【朝礼ネタは何を話せばいい?】使えるネタと考えるときのポイント

【朝礼ネタは何を話せばいい?】使えるネタと考えるときのポイント

BUSINESS 2018.02.27

Share :

朝礼で何か話さなければいけない、そんなとき話題がなくて困っているという方は多いのではないでしょうか。

簡単に見えて、意外に難しいのが朝礼ネタです。今回は、朝礼ネタを考える手助けになる情報を共有していきましょう。

朝礼ネタを考えるときのポイント

自分の業種に関わる話をする

朝礼は、その日1日の仕事へのモチベーションをあげる大切な時間です。朝礼ネタになるからといって、仕事にあまり関係のない話をしてしまったり、仕事に活かせない話をしては、大切な時間がもったいないです。朝礼の話が、その日の仕事に活きたと思えることが理想です。

そのため、朝礼ネタは、自分の業種に関わる範囲から選ぶとよいでしょう。自分の仕事に関わる話だと、社員も興味を持ちやすいですし、仕事へのモチベーションアップにもつながります。

季節に合った話をする

朝礼ネタには、季節感のある話題もぴったりです。その季節に合わせた会社内の動きや、世の中の動き、話題のニュースなどを取り入れてもよいでしょう。季節の話題は身近に感じやすく、話題性があります。

逆に、季節にそぐわない話をしてしまうと、聞いている人にはどこか現実味がなく、心に残らない話になってしまいます。夏なのに、冬の話をしては遠すぎて意味がありません。自分の話が季節感にあっているか、現実感をもって聞ける話題かを、確認するとよいでしょう。

ビジネス書や自己啓発本を読む

朝礼のネタは、待っているだけでは入ってこないので、自分で情報を仕入れていく必要があります。そこで、ぜひ活用したいのが、ビジネス書や自己啓発本です。ビジネス書や自己啓発本には、すぐ仕事に活きてくるようなアドバイスが載っていることもあります。

自己啓発本やビジネス書から、ためになる話やアドバイスを朝礼ネタにすると、聞いている人にとっても、有意義な朝礼となることでしょう。そのためには、日ごろから本を読むくせをつけておくとよいです。普段から読書をすることは、朝礼のネタになるだけでなく、自分にとってもメリットがあるでしょう。

時事問題や時事ニュースをこまめにチェック

新聞やネットのまとめサイトで、時事問題や時事ニュースをこまめにチェックしておくと、朝礼のネタとして使うことができます。新聞やネットでは、常に最新の時事情報を確認できますね。時事ネタは聞いている人にも身近なネタなので、朝礼で話題にするのにぴったりです。

また、時事ニュースを追えていなかった社員にとっては、それをフォローすることにもつながるので、ぜひ取り上げてみましょう。朝礼ネタのためだけでなく、ビジネスにおいて、常に最新のネタに触れておくことはとても大切です。

TwitterなどのSNSを活用する

トレンドを意識したネタを話したいときには、TwitterやInstagramなどのSNSを活用していみましょう。SNSでは、最新のトレンド情報が盛りだくさんです。特に、若い世代の社員が多い場合や、若い世代向けのビジネスをしているときには、欠かさずチェックすると話のネタになります。

また、SNSで流れてくる情報は、内容が重いというよりは、短時間で簡単に話せる内容が多いので、短い時間で済ませたい朝礼のネタとしてもマッチします。固い内容の話が多いと感じているときにも、トレンド情報を取り入れてみるとよいかもしれませんね。

健康にかかわる雑学を勉強する

健康に関わることは、誰もが気になる情報です。健康に関わる雑学を勉強することで、その雑学を朝礼のネタにすることができます。テレビやネット上でも、健康に関する情報はとても話題性があります。

それぞれの仕事スタイルに関わることや、最近社内で話題の情報などとからめると、すぐに使える雑学になるのでさらによいでしょう。健康に関わる雑学は、日々新しいものが出てきているので、インターネットや本でチェックしておくとよいですね。

本 ネタ

朝礼でスピーチするときの注意点

個人に関わることはネタにしない

朝礼で個人に関わることは、ネタにしないように注意しましょう。個人の失敗や成功をネタにしてしまうと、ネタにされた個人が不快な気分になってしまったり、またある特定の人にとっては、仕事へのモチベーションを下げることにつながってしまうかもしれません。

したがって、朝礼で話すネタは、全員が関わるような話題を選ぶようにするとよいでしょう。

意見を押し付けるような説教はしない

タメになる話をしたいばかりに、意見を押し付けるような説教を朝礼ですることはよくありません。自分の話した内容や考えが、100%正しいというわけではないことは、朝礼のネタでも一緒です。あくまでこのような意見がある、またはこのような考え方があるといった、情報提供での意味合いを意識しましょう。

押しつけがましいものになると、朝から仕事へのモチベーションが下がってしまうことにもつながりかねないので、注意が必要でしょう。

長々と時間をかけない

朝礼は、一日のモチベーションを高め、仕事へと頭を切り替えるために行うことが多いです。そのため、だらけてしまうような話を、長々と続けることはよくありません。小ネタも複雑なものではなく、簡単に理解できるものを短く、簡潔に話しましょう。

また、朝の貴重な時間を、朝礼に割いているという意識を忘れてはいけません。それは話している自分にとっても、聞いている人にとっても同様です。朝礼が終わったら、すぐに仕事に取りかかりたくなるような、メリハリのある朝礼にしましょう。

声量や表情に気をつける

朝礼では、1日を気持ちよくスタートさせるため、話し方にもこだわりましょう。大きな声で、笑顔ではきはきと話すことで、明るい印象を与えることができます。もごもごと話してしまったり、表情が暗かったりすると、その日1日も暗く過ごしてしまうことになりかねません。

少しオーバーなくらいの笑顔で、今日もがんばるぞ、といった気持ちを伝えましょう。どんなに有意義な話をしていたとしても、声が小さかったり、笑顔がなかったりしたら逆効果になってしまいます。

朝礼後 コーヒーブレイク

朝礼ネタの参考におすすめのまとめサイト

ネタのコンビニ

ネタのコンビニ

URL:http://netacon.net/

ネタのコンビニは、すぐに朝礼ネタやスピーチネタを集められる便利サイトです。雑学や豆知識が豊富で、ネタのコンビニを使えば、ネタがないと困ることもなくなるでしょう。

ネタのコンビニでは、季節やその月に合わせたネタを紹介してくれます。簡単な雑学から、スピーチの例文まで探せるので、困ったというときにはぜひのぞいてみてはいかがでしょうか。

朝礼ネタ・一言テンプレート

朝礼ネタ・一言テンプレート

URL:http://template366.com/

朝礼ネタ・一言テンプレートの魅力は、ネタが毎日更新されているところです。毎日、今日は何の日や、今日の朝礼ネタをいった形で情報が提供されています。

毎日の小ネタ以外にも、偉人のことばやことわざなど、心に響く言葉も並んでいるので、ネタには困らないでしょう。また、朝礼ネタだけでなく、朝礼の心得やポイント、覚えておきたいビジネスマナーは、誰もが参考にできますね。朝礼のネタを探しつつ、タメになる情報も得ることができる、そんなサイトです。

朝礼のネタ「アサネタ」

朝礼のネタ「アサネタ」

URL:http://asaneta.seesaa.net/

朝礼のネタ「アサネタ」はなんといっても、その話題のネタの豊富さが魅力。毎日更新される旬のネタは、時事問題などとからめて話すことができるようになっています。

また、話したい内容を補足するネタを、検索機能から探すこともできるので便利です。ネタの幅も広く、社会ニュースはもちろん、経済ニュース、IT関連ニュース、海外ニュースなども取り上げられています。

過去の情報も過去ログからさかのぼることができるので、1年前の今日など、過去にさかのぼってネタを探してみても、おもしろいかもしれません。

仕事術ネタの宝庫U-NOTE

仕事術ネタの宝庫U-NOTE

URL:http://u-note.me/note/47493365

仕事術ネタの宝庫U-NOTEは、朝礼ネタはもちろん、ビジネスのノウハウを広く紹介するサイトです。ビジネスに関わるネタはもちろん、本やライフスタイル、メンズファッションといった情報は、一気に確認することができます。

ライフスタイルやファッションなど、朝礼ネタにはなりづらいかなと思うようなトピックも、日ごろから触れておくと話題づくりになります。実は、よく知らなかったビジネスマナーなども紹介されているので、朝礼ネタだけでなく、普段の仕事に生かせることでしょう。

本のカテゴリーでは、気になる最新のビジネス書や自己啓発本、知識本が紹介されているので、そこから朝礼ネタを得ることもできますね。

朝礼ネタ

ネタを見つけたらこまめにメモしておこう

朝礼ネタは短くインパクトのある話を選べば、スムーズにその日の業務に入れます。意外と普段生活している中で、朝礼のネタになりそうなものはあるのです。

しかし、それに気づけていなかったり、いざネタを考えるときには忘れていたりします。気になったことがあったり、ネタを見つけたりしたら、すかさずメモをとるようにしておくとよいですね。メモを見返すだけで、朝礼ネタがたくさんでてくる、それが理想です。

ぜひ、さまざまな方法を使って情報を集め、朝礼ネタにはもちろん、普段の仕事にも生かしていってください。

category

記事カテゴリー