「仕事やる気が出ない」そんなときにスイッチオンする画期的な解決策

「仕事やる気が出ない」そんなときにスイッチオンする画期的な解決策

BUSINESS 2018.02.27

Share :

仕事にやる気が出ないと、職場の雰囲気も悪くなり、人間関係が悪化してしまいます。仕事へのモチベーションをアップするには、私生活を充実させることです。ここでは、やる気が出ない原因ややる気を出す方法、継続させるやり方を一緒に習得していきましょう。

仕事にやる気が出ない原因

職場の雰囲気が合わない

仕事をする上で最も重要なことが、職場の雰囲気です。フルタイムで、一緒にいる時間が多い職場仲間との関係性は、仕事にも影響します。新人は上司からのアドバイスを元に業務を行いますが、モンスター上司であれば、やる気もなくなるでしょう。

細かいことにチクチクと文句をつけて、一人残業させるような上司の下についてしまったとしたら、不運といわざるをえません。これでは、やる気を出せというほうが難しいです。一人でもこういった人物がいるだけで、職場の雰囲気は悪くなり、仕事へのモチベーションを低下させる結果につながるのです。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

新卒で入社し、すぐに辞めてしまう理由も、職場の雰囲気や人間関係のゴタゴタから起こっていることが多く、職場仲間との関係を改善して、働きやすい職場づくりが必要でしょう。

ストレスが溜まっている

ストレスは、生きている以上誰もが感じるものですが、仕事でのストレスは必要以上に大きなものです。もちろん職場だけの問題ではなく、家庭でもストレスを抱えている人も多いでしょう。職場では責務を任され、職場の人間関係に悩まされ、家に帰っても妻や子供に邪見にされる、どこに行ってもストレスだらけ。

そんな毎日をずっと送っていると、いつしかストレスが蓄積されて、うつ病を引き起こしてしまう可能性も十分あります。うつは精神的・肉体的に疲労しており、やる気がまったく起きないので、朝布団から出ることができません。

体調不良で休みを取って、そのまま休職願い、そして退職願いと、結果的に職を失ってしまうかもしれないのです。溜まったストレスは適度に発散して、リフレッシュした気持ちで毎日を過ごすようにしましょう。

仕事に悩みがある

仕事やる気が出ない理由が、仕事自体の悩みの場合もあります。新入社員は、新しい仕事に対して不安と期待があるでしょう。そんな中で仕事を遂行していくうちに、自分に合わない、またはしたいことと違うと、自然と仕事にやる気が出なくなってしまいます。

自分が希望した職種とは、違った部署であればなおさら、仕事に対するモチベーションも低下しがちに。このままでは、やる気のなさを上司に指摘されて、ますます職場にいづらくなってしまうかもしれません。その場合は、思い切って転職をしてみましょう。

希望の仕事を見つけることは、そう簡単なことではありませんが、仕事への意欲を保つためには、やりたいこと、したいことを優先させて選ぶことがポイントです。今の仕事に不安があるときは、一度人事課担当者や上司に相談をしてみてください。

生活習慣が乱れている

仕事への意欲は、人間関係や仕事の問題だけではありません。生活習慣の乱れが、いつしか仕事への意欲を失わせているのかもしれません。たとえば、睡眠不足をすると、ポカポカ陽気の昼間は眠くて、つい居眠りをしてしまうでしょう。

仕事中のことなので、当然上司から叱咤され、さらに何度も居眠りをしてしまうと、職場の信頼関係も薄れて、希望の仕事を任されなくなります。また、朝食を抜いたり栄養の偏りがあると、脳に必要な栄養分が補えずに、一日中ぼぉーっとして過ごすことになるでしょう。

仕事へのモチベーションが上がらない場合、普段の生活習慣を見直してみてください。睡眠不足・偏食ぎみ・運動不足など、思い当たることがあれば改善していきましょう。

仕事のやる気が出ないとどうなるか

作業効率が下がる

やりたくない仕事は当然、手抜きをしてしまいます。仕事をこなす量が少ないので、スピードが遅くなり、作業効率が下がってしまうのです。とくに、苦手な上司と一緒に仕事をしなければいけないとき、寝不足で昼食のあとの眠気に勝てないときなど。

仕事へのモチベーションが下がって、ますます作業効率は低下してしまいます。自身のやる気低下が職場全体に広がって、残業や休日出勤をしても、間に合わないような現状を生み出してしまうのです。まずは、やる気ない原因を調べてみましょう。

そして、その原因を解消するための工夫を実践してみることで、今の現状から打破することは可能なのです。

仕事のクオリティが下がる

仕事にやる気がなくなると、当然仕事のクオリティが下がります。完成度が下がってミスが多くなり、修正時間に手間が取られてしまうでしょう。その分、人出がかかるので、周りからの評価が下って信用されなくなります。

ますます職場の人との関係性が悪くなって、人間的な魅力が失われて、自分に自信が持てなくなってしまうのです。自信が持てない状態で仕事をしても、自分の成長が止まって、能力も衰えてしまいます。悪循環な状態は、決して仕事の効率をアップすることは無理です。

まずは、なぜ仕事への意欲が失せてしまったのか、その原因を知ることです。そして、その問題を改善することで、自然と周囲の信頼度は高まり、理想的な職場になって、やりがいのある仕事を得ることができます。

人間関係の崩れ

仕事への意欲がないと、仕事の能率も悪くなります。残業や休日出勤が増えることで、職場スタッフの負担も増えて、いつしか信頼感はなくなってしまうでしょう。このままでは職場の雰囲気が悪くなって、居場所がなくなり、職を離れることにつながります。

信頼感を取り戻すためには、もちろん仕事へのやる気を出すことです。仕事をバリバリこなすことで、ほかのスタッフの負担が減って、職場の雰囲気が一気に活気づくでしょう。職場は、仕事をしに行く場ということを忘れずに、精一杯業務に遂行してください。

自分が一生懸命働くことで、まわりも影響を受けて一生懸命仕事をします。この連鎖が、いつしか企業全体の業績につながるので、お金をもらって仕事をしているという認識を持って、毎日の業務をこなしましょう。

悪循環になってしまう

仕事に対してやる気が出ないと、当然集中できずにミスの連発。その穴埋めを、ほかのスタッフがすることになるので、業務に差しさわりが出ます。1日の日程通りの作業が行われずに、かなり効率が悪い作業になってしまうでしょう。

一人のやる気のなさが、職場全体に広がって、結果的に企業全体の業績へとつながってしまうとなれば、かなりの損失になります。仕事をしている以上、お金をもらっているのですから、それに見合う仕事をすべきです。それを怠ってしまうようでは、単なる給料泥棒になってしまいます。

まわりのスタッフにも迷惑がかかり、残業と休日出勤の連続で、日夜ストレスと疲労の毎日を送ることになるスタッフがかわいそうです。企業での仕事は、一人で行っているのではないと認識した上で、企業の一員として、しっかり業務を全うするようにしましょう。

仕事にやる気を取り戻す方法

仕事にやりがいを見つける

仕事にやる気を取り戻す一番の方法は、興味がある仕事を見つけることです。仕事にやりがいがあれば、必然と仕事を全うできるはず。やりがいのある仕事とは、自分にとって楽しい仕事・人の役に立つ仕事・生活できる収入が望めることなどでしょう。

自分にとって楽しい仕事は、ときが経つことも忘れるほど、一心不乱で仕事ができるものです。ストレスを感じることがほとんどないので、継続的に仕事を続けることができます。この連鎖がいつしか業績につながり、昇進へと導いてくれるのです。

何よりも人に期待されること、そして、自分自身が楽しめる仕事に巡り合うことこそが、やりがいのある、やる気を出す仕事といえます。

目標を設定してみる

仕事へのモチベーションを上げるために、目標を設定してみましょう。それは、身近ですぐにでもクリアできそうな、小さい目標でよいのです。レベルが高いはるかかなたの目標では、いつ達成できるか分からず、その間に挫折してしまうかもしれません。

まずは達成感を味わうことで、自分に自信を持つことができます。この自信こそが、仕事への意欲をますます開花させるきっかけになるのです。最初はささいな仕事を目標に、そして徐々にレベルアップして、最大級の目標を設定してみてください。

その大きな目標をクリアしたときの達成感は、今まで感じたことがないほど、満足と充実に満たされた時間を生み出すのです。

しっかりと睡眠時間を割く

仕事へのやる気を出すためには、脳の休息が必要。寝不足は日中の眠気を誘い、仕事の集中力が欠けてしまうので、絶対に避けるべきです。だからといって、ただ単に眠ればいいものではありません。寝不足解消には、睡眠の質が大事になります。

6時間はしっかり睡眠時間を確保する、寝る2時間前は食べない、お酒は飲まない、入浴は寝る1時間前までに済ますなど、質のよい睡眠を取るように心がけましょう。

ストレスの発散方法を見つける

職場でストレスを感じていると、どうしても仕事へのモチベーションが下がってやる気を失います。まずは抱えているストレス発散法を見つけましょう。一番の方法は、好きなことをすることです。ストレス発散は、社会人にとって必須スキル。

新入社員は、うまくストレス発散ができないので、退職率が高くなります。趣味や運動の時間を増やして、アクティビティを高めることで、自然と仕事へのやる気も出てくるはずです。

休憩時間をうまく利用する

仕事中はストレスが溜まって、やる気が散漫してしまいがちです。そこで、休憩時間をうまく利用するのです。休憩時間に軽くストレッチをする、職場仲間とおしゃべりをする、趣味の時間にあてるなど、リフレッシュタイムを作りましょう。

また、作業の順番も、脳を活性化する仕事スケジュールになります。たとえば、午前中は一気に集中力を上げるために「すぐできる仕事」で早めに達成感を得て、ランチ前30分に苦手な仕事を片付けましょう。

これが終わったら、楽しいランチの時間と目標を立てることで、仕事の効率が上がります。こまめに目標を定めたスケジュールを作成することで、仕事へのモチベーションもぐっと上がってくるはずです。

それでもやる気が出ない時

自分を見つめ直す

仕事へのやる気を出そうと思っても、なかなか意欲が出ないことも多いでしょう。そこで自分が得意なことから始めてみてください。得意分野は好きなことなので、時間も忘れて集中できるはずです。

逆に不得意な仕事は、脳が拒否してやる気も失せてしまうのです。まずは、自分の好きなことから始めて、早めに達成感を得ておくことで、苦手な分野でも積極的に取り組もうといった意欲が、必然的に生まれてくるでしょう。

自分がやりたかったことに挑戦する

自分がやりたくない仕事は、余計やる気がなくなってしまいます。そこで、やりたかったことに挑戦してみましょう。それは仕事に限らず、趣味や夢など何でもOKです。目標を設定することで、それを目指して、ひたすらに頑張る労力が生まれるはずです。

趣味の域を増やすことも、有意義な毎日を過ごすことができるのですが、仕事自体にも目標を持つことで、より画期的な一日を過ごせます。今ある仕事が苦手で、なかなか進まないときは、思い切って自分がやりたかった仕事から始めてみましょう。

達成したときの充実感は、今まで感じたことがないほどの快感に変わり、それを原動力として、さまざまな業務をてきぱきとこなせるようになるのです。

自分に合う仕事を考える

今の仕事が自分に向いていないと思ったら、思い切って転職を考えてみるのも一つの方法でしょう。現職が適職と思って入社したのに、自分の希望する仕事を任されない、想像していた仕事と違った場合、やる気を失ってしまうかもしれません。

この状態が続くと、職場スタッフにも迷惑がかかってしまうので、自分に合う仕事を考えてみましょう。もちろん転職をするときは、次に入る社員に仕事の引き継ぎをしてから辞めることが、社会人としてのマナーです。

上司に何の連絡もせずに、突発的に仕事をドタキャンしたり、突然辞めるようなことがないように心がけましょう。

なりたい自分を見つける

仕事へのモチベーションが上がらない、今の仕事を継続していく自信がない場合、思い切って転職を考える人も多いでしょう。しかし、その場の感情ですぐに辞めるのではなく、まずは自分が何をしたいのか、どんな仕事をしたいのか頭の中でイメージしてみてください。

将来やりたいことのビジョンが出てきたら、それを目標にすることで、自然とやる気が出てきます。将来に希望が出てくることで、今の仕事もどんなにつらくても、頑張ろうと意欲を保つことができるのです。

今まで知らなかったことを知る

本や映画の世界は、今の自分が経験したことがない世界観を得ることができる究極のアイテム。いろいろな知識を広げることで、今の仕事に対する考え方も変わるかもしれません。自分が何がしたいのか、どんな仕事がしたいのかが明白になる可能性も。

まずは知識や視野を広げて、今の仕事と自分のことを見つめなおしてみましょう。今までいやいややっていた仕事も、必要性を感じて見方が変わってくると、仕事への意欲も出てくるはずです。

ちょっとした旅行をしてみる

仕事や職場の人間関係でストレスを感じていると、やる気を失ってうつ病になってしまうかもしれません。そんなときは、適度な気分転換が必要なのです。週末にちょっとした旅行に出てみましょう。その土地特有の景色や料理を堪能して、気持ちをシフトチェンジするのです。

旅先で出会った人との交流を通じて、いろいろな考え方に触れることで、いつしか自分の偏った思考に気づくかもしれません。旅を通じて、仕事と今の自分を見つけなおしてみてください。

普段の生活からやる気をだす

朝からしっかり食べる

不規則な食生活は、やる気を左右します。朝食は、脳の1日のエネルギー源になるので、脳が活性化しなければ、やる気スイッチは発動しません。そのため、朝からしっかり食べるようにしましょう。しかし、普段朝食抜きの人は、食欲がないかもしれません。

少しでも口にできるものを食べることで、朝食の習慣が生まれて、やる気もだんだん出てくるでしょう。もちろん食べる食材にも、しっかり配慮すべきで、ジャンクフードばかり食べていると、確実に気力は低下します。

たまに食べる分には問題ないのですが、日常的に食してしまうと栄養バランスが崩れて、仕事への意欲も減退してしまう可能性も。栄養バランスを考えた献立を毎日考慮しながら、脳の活性化をはかりましょう。

出勤前に軽い運動をする

仕事へのやる気を出すのは、朝食だけではありません。朝が苦手な人は、とくに頭がぼぉーっとしてしまうので、目を覚ます意味でも出勤前に軽い運動をしましょう。体を動かして基礎代謝を上げることで、脳をスイッチオンにするのです。

たとえば、通勤通学にバスや電車を利用している人は、駅やバス停1駅分をウォーキングします。毎日の通勤なので忘れることがなく、継続できるでしょう。その分、朝早く起きるようにすると、規則正しい理想的な生活に。

朝日を浴びながらのウォーキングは、セロトニン分泌が増えて、脳内活性を目指せます。毎日の習慣に、ウォーキングを取り入れてみましょう。

ストレスはその日のうちに発散

仕事や人間関係での日々のストレスは、自分が知らない間に蓄積されていきます。大きくなってしまったストレスは、自分では解消することができなくなってしまうかもしれません。よって、満タンになってしまう前に、小出しにストレス発散をしましょう。

とにかくストレスを職場から持ち帰らない、そして趣味を増やすことで、毎日の生活が充実していきます。好きなことに没頭できることで、仕事に対する考え方が変わって、前向きに業務に取り組むことができるのです。

その姿勢が、周囲からも称賛されて、いつしか職場の人間関も円滑に。適度なストレスは必要ですが、過度になると、仕事やプライベートに影響を及ぼすので、適度に発散するように心がけましょう。

しっかりと湯船に浸かる

ストレスを溜めない、仕事への意欲を上げる方法の一つとして、入浴法があります。お風呂に入ることで血行がよくなり、気持ちがリラックスする副交感神経が働くのです。しかし、仕事へのやる気を出すためには、交感神経を高めることなので、逆に水シャワーを浴びましょう。

交換神経は、体に刺激を与えることで活発に働くので、水シャワーで刺激を与えて、頭をシャキッとさせてください。ただし、心臓の弱い人はもちろん、そうでない人も体調が悪いときには行わないこと。余計気分が悪くなる可能性が高いので、無理はしないことです。

水シャワーで刺激を与えてから、今度は42度~43度のお湯で5分間ほど入浴します。この温冷の繰り返しによって、体がリフレッシュして、癒し効果を得ることができるのです。

夜更かしをしない

睡眠不足は、次の日の仕事に影響します。ゆったり横になっていてもぐっすり熟睡しなければ、脳が完全に休めません。そこで、睡眠不足防止に体を休めるとともに、脳を休める努力をしましょう。つまり、質の高い睡眠を心がけることです。

睡眠不足は、ストレスホルモンを分泌しにくく、日中のあらゆる活動に集中できません。たとえば、日中めまいや立ち眩みがする、太陽の光が眩しい、朝起きて疲れを感じる、元気のあるときとないときの差が激しいなど感じている人は、さらにストレスが溜まると寝つきが悪くなるので、夜眠れずに昼間睡魔に襲われることも。

寝つきが悪いと、毎日睡眠不足となる悪循環を招いてしまうでしょう。そうなる前に、夜更かしをしないことは最前提で、睡眠時間を削らずにストレス解消ができる趣味を見つける、しっかり睡眠時間を確保するように心がけてください。

やる気のある仕事をするとどうなる

作業のスピードが上がる

仕事に対してやる気が出ると、自主的に仕事をしようという意欲が出てくるので、効率がぐんと上がります。作業スピードが上がるということは、それだけ業績もアップ、給料もぐんとアップするでしょう。

職場スタッフからの信頼も厚くなって、円満な人間関係を築くことができます。職場は何よりも仕事をする場所なので、当然仕事ができる人間は尊敬・尊重されるのです。仕事に対する姿勢が変わると、周りの雰囲気も変わってきます。

まずはやる気を出して、作業スピードをアップさせるように努力しましょう。そうすることで、自然と仕事も職場の人間関係もうまく行くはずです。

職場の活気が上がる

仕事に対する意欲が出てくると、必然と仕事の能率が上がって、業績もアップします。職場内での一人のやる気は、職場全体に広がって、スタッフが一丸となって仕事をしようという意識が高まるのです。職場内が活気づいて、明るいにぎやかな雰囲気に。

職場は仕事をする場ですが、それ以上に、そこで働く人とのコミュニケーションも大事なので、職場の雰囲気がよくなることは、スタッフのチームワークが高まって、より業務の能率が上がるでしょう。社会で働く以上、人との共同作業は必須。

そのために、まずは自身のやる気を職場スタッフにしっかりと見せることです。どれだけ仕事に対する熱意があるのかが、活気ある職場になるかどうかの決め手となるでしょう。

職場の人間関係が良好に

仕事に対してやる気がないと、周りからは「仕事ができない、ダメな人間」といった認識を持たれてしまいます。逆に仕事への意欲がみなぎってバリバリ働くことで、周りからは信頼の目で見られるでしょう。自分の仕事だけでなく、率先してほかの仕事も引き受けましょう。

仕事に対する信頼が厚くなると、頼りになる職場の一員として認められ、責務のある仕事を任されるようになります。そうすれば、より信頼度はアップして、職場の雰囲気も良好になってくるはずです。

達成感を感じることができる

仕事へのやる気は、仕事の効率をアップします。どんどん作業が進んで、目標達成もすぐそこです。仕事の頂上に達したら、まるで山頂に登ったときのような満足感を得ることができるでしょう。この気持ちが、次へのステップにつながるのです。

次の目標を決めて、常に進もうとすることが、今までいやいややっていた仕事に対する気持ちに変化をもたらし、どんな仕事でも、楽しく率先してやりたいと思うようになるでしょう。まずは、今抱えている仕事を、最後までやり遂げることが大切です。

やる気を継続する方法

私生活と仕事で線を引く

私生活での出来事を仕事に持ちこむ人がいますが、これはNGです。生活や趣味など、プライベートなことでいやなことがあると、それが仕事へ影響を与えてしまいます。したがって、私生活と仕事では、線を引くようにしましょう。オンとオフの切り替えスイッチを持つことです。

逆に仕事終わりや休日などプライベートな時間でも、仕事のことが頭から離れずにいると「休んだ気がしない」状態になって、睡眠にも影響してきます。仕事中はしっかり仕事のことだけ考える、プライベートはリラックスする時間を優先するようにしましょう。

プライベートを思いっきり充実させると、仕事へのパフォーマンスも向上するので、仕事終わりや週末など趣味や好きなことを作るようにしてください。

達成するたびに目標を立てる

目標にしていた仕事が終わると、達成感を得ることができます。しかし、それで終わってしまうと、またやる気が出てきません。よって、常に目標を持つことがポイントになります。一日の目標を立てることもよいでしょう。目標の立て方としては、細かく設定することです。

メリットとしては、目標が細かいので短期間で達成感を味わえる、仕事の進み具合が分かりやすい点でしょう。そのあとに最初に立てた目標が、時間を追うごとに変わってくるかもしれないので、そのつど変えることで、より理想的な仕事を目指せます。

いつも目標を持つことで、仕事に対するモチベーションが上がり、仕事への意欲が切れることがありません。この気持ちが大事なのです。

仕事に誇りをもつ

仕事にやる気が出ないことは、仕事に誇りを持っていないからです。どのような仕事でも、今の仕事で給料をもらっているということを忘れてはいけません。どんな仕事でも、プロ意識が必要です。そのために、今の仕事を好きになること、仕事に対する自信を持ちましょう。

仕事がしたくてもできない人も多い中で、今の仕事に巡りあえていることに感謝し、全力で取り組むことです。仕事に優劣をつけずに、仕事のリーダー気質(エキスパート)を目指してください。

休めるときはしっかりと休む

仕事に全力投球といっても、一日中仕事ばかりしていたのでは、脳も体もパンクしてしまいます。仕事のことだけ考えて、睡眠不足になってしまうかもしれません。そこで、休暇を取ってリフレッシュしましょう。

仕事でストレスを感じたと実感したとき、有給が残っていれば、まとめて休みを取って旅行などに出かけてみることも、有意義な時間をすごせます。また、休暇までは取れなくても、休憩時間などを利用して、体をリフレッシュするのです。

たとえばストレッチや読書、職場仲間とのおしゃべりは、休憩のちょっとした時間でも十分にストレス発散できます。

もしパートナーがやる気が出せなくなったら

リフレッシュに連れ出す

仕事にやる気が出ない人がいたとき、むやみに励ますことは、かえってプレッシャーになります。そこで、リフレッシュできる場所に連れ出してみましょう。たとえば、お酒が飲める場所やカラオケボックスなど、普段のストレスを発散できる場所に、一緒に遊びにいくのです。

また、その人が好きなことや趣味などが分かれば、一緒に付きあってあげましょう。釣り・ドライブ・好きなアーティストのライブなど。世の中には数多くの楽しめる場所があり、好きなことがあれば、率先してリラックスできます。

好きなことをしている間は、ドーパミン神経によって興奮状態になり、やる気を起こさせるテストステロンというホルモンが、大脳辺縁系の受容体に結合して、一層やる気を起こすといわれています。趣味や好きなことを持つことは、仕事の上でプラスに働くわけです。

話を聞いてあげる

日々のストレスは、発散させることが大事ですが、特に趣味もなく誰にも話す相手がいなければ、どんどんストレスは溜まってしまいます。そこで、話し相手になってあげるのです。特にアドバイスはいりません。

否定も肯定もなく、ただ話を聞いてあげて、合間合間にあいづちを打ってあげましょう。誰かが聞いてくれるというだけで、日々のストレスがスゥーッと消えていきます。もちろん、それだけで解決したわけではありません。

しかし、話を聞いてくれる人が一人でもいるだけで、不安な気持ちがなくなって、前向きに考えるようになります。そのときに、ちょっとしたアドバイスをしてあげることで、仕事への意欲もぐんと伸びていくことでしょう。

おいしいものを一緒に食べる

もともと食べることが好きな人は、おいしいものを食べることで、ストレスを発散することができます。食欲は、数多くある欲の中の代表格。おいしいものを食べると、それだけで身も心も満足するのです。

たとえば、高級グルメを堪能したあとは、高いお金を払った分だけお腹が満足します。その分、また仕事をがんばろうといった意欲が出てくるのです。相手が食べることが大好きな場合もそうでない場合でも、食事や飲みに連れていってあげましょう。

お酒の席では、普段誰にも語れないような気持ちを発散できて、すっきりするかもしれません。毎日となれば大変ですが、たまには一緒に飲んであげることも、職場仲間や友人としては大事な付きあいの一つなのです。

元気が出たら目標を一緒に作る

一緒にお酒を飲みにいったり、カラオケに行ったりしてリフレッシュしたあとは、少しは元気が出てくるかもしれません。そのときに、一緒に次の目標を立ててみましょう。そして、その目標にご褒美としてプレゼントを用意するのです。

もちろん、やる気がなくて気持ちが沈んでいるときではなく、少し元気が出て心に余裕がでてきたときに、それとなく「一緒に目標に向かって頑張ろう」と誘ってみましょう。心に若干ゆとりがあるので、やってみようかと思うきっかけになります。

また、プレゼントを用意することで、より一層やる気が倍増して、その目標に向かって一緒にがんばっていこうと、チームワークが生まれるのです。

やる気をチャージして仕事をバリバリこなす

仕事のやる気は、思うように出ないことも多いでしょう。無理に出そうと思っても、逆にストレスを感じてしまいます。そのためには、さまざまな工夫が必要。普段の生活の中から、やる気を出す方法を見つけましょう。

また、もしもパートナーがやる気がなかった場合、いろいろな方法で前向きになるようにしてあげることです。自分もパートナーも、やる気をチャージして仕事をバリバリこなすことで、毎日充実感を得ることができるはずです。

category

記事カテゴリー