【働きたくない人】自分を見つめ直し考え方を変えて取り組もう

【働きたくない人】自分を見つめ直し考え方を変えて取り組もう

BUSINESS 2018.02.27

Share :

働きたくないと思っている人は多く、仕事や人間関係に悩みを抱えている人も。自分の気持ちを切り替えて仕事ができる人もいれば、働きたくない気持ちが勝ってしまう人も。自分はどんな生き方を望むのか、冷静になって見つめ直してみましょう。

会社員の働きたくない理由

今の仕事がつまらない

毎日仕事をしている中でも、「働きたくない」と感じている人は多いです。その理由の一つに、今の仕事にやりがいを感じられないと答える人は多く、自分に合わない仕事に、無理して取り組んでいると思っている人が多いです。

仕事に対して楽しみを感られないと、やる気が出ず意欲も出ません。自分のモチベーションも下がってしまい、働きたくないと感じストレスの原因になってしまうのです。心も体も疲れていしまうと、自分に余裕がなくなり、考え方も狭くなってしまうので、リフレッシュや気分転換をして、上手に仕事をするようにしましょう。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

正当な評価が得られない

働きたくないと感じる人は、正当な評価を得られないという傾向があります。自分が一生懸命に頑張り、取り組んでいる仕事でも、周りから評価を得られないとやる気を失ってしまいます。

感謝の言葉もないと、やりがいや達成感などもないので、自分の向上心もなくなり、働きたくないという気持ちになってしまうのです。今すぐに認められなくても、必ず見てくれている人はいます。あきらめずに継続して、一つ一つの仕事を丁寧に確実にこなしていき、信用を得られるように取り組んでいきましょう。

通勤が面倒くさい

通勤が面倒に感じる人も多く、朝から憂鬱な気持ちになるので働きたくないと感じる人が多いです。満員電車や満員バスは、自分のモチベーションが下がってしまうので、満員電車の憂鬱な状況の中でも、楽しい気持ちになれるように工夫することが大切です。

音楽を聴きながらガムを噛むと、口臭ケアをしながらリフレッシュな気持ちで通勤できます。ガムを噛むことで、眠気を予防しすっきりとした気持ちが続くので、自分なりに工夫して満員電車やバスの時間を乗り越えていきましょう。

人間関係に疲れる

人間関係に疲れると答える人は多く、どのジャンルでも関係なく悩むことです。人と関わりのない仕事はないので、人間関係は大切にして、雰囲気やコミュニケーションを上手にとっていきましょう。

上司だけではなく、同僚や部下やとの付き合いも大切なので、楽しくできる人はよいのですが、苦手に感じる人も。無理に合わせるのではなく、自然体でマナーを守って会話を楽しむことが大切です。人間関係がうまくいくと、仕事もやりやすくなるので、社内の雰囲気を大切にしながら仕事をしましょう。

責任をとりたくない

役職によっては、責任のある仕事を任されるようになります。責任のある仕事はプレッシャーがかかり、ストレスを感じてしまいます。プレッシャーがかかることが続くと、逃げたいと感じるようになり、働きたくないと感じることが多くなってしまいます。

役職や資格があるからこそ、ほかの人にはできない仕事なのですから、自分にもっと自信を持って仕事をすることが大切です。自分にしかできない仕事だと考えを変えて、プラスに受け止めて仕事をこなしていきましょう。万が一のことも想定して、自分を信じて取り組むことが大切です。

給料が上がらない

勤続年数が十分なのに給料が上がらないと、やりがいを感じて仕事できなくなり、働きたくないと感じてしまいます。がんばりや能力によって昇格のある会社システムなら、やる気を出して取り組めますが、会社によって異なることです。

給料が上がらないという理由で働きたくない場合、自分の能力や仕事に対する気持ちを見つめ直してみましょう。もしかすると、自分に問題があるのかもしれません。気分転換やリフレッシュをして、仕事に対する考え方を変えてみることもよい方法です。能力に応じた給料が支払われているので、自分のスキルや能力を高めることも考えてみましょう。

休みが少ない

やりがいを感じる仕事でも、休みが少ないと息が詰まります。自分の時間がないと、体を休や心を休ませることができないので、疲れが取れない状態が続き、ストレスをため込んでしまいます。その結果、続けることが難しく感じ、働きたくない気持ちが大きくなってしまいます。

休みが少ない場合は、少しの休憩時間を楽しく過ごせる工夫をしてみましょう。また、家での時間を充実させることです。家に帰ってから仕事に行くまでの時間を、疲労回復にあてましょう。リフレッシュや気分転換ができるように、趣味を見つけることもよい方法です。

独立したい

独立したいと考えている人は、今の仕事を本気で取り組もうとしない傾向があります。今の仕事ではなく、独立後の自分を考えているので、仕事がおろそかになってしまい、働きたくないと感じるようになってしまうのです。

独立するためにも、今の仕事から学べることを、しっかり吸収することが大切です。自分の夢と希望に進んでいくわけですから、独立後に失敗しないように、今の自分を磨き上げ、能力や技術を高めていくことを考えて取り組んでいきましょう。独立したいという気持ちが大きくなりますが、あせらずに今できる仕事を確実にこなしていきましょう。

専業主婦の働きたくない理由

子供のためにできるだけ家にいたい

専業主婦も、働きたくないと思っている人は多いです。子供のことを考えると、「おかえり」と言ってあげたいと思っている人が多く、子供が寂しいと感じることがないように、環境を考えている家庭は多いです。

共働きになると、世帯収入が高くなり豊かに見えるかもしれませんが、子供が寂しい時間を過ごしているという現実も。子供のためにできるだけ家にいたいと考える親は多く、たとえ体調不良になったとしても、家にいることで子供への対応が十分できるため、専業主婦に専念している世帯は多いです。

家事や育児と仕事の両立ができない

働きたいけど、家事や育児と仕事を両立できないという人も。産後の体力不足で、若いときのように体力がもたないと感じる人も多く、働きたくないわけではないのに、働けないという人も。

専業主婦に専念することも大切なことですが、家でできる仕事は探せば見つかるはずです。仕事をしてやりがいを感じ、楽しく過ごすことにつながるので、体力がないからといってあきらめてはいけません。家事や育児の合間を見つけて、自分ができる仕事を探すことから始めてみましょう。

残業などができない

会社にもよりますが、残業ができないと、風当たりが冷たくなるという会社もあります。子供のお迎えがあるので、遅い時間まで働けない場合、人間関係がネックとなり働きたくないと感じる人が多いです。

このため、仕事をやめなければならない事態になり、次の仕事も見つからないと、働きたくないと感じてしまいます。仕事をする場合は、子供のことなら融通の利く会社を選ぶことがポイントになります。子供の行事にも参加できるので、働きやすく人間関係も良好になります。

ブランクが長すぎる

仕事をしていない期間が長すぎると、ブランクが出てしまい、もうついていけないと感じる人も。このため、仕事に復帰したくてもできず、働きたくないと思ってしまう人も多いです。ブランクが長くても、働かなければならない状況になる場合は、働けるはずです。

働かなくてもよい場合は、無理に働かず、専業主婦としてしっかり務めることを考えましょう。働いていないとみられてしまいますが、家事や育児をして家を守っているわけですから、自分に自信を持って生活をしましょう。どうしても仕事をしなければならない状況になったら、気持ちを切り替え、ブランクを気にせずに挑戦していきましょう。

人と関わる事が苦手

人と関わることが苦手という専業主婦は多いです。どんな仕事でも、人と関わり合い、人間関係が出てくるのでストレスの原因になってしまいます。人と関わることが苦手な人は、このまま専業主婦として専念していきましょう。また、一歩踏み出したいと考える人は、パートに出てみることもよい方法です。短い時間でも、人と関わりを持つことができ、気持ちをリフレッシュできます。

仕事をしない道を選んでもよいですが、専業主婦でも気晴らしは大切です。深く考えすぎないように過ごしていきましょう。人と関わることにこだわらず、自分を大切にして、自分ができる稼ぎ方を見つけることを考えましょう。パソコンやスマホを使った仕事もあるので、楽しくできそうなことから挑戦していくとよいでしょう。

パートナーの収入で生活できる

生活に困ることなく、パートナーの収入が十分な場合は、無理に働かなくてもよいでしょう。働くことが楽しいと感じる人は、外に出てもよいですが、自分の無理のない範囲で取り組んでいきましょう。

パートナーの収入で生活できることは、パートナーにとっても誇らしいことです。働かなくても十分な場合は、趣味に費やしてもよいでしょう。ただし、ずっと家の中にいるのではなく、気分転換やリフレッシュができる時間も必要です。このままでよい人は、今の暮らしをさらに楽しく、有意義にする方法を見つけていきましょう。

ニートの働きたくない理由

面接や仕事の準備が面倒くさい

ニートの働きたくない理由は、面接や仕事の準備が面倒に感じてしまう人です。履歴書を書くことは、自分を見つめ直す時間になるので、自分と向き合い社会に出る気持ちが薄くなっている状態です。自分の気持ちの整理をすることが大切な期間なので、あせらずに自分を少しずつ見つめ直していきましょう。

また、いろいろなきっかけが必要な時期です。さまざまなことを考え、将来の不安などのプレッシャーを感じてしまう人もいますが、社会復帰をするタイミングは自分にしかわからないことです。よって、ニートの時間を大切にしながらいろいろなものを見て、自分のペースで準備をしていきましょう。

単にずっと怠けていたい

単に怠けていたいといる人も。とにかく働きたくないと感じることもありますが、人は「働かざる者、食うべからず」という言葉があるように、働かなければ食べる権利はないと考えておきましょう。怠けたいという気持ちは誰にでもあることですが、働かないと生きていくことはできません。

ニートと同じように、自分を見つめ直す時間を大切にしましょう。今まで働いていたのに、急にやる気が起きずに会社も辞めていしまい、怠けるようになったという人も、自分と向き合う時間を作り、あせらずに社会復帰へ進んでいくことを考えていきましょう。働かなくてもよい程、資産があればよいですが、自分の貯蓄も限られているものです。怠けすぎず、復帰できるような環境を整えていきましょう。

働く目的がない

働く目的や目標がないと、やる気が出ず働く気持ちが薄れてしまいます。まずは働きたいと思えるような目標を、自分で見つけ出すことが大切です。人にいわれたから取り組むのではなく、自分で見つけ出すことがポイントです。

働く目的や目標を見つけられると、それが生きがいとなり、今まで以上に楽しく仕事ができるようになります。目的を見つけ出すまでには時間がかかるかもしれませんが、一人の時間を大切にして、いろいろな分野を見てみましょう。違う場所に気分転換に行ってみると、よいきっかけを見つけられる場合があります。あせらずに、自分のペースで見つけ出していきましょう。

自分に自信がない

マイナス思考になってしまう人は、自分に自信を持つことができず、自分は何をやってもダメでできることがないと考えてしまいます。ネガティブになってしまうときは誰にでもありますが、考えすぎはよくありません。「自分は何ができるのか」ということを考えてみましょう。

ネガティブ状態が続いてしまうと、人によって自分を傷つけてしまう人もいるので、まずは自分の性格を把握することです。そして、できることを一つ一つクリアしていき、全部一気にやろうとしないことです。自分に新しい資格やスキル、能力アップなど、仕事につなげられることを身につけられると自信につながるので、ニートの時間を活用して、スキルアップなどに挑戦してみるとよいでしょう。

精神的な持病を抱えている

精神的な持病を抱えている人は、無理に社会復帰を考えなくてもよいでしょう。うつ病やパニック障害は、自分を傷つけてしまい、どんどん自分を苦しめてしまう傾向があります。回復したと思っても、再び症状が重く出てしまう場合があり、周りの人にも迷惑をかけてしまいます。

自分を深く責めず、気持ちを明るく保てられることを見つけることが大切です。気分転換やリフレッシュも大切です。無理に社会復帰せず、自宅でできる仕事もあるので、自分を明るく保てる時間を長くできるように工夫していきましょう。

また、仕事ができないことに対して、自分を責めてしまう場合も。しかし、自宅にいても収入を得る方法はあります。上手な稼ぎ方を見つけて、自分の自信につなげていき、モチベーションを高めていきましょう。

欲望が低すぎて働く意欲がわかない

働く意欲がわかないという人も。自宅で過ごす時間が多いと、自立心が薄れてしまいお金に困らなくなります。もちろん、お金に興味がなくなるわけなので、働かなくてもよいと考えるようになってしまいます。

しかし、これでは自分も支えてくれている家族にも迷惑がかかることなので、社会復帰を目標に考えた生活をしましょう。まずは、目標や欲しいものを見つけることです。夢や希望があると、達成したい気持ちが湧いてくるので、意欲的な自分を取り戻せる方法になります。

大学生の働きたくない理由

ブラック企業が怖い

大学生は、授業の合間や授業が終わってからアルバイトをして、お小遣いや授業料などを稼いでいます。しかし、会社側からすると、まだ大卒ではないので扱いやすく、残業を指示するところも多いです。

働くことはよいことなのですが、休みも少なく残業も多くさせられ、授業に差し支えてしまう人も多いです。このため、働きたくないと思ってしまう大学生は多いのです。ブラック企業が怖いので、働くなら短時間で高収入という仕事を探す人も。勉強だけではなく、自由な時間も欲しいので、長時間の勤務を嫌う大学生が多いのが現状です。

やりたいことが見つかっていない

大学に進学しても、やりたいことが見つかっていない人も。理想はあっても、現実的な目標が決まっていないと、働く気が起きません。単に大学生活を過ごすのではなく、自分の目標を定めることで今やるべきことが見えてきます。

やりたいことが見つかると、勉強に対しても意欲的になり、資金が必要になるため、働かなければならないという気持ちになります。目標をしっかりと定めることで、自分を成長させることができ、充実した大学生活を送れます。働きたくないと感じている人は、自分を見つめ直し、あせらずに目標をみつけていきましょう。

働き方の多様化

務めるだけが働くスタイルではなく、個人で営業する自営業を将来やってみたいと思う大学生も。夢はあるものの、現実的に考えると、まだまだ乗り越えなければならないことが多く、始める前から挫折してしまう人も多いです。働き方は多様化していて、会社で働くことだけが仕事ではなく、自分で展開する自営業や開発する仕事など、いろいろな分野があり働くスタイルも違います。

自分が向いている仕事を見つけるためにも、いろいろなものを見てみることが大切です。長く働くことも大切ですが、短期間働くだけでも、いろいろなことを吸収できるので、プラスに考え取り組んでいきましょう。

楽しそうに働いている人が少ない

働いている人を見てみると、楽しそうに働いている人が少なく、いろいろなストレスを抱えて仕事をしていることが伝わってきます。仕事は大変でつらいものというイメージがあるので、働きたくないと感じる大学生も。いざ、就職活動する時期にさしかかっても、働く気持ちが起きず、出遅れてしまう人も多いです。

楽しそうに働けていない人は、自分に目標がないからです。つい、向上心や初心の気持ちを忘れて取り組んでしまいますが、誰でも最初はやりがいを感じられた時期があります。自分のモチベーションを高めて、維持することは難しいことですが、目標や楽しさを感じて取り組むことで、楽しく働けるようになります。

会社の中の歯車の一つになりたくない

会社によって、従業員に対する扱いが違います。従業員のことを考えた会社は、福利厚生が充実しており残業が少なく、社内の雰囲気もよいです。定期的に従業員に、ものや商品券などで還元してくれる会社や、体調を崩した場合でも、快く早退を指示してくれます。

しかし、従業員のことを思っていない会社の場合は、残業が多く、会社の歯車として働かされてしまいます。ただ働くだけでは納得いかないと思う人は多く、このような会社のためには働きたくないと考えるようになります。やりたい仕事でも、会社によって待遇が変わってきます。よって、入る前にしっかりとチェックすることが大切です。

働くということ以外で生きていく

株を始める

働くことが嫌な人や、働けないという人も。しかし、働くということ以外でも生きていく方法はあります。副業として注目されている株ですが、株で稼ぐという方法もあります。始めるにあたって、元手となる資金が必要になりますが、最近では少ない資金でも始められる株もあるので、利用している人が増えています。

やり方次第で資金を増やせるので、無理をして働かなくても、このような方法を活用すれば生きていくことはできるのです。しかし、損をしてしまう場合もあるので、情報を常にチェックすることが求められます。株を始める人も多いのですが、大金をつぎ込むことは慣れてきたらにしましょう。

実家のお世話になる

実家に住んでいるので、働かなくても生活に困らないという人も。実家の資金にもよりますが、親が健康で自営業などでしっかりとした稼ぎがある場合、無理に働かなくてもよい環境になります。そのまま親の仕事を受け継ぐという方法もあるので、あせりなく生活ができます。

しかし、今は働かなくてもよいかもしれませんが、親はいつまでも元気というわけではありません。親が元気なうちは収入もありますが、いつまで続くかわからないこと。将来や自分自身を見つめ直し、自立心を高め強い自分という考え方に変えていきましょう。いつか、支えてくれた親に恩返しができるように、いつかは親に頼った生活に区切りをつけましょう。

結婚して養ってもらう

結婚して養ってもらうという方法も。専業主婦になれば働かなくても生活をしていくことができるので、結婚することが重要なポイントになります。主婦や主夫として豊かに生活をするためにも、収入のある人と一緒にならなければなりません。

収入が低い人と、結婚をしても夫婦共働きになるので、自分も働かないといけない状態になります。働きたくないと強く思うのであれば、収入の高い人とうまく出会いを見つけることが大切です。結婚するタイミングを考えて、お見合いなどにも積極的に参加してみましょう。年収だけにこだわるのではなく、相手との相性もあるので、慎重に見定めることが大切です。

競馬で賞金稼ぎ

競馬で賞金稼ぎという方法もあります。しかし、ギャンブルは資金がないとできないことなので、のめり込みすぎは禁物になります。競馬の賞金は額が大きく、当たれば働かなくても生活できる額になる場合も。

しかし、当たる確率は少なく、損をし続ける割合の方が高いので、予算を考えながら参加することが大切です。当たれば大きいですが、元手を借りて競馬をするようになってはいけないので、自分ができる範囲で行いましょう。競馬を本業とするのではなく、趣味として行うことをおすすめします。

パチンコで生計をたてる

パチンコで生計を立てているという人も。パチンコもギャンブルの一つで、損をする確率の方が高いです。しかし、ベテランの人になると、生計を立てられるほど稼げる人もいますが、誰でも簡単に稼げるというものではありません。コツをつかむまで時間がかかりますが、仕事をしなくても稼げる人も中にはいます。

同じパチンコ店を利用するのではなく、複数のパチンコ店に行き、出る台と出ない台を見き分ける必要があります。また、どれくらいかければ出るかなども把握することで、損を少なくして稼ぐことができます。また、店によっても出るところとそうでないところがあるので、いろいろなパチンコ店で試すことも大切です。

家賃収入を得る

アパートやマンションを建てて、家賃収入を得るという方法も、安定した収入を得られるので、自分が働かなくてもよい環境を作り出せます。働かなくてもよいほど、安定した収入を得るためには、アパートやマンションが満室にならなければなりません。

また、アパートなどを建てたとしても、利用者がない場合は収入にならないので、利用しやすく清潔感のあるアパートなのかという、ユーザーの気持ちになって建てなければなりません。また、大家としてアパートやマンションの管理も、しっかりと行うべきでしょう。利用者に優しい大家さんは、入る率も高くなり人気が出るので、厳しすぎず利用者により沿った管理を行っていきましょう。

アフリエイト収入で生きる

毎日ブログを更新し、パソコンを使った時間が多い人は、ブログなどでアフィリエイトによる収入を得られます。上手にやれば、アフィリエイト収入だけで生計を立てられるので、働かなくてもブログで稼げるようになります。

そのためには、ブログを更新するだけではなく、ほかの人のブログもチェックして、フォロアーを増やしていくことがポイントになります。ツイッターなどにもブログ情報を入れるなどして、更新だけではなく集客活動に重点を置いて、取り組むことが大切です。人気のある商品を設置することで、ブログの雰囲気もよくなり、出入り数を増やせます。

YouTuberになる

最近話題のYouTuberですが、うまくできれば働かなくても生計を立てられるほど、収入を得られます。最近YouTuberが増えているので、インパクトのある動画や楽しく面白い動画を求めている人が多く、簡単に稼げなくなってきていることも現実です。

いろいろな撮影方法で、万人向けや年代別に分けるなど、いろいろな人が見られるように、工夫して動画を作ることがポイントになります。最初は趣味として取り組んでいきながら、磨きをかけて本業にしていく人も多いです。主婦も多く、子供に視点を置いた動画なども人気があり、自分も楽しみながら収入を得られるので、魅力的な稼ぎ方です。

働き方を変えるという考え方

思い切って転職する

現在仕事をしているが、働きたくないという気持ちが大きく、会社を休みがちになっている人。また、会社や人間関係に不満を抱いている人は多いです。思い切って転職をして、新しい環境に身を置くという方法も、よい考えです。

仕事に対する考え方が変わることで、前向きな気持ちになれて、気持ちをリセットさせて働けます。転職は簡単にできることではなく、自分が望む条件に合う仕事を探してから、転職することをおすすめします。思い付きで転職をするのではなく、計画的に行動しましょう。

在宅での仕事

「外に出て働く」ということだけが仕事ではありません。在宅での仕事でもしっかりと稼げて、やりがいを感じて取り組めます。パソコンのスキルがある人は、自分の能力を生かして仕事できるので、その分収入も期待できます。

面倒な人間関係から解放され、一人でできるので、自分のペースで取り組めるメリットがあります。また、がんばりによって収入も増えるので、自分の目標を持ってしっかり仕事ができます。休みたいときに休めるということも、在宅ならではのメリットです。

起業して仕事を作る

いろいろな経験を積み、ある程度自分に磨きをかけることができたら、自分の考えで働くという方法を取ってみてもよいでしょう。起業して仕事を作り、今まで雇われていた側だったとしても、次は人を雇う側になることで、今までとは違った世界観で仕事をすることができます。

起業するためには、経験だけではなくさまざまな準備が必要になります。一人でできるものもあれば、仲間と協力して行う仕事もあるので、しっかりと計画を立てて取り組んでいくことが大切です。失敗しないためにも、自分に自信をつけて、会社の方向性を明確に決めて取り組み、やりがいを感じながら取り組んでいきましょう。

アルバイトやパートに出る

今まで仕事をしていなかった人は、気持ちを切り替えて、アルバイトやパートに出てみることで、新しい環境を作り上げることができます。働きたくないと感じていた人でも、長期間休むことで、気持ちをリセットでき、また働かないといけないという気持ちになっていきます。

また、同じ仕事ではなく、ジャンルを変えて新しい分野に挑戦してみることもよい方法です。勇気が必要になりますが、よい気分転換になり、自分の能力を広げられます。働く楽しさを実感できるので、目標は長期間ですが、短期間でも楽しく働けるように、自分自身をコントロールしていきましょう。

働きたくない人への注意ポイント

最低限の食事はとれる生き方を

働きたくない人は、無理に働かなくてもよいのですが、自分が置かれている環境や状況をしっかりと考えて、判断をしましょう。専業主婦のように、養ってくれる人がいる場合や、在宅ワークなどで自分なりの収入を得られればよいのですが、働きたくないという理由だけで日々を過ごしている人も。

最低限の衣食住ができているかどうかを考え、生活水準を上げないように、収入に合った生活をすることが大切です。株などで生計を立てている人でも、いつ損をしてしまうかわかりません。ギリギリの状態で過ごすのではなく、余裕を持った生活ができるように工夫をしましょう。

転職は進める前に確認

転職を考えている人は、行動を起こす前に、当面の生活費を確保できるかどうかも考える必要があります。とっさの判断でやめてしまわず、資金を確保して次の仕事の見通しが立つまでは、行動を起こすことは控えましょう。

生活ができなくなってしまっては、気持ちに余裕を持つことができず、妥当な判断もできなくなってしまいます。自分なりに節約をしながら出費を抑え、資金を確保しながら転職の準備を進めていきましょう。資金を貯めながら、必要な資格を取得するという方法もできます。時間を資金を有効活用して、次のステップにつなげていきましょう。

周囲の人のことも考えてみる

自分が働きたくないという理由で、怠けた生活をしている人も。実家だからお金がかからず、このまま働かなくてもよいと安心している人も。しかし、支えてくれる家族がいるからこそできることで、実家の家族がいつまでも元気でいられるとは限りません。

周囲のことを考えてみると、冷静になって自分を見つめ直せます。もし、怠けた気持ちが強く、働きたくないと考えている人は、家族のことを考えてみましょう。家族が笑顔で生活ができるためには、自分はどうすればよいのか考えながら、冷静に判断することが大切です。支えてくれる家族を大切にするためにも、自分の考え方を変えてみましょう。

まずは自分の気持ちと向き合い自分にとってベストな生き方を選択しよう

働きたくないと考えてしまうことは、決して悪いことではなく、人なら当然そういう気持ちになるときがあります。そこで、気持ちを切り替えられるかどうかという差があるため、仕事が続かないという人も出てきます。

働き方は多様化しており、外で勤務することだけが仕事ではありません。まずは、自分の気持ちと向き合い、生き方を考えてみることが大切です。考え方を変えることができれば、楽しく働ける方法を見つけ出すことができます。

category

記事カテゴリー