大阪でおすすめなキャンプ場とは。土日を上手に使った楽しみかた。

大阪でおすすめなキャンプ場とは。土日を上手に使った楽しみかた。

CAMP 2018.02.27

Share :

?大阪でおすすめのキャンプ場

関西サイクルスポーツセンターキャンプ場

キャンプに慣れている人だけではなく、初めてキャンプをする人でも安心してキャンプを楽しむことができる、金剛生駒紀泉国定公園の緑に囲まれたキャンプ場です。宿泊キャンプだけでなく、日帰りキャンプやバーベキューなども楽しむことができます。

また、キャンプ場のすぐ近くには、関西サイクルスポーツセンターがあります。プールやアトラクション、サイクリングなどのスポーツを楽しむことができる施設があり、子供たちも飽きることなく、キャンプを楽しむことができます。また、お子様向けの自転車教室も開催しているため、ユニークな練習方法で、基本から丁寧に教えてくれます。

GRAN CAMPING PALM GARDEN MAISHIMA

大阪市内、初のグランピング施設です。通常のキャンプと違って、自分たちでテントを張ったり、バーベキューの準備をする必要がないため、女性やキャンプ初心者にもおすすめです。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

通常のキャンプ場では、経験することができない、エアストリームやトレーラーハウスで宿泊することができます。また、宿泊だけではなく、日帰りでバーベキューを楽しむことができます。自分たちで材料を準備しなくても、すでに用意されているので、荷物が増える必要がなく気軽に楽しむことができます。バーベキューコースの方は、食材や食料の持ち込みも可能なのが、うれしいポイントです。

スノーピーク箕面自然館・キャンプフィールド

キャンプフィールドは、ダム湖の湖畔にある、棚田の跡や自然の地形を生かした自然を体感することができるキャンプ場です。山のなかにあるキャンプ場の周辺の樹木には、落葉広葉樹が多いため、新緑から紅葉までの季節の風景を楽しむことができます。

もともとの、棚田の形を生かした地形でテントを張って、オートキャンプをすることができます。また、ファミリー向けのキャンプ用品やテーブルなどのレンタル品も充実しているため、キャンプ初心者でも行きやすいキャンプ場です。

キャンプフィールドが主催するさまざまなイベントの実施や、サポート体制も充実しているので、キャンプに慣れている人だけでなく、初めての方でも楽しむことができます。

大阪のキャンプ場の特色

海岸には少なく山間や湖畔が多い

大阪の海岸沿いは、海遊館やユニバーサルスタジオジャパンなどのテーマパークがたくさんあります。そのため、キャンプ場が少ないのが特徴です。しかし、少し中心部から離れると山々が多くあるので、山間や湖畔に多くのキャンプ場があります。

山間や湖畔のキャンプ場は、夏場でも涼しく、大自然の山々に囲まれた遊びや心地よい風を感じながら、キャンプを楽しむことができます。

街からキャンプ場へのアクセスが良い

大阪には、海岸沿いにキャンプ場が少なく、山間や湖畔にキャンプ場が多いので、少しキャンプ場まで行きにくいというイメージがつきやすいです。ですが、大阪は、高速道路もあちこちにつながっていて、電車の本数も多いため、実は、街からキャンプ場へのアクセスがとてもよく、休日を利用して気軽にキャンプを楽しむには最適な環境です。

また、アクセスがいいため、日帰りでのキャンプやバーベキューも楽しむことができるので、時間がない社会人にもおすすめです。

川や湖が多く避暑地として適している

大阪にあるキャンプ場の多くは山間や湖畔に多いため、キャンプ場の近くに川や湖がたくさんあることが多いです。そのため、真夏の暑さをしのぐために、避暑地としても適しています。

そのため、キャンプやバーベキューだけではなく、川や湖で水遊びを楽しむことができます。また、周りが木々に囲まれていることが多いので、心地よい風を感じながら、静かなキャンプを楽しむことができます。

長い期間開いてる場合が多い

1年中楽しむことができるキャンプですが、多くのキャンプ場は、7月中旬から8月のお盆ぐらいまで開いていることが多くなっています。この7月中旬から8月のお盆までの期間は、子供たちも夏休みで、多くの家族連れがキャンプをしにくるからです。

ですが、大阪にあるキャンプ場の場合、土日などの短い休みや日帰りでもキャンプ場へ行くことが可能で、バーベキューをするためにキャンプ場を訪れる人も多く、3月下旬から11月下旬の比較的長い期間開いているキャンプ場が多い傾向にあります。

大阪のキャンプ場でできること

ハイキングやサイクリング

大阪にあるキャンプ場は、山間や湖畔に多くあるため、緑に囲まれたオートキャンプ場が多いことが特徴です。そのため、その山の地形を生かして、山道や湖畔の周りを自然や風を感じながら、ハイキングやサイクリングしたりすることができるため、少し身体を動かしたくなったり、気分転換することができます。また、関西サイクルスポーツセンターの近くにある関西サイクルスポーツセンターキャンプ場なら、子供連れでも楽しむことができるので、おすすめです。

川などで釣り

山間や湖畔にキャンプ場が多い分、キャンプ場の近くにはダムがあったり、川が流れていることが多くなっています。そのため、川などで釣りを楽しむことができます。また、釣りだけでなく、川で水遊びも楽しむことができ、真夏の暑さをしのぐこともできます。流れが遅くて、浅い川もあるので、夏休みに子供を連れて、一緒に川遊びを楽しむこともできます。

バーベキューや料理

キャンプ場によっては、川で釣った魚を焼いて食べることができるキャンプ場もあります。また、落ちている木を使って焚火をすることで、自然の力を使って、お米を炊いたり、お肉を焼いたりすることもできます。大自然の中で釣った魚を焼いたり、バーベキューやさまざまな料理を作ることで、普段できないような体験ができます。

また、最近のキャンプ場では、材料から道具まで準備してくれているキャンプ場も多く、手ぶらで行くだけで楽しむことができるので、日帰りでのバーベキューもおすすめです。

自然の中で天体観測

大阪にあるキャンプ場は、山間や湖畔にあることも多く、キャンプ場内には、街灯が少ない場合も多くあります。そのため、夜は、必要最低限の明かりしかないため、キャンプ場内も真っ暗になることがあります。

ですが、周りに明かりが少ないことで、きれいな星空を眺めることができ、天体観測などを楽しむことができます。普段は、街の明かりできれいに見えにくいですが、キャンプ場の自然に囲まれた中で見る星空は、普段と違う夜空を見せてくれます。冬場は、空気が澄んでいるためきれいな星空を見ることができます。また、場には夜になると涼しくなるため、天体観測がおすすめです。

体験の施設で学ぶ

最近のキャンプ場の施設内には、キャンプ施設だけではなく、アスレチックで子供たちが遊ぶことができたり、近くに牧場などがあって、動物と触れ合うことができる施設があったり、夜にはキャンプファイヤーを楽しむことができたりと、キャンプ場によって、さまざまなことが体験できる施設があることも多くなっています。こういった施設では、普段、あまり体験することのできないことが多くあるため、キャンプ場に来た際には、ぜひ利用してみてください。

大阪でのキャンプのスタイルの種類

日帰りタイプ

長期休みがなく、短い休日にキャンプをしたいという人におすすめなのが、日帰りでキャンプをするタイプです。日帰りでキャンプをする場合は、泊まるための荷物を持っていく必要がなく、バーベキューなどの食事の材料とテントをもっていけばいいため、荷物が少なくて済みます。また、最近のキャンプ場では、キャンプ用品の一式レンタルや、食材なども準備されているキャンプ場も多いため、手ぶらで行くことができる場合もあります。

ですが、日帰りだからといっても、テントを組み立てたり準備などに時間がかかってしまうのは、変わりありません。そのため、時間には余裕をもってしっかりと下準備をしてから、日帰りキャンプをするようにしましょう。

テントを張って泊まるタイプ

子供を連れている場合などは、多くの場合、長期の休みにキャンプをするケースが多いと思います。そのため、テントを張って何泊かするケースが多いのではないでしょうか。泊まるタイプのキャンプの場合は、日帰りキャンプと違って、その分着替えの量も増えますし、食材なども多めに持っていく必要があります。そのため、持ち物が多くなってしまうため、忘れ物がないようにしっかりと確認するようにしましょう。

キャンプ場に泊まることで、大自然の中で1日中遊ぶことができ、夜空を楽しんだり、キャンプファイヤーをしたり、普段することができない体験をすることができます。

ロッジやコテージやバンガローに宿泊するタイプ

キャンプをしたいけど、テントを買うのはもったいないという人や、テントを張ることが面倒だという人には、ロッジやコテージやバンガローに宿泊することがおすすめです。また、テントに宿泊するのに比べて、焚火を楽しむためのキャビンや広めのデッキがついていたり、屋根付きのコテージがついていたりなどさまざまなタイプがあります。屋根がついているものが多いので、突然の雨の心配もいりません。

また、多くの場合、寝床などはついていることが多いため、食材だけをもっていけばバーベキューを楽しめる場合もあります。ロッジやコテージ、バンガローを上手に利用することで、荷物を減らすことができたり、テントを組み立てる負担などを減らすことができ、テントなどをもっていなくても、キャンプを楽しむことができます。

オートキャンプのタイプ

オートキャンプとは、車の近くにテントやタープを設置することができるスタイルのことをいいます。駐車場とテントをたてる場所が離れている場合は、普通のキャンプになります。

オートキャンプの場合は、テントのすぐ近くに車を置くことができるため、重たいキャンプ用品などの荷物をわざわざ車から運ぶ必要がありません。荷物を運ぶという手間が省けることがメリットです。そのため、荷物が多くなる小さな子供連れの場合などにはおすすめです。

ですが、テントのすぐ近くに車を置くことになるので、時間帯によっては、車の出入りが激しくなってしまうのがデメリットです。オートキャンプは、その利便性から多くの家族連れが利用している傾向にあるため、子供の飛び出しなどには、充分注意する必要があります。

目的やスタイルに合った大阪のキャンプに行こう

ここまで、大阪にあるキャンプ場と、さまざまなキャンプの楽しみかたについて紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。大阪には、キャンプ場が少ないように思えますが、意外とさまざまなところにキャンプ場があります。また、キャンプの形式もさまざまで、いろいろなキャンプの楽しみかたがあります。

日帰りでキャンプを楽しみたい人、宿泊をしてキャンプを楽しみたい人、テントを張ることが面倒だけどキャンプをしたい人など、その人その人の目的やスタイルに合ったキャンプ場を見つけることで、初めて行くキャンプ場でも、存分に楽しむことができます。上手に自分に合ったキャンプ場を利用して、キャンプを楽しみましょう。

category

記事カテゴリー