おしゃれな自転車が欲しい!自分らしく楽しめる商品や便利なグッズ

おしゃれな自転車が欲しい!自分らしく楽しめる商品や便利なグッズ

CYCLING 2018.02.27

Share :

どのような自転車が欲しいか

目的の再確認

自転車を購入する際、まず明確にしておきたいのが、購入する目的。自転車をどんなシーンで使用したいのか、どんな目的で購入したいのか、ということをはっきりさせておくと、実際に自転車を選ぶときの基準にすることができるでしょう。

自転車には、さまざまな機能がついていたり、デザイン性が高かったりと、商品ごとに特徴は異なるもの。選んでいると、つい目新しいものに目が行ってしまったり、必要のない機能が欲しくなったりと、本来の目的にそぐわないものを買ってしまうことも。

まずは目的をはっきりさせておくことが大切なポイントです。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

自分の好みの洗い出し

自転車を購入する目的を明確にしたら、目的に合わせながら自分の好みの自転車を選んでいきましょう。乗りやすく、さまざまな用途で使用できるベーシックなものは、カラーや形状などによって雰囲気も変わってきます。

また、タイヤのサイズや幅などの種類も豊富。自転車の印象が大きく変わり、好みが出やすいところだといえるでしょう。乗りやすさや機能性、デザイン性、価格など、自転車ごとのさまざまな特徴を見比べながら、自分好みの自転車を洗い出していきます。

プレゼントで購入する場合には、自分ではなく相手が乗るということを忘れずに。使用するシーンを考えて選ぶとよいでしょう。また、できるだけ相手の好みを聞いておくと安心です。

用途にかなったものを探す

一言で自転車といっても、その種類は非常に多くバラエティ豊か。自分好みのものを選ぶと同時に、用途に合ったものを探していきましょう。通勤、通学などで利用する場合には、乗る距離や荷物によっても選ぶ基準が変わってきます。

車や電車などの代わりに長い時間乗るという場合には、漕ぎやすく、疲れにくい丈夫な自転車を選ぶと安心です。スーツや制服などでも漕ぎやすいかどうか、実際に乗ってみるとよいでしょう。買い物など、日常的に使用する場合には、カゴがついていると便利。

暗い時間に乗ることが多い場合には、機能性の高いライトや暗闇でも目立つカラーを選ぶと安心。目的に合った自転車を選んでいきましょう。

気に入った自転車を選ぶ

好きな色は

自転車は、気に入ったものに長く乗りたいですね。好きな色の自転車を見つけ、乗ることを楽しみましょう。自転車は、黒やシルバーなどのベーシックなカラーをはじめ、赤や緑、黄色などカラー展開が豊富な乗り物。

ファッションなど直接身に付けるものよりも、比較的いろいろなカラーに挑戦しやすいこともあり、自分好みのカラーを選ぶ楽しさがあるでしょう。好きな色や、ファッションでは取り入れにくい色など、自転車に乗るシーンを思い浮かべながら、選んでいくとよいでしょう。

好きなデザインは

自転車は、用途やデザインによって、乗り心地も見た目も大きく異なります。好きなデザインのものを見つけることで、自転車に乗るだけで自分らしさを表現することができるでしょう。自転車は、ハンドルやサドルの形状、タイヤの大きさ、幅、カラーなど、デザインの種類がさまざまです。

カゴの有無によっても印象は変わってきます。スポーティなタイプや、コンパクトなタイプ、ベーシックなものなど、自分好みの好きなデザインを見つけていきましょう。

最適な価格のもの

選ぶ自転車によって、価格も幅が広いため、あらかじめ予算を決めておくとよいでしょう。数万円程度で購入できるベーシックなものもあれば、数十万円もする高級な自転車まであり、さらに非常に高級なものだと100万円を超えてしまうものも。

乗る時間が長かったり、坂道が多かったりする場合には、それに対応できるような自転車が便利ですが、あまりに高級なものだと防犯対策も重要になってきます。ただ安いもの、高いものとして選ぶのではなく、予算や使用するシーン、管理場所など、最適な価格帯のものを選んでいくことが大切です。

乗りやすさ

乗り比べてみると、それぞれの自転車によって乗り心地が変わってきます。通勤や通学で使う場合などにはスーツや制服でもまたがりやすく、漕ぎやすいという点がポイントのひとつになるでしょう。さらに、長時間漕いでも、丈夫で疲れにくいものだと、毎日の移動が少し楽に。

サドルやハンドルの形状、それぞれの高さのバランスによっても乗りやすさは異なります。自分に合ったものを見つけるためには、できる限り実際に乗ってみるとよいでしょう。便利な機能がついている場合には、操作の方法も確認しておきましょう。

自転車へのこだわり

簡単にまたげるミキストフレーム

スーツや制服などの場合、自転車の構造によってはまたぎにくく、乗りにくさを感じることも。特にスカートの場合には、足を大きく上げるのは難しいため、フレームの形にも気をつけて選ぶことが大切です。

ミキストフレームは、トップチューブが低めに設計されているため、簡単にまたぐことができます。トップチューブとは、ハンドルと後輪をつなぐ部分のことで、デザイン性の高い自転車ほどこのトップチューブの位置が高くなりがちです。

しかし、ミキストフレームでは、デザイン性を保ちながら、またぎやすさも実現。男女問わず乗れるユニセックス設計で、服装に左右されずに日常使いを楽しむことができます。

前後の荷物キャリア

移動手段として使われる自転車には、荷物を運ぶためのキャリアが付いていると非常に便利。カゴだけでなく、シンプルな見た目を好む人のために、荷物を載せられるキャリアを搭載した自転車も販売されています。

このキャリアは、自分で付けることもできるため、付けたいという場合には付けられるタイプの自転車であるかどうか確認しておくとよいでしょう。前後に荷物キャリアがあると、いざというときにやや大きめの荷物であってもしっかり積載することができます。

乗りやすいサドル

実際に乗り心地を大きく左右するのがサドルではないでしょうか。クッション性や形状、ハンドルとの高さバランスなど、少し異なるだけでも乗った感覚が大きく変わってきます。実際に乗ってみて、さまざまなサドルの違いを体験してみるとよいでしょう。

実際には、自転車によって重心をかけるバランスが異なっており、適したフォームを維持することで乗りやすさは変わります。サドルによって適したフォームを身に付けることで、より乗りやすいサドルをみつけることができるでしょう。

音の良い真鍮製のベル

自転車が安全に走行するために欠かせないベル。いざというときにすぐに鳴らすことができ、はっきりと音が出るものを選ぶとよいでしょう。真鍮製のベルは、透き通ったような音の良さが特徴で、人気の高い素材。

ベルの色や形状によって、目立ちやすいものもあれば、自転車になじんで付いていることを感じさせないものも。好みによって、音色や付けたときの印象、デザイン性などを基準に選んでいきましょう。

おしゃれで価格の安い自転車は

一般的な26インチのもの

自転車は、主にタイヤのサイズによって、インチという単位で大きさを表現しています。一般的な自転車では、大人が乗る場合、24~27インチ程度のものが多く、誰でも乗りやすいサイズ、形が人気です。

自転車の適正サイズは、身長や自転車の形状などによって異なります。一般的な自転車では、身長140cm以上で26インチ、身長150cm以上で27インチを推奨していますが、乗る環境などによって自分に合ったサイズ感は変わってくるでしょう。

おしゃれなミニベロ

ミニベロとは小さい自転車のこと。タイヤ自体が小さいため、漕ぎはじめが軽いのが特徴で、ちょこちょこと街乗りしたい人におすすめです。また、ミニベロが人気を集める理由で最も多いのが、そのデザイン性。

小さなタイヤと、すっきりしたフレームで、おしゃれ度が一気にアップします。コンパクトなので、収納しやすく、邪魔になりにくいのもうれしい点。見た目も楽しめるだけでなく、機能性にも優れており、快適に走行することができそうです。

おしゃれなカゴ付き

荷物があるとき、あると便利なカゴ。ベーシックな形のカゴだけでなく、手編みバスケット風のものや角ばったスタイリッシュなデザインなど、カゴを見て自転車を選ぶという人も少なくありません。シンプルな自転車でも、カゴが変わると全体の雰囲気も変わるもの。

中には、カゴだけ付け替えられるタイプの自転車も。より快適に自転車に乗るために、荷物をしっかり収納でき、自分好みのカゴを見つけていきましょう。

価格は安いがデザインのよいもの

「おしゃれな自転車が欲しいけど、価格は抑えたい」という人にもうれしい、リーズナブルで、デザイン性の高い自転車も多く販売されるようになりました。自転車にお金はかけたくないけど、おしゃれは楽しみたいという人におすすめです。

駅や職場、学校などに長時間停めておいたり、外に雨ざらしの状態で置いておいたりと、自転車には、盗難や傷、汚れ、サビなど、さまざまなリスクがつきもの。万が一のことを考え、手頃な価格で自転車が手に入るのはうれしいですね。

おしゃれなヘルメット

大人の場合、自転車に乗るときにヘルメットを着用している人は少ないでしょう。しかし、実際には車両と同じ扱いになり、走るのは車道。ヘルメットを着用してさまざまな危険から頭を守る必要があるといえるでしょう。

ヘルメットにもおしゃれで、積極的にかぶりたくなるようなデザインのものが多く販売されています。カラー展開も豊富で、女性にも喜ばれるデザインも充実。安全性を高めるとともに、形や質感、色など、個性を表現できるアイテムになっています。

リーズナブルな価格の自転車

手頃なミニベロ

1.21Technology ミニベロ 20インチ クロスバイク CL20 シマノ6段変速

シンプルで漕ぎやすく、長距離走行もできる、シマノのミニベロCL20。6段変速ギアにより、使用シーンに合わせて快適な走行が可能です。ミニベロ特有のタイヤは、20インチ。走り出しがスムーズで、低重心で安定して走ることができます。

さらにサドルはやや広めになっており、身体をしっかり支えてくれるでしょう。カラーは6色展開。2万円以下と、リーズナブルに購入できるうれしいアイテムです。

2.My Pallas(マイパラス) ミニベロ 20インチ 6段変速 オールインワン M-709

レトロな雰囲気のテリー型サドルが特徴的な、マイパラス ミニベロ。ハンドルは安定性のあるフラットタイプで、タイヤ径が小さいため、町中でのストップ&ゴーも軽やかに。マットブラック仕様のフェンダーを前後に装備することで、泥はねを防いでくれます。

アイボリー・ブラック・ミント・レッドの4色展開で、ワイヤーでできたカゴやシンプルなデザインによってよりおしゃれな印象に。リーズナブルな価格帯で購入できるので、通勤・通学に、買い物にと、さまざまなシーンで活躍できそうです。

手頃なクロスバイク

1.Nex Tyle(ネクスタイル) クロスバイク 700C シマノ製21段変速 NX-7021 適用身長155cm以上

クロスバイクは、ロードバイクなどの機能性を取り入れながら、日常生活からサイクリングなど幅広く楽しむことができる自転車です。ネクスタイル クロスバイク 700C NX-7021は、流行りのカラータイヤが印象的なクロスバイク。

防犯上必要になるLEDライトやワイヤーロック、泥よけの前後フェンダーがセットになっていてすぐに走りを楽しむことができるでしょう。さまざまなシーンで活用できるので、普段の移動手段としても使いながら、趣味の時間としても楽しみたい人におすすめです。

2.21TTechnology Crossbike[CL266] クロスバイク 6段変速 700×28C

21TTechnology クロスバイク CL266は、6段変速ギアや大きめのサドルタイヤ、スポーツ系の中でも大きめの700×28Cのタイヤを搭載し、より安定感があり、快適な走行を楽しめるクロスバイクです。泥除けのフェンダーが前後に付いているので、安心して走ることができます。

初めてのクロスバイクにもおすすめで、通勤や通学、サイクリングなど、さまざまなシーンで楽しみながら、比較的リーズナブルに購入することができます。

更に安い価格帯の折りたたみ自転車

1.キャプテンスタッグ Oricle 20インチ 折りたたみ自転車 FDB206 [ シマノ6段変速 / バッテリーライト / ワイヤー錠 / 前後泥よけ ] 標準装備【Amazon.co.jp限定商品】

折りたたみができる自転車、キャプテンスタッグ Oricle FDB206。うれしいバスケット付きでありながら、コンパクトに折りたたむことができるので、収納や持ち運びに便利です。さらに、夜間の走行も安心な5LEDのバッテリーライトや、盗難対策のワイヤー錠が装備されています。

選べる10色展開で、価格もリーズナブル。普段使いはもちろん、持ち運んでレジャーを楽しむこともできるので、あると便利で楽しいアイテムです。

2.ARCHNESS 206-A 折りたたみ自転車20インチ 変速 ワイヤー錠・LEDハンドルライトのプレゼント付

ARCHNESS 206-Aは、20インチの折りたたみ自転車。タイヤ径が小さいので、漕ぎはじめもスムーズで、安定感があり、街乗りなど、ちょい乗りにもぴったりのアイテムです。ブラウンカラーのハンドルとサドルが、自転車のアクセントになり、おしゃれ感を演出。

防犯対策のワイヤー錠、暗闇を明るく照らす5LEDハンドルライトが付いているので、お得感があり、すぐに安心して乗ることができます。

雨の日の自転車走行に

おしゃれなレインウェア

1.2WAYサイクルコート シルバー Lサイズ CY-002-71-L

さまざまなシーンで活躍する自転車ですが、雨の日にはやや不便さを感じることも。そんなときには快適なレインウェアで、憂鬱な気分を解消していきましょう。2WAYサイクルコートは、透湿素材を使用し、雨はしっかりガードしながら、蒸れにくくなっています。

靴への雨の侵入を抑えるためのフック付きシューズガードや、靴を履いたままでも取り外し可能なレッグカバーなど、装着しやすく、雨による不快感を軽減。反射パイピングにより、安全に走行することができます。

2.サイクルレインスーツ ライム Lサイズ CY-003-84-L

サイクルレインスーツ CY-003-84-Lは、雨の日の自転車走行をより快適にするためのアイテム。透湿素材により、気になるムレを防ぎながら雨はしっかりカット。袖の下には特殊なカッティング加工がされており、腕をスムーズに動かすことができます。

フードはしっかりフィットし、振り向いたときにも邪魔になりません。前面よりも背面が長い構造になっているので、自転車に乗ったときに背中が出るのを防ぎます。

雨の日は靴も大事

1.pranadesign 防水 レインブーツ カバー 靴 を履いたまま履ける レイン シューズ 防水 ショート カバー 釣り 自転車 バイク 雨具 コンパクト ★オリジナル 専用防水 袋付き★

服はレインウェアでガードできても、靴や靴下はびしょ濡れになりがち。pranadesignのレインブーツカバーは、靴の上から履くだけで足元を雨からしっかり守ってくれるアイテムです。靴のまま履き、ファスナーや調節ベルトで調整できるので足にフィット。

凹凸のある靴底で、滑りやすい地面も安心です。さらに防水袋付きで、本体も小さくたためるので持ち運びに便利。電車など、使わないときにもすっきり邪魔になりません。

2.Koeston シューズカバー 防水 軽量 滑らない 携帯可 ブーツ 雨 雪 泥除け 梅雨対策 レインブーツ 防水 靴カバー お手入れ簡単 靴 レインカバー 通勤 通学 レインシューズ 男女兼用 ブラック

Koeston シューズカバーは、靴を履いたままでも簡単に着脱ができる便利なアイテム。ファスナーの裏側に防水シートがついているので、雨の侵入を防ぎます。さらに、ゴムで足にふくらはぎにしっかりフィットさせることができ、水分がつたい濡れてしまうのをガードします。

軽量でコンパクトに収納できるので、急な雨でも安心。大切な靴など、濡れると困る足元をいつでもしっかり守ってくれるので、天気を気にせずファッションを楽しめそうです。

自転車選びにも用途や好みをよく把握すると生活に彩りができる

日常生活の幅広いシーンで使う自転車。自転車を選ぶときには、普段の生活や、自転車を使うシーンをイメージしておくと選ぶ基準が明確になります。どんなときに、どんなふうに使用したいのか、事前にはっきりさせておくことをおすすめします。

自転車によって、特徴やデザイン、機能性はさまざま。自身の生活スタイルに合ったものを選ぶことで、生活がより充実し、快適な走行を楽しむことができるでしょう。

category

記事カテゴリー