で、世界で初めてのスポーツカーは、1913年スペインのイスパノ・スイザです。その頃に、フランスのアルザス(当時ドイツ領)でブガッティT13、イギリスのボクスホールと続きます。初期は、レーシングカーとスポーツカーの区分分けがされていませんでした。自動車競技は公道で行われることが多く、専用のサーキットが作られてからも、競技用車両は一般公道を走って競技場に行くことが普通だったので、名前を分けることが必要なかった時代でした。

その後、一般車の保安基準が厳格になり、競技用の車と一般車の構造が大きく違っていくにつれて、競技用の車は「レーシングカー」と呼ばれるようになります。さらにレーシングカーの特殊化が進み、スポーツカーとレーシングカーの共通点が少なくなっていくと、現在では、スポーツカーは運動性能の高い公道を走る車、レーシングカーはサーキットの競技用の車という意味で使われるようになりました。

スポーツカーは、一般車とレーシングカーの中間の車ということもできますが、スポーツカーでも、軽自動車スポーツカーは、軽自動車に分類されます。一般車でも、装備がスポーツカーに近い車もあり、はっきりとしたスポーツカーの定義はありません。

スポーツカーに乗る「魅力」

走っている姿がカッコイイ

スポーツカーは、その外見だけでもかっこいい車で、スピード感あふれるフォルム、洗練されたデザイン、おしゃれなトータルバランスで、見ているだけでもときめくかっこよさがあります。外見がかっこいいスポーツカーが、本当にかっこよく見えるのは、走っている姿です。プロモーションビデオなどで、海を背景に、または広大な海外のロードを走っていく姿は、スピード感と雄大な雰囲気で、より魅力的に見えます。

スポーツカーが、公道の規則を気にすることなく、持っているすぐれた性能を存分に発揮できる場所は、サーキットです。スポーツカーの走りが見たいときには、サーキットに行きましょう。サーキットでは、レースやスポーツカーだけでなく、いろいろな車の走行会が開催されています。自分のスポーツカーを運転したいときは、サーキットの会員になってから、サーキットのライセンスを取得すると走ることができます。

ボディが低重心のため安定性がある

スポーツカーは車体が低く、重心が低い位置にあります。低重心であるということは、ロール角とコーナリングフォースによる変化を減少させて、操縦を安定させます。ロール角は、車体が横に傾く角度で、車体の重さと重心が高い位置にあるほど大きくなります。傾きすぎたときは、内側の車輪が浮くこともあります。コーナリングフォースは、カーブなどで曲がるときに、タイヤに働く力です。タイヤは、コーナリングフォースを働かせて、車体から入る力を受けます。ロール角が大きいときには、コーナリングフォースが小さくなって、回るときに滑りやすくなります。

低重心のスポーツカーは、横の傾き、滑りやすいなどのトラブルが発生したときに、制御して操縦できる安全性が高い車です。

自分でコントロールする楽しさ

スポーツカーに実際乗ってみると、自分で車をコントロールしているという、操縦の楽しさが実感できます。ハンドル、アクセル、ブレーキ、エンジン、タイヤなどの持つ、力強さと迫力が、伝わってきます。その感覚は、一般車を運転しているのとは大きく違い、刺激的な楽しさと感動があります。スポーツカーは、思い通りの操縦ができる、車の運転を心から楽しむための車です。

好奇心や遊び心を掻き立ててくれる

スポーツカーは、一台一台に個性と好奇心、遊び心があり、お気に入りのスポーツカーを見ているときだけでも、ワクワクした楽しい気持ちになれるような魅力があります。年配の方も、スポーツカーに乗っているだけでも、若返った気持ちになって、いきいきとしてくるといいます。有名な女優、タレントさんなど、スポーツカーを愛車にしている人は多いです。

カッコイイ人気の国産スポーツカー

MAZDA ロードスター

特別仕様車の「MAZDA ROADSTER RED TOP」は、販売期間は2018年3月31日まで注文受付中です。RED TOPは、コントラストを楽しむ、ダークチェリー色のソフトトップになっています。軽快で精悍なイメージのロードスターに、エレガントな大人向けの雰囲気で仕上げたスポーツカーです。

トヨタ 86

世界の道でのテストをし、走りの気持ちよさを追求した、美的でスポーティーなデザインのスポーツカーです。専用の開発エンジンと、運転状況により高出力を最適化するトランスミッション。シフト、セレクトのショートスクロールにこだわり、確かな操作性と楽しさを兼ね備えています。変速レスポンスはスムーズな6-Speed SPDS。スポーティーで直結するシフトチェンジができます。専用設計のFRプラットフォームで超低重心を実現。思い通りのハンドリングを体感できます。

空力性能はダウンフォースを重視し、実車走行での評価、風洞設備での検証によりすぐれた操縦安定性を保持しています。ボディ剛性と安全性能はそのままで、フロント部分の軽量化に成功。安全で操作性の高い軽量設計です。

ホンダ S660

高度な運動性能と安全性能を合わせもつ、ミッドシップ・オープンスポーツ車です。約30km/h以下での走行時、前の車両との衝突を回避、軽減する自動ブレーキでサポートします。また急発進を防止するサポート機能を備えています。走行中に急ブレーキをかけたときは、ブレーキランプの点灯とともにハザードランプが自動で高速で点滅し、後続車に注意を促します。坂道発進の時は、車の瞬間的な後退を約1秒間抑制し、ペダルの踏み替えが安全に行えます。坂道での渋滞時に効果的です。

日産 GT-R

2007年より、改良を積み重ねてきた日産 GT-R。エンジン出力の向上とともに、空力性能などトータルで機能のバランスを取り直し、GT-R独自の存在感あふれるデザインを追求しました。ドライビングプレジャーの追求をコンセプトに、グランドツーリング性能とレーシングテクノロジーで、圧倒的な速さを実現するため、さらに進化した性能の磨き込みに力を入れています。

ダイハツ コペン

運転席にいながらルーフが開き、大空が広がる爽快なスポーツカーです。軽のボディサイズで使いやすく、コンパクトで高性能な、人と車の一体感が楽しめます。D-Frameにより、走りを高品質の骨格でサポート。RobeとXPLAYとCeroの3つのスタイル、よりスポーティーなSグレード。内外装飾が選べる設定で、遊び心と楽しさにあふれたスポーツカーです。

まずはレンタカーに乗ってみるのも手

いつもと違う気分でドライブしたい時

レンタカーで気に入ったスポーツカーを借りてドライブすると、気分も変わって楽しいです。レンタカーは、旅行に行ったときなど、現地でドライブしたり、自分の観光ルートでゆっくり楽しみたいときに、大手の有名店で安めのコンパクトカーを借りることが多いかもしれませんが、少数ではありますが、スポーツカーを扱うレンタカー屋さんがあります。少し費用を足して、スポーツカーをレンタルしてみると、ワクワクする楽しさで、普段と違ったフィーリングのドライブが楽しめます。スポーツカー、オープンカー、自分の気に入ったかっこいい車をレンタルしてみましょう。

スポーツカーのレンタルで有名なお店は、一つめは「おもしろレンタカー」です。往年のスポーツカー、最新のS660、NDロードスターなどが豊富です。ほとんどの車は、クラッチ式のMT車です。二つめは、「カーレンタル東京」です。GT-Rを中心としたスポーツカー、キャンピングカーも揃っています。三つめは、「DIREX東京 外車レンタカー」です。高級外車、オープンカーが豊富です。

買おうとしているものの試乗代わりに

購入予定を考えているスポーツカーがあるときは、同じ車種をレンタルして乗っておくと、より感覚がわかって判断する目やすになります。ディーラー、販売店で試乗もできることが多いですが、レンタルすると長い時間、いろいろな場所を走ることができて、ほかのスポーツカーと比べてみることもできます。

スポーツカーに走る楽しさを教えてもらおう

スポーツカーは、それぞれの個性とかっこいい外見、すぐれた操作性で、乗り手と一体化し、車を運転することの楽しさを存分に味わうことができます。国産車で改良を重ねた、マツダロードスター、スバルWRX、トヨタ86、レクサスLC、日産フェアレディZ。外車のポルシェ、BMW、メルセデスベンツ、フェラーリ、ランボルギーニ、ブガッティ・シロンなど、かっこよく、高性能のスポーツカーは、憧れの存在でもあります。

モーター・ショーに見に行ったり、試乗してみたり、その性能を発揮したいときは、サーキットで走りを楽しみましょう。購入の前に乗ってみたいときは、レンタカーで気に入ったスポーツカーをレンタルするのもいい方法です。お気に入りのスポーツカーで、心から運転することを楽しみましょう。

 

category

記事カテゴリー