高級セダンのラグジュアリーな魅力。ワンランク上の大人のドライブを

高級セダンのラグジュアリーな魅力。ワンランク上の大人のドライブを

CAR / MOTORCYCLE 2018.02.27

Share :

高級セダン、スポーツセダン、洗練されたドライビンクを思う存分楽しめる大人のための車です。スポーティーでダイナミックで、小回りも利く国産セダン。長距離ドライブでも疲れない、エレガンスな外国セダン。セダンに乗って、上質な走りを楽しみましょう。

デキる男の車はセダンで決まり

セダンのルーツは馬車にある

「セダン」という言葉のルーツは、馬車用語に由来しています。人の移動手段に馬車が使われていたころ、人が乗るキャビンと荷物を載せるトランクは分けられていて、このことを「セダン」と言っていたそうです。さらに古い時代では、17世紀頃に、南イタリアから広まった「セダンチェア(椅子かご)」という乗り物のことでもあります。セダンは、ラテン語でsedeo、seoで、「腰かける」が語源です。セダンは当初から、高貴でフォーマルな乗り物であり、おもに上流階級に愛用されてきました。

現在では「前後二列の座席があり、その間にしきりがない車」のことをいいます。英国ではサルーン、ドイツではリムジーネ、フランスではベルリーヌまたはベルリネット、イタリアではベルリーナまたはベルリネッタ、その他に4つの扉という意味で、クワトルポルテと呼ばれることもあります。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

日本と米国では、「セダン」という名称が一般的ですが、日本のJIS、自動車技術会では、「サルーン」という名称が基本で、規定には「セダンともいう」とあります。また、軽自動車の場合は形状がセダンでも、分類としては「軽自動車」とされる場合もあります。

セダンの魅力

セダンは車の基本形ともいわれています。セダンが魅力的なポイントは、

・デザインも装備も高級で、走りのための資質がよく、乗り心地がいい
・高剛性で低重心のため、走行性能がよい
・ラグジュアリーで快適な上級セダン、すぐれた走行性能のスポーティセダンなど車種が豊富
・視線の高さがほどよいので運転しやすく、立体駐車場も利用しやすい
・基本性能が高いので、長距離ドライビングが楽にできて安全性も高い

皇族、王族、大統領が乗る車は、セダンが主流ということから、世界的にも「セダンは高級」と認識されているところがあります。便利なことで、ファミリーカーとしてミニバン、ワゴン車を使う人が増えても、セダンは常に一定のシェアがあり、愛用している人は多いです。

VIP(ビップ)カーが流行った時代

VIPカーは、高級セダンをベースとして、エアロパーツ、ホイールなどがカスタムされた車です。高級セダンでも、最新モデルではなく、旧式のセダンがベースの車として使われます。トヨタのクラウン、セルシオ、センチュリー、レクサスGS、日産のシーマ、セドリック、グロリアなどです。外車では、ロールスロイス、メルセデスベンツSクラス、BMW7シリーズ、マイバッハ、ジャガーXJ、ベントレー、マセラティ、ポルシェなどがあります。

ほんとのVIP(ヴイアイピー)が乗る車

皇族、王族、大統領など、本当のVIPが乗っているセダン。その特徴は、一つめは、国産高級車か高級輸入車で、新型車で改造はしていないセダンが多いです。二つめは、基本的に自分で運転することはなく、専属の運転手さんが運転します。安全第一で、スピードは適度。三つめは、セダンのボディカラーは黒系が多い。四つめは、排気音とエンジン音など、車の静粛性が高い。五つめは、常にきれいに洗車されて、ピカピカに磨き上げられたセダンで、車内は掃除が行き届いている、などがあげられます。本当のVIPが乗るセダンは、とてもラグジュアリーで洗練された雰囲気です。

ニーズの変化により多様なVIP車種が作られている今

1990年頃までは、トヨタのマーク?、クラウンなどのセダンが月平均約2万台販売されて、月間販売台数ランキングの上位は、すべてセダンでした。1990年代半ばに、RVブームが起こります。クロカン系の4WDで、実用的なパジェロやランドクルーザー、ミニバン、ワゴン車などの需要が多くなりました。まだエコカーやハイブリッドカーは出ていない時代で、バブルの崩壊も原因して、セダン人気が減少します。ミニバンの居住性や実用性、SUVの多機能性が求められる時代になりました。その後、乗用車はさらに多様な車種に発展します。

それでもセダンは、常に一定のシェアをキープしています。セダンは、エレガントで、高品質な車であり、乗り心地のよさと高度な走行性能で、高級な乗用車として確立しています。

あえてセダンを選ぶべき理由

セダンは本来、高貴でフォーマルな乗り物であり、おもに上流階級で愛用されてきた車です。セダンには、走行性能、乗用車というだけでなく、普遍的な形式美があります。SUVは、作業車から発展した車で、その性能、走りがすぐれていても、根本の目的が違います。

他の形状に比べて運動性能が高いボディ形状

セダンとSUVなど他の車とでは、ボディ形状がまったく違っています。キャビンとトランクが分かれているセダンは、ボディの剛性が強くできています。ボディの剛性が強いため、ねじれ、振動などが起こりにくく、走りもしっかりします。共鳴しなくなるので、静粛性も高いです。セダンには、絶対的な基本性能の高さがあります。一つの大きな箱になっているSUV、ミニバンなど、ワンボックスカーと乗り比べてみると、その違いがわかります。

中古車ならお得に買える

セダンは、発売後4~5年で中古車相場が値下がりします。新車と中古車の価格の差は、軽自動車一台分になるくらいです。セダンは耐久性にすぐれているので、長く乗れる車ですから、中古車であれば年式の新しい車種を、予算内で買えることも多いです。SUVの中古車は人気があり、年式の新しい車種では、新車の20万下~高額なものでは50万下くらいで、新車とあまり変わらなかったということもあります。購入する側からみると、セダンの中古車は割安で購入することができます。

 

 

車には国柄が大きく関係している

車を運転するにあたって、国によってさまざまな違いがあります。道路事情、車の作り手の考え方、車の乗り手の考え方も違って、車には、それぞれに国柄が大きく関係しています。

日本の自動車メーカーは国際的に有名になり、世界の人が日本製の車に乗っています。日本は交通整備がよく、優良な運転教育をすることを世界から評価されています。日本のドライバーは、一般的にはかならず、自動車保険に入っています。ですが、海外には、自動車保険に入らないことが普通になっている国があります。車に傷や凹みができたときは、そのままにするか修理できる範囲ですませる、という人が多いことには驚きます。

アメリカでは、路上駐車をすることが当たり前で、どこにでも駐車をします。日本ととくに違うのは、歩行者優先の意識が徹底されていて、大通りだとしても、道路を渡ろうとしている人がいると、車は必ず止まって人を優先します。車が通るのを歩行者が待つことは、あまりないことです。

信号待ちのときに車の前にバイクが大量に並ぶタイ、ベトナム、車の運転をするときに、こどもが渡ってきたときもプレーキで減速しないインド(相手もスピードを落とさないことを予測して渡る)など、国によって道路、交通事情もさまざまです。海外で運転するときは、その国の事情をよく理解して、保険にも入って乗りましょう。

コンパクトで燃費にこだわる日本車

日本は、道路幅が狭い町も多く、信号が多いので、燃費がかからず、コンパクトなタイプの車が人気です。現在、人気のコンパクトカーは、体長が4m前後に抑えた車が多く、排気量が約1,000cc~1,500ccなので、坂道を登るときにも軽自動車のように力不足を感じることもなく、使いやすい車です。

車の維持費としては、ガソリン代はセダンの方が倍くらい、自賠責は同じで、自動車税は、セダンの方が一年につき1万円~2万円くらい高いです。ランニングコストはセダンの方がかかりますが、乗り心地、走行性能などをよく考えて、予算内であれば、乗りたい車を選びましょう。

広い土地だから作りも排気も大きいアメリカ車

アメリカ車は、米国の自動車メーカーによって米国内で生産された自動車で、アメ車とも呼ばれます。アメリカ車の特徴は、車体の大きさ、排気量の大きさ、足回りのやわらかさにあります。それは、アメリカにとっては自然なことで、理由があります。

アメリカは、雄大な土地が多く、町中でも道路幅が広いです。高速道路を長距離で移動(何100km)することも普通です。高速道路は直線で、舗装しているロードと、悪路になっているロードもあります。長時間、快適なドライブをするために、大きな車内空間、足回りのやわらかさ、排気量などが必要になります。

国と国が繋がる長い道のりはドイツ車

ヨーロッパは国と国が道路でつながっているので、長距離移動が多いため、効率よく高速を走れる車が求められています。ドイツ車のメリットは、高速道路での直進安定性がよい、操縦安定性がよい、シートの出来がよく、長距離運転でも疲れない、乗り心地がよいなどがあります。街中では、少し乗り心地が硬いと感じる場合もあります。

今の残る石畳の道路に強いイタリア・フランス車

イタリアやフランスは、古くからの石畳の道路が多く残っているため、荒れた道路がときどき存在します。荒れた道路は、柔らかくショックを吸収する車が乗りやすいです。プジョー、シトロエンの足回りなどは、その土地で運転しやすいように開発されています。

 

 

【画像ページ引用http://www.honda.co.jp/LEGEND/

大衆車から高級車まで幅広いのがセダン良さ

小回りの利くSサイズセダン

Sサイズのセダンは、全幅1800?以下、2000cc以下で、コンパクトで燃費も比較的かからず、経済的なセダンです。小回りというと、最小回転半径が小さいことが目安になります。

Sサイズセダンの例をあげると、

・トヨタ プラッツ1.3F NCP16型。最小回転半径4.3m、切り返しなくUターンする場合の道幅8.6m
・光岡 ビュート 15LX YK12型。最小回転半径4.4m、切り返しなくUターンする場合の道幅8.8m
・ダイハツ シャレード ソシアル SR-Limited G102S型。最小回転半径4.4m、切り返しなくUターンする場合の道幅8.8m
・光岡 ビュート 12DX NK13型。最小回転半径4.5m、切り返しなくUターンする場合の道幅9.0m
・ダイハツ シャレード ソシアル SX G213S型。最小回転半径4.5m、切り返しなくUターンする場合の道幅9.0m

このあたりがとくにSサイズのセダンですが、Sサイズのセダンは約750種以上あります。

ファミリー向けMサイズセダン

Mサイズセダンは、適度な大きさで、各自動車メーカーのラインナップが豊富です。排気量は1500cc~3500ccで、ガソリン、クリーンディーゼル、ハイブリッドなどさまざまな仕様。ファミリー向けで大人に似合う車です。トヨタ カムリ、レクサス IS、トヨタ マークX、日産のティアナ、スバルのレガシィB4などです。

高級車志向Lサイズセダン

Lサイズセダンは、各自動車メーカーの最新技術が搭載された、看板のモデルが多いです。全長4,850~5,210mm、全幅は1,800mm上、全高1,450~1,510mmがLサイズセダンです。内外装はラグジュアリーで乗り心地は抜群、外車もこのサイズが多く、高級志向のセダンです。トヨタ クラウン、日産 フーガ、レクサスLS。外車では、ジャガー XJ、BMW 7シリーズ?、キャデラック CT6?などです。

走行力を求めるスポーツセダン

スポーツセダンは、乗り心地がよく高品質でありながら、スポーツ走行もできるバランスのよいセダンです。走りに力を入れて開発されています。スポーツセダンはスタイリッシュなデザインの車が多く、カッコよさがあり、スポーティーな若々しい大人の人に似合います。ホンダ グレイスハイブリッド、スバルWRX S4、日産スカイライン 350GT ハイブリッド、トヨタ マークXなどです。

スポーツセダンは、国産車と外車では、価格に大きな差があります。国産車は、150万円~400万円のセダンが多いのですが、外車では、300万円台のアウディA3、メルセデス・ベンツCLAなど~3000万円を超える超高級スポーツセダン、スーパーカークラスのスポーツセダンがあります。そのクラスは、エグゼクティブクラスと呼ばれ、ロールスロイス ゴースト、ランボルギーニ アヴェンタドールなどがあります。

 

 

【画像ページ引用http://toyota.jp/crownmajesta/gallery/

デキる男にこそ選んでほしいおすすめ国産セダン

トヨタ クラウンアスリート

【画像ページ引用http://toyota.jp/crownathlete/grade/hy_g/?padid=ag341_from_athlete_grade_hy_g_detail_2

日本の高級セダンの先駆的存在で、日本の道の運転に調和するように設計されています。カラーリングも特別カラーでボディは12色から、室内は3色から選べます。内装は、高品質の素材を使用したモダンな空間。トランクは広く、ゴルフバックが4個まで収納できます。

ツインスクロールターボチャージャーの採用で、心地よい加速性能を実現。ハンドリングの手応え、乗り心地と安定性、ステアリング性能がさらに向上しました。クラウン アスリートは、政府が交通事故防止対策として普及啓発する、セーフティ・サポートカーS ワイド。価格は、3812,400円~です。

トヨタ クラウンロイヤル

【画像ページ引用http://toyota.jp/crownroyal/gallery/

クラウン伝統のデザインで、大きいセダンとしては驚くほどの小回りが可能です。日本人の体型に合わせて作られているため、長時間でも疲れず、自然な体勢でドライビングできます。ハイブリッド仕様で低燃費。シームレスな加速と、アクセル操作による走行感覚で、上質な走りを体感できます。安全面では、衝突回避をサポートし、万一の時の被害を軽減するプリクラッシュセーフティシステムを搭載。セーフティ・サポートカーS ワイド。価格は、3812,400円~です。

トヨタ クラウンマジェスタ

【画像ページ引用http://toyota.jp/crownmajesta/gallery/

トヨタの高級車として、落ち着いた風格のある、トップ・オブ・クラウンです。室内は、日本の美意識ある、上質なデザイン。ハイブリッドシステムは、ハイブリッド車専用のV6 3.5Lエンジンを搭載し、圧倒的な低燃費でありながら、動力性能がすぐれています。力強いトルクによる優雅な走り、さらに向上した加速性能、静粛性など、抜群のパフォーマンスのドライビングが楽しめます。

安全面では、ミリ波レーダーと単眼カメラによる検知センサーを搭載。単眼カメラは、物体の形や大きさ、車や白線を識別し、対向車のランプ、そして歩行者も認識できます。セーフティ・サポートカーS ワイド。価格は、6426,000円~です。

レクサス IS

【画像ページ引用https://lexus.jp/models/is/gallery/

「先鋭 精妙の美」をコンセプトに、スポーティーで洗練されたデザイン。レクサス共通のスピンドルグリルが、力強さと精緻さをより表現しています。スポーツセダンであることを大切にしたインテリア。セダンとしての品格を保ちながら、スポーティな空間が存在します。

車との一体感を追求し、よりスポーティな走りを体感できます。俊敏なハンドリング、爽快な加速、走行安定性にすぐれ、心が湧き立つような走る楽しさを味わえます。Lexus Safety System +による4つの予防安全システムを搭載。価格は、470万円~です。

レクサス GS

【画像ページ引用https://lexus.jp/models/gs/gallery/

スポーティとラグジュアリーを極めた、グランドツーリングのためのセダンです。俊敏性、操縦安定性、ステアリング操作の一体感で、すぐれた乗り心地と両立させています。F SPORT全車に高摩擦ブレーキパッドを標準装備していることで、すぐれた制動力やブレーキフィーリングが発揮されます。D-4STによって最適な燃焼効率を実現。L4 2.0Lターボエンジンで、力強く伸びやかな加速と思いのままのシフトチェンジ。スポーティーでダイナミックな走りの喜びを体感できます。価格は、577万円~です。

レクサス GSF

【画像ページ引用https://lexus.jp/models/gsf/gallery/

一般道からサーキットまで、あらゆるシーンで心が躍動する走りを楽しめます。大人の深みある雰囲気で、走りを極めるためのデザイン。パーツのすべては、サーキット走行のための重要な役割を保持しています。GS Fはスポーツカーとしての走行性能を追求するとともに、大人のセダンにふさわしい高品質な空間を大切にしています。

パワーを追求したエンジン、2UR-GSEを搭載。加速していくときの伸びやかな実感と、自然吸気によるすぐれたレスポンス。アクセルを踏み込むときの高まっていくサウンド。8-Speed SPDSで、MT車のような本格的なスポーツドライビングを楽しむことができます。燃焼効率にすぐれ、巡航速度走行では最大4.2L車相当の低燃費を実現しています。価格は、1,112万円~です。

ニッサン フーガ

【画像ページ引用https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/fuga.html?Ref=h_car&CarType=h_1&BodyType=h_6&EcoCar=h_0&PriceRange=h_200-1000&BodyColor=h_0&FuelEfficiencyRange=h_0&SeatRange=h_0&DisplacementRange=h_0&DriveType=h_0&NameIndex=h_0&OrderBy=h_0&Tab=h_1

プレミアムセダンの存在感をもって、精悍で躍動的な最先端のパフォーマンスを発揮するフーガ。日産独自のハイブリッドシステムとV6 3.5L DOHCエンジンの搭載で、ダイレクトな力強いドライビングが実現しました。さらに、高性能モーターとリチウムイオンバッテリーで、大排気量エンジンに匹敵する走りが可能です。7速オートマチックトランスミッションにより、スムーズでダイレクトな加速ができます。ボディには遮音材、吸音材、制振材を効果的に配置し、プレミアムセダンにふさわしい乗り心地を体感できます。価格は、4,800,600円~です。

ニッサン スカイライン

【画像ページ引用https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/skyline.html?Ref=h_car&CarType=h_1&BodyType=h_6&EcoCar=h_0&PriceRange=h_200-1000&BodyColor=h_0&FuelEfficiencyRange=h_0&SeatRange=h_0&DisplacementRange=h_0&DriveType=h_0&NameIndex=h_0&OrderBy=h_0&Tab=h_1

スカイラインは、最先端のテクノロジーを搭載し、磨き上げたスタイルと走りで心を揺さぶる感動を実感します。ハイブリッドシステム、先進テクノロジー、セダンクラストップレベルの環境性能で、グローバルプレミアムモデルとして新たな世界へ前進を続けています。

ダイナミックなボディラインで、3.5Lに匹敵する高トルクの2.0Lダウンサイジング次世代ターボエンジンを搭載。スポーツセダンのパワフルな走りと、ハイブリッドの安定感のある走りを体感できます。スカイラインは、JNCAP予防安全性能評価で、最高ランクの満点を獲得しました。価格は、4,136,400円~です。

ニッサン シーマ

【画像ページ引用https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/cima/exterior_interior.html

日本のビッグ・カーの時代のシンボルでもあるシーマ。その後、シーマはさらにプレミアムに、最新性能と最高の品質によって改良され、現在の「5代目シーマ」になりました。ダブルピストンショックアブソーバーは、路面からの入力周波数を感知し、最適にコントロールして振動のショックを吸収します。VQ35HRエンジンはハイブリッド用に進化して、高い動力性能とともに、バッテリーの状態、ドライバーのアクセル操作に応じて、発進時から高速走行までモーター単独の走行が可能です。フル加速時には、エンジンをモーターがアシストして、歴代のシーマで最高に力強い、爽快な走りを体感できます。

ハイブリッド車特有のシステムは、電動油圧式電子制御パワーステアリング、電動型制御ブレーキ、回生協調ブレーキシステムです。日産の技術力と信頼性によって、さらに磨きをかけています。価格は、7,946,640円~です。

ホンダ レジェンド

【画像ページ引用http://www.honda.co.jp/LEGEND/webcatalog/performance/driving/

ホンダの「プロジェクト レジェンド」によって、ホンダの技術の粋を世界最高水準で体現したレジェンド。「いまできる最高の技術で、最高の走りを」というコンセプトで、SPORT HYBRID SH-AWDによる理にかなったコーナリングの進化を実現しました。ドライバーと車が会話をするような、一体感のあるコントロールができます。高性能なものほどシンプルで、視点の動きを最小限に抑え、ドライバーが運転に集中できるようにつくられたコックピット。

安全面では、先進システムのミリ波レーダーと単眼カメラで、クルマの前方の状況を認識。ブレーキやステアリングの制御技術と連携して、安心な運転と事故回避をサポートします。セーフティ・サポートカーS ワイド。価格は、680万円です。

 

 

【画像ページ引用https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/e-class/e-class-saloon/explore/images-and-films.module.html

デキる男にこそ選んでほしいおすすめ外車セダン

?メルセデスベンツ Cクラス

【画像ページ引用http://www.mercedes-c.jp/#design

アジリティ、インテリジェントドライブ、デザイン&クオリティが融合した、極上のスポーツセダンとステーションワゴンです。常にプレミアムミディアムサイズカテゴリーのトレンドの作り手として、ベストセラーのメルセデスベンツCクラス。高効率で高品質なパフォーマンスの新型C クラスは、ドライビングプレジャーの基準をさらに高みへ向上させました。

車両前後では、アルミと高強度スチールを巧みに組み合わせることによって、旧型より約70kgの軽量化、さらに高剛性化、高度な衝撃吸収性能を実現しました。天候や路面状況下に最適なトラクションの四輪駆動。オンロードでもオフロードでも高い操縦性と走行安定性を確保します。1.6L、2.0Lの2種類のエンジンでブルーダイレクトテクノロジーを採用したターボエンジンは、常に最適な燃焼方式を自動的に選択します。価格は、441万円~です。

メルセデスベンツ Eクラス

【画像ページ引用https://www.mercedes-benz.co.jp/passengercars/mercedes-benz-cars/models/e-class/e-class-saloon/explore/amg.module.html

メルセデスベンツEクラスは、最高出力450kW、4.0? V8ツインターボエンジン、0-100km/h 加速時間は3.4秒。最先端技術と上質な乗り心地のコンフォートセダンです。洗練された機能と快適を極めたインテリア。ブルーダイレクトターボエンジンは、新時代の直噴システムを採用し、高出力と環境適応性を高レベルで両立させています。さらに、画期的な排出ガス浄化システムなどによって、環境性能が世界最高水準に向上しました。

安全面では、事故調査チームの4,000件の研究で、「レーダーセーフティ」という革新技術が生まれました。最良の安全性で、交通事故ゼロを追求した、さまざまなアシスト、最新システムが搭載されています。価格は682万円~です。

BMW 3シリーズ

【画像ページ引用https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/3-series/sedan/2015/design.html

BMW 3 シリーズ セダンは、BMWならではの血統を継承した、クラスで最もスポーティなセダンです。ダイナミックさと美しさを兼ね備えて、BMWのベストセラーとして存在し続けています。

BMW 340i には、直列 6 気筒 BMW ツインパワー・ターボ・エンジンを搭載、BMW 320i には、直列 4 気筒 BMW ツインパワー・ターボ・エンジンを搭載しています。ツインパワー・ターボ・テクノロジーによって、驚くべきパフォーマンスで高トルクとともに低燃費を実現しています。高精度ダイレクト・インジェクション・システムは、幅広い回転域で低回転域からでもダイレクトなレスポンスを可能にしました。

安全面では、パッシプ・セーフティで、各モデルに革新的な安全性能を装備。事故の危険を最小限に抑え、最大限の剛性の安全なキャビンで、ドライバーのサポートを実感できます。お値段は、419万円~です。

BMW 5シリーズ

【画像ページ引用https://www.bmw.co.jp/ja/all-models/5-series/sedan/2016/at-a-glance.html

BMW 5シリーズ セダンは、新時代のビジネス性とスポーツ性が求めるすべてを体現した、ダイナミックでエレガントなスポーツセダンです。最先端技術がもたらす躍動感と美しさの溢れるドライビングを楽しめます。BMWツインパワー・ターボ・エンジンの力強さ、インテグレイテッド・アクティブ・ステアリングによる抜群のハンドリング、直感的な操作性による、真のプレミアムスポーツセダンで、駆け抜ける楽しさが体感できます。

アルミニウムや超合金、プラスチックなどの超軽量素材を用いることで、7代目のBMW 5シリーズは先代モデルと比較すると、最大80kgの軽量化に成功しました。この軽量構造は、理想的な重量バランスと低重心化を実現し、車の安定性、安全性、快適性の向上に成功しています。

アシスト面では、ドライビング・アシスト・プラスは長距離走行時における自動運転が可能です。レーン・チェンジの際にも、システムが安全を最優先してドライビングをサポートします。価格は、617万円~です。

アルファロメオ ジュリア

 

アルファロメオの、100年以上追求され続けてきた理想の走りを受け継いだジュリア。技術革新によって、新たなドライビングの感動と、喜びをもたらします。アルファロメオの象徴であるフロントグリルのトライローブ(三つ葉)に、流れるようなラインで、機能的なスタイル。理想的なバランスの重量配分で、エンジンや駆動系を前後車軸間に収め、抜群のパワーを発揮します。ドライバーの自在な操作性、フォルム、機能のすべてが、イタリアの美的感覚をもって、絶妙に調和しています。

空力性能は、徹底して繰り返された風洞実験と努力の結晶で、わずか0.23のCd値に抑えられています。エンジンは、直列4気筒 マルチエア 16バルブインタークーラー付ツインスクロールターボ。最高出力200ps、最大トルク330Nm、総排気量1,995ccwです。後輪駆動と8速オートマチックトランスミッションの組み合わせにより、最高のパフォーマンスを実感できます。安全面では、世界最高水準のセーフティテクノロジーで、前方衝突警報と自動緊急ブレーキ、IBS インテグレーテッドブレーキシステムなどが、ドライバーをサポートします。価格は、446万円~です。

アウディ A4

【画像ページ引用https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/a4/a4.html#layer=/jp/web/ja/models/a4/a4/layer/multimedia-gallery.mediagallery_images_slides.contentleft.1.html

累計1,200万台以上もの販売実績を持つベストセラーモデルが、フルモデルチェンジしました。デザイン、テクノロジー、スポーツ性の融合で、より力強く、ラグジュアリーなアウディ A4が誕生しました。Audi独自の4WDシステムquattroによって、すぐれた操作性と走行安定性で、抜群のトラクションコントロールと、コーナーでのすぐれた回頭性を実現しました。

Audi A4には、3つのTFSIエンジンを搭載。先代モデルから41PSの出力を高めた252PSで、燃費も1L1.9km向上し、力強い走りと経済性を兼ね備えています。全モデルに標準装備した7速Sトロニックトランスミッションは、瞬足のシフトチェンジで、なめらかな加速フィーリング。すぐれたハンドリングと接地性、快適な乗り心地で、ダイナミックなパフォーマンスのドライビングを堪能できます。

約85km/hまでの速度で、周囲の車、歩行者を感知します。衝突の危険を予測すると、表示と音でドライバーに警告し、必要な場合はブレーキも作動させてサポートします。セーフティ、アシスタンス機能はドライバーをサポートするもので、制御には限界があります。気象条件や道路状況などにより作動しない場合もあるので、ドライバーは常に周囲の状況を確認して、安全運転を行いましょう。価格は、447万円~です。

アウディ A6

【画像ページ引用https://www.audi.co.jp/jp/web/ja/models/a6/a6.html#layer=/jp/web/ja/models/a6/a6/layer/multimedia-gallery.mediagallery_images_slides.contentleft.6.html

高い実用性と品格を持った、安定と高揚のドライブができるプレミアムセダンです。走行状況に合わせて、最適な駆動力を伝達する4WDシステムは、トラクションの向上でよりダイナミックなパフォーマンスを実感できます。Audiの直噴エンジンに、スーパーチャージャー、ターボチャージャーを組み合わせたTFSIエンジンは、その効率性で驚くほどのパワーを生み出します。エナジーリカバリーシステムにより、低燃費を達成しながら、クラス最高水準の高性能なドライビングを体感できます。

Audi A6の特長として、フォーマルセダンの品格を備えながら、スポーティなスタイルで、ビジネスでもレジャーでも自由にダイナミックなドライビングを楽しめる仕様になっています。安全と快適のためのインテリジェンス装備、マトリクスLEDヘッドライト、パークアシストなど、オプション装備も充実しています。価格は、628万円~です。

ジャガー XE

 

ジャガーのスポーツサルーンとして、最も先進的な効率性と洗練性を備えたXEです。力強く、俊敏なドライビングは、まさにジャガーを体現しています。空力性能は、Cd値0.28の画期的な数値を実現しました。V6スーパーチャージドエンジンから、最新のインジニウムクリーンディーゼルまで多彩なエンジンが投入されています。革新技術によるオールアルミニウム構造で、すぐれた燃費とCO2排出量109g/kmに成功しました。この軽量構造は、すべての性能の向上を実現します。

安全面では、衝突安全性能において、ユーロNCAPコンソーシアム(欧州で唯一の公的な衝突テスト)で、最高評価の5つ星を獲得しています。セーフティーは他に、「オートノマスエマージェンシーブレーキ」「レーンデパーチャーウォーニング」「パークアシスト」など数々の最新システムを搭載しています。価格は、451万円~です。

 

 

【画像ページ引用https://www.bentleymotors.jp/models/mulsanne/mulsanne/

一生に一度は乗ってみたい世界の高級車

セダンの最上級ロールスロイス ファントム

ファントムは、ロールスロイスの最上級のサルーンです。イギリスのロールス・ロイスで、1929年から1991年に、ファントム?からファントム?までが製造、販売されていました。その後、ドイツのBMWがロールスロイス モーターカーズを設立し、2003年から2007年にファントム?、2017年にファントム?を発表しました。

イアン・キャメロン率いるデザイン チームがロールスロイスのルックスを追求しデザインしています。パルテノン神殿をモチーフにした、大胆さと自信に溢れたフオルム、Silver Cloud の流れるような優雅なライン。伝統的なロールスロイスの長いホイールベース、長いボンネットはそのままに、リヤはソフトに、ルーフラインはピラーに融合させて、美しく流れるラインに仕上がりました。ロールスロイスの象徴として、「スピリット・オブ・エクスタシー」を体現しています。

V型12気筒DOHCを搭載、総排気量は6,749cc、最高出力は338kW(460PS)/5,350rpm、0-100km/h加速は5.9秒です。室内装備はオーナーの要望により、カスタムを施すことができます。パソコンを設置したり、防弾ガラス仕様などにもできます。ファントムの新車価格は、ファントム SWBが51,670,000円~ファントム EWBの59,950,000円です。現行モデルのファントムの製造は2017年の1月で完全終了していますが、新型ファントムにも期待したいところです。

先進と伝統が創造するメルセデス マイバッハS

新型「メルセデス マイバッハ S クラス」が、2017年9月8日に発表されました。マイバッハは、1930年代のドイツで最高峰といわれた高級乗用車メーカーです。2002年にメルセデスからの57と62のリムジンが製造、販売されました。そのときの価格は4,000万円以上でした。

2017年のメルセデス・マイバッハ S 560は、V型8気筒 4.0リッター直噴ツインターボを搭載、最高出力345kW/469PS、最大トルク700Nm。価格は2,253万円~。メルセデス・マイバッハ S 650は、V型12気筒 6.0リッターツインターボが搭載、最高出力463kW/630PS、最大トルク1000Nm。価格は2,761万円~です。エレガンスで威厳溢れるエグゼクティブ・セダンを体現しています。燃料消費を抑えるシリンダーマネジメントシステムで、環境性能がすぐれています。ラグジュアリーの粋を極めた、ドライビングを楽しめます。

比類なきエレガンス ベントレー ミュルザンヌ

ミュルザンヌは、ベントレーのデザイン、クラフト、エンジニアリングの技術を極めたセダンです。ラグジュアリーで逞しさのあるフォルムで、比類ないエレガンスな外見でありながら、驚くほどのダイナミックな走りを実現しています。エンジンは、6.75リッター V8ツインターボチャージド、最高出力は377 kW / 512 PS @ 4200 rpmで、最大トルクは1020 Nm @ 1750 – 3250rpmです。

ミュルザンヌの車名は、ル・マン24時間レースのサーキットのコーナーの名前で、ベントレーは創業以来、ル・マンで輝かしい実績を上げてきた伝統があります。

一流スポーツカーから生まれたポルシェ パナメーラ

ポルシェでは初のセダンで、一流のスポーツカーであるとともに、高級サルーンでもあるモデルです。2009年の5月、上海モーターショーでデビューしました。日本では2009年11月の名古屋モーターショーでデビューしています。

「パナメーラ」の車名は、1950年代の前半、メキシコの公道レース「カレラ・パナメリカーナ・メヒコ」に由来しています。2016年6月に新型パナメーラを発表し、7年ぶりのフルモデルチェンジになりました。パナメーラ ターボは100kmまで3.8秒で加速し、ドイツのニュルブルクリンクサーキットでは、ポルシェ911 GT3を超えるタイムを出して話題になりました。

 

 

【画像ページ引用http://toyota.jp/crownroyal/gallery/

ドライブマナーで高級車の魅力が台無し

交通違反で警察のお世話になる

交通違反は軽いものでも点数を取られ、度重なると警察のお世話になることもあるので、気をつけることが大切です。酒気帯び運転、無免許運転、スピード違反、追い越し違反など、さまざまな交通違反があります。素敵なセダンで運転していて、交通違反になると、同乗者は恥ずかしい思いをして、デートのときでは雰囲気も台無しになってしまうでしょう。教習所のビデオなど、ときどきは交通違反の規則を思い出して、安全運転を心がけましょう。

人としてのマナー違反

法律での取り締まりがなくても、人としてのドライブマナーがあります。障碍者用駐車スペースへの駐車をする人が後を絶たないのが現状ですが、ドライブマナーを心得ている人はその場所に駐車することはありません。障碍者用の駐車スペースが広いのは、ドアを全開にしないと車イスの人が車に乗降することができないからです。

障碍者であることを示すマークがあります。青地に白の車イスの絵柄の国際シンボルマークと、標識では青地に白いクローバーの、身体障碍者標識があります。障碍者用の駐車スペースは、身体障碍者マークを貼った人だけが止めることができます。障碍者用のスペースだけが、混んでいるときに空いていても、空けておきましょう。その他、ゴミのポイ捨ても、人としてのマナー違反です。

荒い運転で事故なんてもっての外

車に乗ると、急に乱暴になって、他の車の追い越しをしたり、スピードを上げたり、荒い運転になってしまう人がいます。それは、まわりの人もハラハラしますし、自分もまわりの車も、事故を起こす確率が高くなりやすいので、安全のためにも、よくまわりの状況を把握して、安全運転をすることが大切です。

ときどき、交通安全スローガンで標語が書いてありますが、「注意一秒ケガ一生」「こないだろう、それがあぶないきてるかも」「あせってる、今のあなたが赤信号」など、いろいろあります。なによりも、自分の安全と、同乗者の安全のためにも、冷静に、マナーある快適な運転を心がけましょう。

デートなら無言・無音はやめて

せっかくのドライブ・デートのときは楽しく過ごせるように、二人で気持ちよくドライブしましょう。スピードを出し過ぎたり、無理に追い越したり、まわりの車に暴言をいったりすると、楽しい雰囲気が台無しになって、残念なデートになってしまいます。素敵なオーディオでお気に入りの音楽をかけて、運転にゆとりのあるときは会話をしたり、きれいな風景を見て、大人の素敵なセダンで、楽しくデートしましょう。

 

 

【画像ページ引用http://toyota.jp/crownroyal/gallery/

高級セダンで車もマナーも大人の男性へ。

エレガンスでインテリジェンスある、大人のための高級セダン。古くから上流階級、エグゼクティブに愛用されてきた車で、大人のドライブを楽しみましょう。走るよろこびを感じながら、流れるように、ダイナミックに、ときにはスポーティーに、思う存分ドライブを楽しむためのセダンです。

実用的にドライブするときは、たくさん荷物を積んで、ファミリーセダンで出かけます。ビジネスで使うときは、スマートに、洗練された走りで活躍します。高剛性のボディ、すぐれたターボエンジン、低燃費、思いのままの操作性、走行安定性、セーフティ装備、高品質な乗り心地。高級セダンで大切な人と、プレミアムなドライブをしましょう。洗練された雰囲気の、素敵なドライブを楽しんでください。

 

category

記事カテゴリー