「仕事をする上で大切なこと」面接で好印象を与える解答例とは

「仕事をする上で大切なこと」面接で好印象を与える解答例とは

BUSINESS 2018.02.27

Share :

就職や転職の際によく聞かれる質問に「仕事をする上で大切なこと」というものがあります。自分の考えている仕事の上での大切なポイントはあっても、業種や会社によって印象のよい回答が違うこともあります。そつなく好印象を与える回答を知っておきましょう。

働く上で大切にしたいことの質問意図

仕事への価値観を知りたい

会社サイドは、その人が「仕事をする上でどんなことを大切にしたいのか」を知りたいと考えています。その中のポイントのひとつに、仕事への価値観があります。自身の中で仕事に対してどんな価値観を持ち合わせているのかは、会社にとっても大きなポイントとなるのです。

例えば、お金を稼ぐ為ならどんな仕事でも構わないという回答であれば、一見お金のためだというマイナス評価になりやすいですが、逆をいえばそれだけ生活のために働くという意思を感じられます。しかし、これだけでは回答としては少々弱い可能性があります。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

明確な働く目的に合わせて、この会社を選んだ理由を加える必要があります。例えば、スキルアップにつなげたいであるとか、興味のある分野であり自分の力を試したいなど仕事への価値観を述べることが大切です。判断は、どうであれ会社側は仕事に対する価値観を知りたいと考えるのです。

仕事に取り組む姿勢を知りたい

働く上で大切なことの中で、仕事に対してどんな取り組み方をする人なのかということも、会社は知りたいと考えています。仕事をする上で大切なことは、売り上げであったり完成度であったりさまざまですが、個人の力だけでよいものではありません。

多くの仕事は、チームプレーのものがほとんどです。その中で大事なポイントとなるのは、責任感があるかという点や協調性があるかなどです。どんな小さな仕事でも、任された仕事を責任を持って遂行することができる人の方が、会社としては必要と考える場合が多いです。

そして、仕事をうまくこなして会社を伸ばすためには、人の力が必要です。個人の力と、チームワーク力が大切になります。そのため、周りの人とうまく関係性を築いていけるかというのも会社にとっては必要なスキルなのです。そのため、仕事に取り組む姿勢を知りたいと考えるのです。

企業の方針にマッチしているか

自分が志望する企業の方針と、自分の考え方がマッチしているかというポイントも重要です。まず自身で企業方針をしっかりと理解しておく必要があります。企業としては、できる限り自分達と同じ又は同じ方向性の人材と仕事をしていきたいと考える場合がほとんどです。

完全なる協調だけを求めるわけではないですが、企業方針のもと目標をたてて、仕事ができるかどうかということがポイントとなります。会社の方針に対して真向から否定する人材であれば調和が取れません。仕事をする中で、企業の方針を理解し向上に向けて話し合っていけるような考え方ができる人であることが大切です。

企業の職種にマッチしているか

自身のスキルや性格などに、企業の職種がマッチしているかということも重要です。例えば、営業職を志望したとします。営業職に必要なスキルや、企業が求める営業マンを目指すことができる、意識を持ち合わせているかを考えておかなければいけません。

営業職に向いた性格であり、スキルを活用できるような職歴があるなど、企業にとって必要な人材だと認識できるような要素がある方がよいでしょう。仕事への価値観というのは、意識的な部分をいいます。未経験であっても、それだけの力を発揮できる自信があるかどうかを企業は知りたいと考えるでしょう。

企業に貢献する人物かどうか

企業が人材を必要とするのは、企業の業績アップにつながるためというのが大きい要因です。これは、最終的に企業に利益をもたらしてくれることであり、それを作りあげていく人材の確保も大きな投資となるからです。要は、企業にメリットがあるかどうかという点です。

企業にとっても人の力や才能は財産となります。そのため、企業にとってメリットのある人材であれば、待遇という面でその人に投資をしていくことは、有益と考えられます。その人材によって、多くの利益を得ることの方が大切だといえるからです。

そのため、企業として仕事に対する価値観というのは重要なポイントとなるのです。貢献してくれる人材であれば、その分の報酬や待遇を惜しまず大切にしたいと考えるものでしょう。

コミュニケーション能力があるか

企業として持ち合わせて欲しいと考えるポイントのひとつに、コミュニケーション能力があるかどうかという点があります。これは、社内のチームや顧客との接し方、各関係者と信頼関係を築けるか、そしてトラブルの危険性がないかという点を見ます。

仕事を進めていく上で、さまざまなスキル以外に、人との関係というのは大きな力を発揮します。ときには、難しい顧客を担当するケースもあり、そんなときは人の力というものが成功を左右してしまう場合もあります。それだけ、コミュニケーションスキルというのは重要なのです。

コミュニケーションスキルには、個人個人持ち合わせているもので違ってきます。リーダーシップを発揮できる人もいれば、どんな人にも好かれる協調性のある人、細かなところまで気が付く性格の人など、さまざまなスキルのある人材が協力しあって仕事が成り立ちます。

ワンマンプレイだけで進めていく仕事であっても、どこかで必ずコミュニケーションが必要な場面があります。そこで、トラブルを起こしたりしてしまう人材であれば、企業にとってマイナスになりかねません。そのため、コミュニケーションスキルはかなり重視する企業も多いのです。

責任感があり信頼できるか

仕事というのは、信頼関係も重要です。企業と社員が信頼関係を築いていることで、会社の魅力もアップします。企業は信頼関係を築く上で、責任感があるかどうかを見ます。どんなことがあっても、仕事を投げ出さないか、仕事を選り好みしたりしないかなど企業は知っておきたいと考えます。

自分の都合で仕事を中断したり、人におしつけたりするような無責任な仕事であれば、企業の向上の妨げにもなり周りの人に迷惑が掛かってしまいます。社会人としての最低限の責任感や、正直さは企業にとって必要なポイントとなります。

面接での働く上で大切にしたいことの回答例

どんな仕事も楽しんでやろうという気持ち

転職などの面接で、働く上で大切にしたいことを聞かれることがあります。まず、どんな仕事でも楽しんでやろうという気持ちがあるかどうかは、企業にとって知っておきたいポイントのひとつです。どんなつらい仕事でも投げ出さずに遂行できる力は、とても大切です。

仕事というのは、楽しいばかりではありません。しかし、つらい仕事でも考え方が変わるメンタル力があれば、遂行できるでしょう。常にポジティブな考え方で乗り切れることができれば、つらい業務に携わったとしても結果につなげることができます。

メンタル力が弱く、ネガディブな考え方ばかりする人材では、企業としても仕事を与えづらいのが正直な気持ちです。面接の際に好印象となるポイントのひとつは、ポジティブにどんな仕事でも取り組んでいけるということをアピールするのがよいでしょう。

何事にも前向きに取り組む心構え

自分のやりたい仕事が、最初から与えられるケースばかりではありません。新しい仕事をはじめたときは、研修期間があったり、経験をつけるために自分の仕事以外のことに携わることもあります。自分のやりたくない仕事ばかり与えられ、なかなか志望していた仕事がもらえないという状況も考えられます。

そんなときに、どんなことでも前向きに取り込む心構えがあるかというのは、企業にとって重要です。どんな仕事でも下積み期間はあり、自分の希望職に携わるには全体像を把握する必要がある場合もあります。与えられた仕事が得意なものでなくても、前向きに携わる気持ちがあることをアピールするとよいでしょう。

どんな状況に置かれても諦めない姿勢

どんな仕事でも、過程というのはつらい状況になる場合もあります。ときには、理不尽なクレーム対応にあたることもあり、先が見えない不安に襲われる状況に陥る可能性も考えられます。クレーム対応であれば、クレームをただ処理するのではなく、顧客との信頼関係を改めてつくるという結果までが仕事となります。

そんないばらの道を歩くときでも、最後までやり遂げる意気込みがあれば、結果というものに関わってきます。どんな状況に置かれても、諦めない姿勢を持ち合わせていることは、面接の回答として強みになるはずでしょう。

仕事を的確かつ迅速で丁寧に取り組む

仕事のスキルとして、仕事を的確にかつ迅速に丁寧に取り込むというポイントは、企業としてのメリットがあります。仕事を効率的に進ませることができる能力は、企業にとって非常に生産性のあることです。仕事の優先順位をしっかりと組み立てられ、自分の役割を考えられる人材は大切です。

非常にビジネス目線で効率性を考えられるスキルは、誠実な姿勢が見られます。チーム内の関係性を見る目があり、どの仕事をどのように進めていくかということを判断できれば、無駄がなく進み、迅速に丁寧に完成度を求めていければ企業に大きく貢献できる人材だと感じられるでしょう。

コミュニケーションを積極的にとり協調性を大切にする

コミュニケーションスキルが長けている人というのは、企業にとって必要な人材となります。職場や取引先の人との関係をしっかりとつなげていければ、企業に利益をもたらします。積極的にさまざまな人とコミュニケーションをとり、なおかつ協調性を大切にすることができれば、仕事もスムーズに運びやすくなります。

コミュニケーション能力が低い人は、チーム内で情報の共有ができないためにミスにつながることもあります。チームとの意思疎通は、自分の立ち位置を考えたコミュニケーションが大切です。そして、取引先などの顧客との接し方は、企業にとってかなり大事なポイントです。

担当者の接し方しだいで、大きな利益にもなり損失にもつながります。自身の感情や、周りを考えない行動や言動を発してしまうような人では任せられません。面接時には、コミュニケーションを積極的にとり協調性を大切にするという点も大事といえるでしょう。

個々の能力を発揮できる職場づくり

前職などである程度のキャリアを積み、管理職などで転職をする場合は、部下への対応や職場の環境づくりについての経験なども面接では必要になってきます。管理職などの場合は、企業にとって企業の方針を部下に伝えながらも、部下を育てる能力などが必要になってきます。

仕事を進めていくうえで、部下の士気ややる気を高められるかどうかは、部下や同僚への接し方がきちんとできているかに関わってきます。そのためには、職場の雰囲気づくりやチームワークを強くすることができる能力が必要です。

面接時に、部下それぞれの能力を適材適所で認めることができ、その力を引っ張っていく能力があるというポイントを説明できるとよいでしょう。

実体験の成功エピソードを交える

面接時には、過去のスキルや経験を聞かれることがあります。その際、実際に体験した成功エピソードを話すことは効果的だといえるでしょう。これからの、入社後の活躍をイメージしやすいので企業側は具体的なエピソードは参考になります。

そして、その成功例のポイントが今後の仕事への貢献をイメージさせるのであれば、好感度アップにつながります。やはり実体験となっていることは、非常に強みとなるので、しっかりと伝えられるように準備をしておきましょう。

企業の方針や業種に合う考え方を主張する

企業にとって、企業の方針や業種に合う考え方を持っていることはメリットに感じられます。自分が希望する企業の方針や理念などをしっかりと把握し、その考え方のどこにどうマッチしているのかを考えておきましょう。志望動機などの際に、企業にマッチしていることをアピールするのは大事です。

志望する業種に自分が入社することで、どれくらい企業に貢献できるのかといったポイントを伝えられるとよいでしょう。この企業のその業種に携わりたいと、感じたポイントをはっきりと伝えられるのは、面接で好印象を与えられるでしょう。

相手を尊重し思いやりの気持ちを忘れない

仕事をする際に、どんな関係性であっても、相手を尊重し思いやりの気持ちを忘れないことが大切です。仕事だけでなく、このポイントは人間性の豊かさを感じさせます。職場内や取引先などで、コミュニケーション力の高さを期待されるポイントです。

自分の意思を持ちながらも、周りを見る力があり、協調性がある人材は企業にとって大切です。仕事だけでなく、プライベートも含めてコミュニケーション力に長けていることや、バランスの取れた人間であることをアピールしましょう。

人の役に立てるよう努力を欠かさない

自分の時間や能力を、人の役に立てるように惜しまない努力をする人は、向上心があると考えられます。自分のために努力をすることはできても、人のために努力をするということはハードなことです。企業にとって、そういった人材はとても貴重です。

積極性や協調性がある可能性が考えられるので、企業としても期待できる人材だと思われる可能性が高いでしょう。利益の部分ではなく、誰かのために努力をするというのは、損得勘定だけで動くタイプとは違い、どんなときでも積極的に働いてくれる誠実さがあると考えられるでしょう。

働く上で大切にしたいのNG回答

仕事は辛いことが多いことを強調する

面接時にマイナス要因となってしまう発言は、避けるべきです。前職を辞めた経緯などを話す際に、仕事がどれだけ辛いことが多かったかということを強調するのは、よい印象を与えません。仕事に対してマイナス思考を植え付けることになってしまいます。

残業が多すぎて辛かったとか、人間関係がきつかったなどという発言は、マイナスな印象になってしまいます。辛かったけど、よい結果に恵まれたなどというポジティブな内容に変えて話すのであればよいですが、愚痴のようなネガティブな内容で話すのは逆効果を生んでしまいます。

挨拶を忘れないなどの回答

社会人としてできて当たり前のことを、自信満々に話すのは、あまりよい印象にはなりません。例えば、挨拶を忘れずにできますといわれても社会人としての最低限のマナーなので、できて当たり前のことをいわれてもとなってしまいます。

自分にできることを明確に伝えることは、大切ですが面接の際に伝えるほどの内容ではありません。限られた時間の中で、自分のスキルや長所などを伝えるのが面接です。できて当たり前のことは、伝える必要はありません。幼稚な印象を与えてしまいます。

遅刻をしないことなどの回答

挨拶を忘れないと同じく、遅刻はしませんというのも同じく当たり前のことなので、面接で伝える内容ではありません。遅刻をしないということ自体は、素晴らしいことですが社会人として最低限のマナーです。さきほどと同じく、幼稚な印象を与えてしまいます。

できて当たり前のことを並べられると、それしか経験の中で誇れるものがないのかと、捉えられてしまう可能性があります。最低限のことができているという前提で、何ができるのかを企業側は知りたいので、明確に絞って伝えるようにしましょう。

定時で仕事を切り上げるなどの回答

面接の際は、定時で仕事を切り上げるという回答は避けるべきでしょう。仕事を時間内で切り上げることができるということをいいたいのかもしれませんが、残業をしてまで仕事をやらない人というイメージを持たれてしまいます。

仕事に対する意欲に欠けているという、マイナスイメージを与えてしまいます。残業をせずにすべての業務が終われば、企業にとってはよいことではありますが、仕事がすべてスムーズに完了するばかりではありません。最後まで責任を持って仕事ができることをアピールするべきです。

仕事や人間関係に消極的な回答

個人個人性格というものはありますが、仕事や人間関係に対して消極で自信がないような回答は、マイナス評価につながる可能性があります。仕事や企業への意欲が低いように捉えられてしまうでしょう。消極的な性格をアピールしてしまうのは、逆効果になりやすいです。

自信満々で中身のない回答もよくありませんが、控えめな性格であっても仕事では意欲的に動くなど、企業にとってプラスになる人材であることをアピールするべきでしょう。人見知りであったり、人間関係に積極的でなかったとしても、努力をして変わってきたなどという成功例を伝えるのはプラスに働く可能性があります。

働く上で大切にしたいことをESや作文で回答する場合

企業の方針や職種をしっかりリサーチする

ES=エントリーシートのことをいいます。エントリーシートとは、企業がその人をどんな人であるかを知るためのものです。主にその人のスキルや、仕事に対しての熱意を知りたいと考えています。企業によっては、エントリーシートや作文などの提出を求められることもあります。

エントリーシートや作文を書く際に注意したいことは、企業の方針や職種をしっかりとリサーチしておくことが大切です。企業の方針を理解しておかないと、どんな人材を求めているかを知ることができません。しっかりとリサーチをしておけば、どのような人物を欲しているかを知ることができるのです。

企業それぞれに方針があり、職種によっても必要とする人物像が違う可能性があります。企業のことをしっかりと理解している人材や、方針に対して合う人材と判断できれば、企業側が興味を示す可能性が高くなります。

起承転結を心掛ける

作文を書く際は、読み手のことも考えておくべきです。読み手にとって要点がわかりやすく、興味を沸かせることが大切です。そのため、起承転結を心掛ける必要があります。文章にメリハリをつけることや、分かりやすく書くことが重要です。

せっかく素晴らしい考え方や経験を持っているのに、作文の文章がわかりづらかったら読み手に伝わりません。しっかりと、はじまりを描きその結果どうなったのかをわかりやすく書くようにしましょう。文章の書き方ひとつで伝わり方が変わるのです。

結論に向けて文章を考える

起承転結をはっきりさせることは大切です。結論に向かって書く場合は、途中の内容も重要です。例えば、出来事を日記のように事実だけを書き続けるのは、読み手にとってわかりづらくなってしまいます。ダラダラ書かないことと、まとまりがあるというポイントは大切です。

何が起きて、どんなことを思い、結果どんなことを得たのかがわかるようにしましょう。そして、自分の気持ちや思いだけを書くのは、偏った思いだけを伝えてしまうことになるので、きちんと文章を組み立てて論点がぶれないような内容にしましょう。

企業の職種や方針にマッチし貢献することをアピール

面接で企業に興味を抱いてもらえるように、企業の職種や方針を理解するところからはじめましょう。しっかりと企業のことを理解し、自身が企業にとって合う会社であるか、自分の求めていることができるのかを考えてみましょう。

category

記事カテゴリー