仕事の悩みは早めの解決が大事。今すぐ実践できる効果的な対処法

仕事の悩みは早めの解決が大事。今すぐ実践できる効果的な対処法

BUSINESS 2018.02.27

Share :

仕事をしている人の多くが、何かしらの悩みを抱えながら過ごしています。悩みがあると仕事がはかどらないだけでなく、精神的に落ち込み、日々の生活にも影響が出てしまいます。悩みを長引かせないためにも、早めの解決に取り組みましょう。

悩みを持ったまま作業をするデメリット

作業が進まない

働いている方のほとんどが、仕事にまつわる何らかの悩みを抱えています。悩みの内容は、職場の人間関係がぎくしゃくしている、仕事が覚えられなくて自信がない、残業が多くて辛いなどさまざまです。悩みを抱えながら毎日出勤することは、非常に憂鬱で辛いことだと察します。

すぐに解決できそうな悩みであれば、大したことはないのですが、悩みの度合いが深刻で、精神的に強いストレスとなっていると、毎日の仕事に支障がでてきます。たとえば、悩んでいることがいつも心に引っ掛かって、仕事に集中できない、作業のペースが遅く効率よく仕事ができない、といったことが生じてきます。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

仕上がりのクオリティが低い

深く悩んでいることがあると、そのことが気になって、仕事に没頭できないということはよくあります。仕事に集中できない状況では、必然的に仕事のクオリティも低くなってしまいます。

たとえば、悩みに気がとらわれ過ぎて、仕事の細部まで気を配ることができないため、誤字脱字やミスが多くなるといったことが生じてきます。また、集中力も落ちるため、仕事中に物忘れが多くなったり、約束したことや計画したことが、実行できなくなります。さらに、仕事のクオリティが落ちると、本人も自信をなくし、仕事へのモチベーションが低くなるといった、負のサイクルに陥りやすくなります。

周りの評価が落ちる

何らかの悩みを抱えながら仕事をするということは、誰にでもあることです。悩みに捕らわれ、一時的にやる気が出なかったり、数回軽いミスを犯すという程度なら、周りも大目に見てくれるでしょう。しかし、悩む期間が長引き、仕事のミスが多くなると、周囲からの評価もどんどん落ちていってしまいます。

これまで仕事ができていた人であれば、「あの人は何か悩んでいるのかな」「最近辛そうだけど大丈夫かな」と心配されたり、人間関係に影響が出てくることもあります。また、上司からは「仕事に対するモチベーションが低い」「仕事ができない」ともとられ、重要なポジションから外されたり、昇進するチャンスを逃してしまいます。

仕事の自信がなくなる

悩みを抱えながら仕事をすると、仕事でのミスが多くなり、思うような結果が出せないために、仕事に対する自信も低下してしまいます。そうなると、「どうして自分はこんなにだめなんだろう」「この仕事に向いていないのではないか」と自分のことを否定的に捉えたり、物事に悲観的になりやすくなります。

このようなネガティブ思考は、物事がうまくいかない状況が続くと、誰にでも起こりやすいことです。1、2度なら「今日はついてない」「うまくいかない日もあるさ」と前向きに考えられることも、失敗体験を積み重ねることで、失敗の原因を自分に帰するようになり、ネガティブ思考がクセになってしまうのです。

仕事をしていても楽しくなくなる

悩みが気になって仕事に打ち込めないという状況では、仕事をしていても楽しくありません。なぜなら、自分の関心が仕事へ向かわず、面白さや喜びが見いだせなくなるからです。仕事に向かう時間が、意味がなく価値が見いだせないものであることは、とても苦痛で虚しいものでしょう。

「仕事が面白くない」と感じながら働いている方は、一度立ち止まって、自分の置かれている状況を振り返ってみる必要があります。仕事を苦痛に感じながら、自分の気持ちを無視して働き続けるよりも、「何が自分をこのような心境にしているのか」と、自分の問題と向き合うほうがよっぽど健康的で、問題解決には効果的だからです。

悩みが新しい悩みを呼ぶことも

悩みを抱えたまま仕事に向かうことで、物事がうまくいかず、さらに新しい悩みを呼ぶといった、悪循環が生じてしまうことがあります。その例をあげると、悩みがあって仕事に集中できないために、仕事でのミスが増え、さらに、自分が仕事をできないことに悩むといった、負のスパイラルに陥る状況です。

悩みやすい人には、物事を深く考えすぎたり、自分に自信がなく、他者からの視線や評価を、必要以上に気にしてしまうといった特徴があります。また、完璧主義で「こうありたい」という理想が高いために、目標の自分に近づくことができないときに葛藤したり、行き詰って悩んでしまう傾向があります。

仕事と悩みを引きはがす方法

仕事の前に気分を変える

悩みが気になりすぎて、仕事に集中できないという方は、仕事と悩みを引き離す方法を身につける必要があります。その一つは、仕事の前に、気持ちが前向きになれる何らかのことを行うことです。「仕事の前」ということは、とても重要です。なぜなら、1日の始まりの気分が、その日1日の気分を左右するということは、よくあるからです。

朝、気分を前向きにする行動の例として、自分が好きな服をコーディネートする、朝食をしっかり摂る、仕事の前にジムで軽く運動する、などがあげられます。いずれの方法にせよ、朝早起きして、気持ちに余裕を持って行動することが大切です。

仕事のときは悩みを考えない

仕事と悩みを引き離す方法として、仕事のときは悩みを考えないように、徹底的に集中して作業をすることがあげられます。集中力を高めることができれば、仕事に関わらず、恋愛や趣味など、そのほかの場面においても、自分の能力を最大限に発揮することができるので効果的です。

集中力を高める方法として、余計な視覚刺激や、聴覚刺激を取り除くというものがあります。たとえば、机が散らかっていると余計なものが目に入り、それが刺激となって脳が別のことを考えてしまいます。同様に、余計な雑音が耳に入ってくることで、気が散って仕事に集中できないといったことが起こります。

それらを防ぐために、机はいつもキレイに片付け邪魔なものがないようにする、仕事を行う環境をなるべく静かに保つなど、工夫することが大事です。

仕事をゲーム感覚に変える

仕事中、悩みを極力考えないようにするためには、仕事に集中できる環境を、自分なりに設定することが大切です。その一つとして、仕事をする時間を区切ったり、自分なりに目標を立てて、達成するまでがんばるなど、仕事をゲーム感覚に変えるといった方法があります。

「とりあえず一時間は集中してみる」と目標をたてると、時間が経つうちに、いつの間にか仕事に没頭していて、仕事を面白く感じていたということもあります。また、目標を達成できたときには、自分に何らかのご褒美を用意しておくと、仕事に対するモチベーションも高まり、楽しみながら取り組むことができます。

仕事の悩みができてしまったとき

悩みの原因を探す

仕事をしていて、「やりがいが感じられない」「仕事が難しくてついていけない」「人間関係が上手くいかない」など、何らかの悩みが生じてくることはよくあります。仕事に関する悩みができてしまったときには、悩みの原因をなるべく早く究明し、解決することが大切です。

悩んでいることを放置して、そのまま仕事に取り組むと、そのことで気が散って、余計に仕事がはかどらなかったり、問題がさらに悪化してしまったりなどが起こるため、とても悪循環です。不安を抱えたり、いらいらしたりして、仕事に向かっている自分に気づいたときには、何がそうさせているのか、立ち止まって考えてみましょう。

自分の仕事時の態度を見直す

仕事の悩みができてしまったときには、少し立ち止まって、自分自身の態度を振り返ってみる必要があります。なぜなら、自分の振る舞いや考え方が、問題を引き起こしたり、悪化させている可能性があるからです。

たとえば、仕事量が多く、残業が多いと悩んでいる方は、本人が自分の能力以上のことを、無理して成し遂げようとしている可能性があります。そのような場合は、自分の能力を周りに正確に理解してもらうようアプローチしたり、「無理なことは無理」とはっきり伝える方法を、身につける必要があります。

作業手順を見直す

仕事が覚えられない、何度やってもミスが多く自信をなくしてしまう、と悩んでいる方は多いでしょう。そのような場合は、不安を抱えながらやみくもに作業をするよりも、一度仕事の作業手順を見直してみる必要があります。

たとえば、仕事を忘れることが多いという方は、仕事の手順や大事なポイント、上司から指摘されたこと等を、メモにきちんと取ることをおすすめします。そして、分からないことを放っておいたり、自己流にアレンジしたりするのではなく、上司や信用できる同僚に、きちんと確認することが大切です。

仕事の悩みを発散させる方法

思いっきりストレスを発散させる

仕事の悩みを抱えている方は、仕事がオフの時間を利用して、思いっきりストレス発散することが大切です。プライベートにまで仕事のことを巻き込むと、どこで息抜きをしていいのか分からず、心身ともによくありません。

おすすめのストレス発散の方法は、スポーツに打ち込んだり、趣味に没頭したりすることです。身体を動かすと血流も良くなり、緊張がほぐれて気分もすっきりします。また、自分の好きなことに取り組むと、脳が活性化して快感を得ることができます。落ち込むときだからこそ、思いっきり笑って、リラックスできる環境に身を置くことも大切です。

誰かに相談する

仕事上の悩みを抱えているときは、誰かに相談して、気分をすっきりさせるという方法もあります。悩みを一人で抱え込まず、信頼できる誰かに相談することは、精神衛生上とても効果的な対処法です。

悩みを誰かに相談することで、悩み自体は解決しなくても、「モヤモヤが晴れた」「自分の気持ちが分かってもらえて嬉しかった」と、前向きな気分になることはよくあります。直接会って話すことが難しいという方は、気の合う友人に電話をかけて、愚痴を聞いてもらうということもよいでしょう。

本や映画で考え方を変える

仕事で悩んでいる場合には、本や映画に触れて気持ちをリセットし、考え方を変えるという方法もおすすめです。他人の考え方に触れることで、物事を違った角度から見ることができ、問題に対する心の持ちようを変化させることができます。

気分が落ち込みやすく、ネガティブになりやすい性格の方は、自己啓発やポジティブシンキングに関する本もいいでしょう。自分自信について再発見できたり、問題解決に向けて行動を起こすために、背中を後押ししてくれるなどのメリットがあります。

仕事の悩みを作らないコツ

自分に自信を持つ

仕事をしていく上で、失敗は必ずついてくる経験です。失敗を繰り返しながら、新しいことを学び、失敗を糧にして自分を成長させるのです。しかし、人によっては、失敗が続くと自信をなくしたり、挫折したりすることもあるでしょう。

仕事の悩みを作らないコツは、自分に自信を持つことです。失敗しても、いかに上手に自信を回復するかが大切になってきます。自信を保つ方法として、日頃から自分の長所や良さを認識し、自信が揺らいだときに、自分を肯定できるように備えておきましょう。

仕事中は私情を出さない

仕事と私生活のバランスが、うまく取れなくて悩んでいる方は多くいます。そのような方の多くは、感情に振り回されることが多く、私情を仕事に持ち込んで、余計なことを悩む傾向があります。

たとえば、仕事の悩みとしてよくあげられる人間関係。私たちは人間ですから、誰にでも好みがあり、職場でも合う人と合わない人が存在するでしょう。しかし、合わない人や嫌いな人を避けていては、仕事にはなりません。仕事中はプロ意識を持ち、「仕事は仕事」「人間関係は仕事に支障がでなければ気にしない」と、考えるようにしましょう。

広い視野で考える

仕事で悩まないようにするためには、物事を広い視野で考えられるようになることが大事です。視野が狭い人は、困難に遭遇したときに、偏った考えでしか物事を見ることができず、一人で悩みを抱え込んでしまいやすい傾向にあります。視野を広くすると、物事に柔軟に対応できようになり、悩みむことも減っていくでしょう。

視野を広くするためには、他人の目線や考え方を意識することが大切です。仕事のできる上司からアドバイスをもらったり、自分が尊敬できる偉人・有名人の格言を思い出すなど、他人の意見を有効活用しましょう。

作業の前にワンクッション

仕事の悩みを作らないようにするためには、気持ちを上手に切り替えることが大切です。そのためには、作業を行う前に、何らかの必要行動を行い、気持ちを「仕事モード」に切り替えるようにします。

作業前にコーヒーを1杯飲んで気分をリフレッシュする、軽くストレッチや深呼吸をする、私用の携帯は目の届かないところにおく、などの方法が効果的です。また、作業の前に手順を確認したり、その日に達成する目標を設定することで、やるべきことがクリアになり、注意を集中させることができます。

仕事に楽しさを見つける

仕事で悩まないコツは、仕事に楽しさを見つけることです。仕事を楽しいと思えると、自然に気持ちが明るくなり前向きになれるので、くよくよ悩むことも減っていきます。

仕事において、楽しさややりがいを見つけるコツは、自分が仕事にどんなことを求めているのか、どんなことに喜びを感じるのかを、考えてみることから始まります。「自分は人を喜ばせることが好き」「新しいことを理解することが好き」「企画を無事終えたときに幸せを感じる」など、それぞれの価値を見出し、幸せに思える瞬間を意識しながら、仕事に取り組むといいでしょう。

悩みをクリアして仕事の意欲をあげる

仕事をしている人の多くが、何かしらの悩みを抱えながら過ごしています。職場は一日の大半を過ごす場所なので、できることなら悩むことなく明るい気持ちで過ごしたいものです。

悩みを抱えて行き詰っている人は、悩みの原因や自分の気持ちにしっかり向き合い、早めに悩みを解決できるように取り組みましょう。悩みを長引かせないことで、精神的にもよい状態で毎日を送ることができます。

category

記事カテゴリー