ロードバイクに装着する フラットペダル。オシャレに楽しんでみては

ロードバイクに装着する フラットペダル。オシャレに楽しんでみては

CYCLING 2018.02.27

Share :

ロードバイクのペダルの種類とメリット

メジャーな形で初心者にもオススメ

ロードバイクは購入したときからペダルがついているものは少なく、別で購入するのが一般的です。多くの人は、ビンディングペダルを購入しますが中にはフラットペダルを購入される人もいます。初心者はフラットペダルから始めるのが安全でいいのではないでしょうか。

フラットペダルの特徴

フラットペダルとは、一般のシティサイクルに装着されている平らなペダルのことです。普段履きなれた靴で乗ることができ、自転車に乗ることができれば誰でも使うことができます。カフェに行くことが目的だったり、公園を散策する等というような人にはフラットペダルがいいでしょう。街中では路駐が多くあったり、道が狭かったりすると歩道で自転車を押して歩く、ということもあるので、歩くことが多くなる場合は、普段履きの靴を使って乗ることが出来るフラットペダルが最適です。

ビンディングペダルの特徴

ビンディングペダルとは、専用の靴と合わせて使うもので、ペダルに足をのせると靴とペダルがくっつくようになっています。靴と足がくっついていることで、スピードを出して走っても足が滑って落ちてしまうようなことがなく、常に一定のフォームで走ることができます。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

しかし、ビンディングペダルは、足をペダルに固定して使用するので、信号で止まったり、突然の飛び出しがあるときなどは足をペダルから上手に離すことが出来ない場合があり、初心者には危険を伴うことがあるかもしれません。

フラットペダルの良いところ

フラットペダルは安全性が高く、安いものは2,000円くらいからあり、誰にでも手が届く値段です。街乗りの人がビンディングペダルにすると、止まるたびに着脱が必要になるので、フラットペダルのほうが危険が少なく、メリットが多いように思えます。また、フラットペダルは薄ければ薄いほど安定したペダリングが可能なので、薄さも大切な要素になります。

また、フラットペダルは靴を選ばないので、普段はきなれているスニーカーで乗っていれば自転車から降りて歩き回ることができます。街乗りやポタリングの場合は、自転車から降りることが多いので、フラットペダルのほうが乗りやすいように思われます。

片面がビンディングタイプのペダル

片面がビンディングタイプのペダルは、通常のビンディングタイプのペダルよりも軽くできています。街乗りが多い人はビンディングタイプのペダルよりもフラットペダルのほうが、急な飛び出しや、車の侵入などにも対応しやすくストレスなく乗ることが出来ます。

片面がビンディングタイプが向いている人は、普段家から会社の往復、途中で電車に乗る人など、週末はロングライドしたい、という人には最適です。半分スポーツで半分フラットなので、使う状況に合わせて変えることができます。また、用途に応じて片面を使い分けるので、ペダルが長持ちします。

片面ビンディングペダルの良いところ

片面がビンディングタイプは、どちらにも使えるので、スポーツ乗りの初心者には最適でしょう。初心者は、初めフラットペダルを使用し、慣れてきたらビンディングペダルを使用することができます。片面フラット部分でもフィット感が高く、ノーマルのペダルと比べても安定感があります。靴で踏み込むとノーマルペダルより良く進む感覚があるのでいいのではないでしょうか。

右足だけをビンディングペダルにして、左足はフラットペダルにしておくことができるので、街中の信号待ちのときなどは、クリートを外す必要がなくなり便利です。初心者でビンディングペダルにしようかどうしようかと迷っている人は、片面ビンディングペダルを検討してみるのもいいかもしれません。ビンディングペダル初心者の人、通勤にロードを走る人、普通のシューズでもたまに走りたいという人には最適です。

ビンディングペダルは長距離に

ビンディングとは、ペダルと靴の底を密着して、足が外れないようにして走ることが出来るものです。また、ペダルとクリートを固定することで、引き足が使えるようになり効率的なペダリングができるようになり、足が疲れにくく走れるようになります。ビンディングペダルとは、ビンディングシューズの靴底にビスで止められた「クリート」と呼ばれる金具をビンディングペダルに固定させ、ビンディングシューズと一緒に使います。

長距離を走ったりスポーツをするときは、ビンディングペダルのほうがスピードも上がるので適しています。乗る前に正しく調整しておくことが必要で、調整が合っていないと足を痛めたりする場合があるので注意しましょう。

ビンディングペダルの良いところ

ロードバイクを速く、長く楽しむ場合は、ペダリングが効率的に上がるビンディングペダルがいいでしょう。ビンディングペダルをこぐときの踏み込む力と、踏み込んだ筋肉を使うことができ疲れにくくなります。一定の速度を維持することができるので、効率がいい運転ができ、長距離ツーリングも楽に走ることが出来ます。

ビンディングペダルとビンディングシューズを使用することで、安定したペダリング、走行が可能になります。また、ロードバイクの性能を引き出し、効率の良いペダリングをサポートしてくれます。

トゥクリップをペダルにつける

トゥクリップは、フラットペダルにつけるアタッチメントです。ビンディングペダルを使うことに抵抗感がある人は、ペダルにトゥクリップをつけてはいかがでしょうか。トゥクリップを使うと引き足が使えるようになり、ペダルが踏み込みやすいところに足が固定され、靴を選ぶことがありません。

自転車ツーリングの時は、フラットペダルにトゥクリップを使用するといいのでは。寄り道などをしたときなど、普通のスニーカーのほうが都合がいい場合が多いかもしれません。また、登山や観光などにもいいでしょう。

トゥクリップの良いところ

トゥクリップのストラップを締めて使うと、フラットペダルでも足を密着することができます。また、普段使いの靴でも使えるので、途中でコンビニに寄ったり寄り道をしても問題はありません。靴を買い替える必要がなく、トゥクリップはあまり高くないので、コストが気になる人には安心です。

トゥクリップを付けると、ペダルが足からズレないように気を使わなくてよくなり、精神的に楽になりまた、余計な力を入れなくていいので疲労軽減にもなります。

フラットペダルが活躍する場面

ロードバイクを初めての人に

ロードバイクを買おうと思うと、ペダルが付いていないことが多くあります。乗る人の好みでペダルを合わせられるように、ということからです。好みがわからない、初心者でも乗りやすい物がいいと思う人には、フラットペダルがいいのではないでしょうか。好きな靴を履いてこぐことができ、車体の色に合わせたコーディネイトもできます。

価格は1,000~3,000円くらいであまりコストがかかりません。普通のシティサイクルと変わらないペダルなので、初めてロードバイクを乗る人には最適なのではないでしょうか。

通勤通学にピッタリ

フラットペダルは、通勤や通学に利用する人や、街中で自転車に乗ることが多い人にはピッタリなのではないでしょうか。ビンディングペダルは専用のシューズが必要になるので、自転車を置いて歩くときなど、場合によっては履きなれた靴に履き替えたほうがいい場合があります。しかし、フラットペダルは靴を選ばないので、履き替える必要がいりません。通勤や通学時の余分な荷物になることがないので、いいのではないでしょうか。

足を多く地面につけるとき

ビンディングペダルはシューズとくっついているので、信号などで止まった時や、障害物にぶつかったときなど、すぐに足を地面につけるのが困難な場合は、事故につながる可能性があり危険な場合もあります。フラットペダルは危ないと、思ったときは、足をすぐ地面につけることができ、危険を回避することができます。街乗りの使用であれば、フラットペダルのほうが快適に走ることができます。

足元のお洒落がしやすい

フラットペダルでも、靴との相性によってこぎやすさは変わってきます。自転車用のスニーカーがあるので、使用してみるのもいいかもしれません。機能的には申し分なく、シンプルなデザインで、ファッションにも合わせやすいカラーが多く見られます。お洒落に気を使う人には、最適なのではないでしょうか。

また、フラットペダルに合うシューズとして、ソールがあまり固くなく、ペダルと足がくっついている感覚を得られるものがよいでしょう。つま先からかかとまで厚みが一定で、フラットであること、ペダルの角度が足裏の角度と一致するようなシューズがいいのではないかと思われます。

デザインも豊富で選ぶことが楽しい

ロードバイクのペダルは、他の自転車のパーツとは違って交換がしやすい部品です。また、種類もたくさんあり自分の好みに合ったものを選ぶことができるのも楽しみの一つになります 。ペダルは、常に自分の体に触れている部分なので、できるだけ自分の好みや走りに合ったものを選ぶとよいでしょう。自転車のデザインや、ウエアに合わせてペダルの色や形状を選ぶことができるのも、フラットペダルの強みではないでしょうか。

ペダルとロードバイクを長く使うために

定期メンテナンスをしっかりと行う

ペダルのメンテナンスは、自転車から外して行います。ラチェットレンチがあると狭い隙間に入り外しやすいでしょう。また、マイナスドライバーの細いものも用意しておくと、作業が早く進みやすくなります。

ペダルは分解してメンテナンスをするといいでしょう。調整が終わったらペダルを回してみて、スムーズに回転するか確かめる必要があります。もし、引っかかり異常があった場合は、転倒してしまう場合があるので、再度調整するといいでしょう。

ペダルは転倒した時に強く地面にぶつかるパーツなので、破損やゆがみにより使えなくなってしまう場合が多くなります。ペダルはケアすることで長持ちするので、定期的なメンテナンスはとても大切になります。

ベアリングも一緒にメンテナンスを

前輪ハブ、後輪ハブ、ボトムブラケット、ペダル、フロントヘッドと五ヶ所の回転部分にベアリングは使われています。ペダルを使い続けていると、付属のベアリングが消耗し、ぎこちない回り方になってしまいます。ベアリングは、物を動かすことで出る摩擦を軽くする役割があり、大切な部品です。

ベアリングには、定期的なグリースアップが必要で、雨ざらしになっている自転車の場合は、油切れになってしまい、性能が低下していることがあります。油が切れていると乗りにくく、走りにくい自転車になってしまうので、ペダルをメンテナンスするときは、ベアリングも同時に行うこと長く良い状態で乗ることができるでしょう。

普段よりペダルが重いと感じたら

ベアリングが消耗したり、調整の仕方がよくないと、ペダルが重く感じてしまいます。ペダルが重いとトレーニングにはなりますが、長距離を走る場合は軽いほうがいいので、定期的にメンテナンスを行うことは大事です。ベアリングの交換が必要な場合や、分解するのが怖くて自分ではできないという人は、ショップでメンテナンスをしてもらいましょう。

毎日乗る人は1週間に1度は整備をしたほうがいいのではないでしょうか。日常的に自転車に触れることで小さなことにも気づきやすくなり、不具合も影響が小さなうちに修理することができます。その結果、良い状態で長く使うことができるようになります。

足に合うペダルを見つける

初めから自分に合ったペダルを見つけることは、難しいかもしれません。ペダルは自分に合ったものを選んでつけることができるので、何回か乗りこなす間に自分に最適なものを見つけることができれば、快適に走りを楽しむことができます。また、メンテナンスをしっかりと行うことで、長くロードバイクを楽しむことができるでしょう。

category

記事カテゴリー