職場の人間関係が悪くなる原因は?良好に保つ方法で良い仕事をしよう

職場の人間関係が悪くなる原因は?良好に保つ方法で良い仕事をしよう

BUSINESS 2018.02.27

Share :

職場には、実にさまざまな人がいるものです。中には、もちろん価値観が合わない人もいるものですね。そんな職場での人間関係が悪くなると、さまざまな弊害が出てきてしまいます。それを防ぐためには、人間関係を良好に保つことが大切なのです。

職場の人間関係が悪くなってしまう原因

自分から心を開かない

職場の人間関係が悪くなってしまう原因は、さまざま考えられます。

なにより一番多いのが、自分から心を開かないということ。心を開いてくれない相手には、どうしても周囲の人はとっつきにくくなり仲良くなりにくくなってしまいます。特に職場においては、心を開かない相手は人間関係に入れてもらえないことも多いのです。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

もちろん、プライベートな友達のように完全に心を開いていく必要はありません。しかしある程度は心を開いていかないと、誰とも仲良くなれなくなってしまうのです。すると、いつしか誰も声をかけてくれなくなってしまいます。

空気が読めない

空気を読む、というのは難しいことかもしれません。しかしその場に適した言動をする、ということはそれほど難しいことではありません。

空気を読むというのは、その場に適した言動が基礎となります。これができないと、空気が読めない人となって徐々に人間関係が崩れていってしまいます。

なにも自分を殺してまで、周りの人に合わせる必要はありません。しかしその場に適した言動を心掛けることは、人間関係を良好にするためには不可欠なのです。

自分を良く魅せようとしてしまう

職場においては、チームワークが大切なことも多々あります。そんな中で、一人だけ自分をよく魅せようとしてしまうと人間関係が悪くなってしまうことも多くあります。

その人本人には、悪気はないのかもしれません。しかし周りの雰囲気をしっかりと感じて、自分のことばかりになりすぎないようにすることも大切です。

自分に正直であることは、とてもよいことです。ですが無理して自分をよく魅せようとすると、人間関係すら崩してしまうのです。無理しすぎないように注意しながら、自分のよさは程良く表現していきましょう。

仕事がルーズ

職場においては、仕事に対するモチベーションも人間関係に大きく影響してきます。時間を守らなかったり仕事の期限を守らない人は、周りの人から避けられるようになってしまいます。

その人だけの問題で済めばまだよいですが、その多くは周りの人までその負担を負うことになります。一人の仕事がルーズであると、周りの人がそれをカバーしなければならないのです。

これが繰り返されると、人間関係もどんどんと悪化してしまうようになるのです。

人の話を聞かない

職場においても、人の話を聞かない人は嫌煙されがちです。人の話を聞くということは、人間関係を構築する上で基礎中の基礎となる部分です。

話も聞かずに自分のことばかりを気にしている人は、相手と仲良くなろうという気がないと見なされてしまうことも多くあります。特に職場においては、人の話を聞いていないと仕事そのものに影響してくることも多くあります。そうすると、仕事にも支障が出て人間関係はさらに悪化してしまうことになるのです。

職場の人間関係を良好に保つ方法

挨拶をする

職場の人間関係を良好に保つことができれば、毎日が劇的に快適になります。一日のうちの大半を過ごす職場なので、そこでの環境をよくすることは生活そのものをよくすることにつながるのです。

職場の人間関係を良好にするには、まず基本となる挨拶を徹底していきましょう。挨拶は意識をするとなんとなく上手にできなかったりするものです。

しかし挨拶がないだけで、なんとなくその日中その相手と気まずかったりしますね。そうならないためには、まずは一日の始まりの挨拶をはっきりとすることです。

相手に聞こえる声の大きさで、明るく笑顔で挨拶していきましょう。ちょっとくらい大袈裟でも、挨拶をしないよりは全然ましです。

またあまり仲良くない相手であっても、積極的に挨拶をしていきましょう。こうすることで、新しい人間関係が築かれる可能性も出てきます。そして挨拶から始まる人間関係は、良好に築いていける可能性も高いものなのです。

笑顔でコミュニケーションをとる

人間関係を保つ上では、相手とのコミュニケーションを欠かすことができません。相手とのコミュニケーションの際は、笑顔を絶やさないように心がけましょう。

笑顔がないと、相手は自分といても楽しくないんだと解釈してしまいます。するとどんどんと疎遠になり、いつしか人間関係はなくなってしまいます。

また笑顔でも、話しながらスマホをいじるなども厳禁です。コミュニケーションは、相手とのやり取りに集中することが大切です。

相槌をしっかりして、相手を肯定するようにすると人間関係を良好にすることができます。またリアクションを大きいくらいにしていくのも、人間関係を良好に保つ上で大変有効です。

感謝の言葉を積極的に伝える

感謝の言葉は、なかなか相手に伝えにくいものです。仲がよければなおさら、いいにくいものですね。

しかし「ありがとう」は、誰にとっても特別に嬉しい言葉です。どんなに小さなことであっても、その都度「ありがとう」と感謝の言葉を伝えるようにすると人間関係は驚くほど良好になります。

また感謝の言葉をしっかりと伝えていけば、どんなに苦手な相手でもそれなりの人間関係が築けます。それだけ、感謝の言葉を伝えることには強い影響力があるのです。そのため感謝の言葉は、どんどん積極的に伝えるようにしていきましょう。

悪いと思ったら謝罪する

感謝の言葉と同様にとても大切なのが、謝罪です。こちらも、なんとなくいいにくい言葉の代表です。しかしどんなに小さなことであっても、しっかりと謝罪することはとても大切です。

謝罪しないと、本当につまらないことでも積み重なり、大きなトラブルになってしまいます。すると、職場の人間関係はどんどんと悪くなってしまうのです。

謝罪するときは、言葉だけでなく心から謝罪を伝えていきましょう。心のこもっていない謝罪は、トラブルを大きくするだけです。心からの謝罪は、トラブルと相手の気持ちを鎮めてくれる効果があるのです。

悪口に同調しない

人が多く集まれば、ある程度の派閥が生まれるのは当然といえます。また好き嫌いがあるのも、人の感情としては自然のことです。

しかしその好き嫌いを表立って表現していては、人間関係は良好にはなりません。嫌いな人と積極的に付き合っていく必要はありませんが、嫌いな人に「嫌い」と伝える必要もないのです。

これは相手に直接伝えるのももちろん控えるべきですが、陰での悪口も控えるべきです。例え陰での悪口だったとしても、そのほとんどは本人の耳に入るものです。

悪口は、直接いわれるよりも陰でいわれる方が傷つくものです。そして自分で悪口をいっていないとしても、悪口に同調したのならば同罪です。悪口をいっていないから自分は悪くないということではなく、悪口には同調しないことが大切なのです。

困った時は人に頼る

人に助けを求めるというのは、簡単にできる人とできない人がいます。困ったときは、ぜひ人に頼っていきましょう。

人に頼ると、相手が困るのではないかなどと考えてしまうこともあります。しかし実際頼られると、人は嬉しくなることが多いものです。

もちろん頼り方にもよりますが、頼られるということは信頼されていることと感じるので、嬉しく思うものなのです。困っていても頼らずに一人きりで頑張っていると、周りの人は信頼されていないから頼ってくれないんだと思うこともあります。

プライドなどがあって、頼れないという人もいるかもしれません。しかし困ったときこそ、ぜひ人に頼っていくべきなのです。すると、人間関係も良好になっていきます。

職場の人間関係でストレスをためない方法

視野を広く持つ

職場での人間関係は、ストレスを多く感じさせるものです。そのストレスは、時に病気すら発症させてしまうこともあります。そんなストレスは、なるべくためないようにしていく工夫が必要です。

ストレスをためないようにするには、視野を広く持ってみましょう。視野を広く持つとは、簡単にいえば「人それぞれの価値観を認める」ということです。

人がストレスを感じるときは、相手との価値観の違いがあるときが多いものです。自分の中の常識が、相手の常識と違っていて理解できないからストレスとなります。

そこで、「人は人、自分は自分」と割り切ってみましょう。それぞれの価値観があって、それぞれ違っていてよいのです。

そしてむりやり価値観をあわせようとせず、「そんな価値観もあるんだ」と理解すればいい訳です。そうすれば、ストレスは大きく軽減できます。

身近な人に相談する

ストレスは、自分の中に抱え込んでいると、どんどんと膨れ上がってしまうものです。そこで、ストレスを感じているときは身近な人に相談してみましょう。

相談するということは、自分の気持ちを吐き出すことになるのでストレス解消にも非常に効果的です。家族や友人、そして頼れる上司がいるのならば、ぜひ相談してみるとよいでしょう。

どうしても相談できないという場合には、気持ちを紙に書きだしてみるのも有効です。こうして、気持ちを抱え込まずに吐き出すことがストレス解消につながります。これは、なるべくこまめに行っていけるといいでしょう。

仕事とプライベートは割り切る

どうしても職場の人間関係での悩みを解消できない場合には、仕事は仕事と割り切ってみましょう。仕事とは、お金を稼ぐための手段と割り切ってみるのです。

楽しく過ごせればよいですが、仕事はあくまでも仕事をする場所。そう考えれば、人間関係のストレスもためにくくなります。案外こうして割り切ってしまった方が、人間関係が上手くいくこともあるのです。

プライベートを充実させる

プライベートが充実していると、仕事のモチベーションがグンと上がるものです。プライベートで楽しいことが待っているから、仕事を頑張れるのです。

そのためには、今よりももっとプライベートを充実させていきましょう。趣味の時間を増やしたり、もっと掘り下げてみるのもいいでしょう。

また新しい趣味を始めてみたり、習い事をしてみるのもいいかもしれません。そしてその楽しみで、仕事での人間関係ストレスを解消していくのです。

身体を動かす

私たちは、身体を動かすことでストレスを解消することができます。そのため、ぜひできる範囲で身体を動かす習慣をつけていきましょう。

始めは、筋トレだけでもいいでしょう。筋トレも難しいという場合には、軽いストレッチだけでも効果的です。また、スポーツを趣味として始めてみてもよさそうですね。空き時間にウォーキングやランニングをしてみるのも有効です。

職場の人間関係を良好にして良い仕事をしよう

職場の人間関係は、仕事の成果に直結してくることも多々あります。たかが人間関係ですが、仕事をする場所での複雑な人間関係は大きなストレスを生むことも多いのです。

そんな人間関係は、良好になればなるほど仕事の効率も上がるものです。毎日のちょっとした工夫を積み重ねて、ぜひ良好な人間関係を築いていきたいですね。

しかし、なかなかそう簡単にはいかないことも多くあります。そんなときは、ストレスを上手に発散して自分の中でためこまないようにすることが大切です。そしてよい仕事をして、さらに充実した毎日を過ごしていけるといいですね。

category

記事カテゴリー