「日産のスポーツカーの魅力」個性的かつ圧倒的な存在感で魅了する

「日産のスポーツカーの魅力」個性的かつ圧倒的な存在感で魅了する

CAR / MOTORCYCLE 2018.02.27

Share :

景気回復とともに、実用的な車を選択するのではなく、より趣味嗜好が強い車の人気が復活してきています。そんな流れの中で、男性の憧れの象徴であった「スポーツカー」を選択する人も増えてきました。

今回は、国内各メーカーの中で圧倒的な存在感を放つ、日産自動車のスポーツカーの魅力に迫ります。

日産のスポーツカーGT-Rの魅力

アグレッシブな外観のデザイン

日産を代表するスポーツカーがGT-Rです。または、日本を代表するスポーツカーといってもいい程の唯一無二の存在感を持っています。「いつかはGT-Rに乗りたい」といった憧れを持っている方も多いと思います。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

最新モデルは、その代名詞である丸目4灯のブレーキを踏襲しつつ、今までにないアグレッシブな外観のデザインで、まさにこれぞ「GT-R」といった外観となっています。

バランスのよいフォルム

GT-Rの魅力でもあるその外観ですが、ただデザイン性を重視しただけではなく、さまざまな性能を発揮するために、日産の技術を結集したものになっています。流れるようなフォルムは空気抵抗を抑え、スムーズな加速と高速性能を発揮。

空気力学に基づいたデザインは、コーナリングや高速走行時に最適なダウンフォースをもたらし、走行安定性能を向上させることに成功。さらに、グリルとバンパーの開口部を拡大したことで、冷却性能を向上させています。空気抵抗、ダウンフォース、冷却性能の三つの要素を、非常に高い次元でバランスさせたフォルムになっています。

高級本革のコックピット

さらにGT-Rを魅力的にしているのが、高級本革をふんだんに使ったコックピットです。ハンドルやシートに、高級本革であるナッパレザーを一枚使いしているため、運転席は非常に高級感溢れる造りになっています。

また、こちらは職人の手によってひとつひとつ丁寧に仕上げられています。こういった細部にこだわったところも、GT-Rの魅力のひとつといえるでしょう。

圧倒的な速さ

GT-Rの最高速度は、なんと300km以上にもなります。3.8リッター、V6ツインターボというとてつもないエンジンを搭載。空気力学に基づいたフォルム。高い剛性を持ち、操作性をより一層向上させてくれるボディ。また、レーシングモードや街乗りといった切り替えが可能な、高性能なトランスミッションなど。さまざまな要素が重なり、国内随一の走行性能を生み出しています。

長距離ドライブにおいて発揮する、高いパフォーマンスとラグジュアリー性をあわせもつ、グランドツーリング性能と、日産のレーシングテクノロジーの融合が生み出す圧倒的な速さは、ほかの国産車の追随を許しません。

【画像ページhttps://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/z.html】

日産のスポーツカーフェアレディZの新車情報

宝石のような質感のボディカラーが登場

日産自動車のスポーツカー部門で、GT-Rと双璧をなすのがフェアレディZです。1969年の発売以降、多くのファンを魅了し続けています。流線的なフォルムが特徴的なスポーツカーで、「Z」の愛称でおなじみです。

このたび、2017年7月に9年ぶりにフルモデルチェンジして、新型フェアレディZが発売されました。ファンにとっては、待ちに待ったといったところでしょうか。「すべては走りのために」というコンセプトのもと、走行性能からインテリア、外観デザインに至るまですべてがバージョンアップされ、ボディカラーも新色が追加されました。

今回新色として追加されたのが、カーマインレッドです。発色の鮮やかさは、見る角度で色が大きく変化する、まるで宝石のようなラグジュアリーな魅了を持っています。妖艶な美しさを持つフェアレディZには、ぴったりなボディカラーです。

車体の軽量化と剛性化を両立

スポーツカーにとって、車の重さと剛性といったボディバランスは、非常に重要なファクターです。今回のモデルチェンジで、エンジンの軽量化やボディパーツの見直しをはかり、車体の軽量化と剛性化を両立させることに成功しています。そのため、結果として本来のパフォーマンスを余すことなく発揮するこを可能としています。

通常車体の剛性をあげようとすると、ボディに使用している鉄板を厚くする必要があります。しかし、そうすることで、車体が重くなってしまうというジレンマに陥ってしまいます。しかし、車体構造の大幅な改良に加えて、エンジンフードやドアパネル、バックドアといった部分にアルミ合金を採用し。車体の軽量化と剛性化を見事に両立させました。

スピーディなシフトダウンを実現

シンクロレブコントロール付6速MTを採用し、より直感的なシフトコントロールを実現。エンジンの回転数を的確に合わせてくれ、スピーディなシフトダウンを可能としてくれます。一定の技量を必要とせず、走りを操る感覚を手に入れることができます。

スムーズなシフトダウンを行うためには、変速時のショックをなくすため、下のギアに回転数を合わせなくてはなりません。この場合は、クラッチを切るタイミングや、アクセルワークが必要になりますが、誰にでも簡単に習得できるものではありません。

しかし、誰にでも思うがままに、スピーディーなシフトダウンができ、車体をコントロールすることを可能としてくれるのが、新型フェアレディZに搭載されたシンクロレブコントロール付6速MTです。

利便性に優れた装備

日産独自のサービスである、カーウイングスナビゲーションシステムを採用。自分の携帯電話とナビをBluetoothで接続させることで、オペレータからサポートを受けることができたり、ネットワークを使うことで、常に最新の情報を取得し、最適なナビゲーションが可能となっています。

利便性に優れ、運転をより快適で楽しいものにしてくれます。スポーティーな乗り味と利便性の両立が、新型フェアレディZの魅力です。

 

【画像ページhttp://www.nissan.co.jp/MUSEUM/SILVIA/S15/g_1.html】

日産スポーツカーの歴代人気車種一覧

パワフルで軽快なシルビア

残念ながら、現在では生産中止となってしまいましたが、スポーツカーファンの間では、根強い人気を保っているのがシルビアです。後輪駆動のFR車であることから、レーシーな操作性が人気で、販売当時はトヨタ86と人気を二分していました。

シルビアに搭載されているSR20DETエンジンは、ターボを搭載しているため、直列4気筒16バルブのガソリンエンジンであるSRシリーズの中で、最も高出力なエンジンです。高出力なエンジンを搭載しているだけでなく車体も軽いので、パワフルで軽快な走りがシルビアの一番の魅力です。

コンパクトなスカイライン

歴代スカイラインの中で最もインパクトのあったのは、1989年にデビューした8代目のR32スカイラインではないでしょうか。高級志向で、やや大きめだったR31にかわり、運動性能追求のためにコンパクトになり、スカイライン本来の走りを追求したモデルとして、爆発的な人気となりました。

またGT-Rを復活させたのも、R32モデルでした。デビューから25年以上経過して現在でも、中古車市場で根強い人気を持っています。

シルビアの姉妹車である180SX

S13型シルビアの国外輸出用の北米向け240SXをベースとして開発されたのが180SXです。ワンエイティの愛称で呼ばれることが多いですね。姉妹車のS13シルビアはノッチバック車ですが、対抗する形で180SXは、ハッチバックが採用されています。エンジンや足回りなどの基本構造は、シルビアと同じでした。

ボディパーツがシルビアと互換性があったので、フロント部分がシルビアでリア部分が180SXの「シルエイティ」や、その反対の「ワンシル」などにカスタムする人もいました。

グランドツーリングカーのスカイラインクーペ

グランドツーリングとは大旅行のことで、読んで字のごとくです。車でいえば、長距離を高速で、快適なドライブを可能とした性能を持つ車ということになります。

スカイラインクーペは、日産が誇るグランドツーリングカーです。高級感あふれるデザイン、上質なコックピット。大旅行を快適にしてくれる要素はたくさんありますが、なんといっても一番の立役者は、新開発のエンジンに搭載された新機構である「VVEL」です。

「VVEL」は、アクセルのふみ具合やエンジンの回転数など、そのときの状況に合わせて吸気バルブの動きを制御し、本来のパフォーマンスをそのときの状況に合わせて、発揮できるようにした画期的なものです。

【画像ページhttps://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/skyline/exterior_interior.html】

日産のスポーツカーを中古で手に入れる方法

NISSANの中古車サイトを活用する

日産のスポーツカーの購入を検討されている方も多いと思いますが、「GT-Rに乗りたいけど、予算が…」「あの車が欲しいけど生産中止なんだよな…」など、さまざまな問題があると思います。

そんな人のために、日産自動車のホームページには中古車サイトがあり、車種別やタイプで、全国の中古車が検索できるようになっています。購入を検討されている方は、一度覗いてみてはいかがでしょうか。

中古販売店の情報をチェックする

日産公式ページの中古車サイトは、全国の日産販売店における中古車情報になりますので、探している車が見つからない可能性もあります。そのため、こまめにほかの中古車情報もチェックすることをオススメします。人気車種は、すぐに売り切れてしまうのです。

高年式・低走行の車が見つかるかもしれませんし、スカイラインやシルビアなどの人気車種は、専門店もありますので、雑誌や中古車情報サイトで検索してみてはいかがでしょうか。

 

【画像ページhttps://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/z/exterior_interior.html】

自分好みの日産スポーツカーを見つけよう

日産のスポーツカーには、独特の魅力があります。走りを重視するのか、快適なドライブがしたいのか、自分がどういうカーライフを送りたいのかをじっくりと考えて、自分にあった好みのスポーツカーを見つけてください。

 

 

category

記事カテゴリー