ノートの取り方で仕事のデキる男になれる。効率的な使い方のポイント

ノートの取り方で仕事のデキる男になれる。効率的な使い方のポイント

BUSINESS 2018.02.27

Share :

新しい職場でミスをしてしまった…。という経験はありませんか?ミスを防ぐためには、仕事の進め方やルールを上手く整理することが必要です。そこでおすすめなのが、情報をノートに書き記すこと。ノートの効率的な使い方を知り、効率よく仕事をこなせるようになりましょう。

仕事上の基本的なノートの取り方

いつ見ても分かるように記す

仕事で人の話をメモしたり、予定などのスケジュールをノートに書くことは多いでしょう。そのときはしっかりと書いている、という認識があります。しかし、時間が経過した後に見返してみると、字が汚くて読みづらかったり、要点がわからないという経験はありませんか?

これでは、書き記している意味がなくなってしまいます。仕事の質を落とさないためにも、ノートはいつ見ても分かるように、わかりやすいように書くことを心がけましょう。

DODA

人名や数値は正確に記す

ノートにメモするときは急いで書くため、人名や数値を間違えて書いてしまう場合があります。誤った事柄を書いてしまうと、後々大きなトラブルに発展につながることもあるので注意が必要です。

「明日上司に報告する」であれば、「上司」を「○○課長」や「○○部長」に。「明日は○月○日」という風に、正確にノートに記すようにしましょう。

日付は忘れずに記す

ノートを取るときは、内容ばかりに気を取られてしまいます。数日後に見返した後、いつのものだろうとあせったことがある方もいるでしょう。

これをふせぐためにもノートには、日付も忘れずに記すようにしましょう。日付を書くことにより、大切な予定などをしっかりと把握することができ、トラブルを回避することができます。

疑問点は別の場所に記す

ノートを取る際には、疑問点は別の場所に記すようにしましょう。目安をつけておいて、後ほど疑問を解くようにすると、よい答えを導き出すことができます。

また、書いたことをしっかりと確認できるように、疑問点専用の色を決めておいたり、専用ページを設けることもおすすめです。特に、専門ページを設けると答えの導き出し方を書くことができるため、後に読み返した時の理解力を上げることができます。

 

仕事ができる人のノートの取り方

丁寧な字を心がける

仕事でノートを取るときは、早く書くため字を汚く書いてしまいがちです。後で読み返したとき、何が書かれているなか分からなくなると、トラブルに発展する可能性があります。

また、ノートを人に見せる機会があるかも知れません。そのため、字は丁寧に書くことを心がけましょう。意識してきれいな文字を書くことで、ミスをふせいだり、恥ずかしい思いをすることがなくなります。

長文は書かないようにする

長々と書かれている文章は読みづらく、何が言いたいのかわからないときがあります。このように書くと解読に時間がかかり、仕事の効率が悪くなります。

そのため、ノートに必要なことを書く際には、パッと目で見て分かるように記すようにしましょう。1文にまとめて書くようにすれば読みやすくなり、時間をかける必要がなくなります。

箇条書きで分かりやすく記す

ポイントを押さえた事柄をノートに書くためには、箇条書きで分かりやすく記すことが大切です。一文をまとめて書くときと同様にパッとみて分かると、読み返したときの解読の困難さがなくなり、それに費やす時間が短縮されます。

また、相手が話している重要な内容を短時間で書くことができ、ミスをふせぐことができます。しかも、必要な事柄だけを抜き出せるので、資格を習得するなどの勉強のときに、要点がつかみやすくなるというメリットがあります。

必要に応じて付箋やマーカーで色分けする

ノートに黒のボールペンで書いていると単調になり、パッと見て何が重要なのか分かりにくく、すぐに欲しい情報を探す場合は、時間のロスにつながり効率が悪くなってしまいます。

そのため、必要に応じて付箋やマーカーで色分けを行うようにしましょう。また、色に応じて内容を分けることで、すぐに必要な情報を読み取ることができ、仕事の効率がよくなります。

付箋について

100円均一で手軽に購入できるようになった付箋。大きさや形がさまざまありますが、仕事で使う際には枚数が多いものを選ぶことがおすすめです。

毎日の情報量が多いため、枚数が少ないとあっという間になくなってしまいます。なるべく大きさが75mm×75mmの450枚のお徳用のものを選ぶようにするとよいでしょう。

マーカーについて

マーカーは主に、マジックなどの油性や蛍光ペンなどの水性の2種類があります。ノートに使うものは、油性のものになるとページの後ろにインクがにじんでしまうため、蛍光ペンなどの水性のものを使用することがおすすめです。

自分が扱いやすい色や、好きな色を3色そろえるとよいでしょう。マーカーで自分なりのルールに分けていくと、より記した情報が分かりやすくなります。

内容は6W3Hを意識する

ノートに書く内容は、6W3Hを意識するようにしましょう。後でノートを読み返しても分かりやすく、効率的に仕事をこなすことが可能です。また、6W3Hを意識することで必要な情報を、人に伝わりやすく説明することができるようになります。

6W3H

1.Who(誰が)→話者・担当者・対象
2.Whom(誰に)→話者・担当者・対象
3.When(いつ)→日程・期限
4.Where(どこで)→行き先・場所
5.What(何を)→目標・目的
6.Why(なぜ)→理由・重要性
7.How(どのように)→手段・方法
8.How many(どれくらいの量で)→数量
9.How much(いくらか)→費用

話題が変わったらページを変える

ノートを取っている途中に話の話題が変わった場合は、違うページに書くようにすることがおすすめです。違う話題を同じページに書くと、後で見たときに間違ったとらえ方をしてしまう可能性があります。

この使い方をしていると余白が多くなるため、その部分がもったいなく感じる方もいるでしょう。しかし、ノートは読みやすさを重視しないと、書き記している意味がなくなってしまいます。読みやすさを重要視して、仕事で最大限に活用しましょう。

 

自分だけのビジネスノートを作ろう

学生の頃、何気なく使っていたノートは、新しい職場のルール、情報などを自分の代わりに覚えてくれる仕事の場面において大切なツールになります。

しかし、活用の仕方が分からないと、その効果が発揮されません。基本的な使い方を知って自分専用のビジネスノートを作り、仕事に活かすようにしましょう。

当てはまったら要注意。仕事を変えたほうがいいと思うポイント

仕事を辞めたいと思う3つのタイミング

仕事を辞めたいと思う瞬間っていくつもあると思います。

「仕事が面白くない」 「仕事ができないので、上司から怒られる」 「人間関係が最悪だ」 など仕事を辞めたい理由があります。

そのままストレスを抱えて、仕事を続けるのは辛いことも多く、 仕事に身が入らない、失敗を繰り返して、怒られるなどの悪循環に突入することがあります。 仕事を辞めたいと思うときはこんなのではないでしょうか。

まず自分の市場価値を知りましょう

いきなり転職活動をしてはいけません。まずは自分の市場価値を調べてみることです。

自分の市場価値を調べる意味とは?

転職するには自分の市場価値を把握しておくことが重要ということがわかりました。 今すぐに転職する意思がないとしても、いつ仕事を辞めたくなるかわかりません。 不安になったらセーフティネットを張る意味でも、自分のスキルの洗い出しと、市場価値を把握しておくことだけでもしておくべきだと思います。 いつでも転職できると思っていた方が、気持ちが楽になるのです。

どうやって自分の市場価値を調べるのか

無料の転職診断を使う

もう一つは、転職サイトが出している自分診断で把握すること。 おおよそ10分くらいで、登録できるのでおすすめです。適正年収や、強みや弱みを理解できることも大きなメリットです。 別に今すぐ転職をしなくても良く、結果だけを知ることができるので、おすすめです。 他の転職者と比べて自分がどうなのか、そもそも自分の現在の市場価値はどれくらいかを客観的に判断してくれます。

【完全無料】市場価値をチェックできる転職サイトMiidas

ミイダス

ほとんどの方が、転職先のマッチ度が低いと感じている理由は、自分の得意な分野や市場価値を知らないことでミスマッチが発生します。 10分程度の簡単な質問に答えていくだけで、「適正職種」「業務遂行能力」「マネジメント資質」「上司とのマッチ度」「ストレス条件」など5つの項目を診断。 その後、最適な仕事を紹介してくれます。Miidasで転職した方は、転職先とのマッチ度が高まっています。



無料で市場価値をチェック

typeの適職診断

typeの適職診断は、簡単なアンケートを答えるだけで、自分の適職を診断してくれる機能があります。5分程度で簡単にチェックできます。





詳細を見る

転職エージェントで聞いてみる

転職エージェントに相談をすることです。まだ転職の意思が明確でなくても、 相談してみても良いでしょう。その際に、転職の意思がすぐにないことを最初に伝えておけば大丈夫です。 転職のプロに1対1で話せる時間が作れるので、客観的に分析してもらうのが良いでしょう。

リクルートエージェント

リクルートが運営するエージェントです。



詳細を見る

マイナビエージェント

非公開案件が豊富で様々な職種があります。特に、エージェントの対応で評判がよく、しっかりとキャリアプランを考えてくれます。



詳細を見る

スキルを高める方法

英会話

英会話を身に着けてスキルアップをしていきましょう。 外資系企業だけでなく、最近はグローバル化の流れで英語を使う企業が増えています。 転職の際にも、プラスになるでしょう。

自宅で簡単!オンライン英会話【エイゴックス】


自宅で簡単にオンライン英会話ができます。パソコンやスマートフォンがあれば、英会話レッスンが受けられます。 講師も選べるので、無料体験で相性の良い講師を見つけていきましょう。 また、レベルに合わせたレッスンがチョイスできるので、自分のスキルに合わせて検討してみましょう。 時間単位なので、長続きできるか心配な方や、初心者の方はこのサービスがおすすめです。



無料で体験してみる

ECCの【大人が楽しい英語】


ECCというとキッズ向け英会話のイメージがありますが、大人が学べるを英語をテーマにしたサービスです。 日常の何気ない会話からビジネスでの活用まで幅広く選べます。



詳細を見る

24時間オンライン英会話EFイングリッシュライブ


初心者から上級者まで対応しているオンライン英会話です。初めての方でも安心して学べるようにステップに応じたカリキュラムが選べます。



詳細を見る

プログラミングスクール

プログラミングを習得して、転職や年収アップを目指しましょう。 最近では、エンジンアのニーズが高まっています。 プログラミングは難しいと思われがちですが、最初はこうしたプログラミングスクールを通って、基礎的な考え方をマスターしていきましょう。 全く違う業界からの転職も目指せます。

3ヶ月で身につくTECH BOOST


CSS/HTMLなどの基礎的な技術から、AIやブロックチェーンを学べるプログラミングスクールです。 初心者が取り組みやすいようにカリキュラムが組まれています。



まずは無料のカウンセリングを受ける

category

記事カテゴリー