社会的地位が高いと思われるためには?特徴や職業とメリットについて

社会的地位が高いと思われるためには?特徴や職業とメリットについて

BUSINESS 2018.02.27

Share :

社会的地位が高いと思われたい、そんな願望は誰もが一度は持ったことがあるのではないでしょうか。社会的地位が高いと思われている職業とは、そしてその特徴とは何なのでしょうか。社会的地位が高いことによるメリットについても、確認してみましょう。

社会的地位が高いと思われている職業

優秀なイメージの医者

社会的地位が高いと思われている職業の、代表格ともいえるのが医師でしょう。医師と聞いただけで、立派な人だ、優秀な人だというイメージを持つ人も少なくありません。医師になるためには、医学部に通い、医師免許を取得する必要があります。

この医師免許取得までのプロセスは、頭がいい人でないと達成できないため、その分社会的な地位が高くなるのでしょう。また、医師の中には、親や親戚にも医師が多いといったような、優秀な親族を持っている場合もあります。そのようなイメージも、医師の社会的地位を向上させているといえます。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

一方、同じ医療関係であっても、看護師の社会的地位はそこまで高くありません。看護師の仕事は、医師をサポートする仕事である点、患者との親しみやすさが感じられる点が理由でしょう。また、大学だけでなく、専門学校を卒業することで、看護師になることができるため、医師と比べると、社会的な地位は高くないといえます。

資格を取るのが難しい士業

弁護士、税理士、司法書士といった、高難易度の国家資格が必要な士業も、社会的地位が高いといえます。これら士業は、難しい資格を取得できるほど、頭がよい人なのだろうというイメージと、仕事柄、几帳面でしっかりとしているというイメージがあることが、社会的地位を上げている要因でしょう。

また、士業で働く人、特に弁護士は、「先生」と呼ばれることも多いです。先生と呼ばれること自体が、その社会的地位の高さを示しているのではないでしょうか。士業の中では、最も難易度の高い司法試験を突破する必要がある弁護士が、最も社会的地位も高いとされます。

上場企業の経営者

上場企業の経営者も、社会的地位が高いといえます。上場企業で経営者を務めるということは、社会的に価値があると認められている会社の中で、能力が突出している、または、十分に信頼のおける人であるということがわかります。

上場していない中小企業の経営者でも、社会的地位が低いとはいえません。ただし、上場企業の経営者である方が、地位が高いイメージがあることは想像できるでしょう。また、上場企業の中でも、上場している株式市場によって、ステータスが変わる可能性もあります。

上位の市場に上場することで、より高い社会的地位を得ることができるでしょう。特に、東証一部上場など、限られた企業のみが上場できる市場に上場している場合、その社会的地位は上がります。

政務に関わる政治家

国会議員や事務官など、政務に関わる政治家の社会的地位も高いです。特に、国会議員の政治家は、選挙によって国民からの支持を得た上で活動しています。その信頼感が、社会的地位にもつながるのでしょう。

政治家には国会議員だけでなく、都道府県の議員や市町村の議員も含まれます。特に、地元など特定の地域での社会的地位を考えると、地元で選ばれた議員であること、名前が通っていることなどが、社会的地位に影響するでしょう。国会議員を始めとした政治家も、「先生」と呼ばれます。この呼ばれ方が、社会的地位の高さを示しています。

専門機関の科学者

専門機関の科学者も、優秀な人であるという印象があり、高い社会的地位を持っているといえるでしょう。特に、世界的に有名な専門機関や、国レベルでの機関に所属している科学者の社会的地位は高いです。これらの科学者は、世の中の最先端の技術に携わっていることが多いと考えられます。

専門機関の科学者は、科学者の中でも、特に優秀な一握りの人のみがなることができます。社会的地位が高いとされる科学者になるまでは、大学やそのほかの機関での下積み時代も必要になってきます。専門機関でその能力が認められると、大学教授になるといった研究者も見られます。

社会的地位が高い人の特徴

高級車を乗りこなしている

社会的地位が高い人のイメージとして、高級車に乗っている姿が思い浮かぶ人も多いでしょう。社会的地位が高い職業の人は、年収も高い場合が多いです。そのため、このようなイメージにつながるのでしょう。

医師や士業、上場企業の経営者などの場合は、この高級車を乗りこなしているというイメージに当てはまるかもしれません。しかし、弁護士や国会議員においては、周囲の人へのイメージが大切なので、あえて高級車を乗り回すといったことはしないかもしれません。

仕事のミスが少ない

社会的地位の高い人は、その仕事に伴う責任も大きいです。そのため、納期を守る、時間を守るといった社会人としての基本的なマナーを、守ることができている人が多いことも事実でしょう。つまり、そのような基本的な仕事のミスが少ないからこそ、社会的な地位が高い職業に就くことができたともいえます。

逆に、社会的地位が高いといわれる職業に就いていたとしても、仕事のミスが多いことで、社会的地位が低く見られがちになる可能性もあります。

身だしなみが整っている

身だしなみが整っていると、立派な人だろうという印象を、他人に与えることができます。そのため、社会的地位の高い人は、身だしなみが整っている印象があるのでしょう。これは、身だしなみを気にかける、十分な余裕があるということにもつながるかもしれません。

しかし、専門機関の科学者のように、特定の能力が認められている場合には、必ずしも身だしなみにこだわっている人だというわけでもないでしょう。

話し方に自信がある

社会的地位の高い人は、話し方に自身があるという特徴があります。自分がいままでしてきたことへの自信や、成功したという自信が、話し方にもつながるのでしょう。逆に、話し方に自信がなさそうに見えるだけで、社会的地位も低く見られがちになります。

社会的地位を高く見られたいという人は、普段から自分に自信を持ち、堂々と話すことを意識するとよいでしょう。

社会的地位が高いメリット

ローンの審査に通りやすい

社会的地位が高いということは、十分に信頼がおける人であるということを指します。また、社会的地位が高い人は、それ以外の人と比較して、年収が高い傾向があります。そのため、ローンの審査に通りやすいといえるでしょう。

ローンの審査には、年収だけでなく、職業やその人の資産、家族状況などが関わってきます。安定した高収入を得ることができる職業に就いており、十分な資産があることの多い社会的地位の高い人は、ローン審査でも優位となります。

プレミアムカードが作れる

社会的地位の高い人であれば、プレミアムカードが作れる可能性が高くなります。プラチナカードやプレミアムカードは、年収や資産など、信用情報に設けられる一定の基準を、クリアした人のみが対象となります。社会的地位の高い人であれば、それらの基準をクリアできる可能性が高いでしょう。

また、プレミアムカードを持っていることが、その人の社会的地位の高さを示す、一つの判断材料ともなることがあります。

一般よりも収入が多い

社会的地位の高い人は、士業、医師、経営者など一般の人と比べると、収入が高いとされる職業についている場合が多いです。そのため、高い社会的地位を得ると、同時に高い収入を得ることがメリットとなるでしょう。

だたし、収入に関しては、その職業や働き方に左右されるため、必ずしも社会的地位が高い人のメリットとはいえないでしょう。

周囲にちやほやされる

周囲にちやほやされるということも、社会的地位が高い人のメリットです。周囲の人から認められたい、注目を集めたい、ちやほやされたいと考えている人は、社会的地位をあげることを目指してみるとよいかもしれません。

特に、周囲からちやほやされることは、周囲からの信頼が大きく影響する、政治家などの職業に当てはまる特徴といえるでしょう。

自信あふれる姿勢で社会的地位を維持しよう

高い社会的地位を得たい、社会的地位を維持したいと思ったときに、重要になってくることは、自信あふれる姿勢です。同じ職業、同じ年収であっても、堂々としており自信にあふれている人の方が、社会的地位が高く思われやすいです。

自分は社会的地位が高くないからといって、自信を失う必要はありません。まずは、自信あふれる態度を身に着けることから、はじめてみてはいかがでしょう。また、高い社会的地位を得たいと思ったときには、なぜそれが欲しいのか、どのような社会的地位なのかについて明確にしてみると、目標が定めやすくなります。

category

記事カテゴリー