頭が悪い人とはどんな人か?その特徴を把握して評価を変えよう

頭が悪い人とはどんな人か?その特徴を把握して評価を変えよう

BUSINESS 2018.02.27

Share :

頭が悪い、そういわれて悩んではいませんか。頭が悪いと思われる人には、そう思われやすい特徴があります。特徴を把握した上で、そんな風に思われる評価を変えていきましょう。評価を変える方法は、毎日の仕事で取り入れられる簡単なものばかりです。

頭が悪いと評価される人の特徴

常に人に頼る

頭が悪い人の特徴として、常に人に頼ってしまうことがあげられます。仕事でわからないことがあったときに、人に頼ることは決して悪いことではありません。しかし、常に人に頼ってしまうと、自分では何もできない人だと思われ、頭が悪いといわれてしまいます。

わからないことがあった場合には、自分で考えた上で上司や同僚に相談したり、指示を仰ぐようにしましょう。そして、わからないことがあったからと人に頼るのではなく、人に助けを借りた上で、自力で仕事を進めていく能力をつける必要があります。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

常に人に頼る癖がついてしまっている人は、自分でやり遂げるという意思を強く持って、仕事に向き合うことが重要です。

主観的な判断ばかりする

主観的な判断ばかりする人は、頭が悪いと思われがちです。仕事においては、主観的な判断よりも、客観的な判断が求められる場面が多いです。また、自我を通そうとする人も、主観的な判断に陥りやすく、頭が悪いと思われる可能性があります。

まずは「こうだ」と決めこんでしまう前に、客観的な視点を持って考えてみてもその通りであるのか、振り返る癖をつけましょう。また、客観的な判断をした場合には、自分の考えよりも、相手の考えの方がより適切である場合もあるでしょう。その場合には、自分の意見にこだわらずに、最適なものを選択する柔軟性も重要です。

話に論理性がない

話に論理性がないと、相手に明確な意図が伝わらず、頭が悪い人だと思われてしまいます。自分では、意味があると思って話していたことでも、無駄話だと思われて、取り合ってもらえないこともあるでしょう。また、相手に意図が正確に伝わらずに、間違った解釈をされてしまう場合もあります。

話に論理性がない人は、根拠のない決定を下しがちです。決定までのプロセスが乱雑になってしまったり、それを論理的に組み立てられないので、決定したことに根拠が薄くなります。話をするときには、論理立てて話すこと、そして常に論理的に成り立っているか、根拠は十分であるかを意識するとよいでしょう。

何度も同じ間違いをする

何度も同じ間違いをする、失敗から学べないことは、頭が悪い人の特徴です。頭が良い人であれば、一度失敗したことから学びを得て、同じ間違いは繰り返さないようにします。何度も同じ間違いを繰り返すということは、失敗したことを記憶していない、もしくは、十分に反省がされていないのだということができます。

何度も同じ間違いをしてしまいがちな人は、間違いをしてしまったときに、どうしてそのような間違いが起こったのかを、よく考える癖をつけましょう。どうしてそれが起こったのか、起こらないためにはどのようにすればよかったのかを考え、次の仕事に生かしていくとよいでしょう。

考えるよりも行動が先

頭が悪い人の特徴のひとつとして、考えるよりも行動が先であるということがあげられます。考えるよりも行動が先である人は、論理性や客観性よりも、主観的な判断を軸として動いていることが多いからです。十分に考えずに行動を起こしていまうことで、効率が悪くなってしまい、問題が一度に解決できないという事態に陥りやすいです。

これらの影響で仕事が増えてしまい、仕事が遅いと思われることも多くなるでしょう。一番ベストなことは、考えを元に即座に行動に移すことです。一つ一つの仕事にどのような意味があるのか、それを行動に移すと、どのようなことが次に必要になるのか、周りへの対応はどうすべきなのかなど、全体を振り返って考える癖をつけるとよいでしょう。

わかりやすい嘘をつく

わかりやすい嘘をつく人は、その場しのぎの発言が多く、十分に考えていないと思われ、頭が悪いといわれてしまいます。窮地に陥ってしまったからといって、わかりやすい嘘をついてしのいでいれば、より自分の状況を悪くさせてしまいます。

決して良い結果でなくても、正直に報告をしたり、わからないところはしっかりと尋ねるなど、誠実な態度を見せることが必要です。わかりやすい嘘をつくことは、頭が悪いと思われてしまうだけでなく、信頼関係を壊してしまうことにもつながるので、十分注意しましょう。

反省しない

頭が悪い人は、しっかりと反省をしない傾向が強いです。一方、頭がよい人はしっかりと反省をし、次の仕事に生かすことが多いでしょう。反省とは、失敗に対するものだけでなく、成功した事案についても当てはまります。

良い結果であっても悪い結果であっても、なぜそのようになったのかを反省することで、その結果が次の仕事へと生きてきます。頭が悪い人は、その結果のみに一喜一憂してしまいがちで、次へとつなげることができません。仕事の小さな節目ごとに、反省をする癖をつけると、同じ失敗を繰り返さないようになるとともに、よい結果を引き継ぐことができるでしょう。

自分のことしか考えない

自分のことしか考えていない人は、周囲が見えていなく、頭が悪い印象を与えてしまいます。仕事は、チームで行うことが多いですが、自分のことしか考えていないと、最善の結果を導くことはできません。また、周囲への気配りができていないと、周りが見えていない人、頭が悪い人というレッテルを張られてしまうことになります。

自分のことばかりが気にかかってしまう人は、意識的に周囲の状況を確認することを、意識しておくとよいでしょう。逆に、周囲のことを意識していると、気がよく周る人だと思われ、良い印象を与えることができます。

想定外の事に対応できない

頭がよい人は、常にさまざまな事態を想定しながら行動しているため、想定外のことにも迅速に対応することができます。一方、頭が悪い人は現状精一杯になってしまい、想定外のことに対応ができない傾向があります。想定外のことに対応ができないと、頭の回転が悪い人だと思われてしまいがちです。

思ってもみなかった事態がおきたときの対応が苦手だと感じる人は、事前にそうしたことを想像しておくようにするとといでしょう。自分の中でシミュレーションができていると、想定外の事態にもあせらずに対応ができるようになります。

頭が悪いとの評価を変えるには

メモを取る癖をつける

頭が悪い人がその評価を変えるために、すぐにでもできることは、メモを取る癖をつけることです。頭が悪い人は、自分の記憶能力を過信してしまっている場合や、言われたことを聞き流してしまっている可能性が高く、そのために、失敗を繰り返していることが考えられます。

それを避けるためには、言われたことは即座にメモに残し、いつでも確認できる状態をつくることが大切です。また、言われたことをメモに起こすだけで、一気に理解が深まることもあります。メモを取ることは、癖さえつければ誰にでもできるので、意識して取り組みましょう。

周りの意見を素直に聞く

頭の悪い人は、自分の意見にこだわりすぎてしまっていることが多いです。それを改善するためには、周りの意見を素直に聞く態度を身に着けましょう。自分に対する批判であっても、それは客観的にみれば、改善点となりえます。

回りの意見を素直に聞き、改善点を自覚すること、そしてその改善点を実際に直していくことで、成長できる人と印象づけることができるでしょう。自我にこだわりすぎない、柔軟な心を持つことがなによりも大切です。

先入観を捨て前向きに考える

頭が悪い人と言われていることは、それを真に受けて、自分は頭が悪いのだと後ろ向きに考えている場合があります。頭が悪い人だという評価を変えるためには、その先入観を捨て、前向きに考えることが大切です。頭が悪い、頭が良いということは、実際の頭の良さよりも、その人の印象によって決まってしまう場合もまります。

そのため、メモを取る癖をつける、周りの意見を素直に聞くといったことを意識しながらも、先入観を持たずに、前向きに行動していくようにしましょう。

頭が悪いと思われないよう行動には気をつけよう

頭が悪いと思われることは、実際の頭のよさよりも、それに紐づく行動に影響されることが多いです。頭が悪いと思われる人には、共通する行動があることが多いといわれています。これらの行動に当てはまってしまった場合には、意識して気をつけるようにしましょう。

また、頭が悪いという評価は、簡単な行動の改善で変えることができる場合もあります。ぜひ、明日から意識的に取り入れてみてください。

category

記事カテゴリー