仕事できない人に対する対応の仕方。特徴を知ってうまく対処しよう

仕事できない人に対する対応の仕方。特徴を知ってうまく対処しよう

BUSINESS 2018.02.27

Share :

仕事ができない部下を持ち、対応に困っているという上司は多いです。仕事ができない人にはさまざまな特徴や原因があります。いきなり怒るのではなく、まずはその人の特徴を知ることが大切。特徴や個性を理解することで、うまく対処できる可能性があります。

仕事のできない男女に共通する特徴

言い訳が多い

「でも」「だって」など、自分を擁護するための言い訳が多いというのは、仕事ができない人の特徴。ミスをしたり注意されたときは、まず「申し訳ございません」と謝ればいいのですが、自分の保身しか考えていないので、失態を受け入れられなかったり、プライドが高いなどが理由で言い訳ばかりして謝ることをしない人が多いです。

言い訳が多い人は、大胆な行動ができないという特徴もあります。いわれた仕事しかできず、行動が遅い、判断が遅い、責任感がないという人がほとんど。人から信用されないので、会社内での評判はあまりよくないでしょう。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

人の話を聞かない

人の話を聞かないと、仕事が成り立ちません。人の話を聞いているように見えても、実はしっかりと聞いていなかったという人もいます。大抵そういう人は、「今なんて言ったのか復唱してみて」と問いただすと、答えることができません。

話を聞いていて返事もしているように見えても、言ったことと違うことをしている人は、しっかりと話を聞いていない人です。理解力がなく、話を勝手に自分の中で解釈して的外れな仕事をしてしまうこともあります。

わからないことをそのままにしている

仕事では、わからないことをそのままにしないということが大切。わからないことをそのままにしていると、成長しません。上司が常に忙しそうにしていたり、職場の雰囲気が悪くて質問や相談がしにくいので、わからないことをそのままにしているという人もいることでしょう。わからないことを自分で解決するのは難しいです。職場環境によって、成長が妨げられているということもあるのです。

また、引っ込み思案で性格がおとなしいために、わからないことを聞けずにそのままにしてしまうという人もいます。その場合は、仕事のときは自分を変える努力をしないと、この先成長することが見込めないでしょう。

メモを取らない

メモを取らない人は、仕事を覚える気がなく業務が進まないということが多いです。メモを取ることは、仕事をする上でとても重要。仕事ができる人にとっては、指示されたことなどを忘れないようにするためにメモを取るのは当たり前のことだという認識です。

メモを取ることで、間違えないように覚えることができ、職場以外や休憩中などに予習復習ができるというメリットがあります。見返すことができる環境を自分自身で作っているので安心感も得られますし、仕事の内容をまとめることができて要領よく仕事ができるようになるということもあるのです。逆に、メモを取らない人は、何度も同じことを聞いてきます。その場の対処だけですぐ人に聞くので頭に入りにくく、予習復習もできないので、なかなか仕事ができるようにはなりません。

怒られても平気な顔をしている

例えば、何か仕事で失敗をして怒られたとして平気な顔をしている人は、どうして怒られているのか理解していない可能性があります。自分が失敗したことはわかっていたとしても、改善する気がないということも考えられます。

失敗をして反省し、次こそは失敗しないように改善することでだんだん仕事ができるようになっていくものです。怒られた経験を成長の糧にできるかどうかがポイント。怒られても平気な顔をして反省しないのであれば、今後仕事ができるようにならないでしょう。

すぐに辞めると口にする

仕事ができない人に共通している口癖が「もう辞める、もう辞めたい」。このように、すぐに「辞める」と口にする人は、仕事ができない人が多いです。

「もう辞める」と口にするときは、仕事が忙しくなったときや少しめんどくさくなったとき。実際にさぼり癖があったり、すぐに仕事を休むという人もいます。学ぶ姿勢が全く見られないという状態。そんな空気を醸し出されてしまうと、上司や先輩も指導する意欲が下がり悪循環を招きます。周りは心の中で「辞めれば」と思っているのを口に出さずにこらえながら、イライラしている可能性大です。

スケジュールの管理ができていない

スケジュールの管理(時間の管理)ができていない人は仕事ができない人です。時間の管理は社会人として常識なので、常習的に遅刻するような人は、例えベテラン社員であったとしても社会人として失格といわれも仕方ありません。

スケジュール管理ができないために、約束を守れないようであれば、周りの信頼を失うことになるでしょう。スケジュール帳を購入して時間単位で計画を立てるなど、自分のスケジュール管理が完璧にできるようになれば、仕事がはかどるようになり、結果として仕事ができる人になることができます。

残業が多すぎる

残業が多すぎるというのは色々なケースがありますが、仕事ができない人は、自分の仕事の量が測りきれずにダラダラと残業をしているケースです。残業代がほしいためだけにダラダラと仕事をして、わざと残業をしているという人もいます。

ただ、本当にオーバーワークで残業が多くなってしまう人もいるので、一概に残業が多い人すべてが仕事ができないということではありません。仕事が多すぎて残業しなければいけない状況が続くのは、その人が原因ではなく会社に原因があるといえます。この場合は、上司に仕事量について相談したり、人を増やしてもらうなどして、何か対策を取らないと体調を壊してしまう可能性があるので気をつけましょう。

整理整頓ができていない

机の上、鞄の中、PCのデスクトップなどがゴチャゴチャとしていて整理整頓ができていないと、必要なものを探すのに時間がかかったりなど、無駄な時間を過ごすことが多くなります。探し物をする時間ほど無駄な時間はありません。仕事は、決められた時間内でどれだけ量をこなすのかということが大切なので、無駄な時間を過ごしていると仕事の生産性が低くなります。

物理的な整理整頓ができていないという人は、頭の中も整理整頓ができないという人が多いです。そうなると、仕事の整理ができておらず、自分だけでなく周りの人や会社全体の迷惑になることもあります。

身だしなみに清潔感がない

身だしなみに気をつかうことは、ビジネスマナーの基本です。 シワシワの服を着ている、爪が長くて汚い、歯が汚れている、靴が汚れているなど、身だしなみに清潔感がない人は、仕事ができないといわれています。そういわれている理由は、身だしなみに気をつかえない人は、仕事にも気をつかえない人が多いからです。

また、身だしなみに清潔感がないということは、相手への印象を全く考えていないということ。初対面であれば特に、人は見た目で判断するものです。身だしなみもきちんとできないのに仕事ができるとは思えないと判断する人はたくさんいます。見た目がだらしない人には、仕事を任せたいとは思えません。

ミスを他人のせいにする

ミスを他人のせいにするということは、仕事を自分事として考えられていないのでしょう。そのため、ミスをしても自分には関係ないことだ思いこみ、誰かのせいにしてしまいます。当事者意識が足らず、責任感がない人はミスを他人のせいにしがちなのです。

また、ミスの原因が自分だと思いたくないので、つい他人のせいにしてしまったということもあります。特に、ミスをした直後は精神的に興奮状態になっていて、なかなか冷静な判断ができません。ミスによって生じた問題を解決するためには、自身を客観視してみて、冷静に判断することが必要です。

上司や先輩の悪口を言う

仕事ができない人は、上司や先輩の悪口を言いたがるものです。悪口ばかり言っていると、いつの間にか先輩や上司の耳に入っているということもあり得ます。

悪口を言う人は、コミュニケーションの取り方が上手にできないという人が多いです。悪口を言うことで仲間意識を持てると思い込んでおり、常にだれかをターゲットにして悪口を言っています。しかし、このような人に関わると、自分まで悪口を言われているのでは?と思われかねないので、敬遠されてしまうのです。コミュニケーション能力がないと、仕事もうまくいきません。

仕事

仕事ができない原因として考えられること

段取りが悪い

段取りが悪いと、仕事ははかどりません。段取りが悪い人は、納期に追われて仕事が溜まっていくので、目の前の仕事から片付けていく傾向があります。無駄に丁寧に仕事をしてしまって、仕事が遅くなるという人もいるようです。段取りがいい人は、優先順位を決め、終わりの時間も決めて、しっかりとスケジュール管理をするなどして段取りを組んでいます。

段取りが悪いと時間通りに仕事が終わりません。気が散りやすいという特徴もあり、他のことに気が向いてしまって、優先しないといけない仕事を後回しにしてしまうこともあります。段取りを組むことが苦手だという自分を責めてストレスを溜め込む人もいるようです。そのストレスにより、ますます仕事ができなくなってしまうという悪循環になるケースもあります。

体調がよくない

いつもと様子が違う、珍しいミスをした、いつもできるはずの仕事ができないなどという人は、体調がよくないのかもしれません。病気を抱えていたり、女性であれば妊娠をしているということも考えられます。妊娠初期となると安定期に入る前なので人には報告しづらく、つわりの症状を一人で抱え込んでつらい思いをしているということもあるのです。

毎日仕事を頑張りすぎて、慢性的に疲労を溜め込んだために体調不良になる人もいます。慢性疲労を放置していると悪化してしまい、さらなる体調不良を招いて仕事ができる状況ではなくなってしまうこともあるので注意しましょう。

精神的なストレスがある

家庭や人間関係のことなどで悩み、精神的なストレスを抱えていると、頭がぼんやりとしてしまい仕事に集中できないということがあります。精神的なストレスが原因で体調不良になったり、うつ病になることもあるので、ストレスを溜め込まないようにすることが大切です。

新入社員は社会的な環境の変化が大きいために、知らず知らずのうちにストレスが溜まってしまうケースがあります。また、昇進などの喜ばしいことでも、プレッシャーによってストレスになるということも考えられるのです。

最初からやる気がない

最初からやる気がないのであれば、仕事ができるはずがありません。仕事に対してやる気がないと、「この仕事をしていても意味がない」「辞めたい」などとネガティブなことばかり考えてしまいます。

情熱がないので、仕事を覚えようとする気も起きないのでしょう。やる気がない態度を取られたら、上司も指導する気がなくなりますし、同僚も声を掛けようと思えなくなり、孤立していくことでしょう。そして仕事に集中できずに、時間ばかりが過ぎていきます。

新卒という立場に甘えている

新卒という立場に甘えていることが仕事ができない原因ということもあります。「新卒で入社したばかりだからできなくて当たり前でしょ?」と心の中で思っていると、仕事に対して甘えてしまい、少しでも早く仕事内容を覚えようという気持ちが薄れてしまいます。

中途採用で入社した人のほうが、仕事の覚えがいいというケースはよくあります。中途採用だと、早くまわりに追いつかなくてはと一生懸命覚えようとするからです。いつの間にか追い抜かされているということもあります。

要領が悪い

会社は利益を上げなければいけないので、慎重さ・正確さとスピード感が重要。慎重さや正確さは、ある程度経験を詰めばできることですが、容量が悪い人だといつまで経ってもスピード感を出すことができません。これが仕事ができない人の原因になるのです。

仕事が遅いと、案件が滞ってしまうので不利益になってしまいます。そして、実は完璧主義者ほど問題です。自分の仕事を慎重に完ぺきにこなすのは良いのですが、そのせいで仕事が遅くなってしまっては意味がありません。会社の利益を考えて仕事をしなければいけないので、完璧主義者であるがゆえに仕事が遅い人は、周りから見ると仕事ができない人だと思われています。

上司の指示に従うことしか考えていない

上司の指示に従うことしか考えていないのもよくありません。仕事の本質を見ないで、上司のいいなりになっている社員に対して、評価が高くなるということはないでしょう。

上肢は自分の出世のために部下を使って指示しているということもあります。厳しいことをいうようですが部下のために指示しているということはほぼないと考えていいでしょう。だからといって上司の指示に従わないのもよくありませんが、上司の言うことを聞きながら、自分の仕事の本質について考えて行動するということが大切です。

性格がマイペース

マイペースで仕事をすることが悪いということではありませんが、マイペースにしすぎて効率よく時間を使えないと、仕事が遅いといわれてしまい、仕事ができないというレッテルをはられてしまいます。仕事は突然何が起こるかわからず、急な仕事がくることだってあるので、効率よく仕事ができる対応力がないと仕事ができない人ということになってしまいます。

マイペースの人にもいろいろな性格がありますが、例えばおっとりとした性格の人は、目の前の仕事をやりきるという強い気持ちや、頼まれた仕事はすぐにやるという習慣を身につけることが大切。このように改善方法はわかっていても、マイペースな性格を治すのはなかなか難しいようですが、努力はしてみましょう。

発達に問題がある

仕事ができない人には、発達に問題があるという人もいます。例えば、集中できない、注意してもミスがなくならない、約束が守れない、時間に遅れる、人の話を聞かない、相手の気持ちを考えずに一方的に話す、物事に対する優先順位がわからない、やらなければいけないことを先延ばしにする、後先のことを考えずに行動する、空気が読めない、キレやすい性格、常に落ち着きがない、片付けることが苦手など。他にも症状はいろいろありますが、これらの症状があるために仕事ができないという人の中には、大人の発達障害が原因であるということも。

大人の発達障害で多いのは、「ADHD(注意欠陥、多動性障害)」と、「アスペルガー症候群を含むPDD(広汎性発達障害)」。しかも、ほとんどの方がこの2つが合併してしまっているようです。また、ADHD等が原因でうつ病や依存症や不安障害といった精神疾患を併発してしまうケースもあります。ADHDの診断を受けた人は、仕事ができないのではなく発達障害であるということを周りが理解してあげることも大切です。

仕事できないと感じたら仕事が合っていない可能性も

仕事が合っているかを考えてみる

今の仕事ができないと感じているのであれば、今の仕事が合っていない可能性もあります。
仕事内容だけでなく、職場が合っていないこともあります。その場合、自分がいくら改善しようとしてもなかなか変わらず、
仕事ができないという思いをずっと抱えたまま仕事を続けることになります。

転職サイトで自分の市場価値を確認してみる

今すぐ転職をしなくても自分の市場価値を転職サイトを使って確認してみましょう。
自分の希望条件を入力することで、今の自分の希望に対する求人がどれだけあるかをしっかりと確認をしてみましょう。
無料で使える転職サイトや、適職の診断サービスがあるので、そういったサイトを使ってみましょう。

リクナビNEXT


リクナビNEXTは無料で使える求人サイトです。
リクナビNEXTのグッドポイント診断テストが適職の判定をするには最適の方法です。
簡単な条件を入力するだけで、仕事力の診断をしてくれて、最適な仕事を教えてくれます。

もちろん、利用するのは無料で、すぐに転職しなくても良いので、
気軽に使ってみるのが良いでしょう。

@type適職診断


@typeの転職力診断テストは、選択式のテストを入力するだけで、内定予想社数や転職力の順位、
予想年収なども教えてくれます。@typeの13万人のデータを活用しているので精度が高いです。

仕事

仕事ができない上司に対しての対策法

やんわり上司に伝えてみる

仕事ができない上司に何も言えないままでいると、イライラが募ってしまい自分自身の仕事がはかどらなくなってしまうこともあります。そんな状態が続くとさらなる悪循環を招きかねないので、そうならないように勇気を出してやんわり上司に伝えてみましょう。

しかし、あくまでも上司なので、怒らせないように伝えたほうがいいです。そのためには言葉選びに気をつけなければいけません。例えば、「上司が優柔不断で指示が遅いことで困っている」場合は、まず初めに「少しお時間をいただいてもよろしいでしょうか」とワンクッション置きます。そして、「思慮深く指導してくださるのはうれしいのですが、この仕事はこのようにお願いできないでしょうか?」のように、言葉をやわらかくすることがポイントです。

変わらなければ更に上の上司に報告する

上司が仕事ができず、そのことに対してやんわりと伝えてみてもまるで状況が変わらないのであれば、それは会社の不利益につながることになります。会社全体のことを考えれば、そのことを更に上の上司に報告したほうがいいでしょう。

告げ口をするようで心が痛むかもしれませんが、そのことで上司が仕事ができるようになれば、その上司にとってもプラスになります。もちろん、会社にとってもプラスになりますし、自分にとってもストレスがなくなり今まで以上に仕事がはかどることでしょう。

仕事

仕事ができない部下を改善する方法

報連相を徹底させる

報連相(報告・連絡・相談)は、社会人には必須のビジネスマナーであり、仕事の基本です。「報(報告)」は、与えられた仕事の進む具合や状況を知らせること。「連(連絡)」は、仕事に必要となる連絡を行うこと、「相(相談)」は、問題が発生したときや、難しい判断を求められたときに、上司や同僚などに相談することです。

報連相を徹底させることで、上司と部下のコミュニケーションの一環になるというメリットがありますし、何よりも仕事がスムーズに進むようになります。上司は部下に合わせて指導やコミュニケーションが取れるようになり、いままで仕事ができないと思っていた部下も、いつの間にか仕事ができるように成長することができるのです。

無用な残業は許可しない

仕事ができない人は、勤務時間中にダラダラと仕事をしていたことが原因で仕事が終わらず、無用な残業をしているということがあります。無用な残業は許可しないとすると、時間内に仕事を終わらせなければという気持ちが生まれるので、効率よく仕事ができるようになるのです。

残業を許可しないということは、残業代の削減にもなるので会社にとってもメリットがあります。残業代が欲しくて無用な残業をしていた部下もいるかもしれないので、それらの無駄な残業代を減らすことにもつながるのです。

勉強会に参加させる

会社によっては、社内勉強会もしくは社外勉強会というものがあります。強制参加ではなく自由参加の会社が多いのですが、仕事ができない部下に勉強会に参加させると、仕事に対する意識が変わるかもしれません。

勉強会に参加すると、仕事をしている最中には学べないことを知ることができます。仕事に役立つ知識が学べるということだけでなく、考え方が柔軟になる、人脈が広がるなどのメリットもあるのです。色々なことを学ぶことで仕事に対するモチベーションが上がり、仕事ができるようになることが期待できます。

将来の働き方を考えさせる

仕事ができない部下がいたら、一度じっくりと話し合う時間をつくり、将来の働き方(キャリアビジョン)を考えさせてみましょう。キャリアビジョンが漠然としていると、やる気が起きず仕事ができないということにつながります。

キャリアビジョンは仕事のモチベーションの軸になるものです。その軸がないと、ただ何となく会社に行き、なんとなく仕事をしているというような状態になってしまいます。そのように過ごしていても、いつまで経っても仕事の質が向上しないので、キャリアビジョンを持つように話をしてみましょう。

体調や様子の変化に気を配る

部下の仕事の出来具合だけを見るのではなく、部下の体調や様子の変化にも気を配るようにすることも大切。仕事ができないから無能だと決めつけないようにしましょう。

仕事ができないのは、体調不良などが原因の可能性があります。その場合はすぐに休ませてあげるなどの対処をしたほうがいいです。部下は体調不良でも上司に言いづらく、そのまま黙って仕事をしていることがあります。それでは仕事がはかどりませんし、重大なミスを犯してしまうかもしれないので、休ませることも大切です。

できた時にはすぐ褒める

人は誰でも、褒められたら気持ちがいいものです。できたときには、すぐに褒めるようにしましょう。褒められたことが、次のやる気につながります。

仕事ができないと思っている部下でも、何か一部が優れているなどの長所があるかもしれません。その長所を伸ばすことで、急成長する可能性があります。得意なことのほうが効率よく仕事ができるので、調書を見つけて得意なことを伸ばしてあげるというのも上司の役目です。

スケジュール帳を持たせる

スケジュール管理や時間の使い方が苦手なために仕事ができないという部下であれば、スケジュール帳を持たせることで改善する可能性があります。スケジュール表を持つことで仕事のスケジュールをうまく立てれるようになるので、時間の使い方が上手になります。

自分でスケジュール管理ができるようになると、仕事の効率が上がり、仕事ができないといわれなくなることでしょう。いつも仕事が遅いという部下には有効的な手段です。

客観的な視点を身につけさせる

主観的な考えしかできず、自分の殻に閉じこもってしまうと、視野が狭くなってしまいます。問題に突き当たったときに解決するのが難しく、なかなか仕事ができないという結果につながってしまうのです。特に仕事で失敗をした場合は、客観的な視点で見ることができるかどうかがポイントになります。

客観的な視点を身につけさせることで、視野が広くなり、今まで気づかなかった問題に気づけることがあります。仕事の場合はもちろんですが、客観的に物事を考えられる人は、さまざまな面で役に立つことでしょう。

他人とのコミュニケーションをとらせる

仕事ができない人は、コミュニケーションをとるのが苦手だということが多いので、他人とのコミュニケーションを取らせる機会をつくってあげるといいでしょう。まずは上司が部下に対して積極的に話しかけるのも1つの手段です。

打ち合わせを積極的にする、ランチに誘う、飲み会を開くなど、コミュニケーションの場を提供してみましょう。周りと打ち解けて話すことができるようになれば、仕事の相談をしやすくなるので、いい方向に向かうことが期待できます。

関わらないで放っておく

最終手段ではありますが、改善策を試してみても一向に仕事ができるようにならない場合は、関わらないで放っておくのもいいでしょう。何とか改善させようと頑張っても、当の本人が改善する気がないのであればただの労力の無駄です。

こちらがストレスが溜まってしまうくらいなら、関わらないで放っておいたほうがましです。上司である自分自身がストレスになって仕事が手につかないようになってしまったら共倒れ状態。いつまで経っても仕事ができない部下は、一度放っておいて様子を見ましょう。

仕事

仕事ができない部下に接する時の注意点

ミスをしても頭ごなしに怒らない

部下がミスをしても、頭ごなしに怒らないほうがいいです。みんなの前で頭ごなしに罵倒している上司は論外。そのことで部下のプライドは傷つき、仕事のモチベーション低下につながるだけです。

モチベーションが低下すると、新たなミスを誘発することがあります。ただし、無視をするということではなく、間違っていることを訂正したり注意することは必要。どうしてミスをしたのか原因を一緒に探り、今後の成長につながるように促すことが大切です。

人格を否定するような言葉は言わない

部下に注意するときや接するときに絶対に心がけてほしいことが、人格を否定するような言葉を言わないことです。例えば、個性、性格、顔、生まれ、育ちなど。「性格が悪いから仕事がうまくいかない」「のろまだから仕事ができない」などは、その人の人格を否定する言葉です。

もし、部下があり得ないミスを犯したり、注意しても聞かないなど、反省している様子がないと頭に着てしまうかもしれませんが、怒りに任せて相手を罵倒するのは禁物。人にはそれぞれ個性があるので、人格を否定する言葉を絶対に言わないようにしましょう。

プライベートには口を出さない

部下は、プライベートに干渉してくる上司のことを快くは思いません。例えば、服装のこと、給料の使い道、休日の過ごし方など。上司のことを嫌いな部下は、仕事を指示しても話を聞いているふりをしてしかkりとは聞いていない可能性があります。

つまり、プライベートのことには口を出さない方がいいです。それが、上司と部下の関係を上手く維持するためのコツと言えるでしょう。

徹夜や休日出勤はさせない

徹夜や休日出勤はさせないようにしましょう。そもそも、徹夜や休日出勤をしても仕事が終わらないというのは、仕事のやり方に問題があるケースがほとんどです。

徹夜や休日出勤をさせないことは、効率的に仕事ができるようになるチャンスを与えるのと同じこと。徹夜や休日出勤をさせないと決めると、定時までに仕事を終わらせようという意欲が出てきます。仕事のやり方を見直すように促し、今までよりも仕事がはかどっていたら成功だといえるでしょう。もちろん、あまりにも仕事量が多すぎる場合は、上司として部下の仕事量を見直してみるということも検討する必要があります。

上から目線でアドバイスしない

上から目線で物事を言われると、嫌な気持ちになるものです。上司という肩書を前面に出して上から目線でアドバイスをするのはおすすめできません。同じ会社で働く人間として、一緒にこの会社をよくしていこうという気持ちがあれば、相手が部下であっても同じ目線で話ができるはずです。

ただ、経験者として部下が困っていることがあれば、今までの経験をいかしてどんどんアドバイスをしていきましょう。その時には上から目線ではなく、相手の気持ちを思って丁寧に話をすることが大切です。

能力以上の仕事を割り振らない

最近では個人の個性・得意なことを生かした「適材適所」の仕事をすることが重要だと指摘されています。つまり、その人の能力や特性にふさわしい仕事を与えるということです。能力以上の仕事は割り振らないようにしましょう。

得意ではない仕事をしてもなかなか仕事はスムーズに進みません。そのうちに、人と比べて自分は劣っていると思ってしまい、自信を無くしてしまいます。他人と比べる必要は全くありません。能力に見合う仕事をすることで自信をつけさせることが重要なポイントです。

仕事

仕事のできない部下にイライラした時の対処法

深呼吸をする

イライラしたら、まず深呼吸をしましょう。呼吸を整えることで自律神経が整い、興奮してしまった神経を鎮めることができます。

深呼吸であればいつでもどこでもできます。仕事をしていてイライラしてしまった時には、まずは作業を止めて一呼吸しましょう。イライラしていると無意識に呼吸が浅く速くなっていることがあります。意識的に息を深く吸い込んで肺にためてから、深く吐き出してみるだけで、イライラしていた気持ちが落ち着いてくるものです。

休憩を入れて頭を冷やす

イライラして頭位置が昇ってしまったら、思い切って休憩を入れて頭を冷やしましょう。そのような状態で仕事をしていても、集中力が切れてしまっているので、思うように仕事ができません。一度休憩を入れて、リフレッシュすることがたいせつです。

冷たいタオルをおでこにのせるなどして、本当に頭を冷やしてもリフレッシュできる効果があります。他には、冷たい飲み物を飲むのもストレス解消に繋がるので、頭をスッキリさせてイライラを解消しましょう。

軽めにストレッチする

イライラすると自律神経が乱れてしまいますが、乱れた自律神経は運動で整えることができます。軽めにストレッチをして体を動かすことがストレス発散になるのです。

イライラを感じたら、その場ですこし腕を伸ばすなど簡単なストレッチをするだけでも気持ちがスッキリします。また、イライラを家まで持ち帰ってしまった場合は、なかなか寝つけないということが起こるので、就寝前にストレッチをするのも有効的です。

気の合う同期と飲みに行く

部下のことなど、職場で起こったことでイライラを溜め込んでしまったら、その話を最も理解できるのは同じ会社の人。でも、部下や上司には話しづらいので、気の合う同期と飲みに行くのが1番のストレス発散になります。

イライラの原因をすべて話すだけでもリフレッシュできるものです。気の合う同期であれば、遠慮もなくどんなことでも話すことができ、今後の部下の対応についていいアドバイスをもらえる可能性もあります。

悪いことはきちんと注意する

悪いことはきちんと注意することも必要。怒りに身を任せて怒鳴るのはよくありませんが、社会人としてよくないと思うことがあれば、注意したほうが部下のためにもなります。

例えば、私語が多い、言い訳が多いという部下がいたら、ずっとそのままの状態だとイライラは募るばかりでしょう。社会人の基本を教えるつもりで、きちんと注意しましょう。注意して改善されればイライラの原因が取り除かれますし、部下は社会人として一歩成長することができます。

期待しすぎないようにする

部下に期待しすぎると、「どうして仕事ができないの?」とイライラしてしまいます。イライラしないためには、期待しすぎないようにすればいいのです。

部下を見ていて、ある程度能力や個性を把握できたら、それ以上のことを求めないようにしましょう。部下を成長させることも上司の役割ではありますが、ある程度指導しても仕事ができるようにならないのであれば、部下の能力はそこまでということになり、部下の個性には合っていない仕事だということになります。

仕事

相手を受け入れる寛容さが大切

仕事ができない人には、それぞれに特徴や仕事ができない原因があります。例えば部下が仕事ができないと悩んでいたら、まずは部下の特徴を知り、仕事ができない原因を取り除くことが1番望ましいのですが、なかなか難しいものです。

人それぞれ特徴や個性があるので、相手によって改善させる方法はさまざま。仕事ができないことに対して頭ごなしに怒るのはよくないので、まずは相手を受け入れる寛容さを持つことから始めてみましょう。

category

記事カテゴリー