仕事プレッシャーとは。プレッシャーを感じたときの対処について

仕事プレッシャーとは。プレッシャーを感じたときの対処について

BUSINESS 2018.02.27

Share :

仕事のプレッシャーはどのような状況におきるのか。そしてプレッシャーを感じたことにより、どのような症状が現れるのか。それらを知った上で、プレッシャーを感じたときの対処方法を学んでおきましょう。いざというときにきっと役に立つはずです。

プレッシャーとは何か

外部からかかる圧力

英語のpressure(プレッシャー)を直訳すると、外部からかかる圧力や、押すこと、強制、困難、などの意味が出てきます。日本語で使用する「プレッシャー」の意味に加え、たとえば満員電車でのひしめきも「puressure」で表現されるでしょう。

英語だと外から力が加わるという即物的な意味も多く含みますが、日本語の場合のプレッシャーは主に精神的な重圧を意味することが多いです。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

精神的重圧

日本語の「プレッシャー」は精神的重圧を意味すること多く、これは外部からかかる重圧に対して、内面的に反応し感じるストレスのことです。

簡単にいうと、「自分の実力以上のものを期待されることにより感じるストレス」。仕事をしていれば上司から無理難題をふっかけられることもあるでしょう。

またはミスをしないことが当然という仕事内容の場合は、あらためてミスをしないようにいわれなくても「ミスをしてはならない」と自然と意識するに違いありません。これも精神的な重圧となるのです。

どんなときにプレッシャーを感じるのか

自分の実力以上の成果を期待されるとき

自分の実力以上の成果を期待されるとき、人はプレッシャーを感じます。職場でよくある風景ですが、ギリギリでノルマを達成して喜んでいると、上司が近づいてきていいます。「○○君、今月は頑張ったじゃないか。来月はもっと上を狙えるはずだ。期待しているよ」。

この言葉により喜びから一気に引き戻されて「つらい」と感じてしまったなら、それがプレッシャー。心理的なダメージです。

同じ台詞を上司から聞いたとしても、人によって受け取り方はさまざまです。先ほどの台詞でもプレッシャーを感じる人もいれば、「よし、来月もやってやるぞ!」とポジティブに受け取る人もいます。

自分の能力に合っていない仕事に従事しているとき

やりたい仕事とかけ離れた部署に配属されてしまったときなど、自分の能力に合っていない仕事に従事しているときもプレッシャーを感じます。なぜなら相手が期待するものと、自分ができることのバランスがかみ合っていないからです。

人付き合いが苦手で、できれば事務系の職業につきたいと思っていたのに店舗配属になったとします。毎日笑顔で接客しなければならなくなったときを考えてみましょう。

「笑顔で接客しなければ」「元気のよい声を出さなければ」というように、他の人なら難なくできてしまうようなものでも、苦手意識があればそれがプレッシャーとなってしまうのです。

失敗できない仕事をするとき

失敗が許されない仕事をするとき、人はプレッシャーを感じます。なぜならたとえ人に直接指摘されなかったとしても、自分自身で「ミスをしないようにしなくては」というように精神的な重圧を己に与えるからです。

失敗できない仕事というのは世の中にさまざまあります。たとえば医者や看護師の仕事も人の命を預かっているのでミスは許されません。または失敗したら会社に大きな大損害を与えるような大きな案件の担当を受け持った場合もプレッシャーは大きいでしょう。

しかし失敗できない仕事というのは、プレッシャーが大きい分重要でやりがいのある仕事が多いのも事実です。

残業の多さや激務による疲労が蓄積しているとき

残業が多かったり激務で疲労が蓄積されていると、仕事をする意欲が減少してしまいます。しかし人は会社勤めをしている以上、出勤して仕事をしなければなりません。会社からの「仕事をしてほしい」という期待、そしてそれに応えたくない自分、そのギャップがプレッシャーになります。

このケースの場合は、プレッシャーがプラス面で働くことは少ないです。むしろ精神的な重圧により下痢や便秘、不眠症、倦怠感といった身体症状を発症することがあります。ひどい場合にはうつ病になる可能性も秘めているので、残業を減らしたり疲労を回復させるように努めたほうがよいでしょう。

苦手な人や難しい相手との仕事

苦手な人や、難しい相手と交渉しなければならないような仕事の場合、すでに交渉が難航することがわかっているのでプレッシャーを感じます。

わかりやすいクレームで考えてみましょう。クレームを受ける場合、たいていこちら側が悪いので罵詈雑言を受けつつ、相手の気持ちをなだめるように持っていかなければなりません。下手な一言をこちらが思わずポロリともらしただけで、相手の怒りに油を注ぐ形となり大きなトラブルへと発展させてしまうでしょう。

難しい交渉ですので、できればやりたくありません。そんな場合に、人は精神的重圧というプレッシャーを感じます。

仕事のプレッシャーが大きいとどうなる

緊張状態の連続

プレッシャーのかかる仕事に従事しているあいだは、緊張状態の連続でしょう。精神的に追い詰められている状態のため、仕事が終わった瞬間に糸が切れたようにどっと疲れを感じたりすることがあります。

また自然と体がこわばっていることが多いので、肩こりや頭痛といった症状が現れることもあります。緊張状態が続いていると思ったら、一息つけるときにはコーヒーで一服したり、肩をまわすなどの軽いストレッチをして体と心の緊張を解きましょう。

やる気の喪失や朝起きられないなどの精神的不調

プレッシャーによるストレスが大きい場合、朝起きられなかったり、仕事自体が面白くなくなってしまうといった精神的な不調に陥ることがあります。

気持ちがネガティブな方向へ働いているときは、仕事をしても失敗が続いてしまったりするものです。そしてミスをするから自信を喪失して、さらにやる気をなくしてしまうので、悪循環の始まりです。

気持ちを新たにリフレッシュする方法を考えたほうがよいかもしれません。リフレッシュする方法はさまざまありますが、仕事のオンオフはしっかりと切り替えて、家では仕事のことを考えないなど、メリハリをつけるとよいです。

動悸や発汗などの不定愁訴

不定愁訴というのは、はっきりした原因などが特定できないけれど、頭が痛いと肩や腰が痛いといった患者の訴えのことです。そして仕事などでプレッシャーを感じた場合、この不定愁訴が出やすいのです。

人前で話すことが苦手なのに、大勢の偉い人の前でプレゼンテーションを行わなければならないときなど、緊張して動悸や発汗などの症状が出たことはないでしょうか。手のひらに汗をかくなどもそれに当たります。これは仕事のプレッシャーが身体に影響を及ぼしているのです。

プレゼンテーションの前のような短期間で終わる不定愁訴の場合には、その仕事が終了した後には汗や動悸は引くことでしょう。しかし長期間にわたる仕事が原因の場合や、肩や腰の痛みが引かないといったように症状が長期化する場合には、一度病院でみてもらってもよいかもしれません。

入眠や睡眠の問題

仕事のプレッシャーが強いと、家に帰ってきても仕事のことを考えて緊張状態が続くことがあります。そうすると寝つきが悪かったり、質のよい睡眠が取れなくなってしまいます。

睡眠は、体や心の休息であり、昼間に得た情報を整理する時間でもあります。そこが十分に機能しないと、翌日まで疲労が蓄積されたり、記憶力や判断力が低下してしまいます。そして睡眠時間が5時間をきる状態が数日続くと、それらの症状が顕著になってきます。

そのようなときには、ぬるめのおふろでリラックスをしたり、床につく前に軽いストレッチをして体のこわばりをほぐしましょう。ハーブティーなどでリラックスすることも効果的です。

胃痛や腹痛などの体調不良

仕事のプレッシャーが強くなってくると、ストレスによりさまざまな心身の不調が出てきます。たとえばどのような症状かというと、頭痛、胃痛、腹痛、腰痛、肩こり、吐き気、倦怠感、めまいなどです。

心と体はつながっているので、これ以上は耐えられないと体があなた自身に訴え始めているのです。体の声を聞かずに無視をしてプレッシャーに耐え続けていると、症状はさらにひどくなってしまいます。そして健康診断などで十二指腸潰瘍などの診断が下されてしまうかもしれません。

体に症状がでてくるようなら、有給などを使って心身の回復を図ったほうがよいでしょう。

すぐに涙が出たりイライラしたり不安定な気分

仕事のプレッシャーに耐え続けていると、ストレスにより心が疲弊していきます。そうすると感情のコントロールがきかなくなってしまいます。

たとえば電車の中など普通なら泣かないようなシーンで涙が出たり、ちょっとしたことでイライラが爆発したりしてしまいます。

このように感情のコントロールがきかないと、仕事上の人間関係がうまくいかなくなるだけではなく、家庭での人間関係も悪化する可能性があるので注意が必要です。またその状態が続くことで、うつ病が発症することがあります。

うつ病の発症

仕事を任されたときに、「適当でまあいいか」と思える人ほどプレッシャーを感じにくいものです。そして頑張り屋ほど頑張りすぎて、仕事の重圧に押しつぶされやすいのです。

真面目な人や、頑張り屋がなぜプレッシャーに弱いのかというと、周囲の期待に真っ正面から応えようとしてしまうからです。このような性格の人は、疲労がたまってきたと感じたり不定愁訴の症状が出始めたら気をつけてください。なぜならうつ病を発症しやすい性格でもあるからです。

うつ病の初期症状は疲労感から始まるといいます。ネガティブ志向になってきたり、不眠症などの症状が出始めたら早めに病院を受診してみましょう。

うつ病を予防する方法

頑張らない

うつ病になりやすい人は、真面目で頑張りすぎる人です。期待されたら期待された分だけ答えようとすることが、結果としてうつ病を招いてしまいます。

ときには頑張らないことがあってもよいのです。100%の力でなくてもよいところは、力を抜いて80%や60%くらいで力まずに仕事に取り組んでみましょう。肩の力が入らないことで、逆にうまくいくこともあるかもしれません。

プレッシャーを感じて歯を食いしばったり、拳を握ったりしていることに気がついたら、まずは体の力を抜いて、手などをぶらぶらさせてみましょう。

押しつぶされる前に逃げる

逃げることは恥ではありません。ことわざでも「逃げるが勝ち」というではありませんか。プレッシャーに押しつぶされてしまい、うつ病などを発症してしまったら一生後悔します。

ネガティブな志向が多く、身体的にも辛いような状況が続いたら会社を辞めることを考えるのも悪くありません。新しい職場で一から始めることで、人生が180度変わったように明るくなることもあります。

うつ病になる人は、疲労から広い視野を持てなくなり、自分自身の逃げ道さえ閉ざしがちです。押しつぶされる前に逃げてください。

期待に応えられなくてもよい

期待に応えようとするから辛くなります。最初から「期待に応えられないかもしれないけれど」と自分にいってきかせてみてはいかがでしょうか。できない自分を受け入れると気が晴れるものです。

もしもプレッシャーがつらく、やりたくない仕事ならば、上司に期待に応えられる自信がない旨を正直に伝えるのもひとつです。チャンスは逃してしまう可能性もありますが、自分自身の気持ちを優先させることがあってもよいと思います。

期待に応えられなくてもかまいません。仕事というのは、じつは自分の代わりなどいくらでもいるのです。

仕事のプレッシャーからくる不安から自分を解放する方法

すぐに仕事にとりかかる

仕事にとりかかるまでに時間をおくと不安が増すものです。そのためすぐに仕事にとりかかってしまうのも、プレッシャーを減少する方法のひとつ。

重要な会議で仕事の進捗を発表しなければならなかったとします。「納期についてつっこまれたらどうしよう」「資料に不備があったらどうしよう」。そんな風に失敗したときのことを考えてばかりいると、胃が痛くなったり不安に襲われたりします。

しかし実際に資料作成に取りかかってしまったり、会議が始まってしまえば、仕事に忙殺されて悩んでいる時間など実際にはあまりないのではないでしょうか。そのためすぐに仕事に取りかかることは、プレッシャーから自分を解放するよい方法なのです。

客観的な視点を持つ

客観的に自分を見直してみます。まずは自分を俯瞰に眺めるため、不安を感じている自分とは別の自分をみたて、何が心にひっかかるのか考えてみます。

プレッシャーを感じているとき、人はおおむね自分のことしか考えられなくなっています。視野が狭くなっているのです。しかし少し客観的に眺めてみると、自分をフォローしてくれている上司、サポートしてくれている同僚、手助けしてくれている部下などが目に入ってくるでしょう。そしてなにより職場とは関係なくても心理面で支えてくれている家族。

彼らの期待に応えなければ、と考える必要はありません。それだけ支えてくれている人たちがいるのだから「きっと大丈夫」と肩の力を抜いてみればよいのです。プレッシャーが少し軽くなる気がするでしょう。

上手くいくから大丈夫と考える

上手くいくから大丈夫だと考えることも大切です。あなたはやるべきことをやってきたはずです。いまさら考えても仕方がありません。あとはやるだけだとポジティブに考えましょう。

やるべきことをやったら楽観的に待つ習慣をつくることは大切です。悩んだからといって成功率があがることはそうそうありません。悩むだけ損なのです。

スイッチでオンとオフを切り替えるように、オンの状態のときはやれるだけのことをやります。そして「これで終わり」とスイッチをオフにしたら、仕事は手放してしまいましょう。同時にプレッシャーやストレスもオフにしてしまいます。

失敗したときのことを考えてみる

失敗したときのことを考えるのは、なんだかネガティブ志向みたいでよくなさそうな気はしませんか。しかし性格上楽天的になれない人もいるでしょう。そのときにはどうせなら失敗したときのことを想像してしまうのです。

命を預かっている医者や看護師、命を落とす可能性もあるレスキュー隊などの場合は失敗が許されません。しかしたいていのサラリーマンは、仕事上でミスをしても上司に手ひどく叱られるくらいです。そう、叱られるくらいたいしたことではありません。命を取られるわけではないのですから。

失敗しても大したことがないと実感してみることで、それまで感じていた仕事上のプレッシャーを吹き飛ばしてしまいましょう。

当たって砕けろの精神で臨む

当たって砕けろの精神もときには大切です。頭の中だけで考えていても、ラチがあかないし時間の無駄です。実際にやってみれば想定していたこととは別の問題が出てくるかもしれませんし、案ずるよりも産むがやすしのように、なにもトラブルが発生することなく案件が成功するかもしれません。

もしもトラブルが出てきたら、その都度対処すればよいではありませんか。重要なのは一歩を踏み出してみること。悩んでいる暇などないほど、仕事をしているときには体当たりで頑張ればよいのです。

うじうじ悩んでいる時間こそ無駄。そのように考えられたらプレッシャーのほうから逃げ出します。

ひとりで抱え込まない

悩みはひとりで抱え込まず誰かに相談することで、状況が整理でき新しい視点が得られるものです。大切なのは誰に相談するかです。親しい同僚でもよいでしょう。愚痴を口に出して、心のなかのストレスをはき出してしまうだけでも気持ちはずいぶん楽になります。

また上司に相談することで、よいアドバイスをもらえたり、サポート役をつけてもらえたりすることもあるかもしれません。もしくは気の置けない家族や友人といった、職場からはなれたプライベートの親しい人たちにきいてもらってもよいです。

しかし、もしも心身になんらかの症状が出るほど悩んでいたり、死にたいと考えているといった相談ごとなら専門家に相談してください。専門家なら「がんばれ」という言葉は避けます。なぜなら彼らは本人が頑張ってきたことを知っているからです。

しかし家族や上司はそうではありません。「がんばれ」などあなたをさらに追い詰める可能性があります。相談する相手は真剣に選びましょう。

気分転換に仕事以外の楽しいことをする

仕事がどんなに忙しくても、仕事から離れる時間を持つことが大切です。気分転換に自分が楽しいと思えることをしましょう。

読書が趣味なら少し環境を変えて、カフェなどで美味しいコーヒーを飲みながら読書を楽しむのもよいですね。またジムに通って体を鍛えたり、社会人サークルに参加して野球やテニスといったスポーツをして人と交流するのもよい気分転換になります。

人は楽しいことをしたり、笑顔になるようなことをするとストレスが軽減します。仕事を忘れる時間を意識的につくりましょう。

自分の不安を受け入れる

プレッシャーを感じてもいいのだと思うことも、ひとつのプレッシャー解消方法です。自分の不安を受け入れてしまうのです。

上司から「この案件は絶対に成功させてほしい」と頼まれた仕事に取りかかるとき、心にストレスがかかるでしょう。しかし同じ状況で、別の誰かが担当を持ったとしても同じように仕事の不安にさいなまれます。あなただけではないのです。

気持ちの持ちようとして考えるなら、「なぜ俺がこんな案件を受け持たなければならないんだ」と考えるのではなく「この仕事のプレッシャーは、上司がそれだけ期待してくれているからだ。ありがたい」と受け取ってみるのです。ポジティブに考えることで気持ちが前向きになります。

期待というプレッシャーへの対処法

期待に応えられなくても大丈夫と思える

人はすべての期待になんて応えられません。そしてたいていの場合、期待に応えられなかったからといってもそれほどひどいことにはならないのです。もしも失敗したら、失敗したことをあとから挽回すればよいし、仕事上のことならば上司や周りのフォローが入るでしょう。

「だれも自分が思っているほど自分には期待していないさ。」そう思えば気が楽になります。そして肩の力がよい具合に抜けることで、仕事も進みます。失敗したとしてもすべてを失うわけではありません。そこで得た失敗も経験となって今後の役に立っていくはずです。

自分はできるという自信がある

仕事のプレッシャーも、受け取りようによっては力とすることができます。「期待してくれている分ありがたいではないか」、「周りが自分を信じてくれるのならできるかもしれない」とプレッシャーを力に変えて下さい。

仕事をしているうちに、目標達成などがみえてきた場合、そして目標を達成することができた場合、自分にはできるという自信に繋がります。

とりあえず出来ることを精一杯やる

自分にできることは精一杯やりましょう。そしてやるだけやったら、出来なくても仕方ないと思えるマイペース派になるのです。また仕事を請け負うときなどに、上司に「できることはやりますが、うまくいくかどうかはわかりませんよ」などと軽口でもよいので伝えておくと、さらに気が楽になるでしょう。

精一杯できることをやることで、失敗したときのショックも少なくすみます。これ以上のことは今の自分には無理だった。そして気を楽にするためにはこんな風に考えてもよいのです。「やるだけやってできなかったら、任命した人の任命責任の問題だ」。やるだけやったなら責任転嫁を心の中でしたってよいではありませんか。

ダメでも自分は大丈夫と思える自己肯定感がある

仕事だけが自分の人生ではないとわかっている人は、プレッシャーに対して耐性があります。なぜなら、その仕事でダメだったとしてもそれで人生終わりだなどと考えてはいないからです。

会社で嫌われている人も、家に戻れば素敵な家族に愛されるお父さんだということもあります。休日には社会人サークルの人気者かもしれないし、趣味で描いている油絵が素晴らしい出来かもしれません。

仕事のプレッシャーを感じているときは、仕事がすべてのように感じてしまいます。しかし周りを冷静に一度見回してください。あなたの人生は仕事以外のさまざまなものに彩られているのです。

頑張ることが楽しくない仕事であれば転職も視野に入れよう

仕事のプレッシャーが強すぎて、仕事から逃げ出したくなるときがあります。そんなときに「こんな風に考える俺はダメな男だ」などと考えてしまうと、どんどんとネガティブな方向へ行ってしまいます。

やるだけやったら悩むのをやめるような楽天的になるのもよし、そしてそのような性格に変われないのならば逃げ出すこともよしとしましょう。転職することで人生が開けることもあるのです。

category

記事カテゴリー