独身男性におすすめなハッチバック特集。好みの車を見つけよう

独身男性におすすめなハッチバック特集。好みの車を見つけよう

CAR / MOTORCYCLE 2018.02.27

Share :

ハッチバックの特徴

後部のドアが上に向かって開くタイプの車

ハッチバックの車は、セダンのように、エンジンルーム、居住スペース、トランクルームと3つの空間に分かれた3BOXタイプの形状から、トランクルームと居住スペースを一体化し、跳ね上げ式のドアでも開閉するようになっています。

全長が比較的短い車が多い

全長を1550mmを基準として1550mm以下でセダンのトランクルームを切り落としたものをハッチバックとも呼びます。全長が短く、または車高が低いなどの特徴も。セダンと違い全長が短い分、後ろの座席を倒すことで、荷室スペースを広げることが可能です。

反面問題点もある

全長が短いため、男女問わず運転がしやすいといえます。しかし、実用性に優れていますが、後部座席と荷室との間に仕切りがないため、後部から追突された場合などに耐性が低いという問題点も。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

 

車 ハッチバック

ハッチバックの魅力とは?

後方確認がしやすく運転しやすい

ハッチバックのタイプは、後方確認がしやすいという利点があります。セダンと違い、トランクルームがなく全長が短い特徴なので、バックミラーに映るのと同じ距離のため、後ろの見切りが非常によく、全長の長さを考えずに済むことができます。

また、駐車した際も後ろの長さを考えなくて済み、後方確認が非常にしやすいためバックミラーやサイドミラーを確認をすればうまく駐車ができます。そのため、運転になれていない方や運転が苦手な方にもおすすめ。

大容量の収納スペース

荷室と居住空間をフレキシブルに利用できるので、大きな荷物や長い荷物を乗せることができます。例えば夏は海でサーフィンをする方やゴルフをする方、秋にはキャンプをする方など大きな荷物を入れるに困らないのも魅力の1つといえます。

また、後ろの座席を倒すことで、荷室スペースを広げ、さらに多くの荷物を乗せられるようになっているタイプも。用途に合わせて収納スペースを変えれることができるため、実用性が非常に高いのが人気の一つです。

荷物の積み下ろしが楽

ハッチバックはトランクと違って、車を停車しなくても荷物をとることが可能です。そのため、わざわざハザードをつけたり、トランクルームに行くまでのの手間を省くことができます。

また、座席の真後ろにすぐトランクがあることから、後部座席を倒してトランクを広く確保したりするなど、柔軟に対応できるポイントの1つです。

多岐にわたる使い勝手

乗車スペースとトランクが一体化しているのが一番の特徴。セダンなど一般的な車種では、乗車スペースとトランクが分かれており、場合によってはつめない荷物も出てきます。

そのため、跳ね上げ式のドアで開閉したりすることで荷物を乗せれるように実用性の高めたボディタイプといえます。使い勝手の良さから、年齢層、性別問わず人気のタイプです。

維持費がリーズナブル

ハッチバックは排気量が1.0~1.5L以下または1.5~2.0Lが多く、コンパクト~ミドルサイズの大きさです。そのため、低排気量で車体重量も軽いものが多いといえます。また、車重が軽く、燃費の良いハッチバックはガソリン代も1回につき5000円以下で満タンにすることが可能です。

その他かかる税金も軽自動車に比べるとやはり値段は高くなりますが、ハッチバックは乗用車の中でも排気量も少なく、目安として1年間で40万円ほどの維持費となります。

ほかの乗用車は、少しでも排気量が多くなるとガソリン代も増えるため、3.0~3.5L以下の排気量は年間60万円、6.0Lの排気量となると70万円となっています。

さまざまなタイプのハッチバック

プレミアム感のある高級ハッチバック

独身男性はやはり女性にモテたいものです。基本的に車は大きいサイズになるとその分値段も上がります。アウトドアの趣味を持ち、女性にモテる車と言えば、一度は持ってみたい高級車に目が行きます。

高いブランド力があり、少し頑張れば手が届く自動車は「輸入車の中でもメルセデスベンツ、BMW、国産車はレクサス」になります。

メルセデスベンツはAクラスは298万円~、BMW1シリーズは298万円~、レクサスCTは340万円~となっており、内装や外装、セーフティ面でもプレミアム感があります。

スポーティーに楽しめるホットハッチ

ホットハッチは一般的にコンパクトでスポーティな走りに特化したモデルをいい、欧米市場を中心に人気があります。ベース車は比較的安価な大衆車が使用されており、スポーツカーよりも安価で走りの性能やスペックがスポーツカー級のモデルと言っていいでしょう。

また、ホットハッチはミドルサイズのハッチバックよりも比較的コンパクトな車を指すことが多いです。日本ではあまりなじみないですが、車好きは目を引く車といえるでしょう。

具体的な車種

輸入車であれば、アウディS1やMINIジョンクーパーワークス、国産車であれば、スズキのアルトワークスやスイフトスポーツが代表的です。

ホットハッチは、必要以上のパワーを発揮してドライバーの意のままに加速して、コーナリングを楽しむことができます。

小回りでおすすめコンパクトハッチバック

コンパクトハッチバックは特に狭い道や交通量の多い道路でも小回りがきくため、運転がしやすいといった特徴があります。中でもトランクがない分、車間距離もイメージをできやすく運転しずらい車種のものとは大きく違いがあります。

代表として、日産ノートやトヨタアクアが挙げられます。どちらも経済的かつ低燃費、運転のしやすさから幅広い年齢層から高く支持をされています。

燃費や環境性能に優れるハイブリッドタイプ

燃費や環境性能など気にかけている日本。中でも注目されているのがハイブリットカーです。電気自動車や水素自動車も近年発売されていますが、やはり一番なじみがあり人気といえばハイブリット車といえます。

ハイブリットタイプの人気車種

中でも「アクア」は、プリウスより一回り小さな車を求めていた人たちに良く受け、一時期国内の月間辰砂販売1位にもなりました。燃費は45km/lを超える新型アクアも特に注目です。

また、高級車と呼ばれるレクサスCTも人気。ハイブリット専用車で、日本で販売に先駆けてヨーロッパでも販売されていました。国内では輸入車ハッチバックの大綱ができる存在です。

人気のおすすめ国産ハッチバック

日産 ノート

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/note.html

日産ノートは日産が特に注力しているコンパクトハイブリッドカーの1つで、幅広い年齢層に支持されている車種。特に人気の理由は、親しみやすいデザインや豊富なカラーバリエーション、コンパクトでありながら広々とした内装となっています。

また、経済的でエコカーの代表ともいえます。ガソリンを使うエンジンは発電のみで走行し、走行は電気のみで行うハイブリットシステムも導入しています。

トヨタ アクア

http://toyota.jp/aqua/

アクアはコンパクトハイブリッドカーとしてスマートアクティブなデザインから注目を浴びています。若年層問わず人気で、カラーデザインの豊富さやカスタマイズできるため、世界で自分だけのデザインを作ることも可能。

またマイナーチェンジを行ったことにより、効率アップを目指してハイブリットシステムの見直しを実行しています。パワートレインは1.5Lのままでハイブリットシステムも変更がなく、エンジン性能の向上とハイブリットシステムの制御により、JC08モード燃費もトップを維持しています。

ホンダ フィット

http://www.honda.co.jp/Fit/

ホンダのフィットは2001年から販売されており、現行モデルは3代目になります。初代発売以来、ホンダ独創のセンタータンクレイアウト(燃料タンクがボディ中心の位置)と搭載しています。

そのことから、コンパクトなボディでありながら、広い室内空間と優れた使い勝手を両立し、さらに低燃費ハイブリッドを追加したことで、幅広い層に支持をされています。

スバル インプレッサスポーツ

https://www.subaru.jp/impreza/impreza/

インプレッサはセダンというイメージがあるかもしれません。しかし、ハンドリングを中心に走行性能が見直され、自転車ほどの大きな荷物を軽々つめるといった実用性を兼ねそろえたハッチバックタイプ「スポーティーモデル」が登場しました。

人気の秘密

スバル車走行性や快適性を追求する技術力があり、定評もあります。そのため、抜群の機能性が優れているといえます。

ステレオカメラにより実現した、5つの機能を備えた運転支援システム「アイサイト」。センサーとして使うカメラの映像をカラー化して先行者のブレーキが点灯したことも検知します。また、後退時自動ブレーキシステムも導入されたことにより、渋滞時やうっかりミスで起こる事故も防ぐことが可能。

スバルは衝突安全性が極めて高く、頑丈なことでも評価されており、ボクサーエンジンによる重心は低いためコーナーでの安心感が高いといえます。山道や峠でも楽しく運転できるため、アウトドアが好きな方にはもってこいの車といえるでしょう。

マツダ アクセラスポーツ

http://www.mazda.co.jp/cars/axela/

マツダは「人馬一体」というコンセプトの元、新車開発に特に力を入れているブランド。そのため、走行性に非常に優れた車であり、スポーティかつコンパクトカーなのに強い力が可能なアクセラスポーツです。

アクセラの特徴

・高速で力強い走りが期待できるクリーンディーゼルエンジンを搭載
このエンジンはディーゼルエンジンの騒音の原因であるノック音を抑えており、力強いのに静かな走りを実現しています。

・輸入車に負けない高級感ある内装
モニターもスマートでかっこよく、シフトレバーの隣になるコマンダーを回すだけで操作可能。さらに、運転席前方にあるディスプレイには、前方の車との距離間あナビゲーションのルート誘導が表示されます。

他にも電動パワーステアリング制御やGベクタリングコントロールといった運転のしやすさも期待できます。価格も200万円前後なのでおすすめです。

レクサス CT200h

https://lexus.jp/models/ct/

トヨタの高級ブランドで海外でも人気の高いレクサスブランド。中でもCTはプレミアムコンパクトカーとして人気を得ています。また、最近ではマイナーチェンジをしました。ハイブリッドシステムでありながら、価格は360万円とレクサスの中でも購入のしやすさや運転のしやすさは一目瞭然。

レクサスのほとんどの車種が「スピンドルグリル」になっており、それがレクサスの特徴ともいえます。このスピンドルグリルは構造が縦方向に少しずつ変化するメッシュを持つようになっており、スポーティさやグリルメッシュの金属調に仕上げて華やかな上質さも演出。

レクサスは細やかな匠の技がひとつひとつに兼ねそろえられています。また、おもてなしを特に強化していています。ホテルにきたようにくつろげるショールームになっており、車も高級且つ乗る人に合わせた細やかなおもてなしも。国産車で高級車に乗りたいかたは必見です。

おすすめの人気外車ハッチバック

フォルクスワーゲン ゴルフ

http://www.volkswagen.co.jp/ja/models/golf.html

Cセグメントハッチバックとして日本では1975年から販売されています。フォルクスワーゲンといったら「ゴルフ」が初めに頭に浮かぶくらい知名度は高いといえます。また、2013年には生産台数が3000万台を到着して高い認知度で輸入車の代表といえるでしょう。

2012年にフルモデルチェンジになり、スポーティな印象を受けます。グレードも3つあり、値段も300万円から400万円とリーズナブル。

ハッチバックのほかにミニバンやステーションワゴンと車種も豊富なフォルクスワーゲン。全国に多数の正規店もあり、修理なども手早く迅速な対応をしてくれます。国産に飽きてしまい、輸入車で希望をかなえてくれるのはこの車かもしれませんよ。

BMW MINI

https://www.mini.jp/ja_JP/home.html

BMWのMINIはプレミアムコンパクトカーとして人気の輸入車となっています。他メーカーと比べると女性に人気がダントツ高いですが、このMINIはAT車のほかにMT車もあり、男性からも人気があります。

また、MINIにもONE、クーパークーパーSと種類があり、240万円から330万円と値段もリーズナブルな価格といえます。

この車の最大の武器は「走行性能が高い」ということです。MINIに詳しくない方が試乗しても意外にパワーがあると印象を受け、コンパクトなのにパワフルかつ爽快に走ることができます。コンパクトな見た目ですが、ゆったりとした室内空間も人気に一つ。

人気のカラーリングの多さやルーフカラーを選ぶことができます。おしゃれ好きな方は決めるのに時間がかかってしまうかもしれないくらい豊富で迷ってしまいそうですね。デザインの良さはもちろん乗るとさらに楽しめる車となっています。

フィアット 500

http://www.fiat-auto.co.jp/500/

おしゃれでかわいいデザイン性でイタリア生まれのフィアット。丸目のヘッドランプに丸いボディラインは、国産車ではあまりないデザインといえます。ディテールも優れており、コンパクトなボディサイズから運転しやすいと評判な車です。

イタリアの車なため、故障や事故を起こした際の部品の心配される方もいるかと思います。しかし、日本でも販売台数は多く、パーツも他メーカーに比べれば安価なため、必要以上に心配することなく運転できます。

機能性抜群のハッチバックでお気に入りの趣味を楽しもう

国産車、輸入車どちらも興味をひく車は沢山あります。また、ハッチバックは人気が高く実用性にも優れており、維持費もかからないため、自分の身だしなみなどにも手はかけられます。自分の趣味に合い、かつ自分好みの車に出会えると、さらに趣味を楽しむことができそうですね。

category

記事カテゴリー