レクサスおすすめモデルをチェック。高級感漂う魅力的なボディを誇る

レクサスおすすめモデルをチェック。高級感漂う魅力的なボディを誇る

CAR / MOTORCYCLE 2018.02.27

Share :

レクサスの魅力

一般の人には敷居が高い高級感

一見しただけでそのボディが魅せる力は強く、ほかを圧倒します。車を選ぶうえでも敷居の高いレクサスはさまざまなモデルがあり、乗る人のスタイルや趣向によりラグジュアリーからスポーティーモデルまで選ぶことができます。

特に近年ではハイブリットカーも注目され、レクサスCTはハイブリット専用モデルとしても有名です。レクサスが醸しだす高級感は、その存在だけでも近寄り難い高級車といえます。

価格帯の高さ

高級とよぶにふさわしいのは、その外見や走行性能といったものだけでなく、実際に手がでない理由の一つとして価格帯の高さであるといえます。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

現行車のうちで最低価格では、CT200h(直列4気筒1.8Lエンジン+ハイブリットシステム)でメーカー希望小売価格は377万円(税込)。最高価格では、LS500h EXECUTIVE(V型6気筒3.5Lエンジン+ハイブリッドシステム)で、メーカー希望小売価格は16,400万円(税込)と最高クラスの価格となっています。

若者向けや運転手付き送迎用と車種のデザインが違う

レクサスと一言でいっても、そのなかにはさまざまなモデルがあり、乗る人のスタイルや趣向に合わせてそのデザインから走行性能に至るまで多種多様。

よりハイクラスでラグジュアリーなモデルを選び、特に運転するよりも専属のドライバーに運転してもらう車であるという印象を与えるものがレクサスLS。ハイブリッドカーとして最高価格に君臨するEXECUTIVEはその価格も最高クラス。

若者の注目の的となるスタイリッシュさと、快適な走りを追求したスポーティーもモデルであれば、2014年に登場したモデル、レクサスRC。

レクサスのなかでもコンパクトSUVであるレクサスNXは、室内空間に適度な広さが確保され、乗り心地と運転のしやすさが魅力です。

トヨタの技術力が満載で良さを味わえる

トヨタの技術力の結晶。それがレクサス。

毎年のようにマイナーチェンジをしているレクサスは、そのスタイリッシュなボディだけでなく、走行性能から内装に至るまで、全てが一流とよべる車です。

とりわけ、2012年12月に販売を終了したレクサス LFAにおいては、生産台数500台と限られた台数であり、全ての工程において熟練工が手作業で作りあげた高級車。専用に作られたエンジン、車体の設計においても専用のものが用意されていました。新車価格で3,750万円というのもうなずけるほど。こだわりの強いレクサスならではといえます。

ステータスシンボルである

有名ブランドの時計や洋服がステータスシンボルという人もいます。しかし、群を抜いて高級車は自信や優越感を得られるにふさわしいもの。なかでも所有していることがステータスシンボルであると、男性であれば一度は憧れる高級車レクサス。

高嶺の花であるからこそその存在感はほかに類をみません。国内で生産される高級車として堂々の風格を魅せてくれます。簡単には手に入らない高級車を所有することを目標にしている人は少なくありません。

中古車の買い取り価格が保証されている

一般的な大衆車であれば中古車ディーラーでの買取価格もその車の程度や年式、また走行距離に至るまで総合評価がくだされることで買取価格も変動します。また、中古車の購入する側においても新車の購入よりも敷居の低さが売りとなっています。

しかし、レクサスにおいては、たとえ中古車であってもそのブランドとしての高級感維持のため、買取価格が保証されていることが特徴的であるといえます。

大衆車のように台数がでない

レクサスを購入できる人は一体どれくらい存在するでしょうか。一般的な大衆車であれば軽自動車から始まりミニバンに至るまで、街中を走れば自分が所有するものと同じ車種が走っているところをみる確率はある程度あります。

しかしながら、レクサスにおいては手をだしやすい大衆車とは違い、販売台数も少数、またさらに中古車といえどディーラーに回ってくる台数も多くありません。

所有者が少ないというだけでなく、ワンオーナーとしてその一台を大切に乗るというオーナーも。それだけ大切にしたいというのもレクサスだからといえます。

https://lexus.jp/models/rc/

中古車でも一般車と違う

3年経っても価格はあまりさがらない

レクサスは専用ディーラーが存在するほど特別な車。中古車とはいえ、レクサスは認定中古車といい、CPOとよばれています。

そのため、現行から退き3年が経過したとしてもその販売価格はあまりさがりません。中古車といえどしっかりと手入れが行き届いたレクサスは、程度もよく、一般的には新車で購入することを考えるなら断然手が届きやすく感じる価格ではあるものの、レクサスとしての品位まで損なう価格設定にはなりません。

適切な部品交換がされている

一般的な大衆車、それも中古車であれば互換部品が使われていたり、カスタムされている車であれば特殊な部品が使われているものも存在しています。

しかし、レクサスにおいては、その走行性能や高級感を損なわないための適切な部品交換がなされている車であるといえます。

2年間の走行距離無制限保証がついている

中古車であってもレクサスには、2年間の走行距離無制限保証が付いています。これは、厳しい品質基準のもと、点検・整備されたレクサスに使われている保証部品が、購入より2年間の間に万が一不具合が生じた場合に、その走行距離に関係なく無料で修理をしてもらえるというもの。

価格があまりさがらない代わりに、保証があるというのもレクサスならではです。

販売店が信頼できるか確認要

中古車であっても、レクサス認定中古車(CPO)というレクサス独自のディーラーも存在しているとはいえ、その地域には所在していない場合もあります。そのような場合にはほかの販売店で購入しなければなりません。

前述の、2年間の走行距離無制限保証は主にレクサス認定中古車(CPO)であれば、必ず保証して貰える制度。しかし、正規販売店でなければ十分な保証が受けられないかもしれない、という懸念もあります。そのため、その利用しようとしている販売店が信頼できる店舗であるか、事前に確認してから足を運ぶことをおすすめします。

https://lexus.jp/models/nx/

人気があるSUVはおすすめ

最高峰モデルはLX

レクサスのSUVのなかでもランクが存在。その最高峰モデルがLX。

V型8気筒5.7Lエンジンと、フェラーリにも搭載されているパワフルなエンジンを装備するこの車は、メーカー希望小売価格1,115万円(税込)。8人乗りと5人乗りの二つのタイプが用意されています。車の全長が5080mm、全幅は1980mmと車体の大きさも目立つLX。

価格も車体も大きく日本の道路事情では厳しい面もありますが、そのパワーは一目置かれるものがあります。

安定した走行性と静寂性がおすすめのRX

SUVながら高級感があり、後部座席は大人3人でもゆとりのある設計のRX。

LXよりも車体や価格が小さいRX。しかし、三眼フルLEDヘッドランプ(ロー・ハイビーム)が標準装備されているという点では変わらず、そこへさらにLEDフロントシーケンシャルターンシグナルランプと、LEDクリアランスランプ(デイライト機能付)が標準装備されています。

また、車両を上から見たような映像としてナビゲーション画面に表示するパノラミックビューモニター搭載。近年よく聞く発進時のアクセルの踏み間違いにも対応し、衝突の緩和や被害の軽減を目的とした、インテリジェントクリアランスソナーも標準装備となっています。

安定した走行性能や走行時の静寂性を求めるならRXがおすすめ。

コンパクトなNX

コーナリングの多い日本において狭い道でも走りやすく、運転しやすさと快適な乗り心地であるNX。RXに搭載されているパノラミックビューモニターを装備しているため、駐車の際の車両周辺への不安も解消できます。

また、スタイリッシュな内装にするべくシートは本革を使用、LEXUSロゴプレートの使われたスカッフプレートも装備。NXやRXにないヘッドランプクリーナーや、アダプティブハイビームシステム[AHS]を搭載することで、より視界をクリアにすることができます。

https://lexus.jp/models/rcf/

おすすめの中古車

RXのハイブリッドモデルが加速性の評価が高い

中古車を選ぶうえでその加速性や、走行性の評価が気になるところ。レクサスのなかでも中古車として考えるならRXのハイブリッドモデルがおすすめです。

SUVであるため、その燃費が気になりますが、中古車であれば費用も抑えられるというメリットがあります。さらに、安定した走行が約束されているRXはその標準装備だけでも満足できる仕様。

フラッグシップセダンであるLS

レクサスのなかでもLSは最上級に君臨する製品という意味を持つ、フラッグシップのセダン。広々とした室内なので家族に向き、中古車市場で多く出回っているのもこのモデルです。

スタイリッシュなデザインのボディはどの年式のLSにおいても、その品格を失うことはありません。それぞれの年式ならではのこだわり抜かれたデザインを選ぶことができるのも中古車だからこそ。

4ドアセダンタイプのIS

1999年に登場したレクサスのエントリーモデルであるIS。

現行モデルは3代目となりますが、2代目から価格帯がさがっていることもあり、手を伸ばしやすい存在となっています。

4ドアセダンタイプのため、乗る人をあまり選ばないのも特徴。レクサスにあこがれる若者からそのデザインや年式にこだわる人まで求める人はさまざまです。

https://lexus.jp/models/is/

NXとRXの人気の色は白

RXの人気は白だがソニッククォーツ

車の色は人の好みによってさまざま。特に、車業界では黒と白の二色がほかの色と比べて圧倒的に人気があります。

レクサスにおいてはNXとRXでは白が人気。

一言で白といっても、真っ白という色はなく、何かほかの色が入り混じっています。特に、車に使われている色にはそれぞれのメーカー独自の色で構成されているため、一つとしてほかのメーカーと同じ色がないというのも実情です。

RXでは白が人気といわれていますが、その実際の色はソニッククォーツという名前。薄さ15μ(ミクロン)のベース層のなかで、わずか4μ(ミクロン)の層に敷き詰められた光輝材がきめ細かく並べられているというソニック技術が、これまでにない強い反射を生みだし、ボディの陰影を美しく輝かせています。

NX一番人気はホワイトノーヴァガラスフレーク

白いボディに黒いパーツが映えるという理由や、傷が目立ちにくいという利点が挙げられるため、白を選ぶ人が多いようです。また、中古車の買い取り価格としても白が高く買い取って貰えるという事実もあります。

NX300h”F SPORT”、NX200t”F SPORT”専用色であるホワイトノーヴァガラスフレーク。

ガラスのようなきめ細かい艶が特徴のNXのカラーは、水をかけながら下地塗装を磨きあげられることにより、目にみえない凹凸を滑らかにすることで、その艶を極限まで高めるというレクサスの最先端技術がつぎ込まれています。

高級車レクサスを持つという目標を持つ

日常ですぐに手に入らない存在だからこそ手に入れたくなるもの、それがレクサス。そんな高級車をいつか自分の手にするという目標を掲げることで、貯蓄の管理に繋がるだけでなく、自身のステータスアップへと繋げられます。

今以上に仕事への向上心が高まるだけでなく、目標があることでやりがいも生まれるというもの。高級車であるレクサス、それを所有するにふさわしい人物になることも一つの目標ではないでしょうか。

category

記事カテゴリー