仕事が楽しいと思える方法とは?つまらない原因と楽しめる人の特徴

仕事が楽しいと思える方法とは?つまらない原因と楽しめる人の特徴

BUSINESS 2018.02.27

Share :

仕事に慣れてくるとマンネリ化して仕事がつまらないと感じてくるものです。また、つまらないと感じる原因も人それぞれ。それでも毎日の仕事が楽しいと感じている人はたくさんいます。仕事を楽しめる人の特徴を知って仕事が楽しいと思える方法を探りましょう。

仕事が楽しいと思える人の特徴

無理をしない

無理をするとその先に限界がきます。そして「無理をして頑張ったから次の仕事は手を抜こう」という気持ちも生まれてしまい、結局徐々に手抜きをすることが多くなります。何年もずっと無理をして頑張り続けることができるという方はなかなかいません。ほとんどの方は、途中で限界がきて自分を甘やかしてしまいます。

限界を感じずに仕事を楽しく続けるコツは、無理をしないこと。余力を残しながら仕事をしていると、心に余裕ができるのでリラックスしながら仕事を楽しむことができます。周りと競争するのもよくありません。周りと比べるのではなく、あくまでも自分のペースで仕事をすることが大切です。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

いい意味で楽観的

成功者は楽観思考が多いといわれているように、楽観的に物事を考えることができるという人は、仕事を効率的にできる人が多いです。楽観的といっても、「失敗してもどうでもいい」という考え方ではありません。「失敗を次にいかせる」「失敗しても次頑張る」など、いい意味で楽観的・ポジティブな考え方ができるということです。

もし仕事で失敗することがあっても、「失敗は成功のもと」と心の中で言い聞かせ、失敗の中に自分の成長のためになることを見つけて、ポジティブに解釈できるようになるといいでしょう。楽観的な考え方ができる人の周りには、自然に人が集まってきます。たくさんの人と交流を深めながら仕事ができたら、仕事が楽しくなるものです。

変に思い詰めない

「絶対に目標(ノルマ)を達成する」など、仕事を完璧にこなそうと思い詰めてしまうと、そのことがプレッシャーになり、気持ちに余裕がなくなってしまいます。そしてストレスが溜まって仕事が楽しいと思うことはできません。仕事を楽しいと思えるようになるには、変に思い詰めないことが大切です。

完璧主義は捨て、心にゆとりを持つことを心がけましょう。プレッシャーを感じながら仕事をしているとストレスが溜まってしまいます。目標を掲げて仕事をすることはいいことですが、もし目標が達成できなくてもただ落ち込むのではなく、その過程で学んだことを見つけるという考え方をするといいでしょう。

ストレスの発散場所がある

ストレスの発散場所がある人は、充実感を感じやすい傾向があります。仕事を楽しめている人は、友人や家族との会話でストレスを発散したり、休日には映画やショッピングに出かけたりと、ストレスをうまく発散できている人が多いです。

ストレスが発散できないまま過ごしてしまうと、集中力がなくなり仕事がうまく進みません。友人や家族と会話をするだけでも気が紛れてストレスが軽減されます。その日のストレスはその日のうちに発散するといいでしょう。

頭の中が仕事でいっぱいにならない

頭の中が仕事でいっぱいにならないようにするということも大切なポイント。毎日仕事に追われて、休憩時間や勤務時間外までも仕事のことを考えていると、あっという間にストレスが溜まってしまいます。

せめて、仕事をしていない時間は仕事のことを忘れましょう。楽しみを見つけてプライベートを充実させると、頭の中が仕事でいっぱいにならずに済みます。どうしても仕事が忙しいときは、空き時間や隙間時間にコーヒーを飲んだり同僚と会話をするなどして、精神状態をリラックスさせる時間を作りましょう。仕事を楽しめる人は、オンとオフをうまく切り替えられる人です。

プライベートと仕事の区別がついている

プライベートと仕事の区別がついている人は仕事を楽しめる人が多いです。例えば、仕事の後にプライベートの予定を入れておくと、残業をしないように効率的に仕事をこなせるようになります。また、プライベートの楽しみな予定が入っていると、仕事にも張り合いが出てくるものです。

毎日漠然と仕事をしていても、仕事が楽しいと思えるような心の余裕はなかなか生まれません。仕事の後や休日に楽しみな予定を入れておくと、メリハリがついて仕事を楽しめるような心の余裕が生まれます。

常に新しいことを考えている

常に新しいことを考えている人は、仕事を楽しんでいる傾向があります。仕事をすることがマンネリ化してしまうと、仕事をつまらないと感じるようになるので、マンネリ化しないようにするということがポイントになるのです。

新しいことを考えるといってもどんなことを考えたらいいのかわからないという人は、小さなことでもいいので常に新しい目標を立てて仕事をしてみましょう。小さな目標でも達成すると満足感を得られますし、達成できなくても「次頑張ろう」とモチベーションが上がって仕事が楽しくなります。

器が大きい

器が大きい人は、小さなことで怒ることはないので心に余裕を持っています。そうすることで職場の雰囲気がよくなって仕事がしやすい環境になるのです。

さらに、器が大きい人はどんな立場の人であっても対等に接することができるので、人当たりが良いと思われます。そのため上司からも部下からも好かれやすいです。自ら仕事をしやすい環境をつくることができ、そして仕事を楽しむことができるのでしょう。

人間関係が良好

仕事を楽しみたいのであれば、人間関係が良好であることは重要なポイントです。やはり、仕事を楽しめている人には人間関係が良好だという共通点があります。人間関係を良好にするためのコツは、まずは誰にでも積極的に挨拶をすることです。

挨拶は人と人をつなぐきっかけになり、それから会話が生まれて人間関係を築くことができます。仕事は一人ではできないので、挨拶から人間関係を築いていき、そして誰かと会話をしたり助け合いながら仕事をしていけるようになると仕事が楽しくなります。

仕事が楽しいと思える人の共通点

人に感謝されることが多い

仕事のときに人に感謝されることが多いということは、仕事で誰かの役に立っているということです。仕事で誰かの役に立っていると実感できたら、そのことがやりがいになって仕事を楽しめます。

人に感謝されると気持ちがいいですし、仕事をしてよかったと思えて仕事に対してやりがいを感じるようになるのです。仕事の内容によっては何をしても誰からも反応がないことがあるかもしれませんが、自分がしている仕事は誰かの役に立っていると自覚しながら仕事をすることで仕事を楽しめるようになります。

笑顔が多い

楽しそうに仕事をしている人を観察してみると、笑顔が多いという共通点があります。例えば、細かい雑用を頼んだとしても笑顔で引き受けていたり、いつも笑顔で挨拶をしているなど。笑顔が多い人は話しかけやすいので、自然に人が集まってきます。

笑顔が多い人と一緒にいると気持ちがいいです。そのため、人間関係が良好な人が多いということもいえます。人間関係が良好であるということも仕事を楽しめている理由です。

没頭できる趣味がある

没頭できる趣味があると仕事をするのも楽しくなるものです。没頭できるということは集中力があるということなので、仕事でも成功しやすいということもいえます。ただ理由はそれだけではありません。没頭できる趣味があることでオンとオフをうまく切り替えることができ、仕事のストレスを発散できているということもいえるのです。ストレスを引きずっていると仕事がつまらないと感じるようになります。

さらに、没頭できるほどの趣味があるということは、仕事と趣味のメリハリをつけやすいということ。趣味に没頭するために仕事をきちんと終わらせようとやる気が出くるので、効率的に仕事ができるようになり、結果として仕事が楽しいと思えるようになります。

モチベーションの維持が上手

仕事が楽しいと思える人に共通していることは、モチベーションの維持が上手だということ。逆にいうと、仕事に対するモチベーションを維持することが仕事を楽しむコツだといえます。仕事は無理して頑張りすぎず、余力を残してリラックスした精神状態で行うことが理想です。

リラックスした精神状態を続けることがモチベーションの維持にもつながります。そのためには、時には手抜きをするのもいいでしょう。大事な仕事で手を抜いてしまってはいけませんが、今日やらなくてもいい仕事など、手を抜いても問題ないような仕事であれば頑張りすぎないようにしましょう。

「ありがとう」を素直に言える

誰に対しても、些細なことでも、感謝を伝えたい時には「ありがとう」と言うことは当たり前ですが大切なこと。そして、「ありがとう」を素直に言える人こそ仕事を楽しめている人に共通していることです。

その当たり前のことが、小さなプライドが邪魔をして言えないという人がいます。そういう人は、人間関係がうまく築けておらず、周りからの信頼も低いです。そうなると仕事がつまらなく感じたり、仕事がうまくいかないということが多くなります。

「慣れ」から新しい事を見出せる

毎日仕事をこなしていると、そのうちに仕事に慣れてしまい、つまらないと感じてきます。しかし、それでも仕事が楽しいと思える人には、「慣れ」から新しいことを見出せることができているという共通点があります。

仕事に慣れることは決して悪いことではありませんが、「慣れ」のせいで仕事がつまらなくなり、やる気がなくなってしまうことはよくありません。慣れてきたら、もっと工夫をして効率的に仕事をする方法がないか考えたり、新しい仕事に挑戦してみるということが重要なポイント。新しいことを見出して「慣れ」を解消させましょう。

こまめな目標をたててそれを実践できる人

与えられた仕事をこなしているだけでなく、自らこまめな目標をたててそれを実践できる人だということが、仕事を楽しいと思える人に共通していること。小さなことでも目標をたてて実践することが、毎日の仕事の「慣れ」の解消にもつながるのです。

目標が実現できたら、達成感が生まれてやりがいや自分の成長を感じることができます。そして自分に自信がつき、まわりから頼られる機会が増えて新たな仕事が舞い込むなど、物事が順調に進んでいくので仕事が楽しいと思えるようになるのでしょう。

この仕事は「楽しくない」と最初から決めつけない

例えば、希望の仕事に就くことができなかった場合、この仕事は「楽しくない」と最初から決めつけてしまう人が多いです。しかしそのようにずっとネガティブな気持ちを持っていると、その仕事を楽しいと思える日がくることはないでしょう。

どんな仕事でも楽しいと思うことができる人は、やる前からこの仕事は「楽しくない」という先入観を持っていません。もし希望の仕事をすることができなくても、「楽しくない」と決めつけずに、その仕事の楽しいと思える点を探してみるというポジティブな考え方をするようにしましょう。

単純作業からオリジナルを見つけられる

毎日仕事をしていると、マンネリ化してきて単純作業の繰り返しだと感じることがあります。マンネリ化させないために、単純作業からオリジナルを見つけられるという工夫ができる人が仕事を楽しいと思える人に共通していることの1つです。

単純作業からオリジナルを見つける方法はさまざま。例えば、単純作業の中にどこか改善できる点がないかを探す、問題点がないかをチェックする、効率的にするために工夫できることを探すなど、考えることはいろいろあります。

しっかり評価されている

仕事がうまくいくと楽しくなりますし、上司や取引先などからしっかり評価されます。評価されているというのは具体的にいうと、例えばボーナスの額がアップしたり、直接お礼をいわれたり、新しい仕事を頼まれるなどです。

仕事に対して評価されるだけでなく、楽しみながら仕事をしている人は人間関係が良好で信頼されている人が多いので、人としても高評価。そのため、この人に仕事を頼みたいとどんどん新しい仕事がくるようになり、それらの仕事を実現させていくごとに上司や取引先などからますます信頼されるようになっていきます。

反対に楽しい仕事なんてないと思う人の特徴

仕事が単調で退屈してしまう

楽しい仕事なんてないと思っている人にその理由を尋ねると、仕事が単調で退屈してしまうという意見があります。入社したばかりの頃は、新しい仕事を覚えようと毎日一生懸命でやる気が出てきますが、だんだん仕事に慣れてくると単調になってきて退屈に思えてしまうのです。

ただ与えられた仕事をこなしているだけの人は、仕事が単調になって退屈してしまいます。そうならないために、与えられた仕事に対して自分なりに工夫をして、改善点や効率化できる方法を見出せるかがポイントになってくるのです。

職場環境が悪くて出勤が憂鬱

職場環境が悪いと出勤が憂鬱になります。人間関係が悪くてギスギスとしていると、仕事が楽しいなんて思えません。

例えば、挨拶をしない、笑顔がない、会話がないなど、同僚や上司や部下との交流が少ないと、職場環境が悪くなります。相手から話しかけられるのを待つのではなく、自分から話しかけないとその状況は改善されません。まずは笑顔で挨拶をすることから始めると、それから会話につながるのでだんだんとギスギスした空気感がなくなってきて職場環境がよくなります。

成長を実感できない

成長を実感できない仕事をしていると、楽しいと思えません。例えば、販売業だと売り上げが伸びれば数字として目に見えて評価されるので自分の成長を実感できますが、そういった目に見える評価がない仕事だと成長を実感できず、やりがいを感じなくなってしまいます。

成長を実感できない仕事でつまらないと思っているなら、自分で目標をたてて仕事をするというのも1つの手段。自分でたてた目標が実現することで達成感と成長を実感できるので、仕事が楽しいと思えるようになるきっかけになります。

残業が多くて自分の時間がない

残業が多くて自分の時間がないと、ストレスがどんどん溜まっていきます。毎日のように何時間も残業をしていると、仕事が楽しいと思えるはずがありませんし、体を壊してしまう可能性もあるので危険です。

やむを得ない場合は仕方がないこともありますが、残業ばかり強いられるような会社であれば、自分から見切りをつけて転職するという選択肢も検討してみましょう。残業がない会社であれば自分の時間ができて仕事のストレス発散ができ、リラックスした状態で楽しく仕事ができます。

なんとなくで仕事を選びがち

なんとなくで仕事を選んでいる人は、結局は楽しい仕事なんてないと思っている人が多いです。なんのために働いているのかという仕事の意義を見出せていないので、やる気が出ずに仕事がつまらなくなってきます。

好きなことを仕事にできればいいのですが、好きなことを仕事にできて、さらにその仕事で成功できる人は一握り。好きな仕事を選べなかった、もしくは特に好きなことがなくてなんとなくで仕事を選んだとしても、それから仕事の意義を見つけることはできます。例えば、生活のため、人の役に立つためなど、どんなことでもいいので仕事の意義を見つけてみましょう。そうしたらつまらないと思っていた仕事でも楽しいと思えることが増えてきます。

自分の力を認めてもらえない

頑張りすぎている人ほど、自分の力を認めてもらえないと悩み、仕事が嫌になる傾向があります。人から認められている人は、ただ仕事の能力があるというだけでなく、人から信頼されている人が多いです。

信頼されるようになるためには、仕事に一生懸命になるだけでなく、人間関係を良好にすることも大切。また、自分の力を認めてもらいたいと頑張りすぎていると、過剰に期待してしまってもっと認めてもらいたかったとがっかりすることがあります。頑張りすぎず肩の力を抜いて仕事をすることも大切です。

プライベートが上手くいっていない

プライベートがうまくいっていないと仕事に影響が出るという人は、オンとオフの切り替えがうまくできない人です。プライベートのストレスを仕事に持ち込んでしまうと仕事までも楽しくなくなります。

仕事とプライベートはメリハリをつけることが大切。それがうまくできる人は仕事を楽しいと思える人です。メリハリがつかずプライベートのストレスを抱えたまま仕事をしてしまう人は、仕事に影響を与えて仕事がつまらないと感じるようになるでしょう。

 

仕事を楽しむメリット

ストレスがなくなる

仕事を楽しめるようになると、ストレスがなくなります。ストレスを抱えたままでいると、仕事をすることがどんどん嫌になっていくことでしょう。そして嫌な仕事をしてまたストレスが生まれてしまい、負の連鎖が続いてしまうのです。

ストレスがなくなれば、仕事も充実しますしプライベートも楽しめます。もし仕事でストレスを感じることがあったとしても、うまくストレス発散ができればまた次の日は仕事を楽しむことができるのです。仕事との付き合い方が上手で仕事を楽しむことができる人は、仕事もプライベートも充実感を得られることでしょう。

何事も積極的に行動しやすくなる

仕事を楽しめるようになると、何事も積極的に行動しやすくなります。仕事がうまくいくためには行動力が大切で、行動しないことにはチャンスは訪れません。仕事で成功している人は、少ないチャンスを掴むというよりは、チャンスの数を増やして成功を掴んでいるのです。

新しいことに取り組もうと積極的に行動しても、与えられただけの単調な仕事を毎日続けていても、流れている時間は同じ。それなら、積極的に行動してチャンスを増やし成功を掴みましょう。

積極的な行動の例

1.経験したことがない仕事でも臆せずにチャレンジする。
2.大変だと思う仕事でも取り組む。
3.自分で新しい仕事を見つけてくる。
4.どんな立場の人でも、誰にでも挨拶をして話しかける。
5.効率的に仕事ができるようになる方法を探して改善する。

楽しむ事で自然と人間関係もうまくいく

仕事を楽しむことで自然と人間関係もうまくいきます。心から仕事が楽しめていると、心にゆとりができ、まわりの人に対して優しく接することができたり、意識しなくても笑顔でいることができるのです。

自分が笑顔でいると、まわりの人の気持ちも和らいで職場環境がよくなります。笑顔の人のまわりには自然と人が集まってくるものです。そのような環境のいい職場であれば、その職場に行くことが楽しみになってくるので、仕事をすること自体が楽しくなります。さらに、人間関係が良好だとお互いに助け合いながら仕事ができるようになり、効率的に仕事が進むようになるというメリットもあります。

会社に通うことが嫌だと感じない

仕事を楽しむことができていたら、会社に通うことが嫌だと感じることがほとんどありません。多くの人が会社に通うことが嫌だとストレスを感じながら仕事をしているようですが、それは仕事を楽しめていないからなのでしょう。

会社に通うことが嫌だと感じているなら、仕事を楽しむ理由や仕事をする意義を見つけることが、会社に行く前の憂鬱な気持ちから抜け出すコツ。仕事を楽しめるようになったら、憂鬱な気持ちやストレスが解消されて精神的に楽になります。

仕事がつまらないと思い始めたら

趣味を見つける

仕事がつまらないと思い始めたら、趣味を見つけましょう。夢中になれる趣味ができたら、気が紛れて仕事のストレスを忘れることができます。ただ、元々趣味があればいいのですが、趣味がなくどんなことをしたらいいのかわからないという人もいることでしょう。もしどんなことをしたらいいのか迷っているなら、自己投資をするという方法がおすすめです。

自己投資をするといっても、いろいろな方法があります。例えば、習い事などスキルアップのための自己投資、交流会に参加するなど人脈を広げるための自己投資など。他にも自己投資する方法はたくさんあります。

趣味にできるおすすめの自己投資する方法

1.英語など外国語の学習をする。
2.PC関連など、スキルアップになる習い事をする。
3.異業種の交流会に参加する。
4.ランニングをしたりジムに通うなどして運動をする。
5.キャンプやツーリングなどで自然を楽しむ。
6.旅行をする。
7.読書をする。
8.映画を見る。

自己投資の方法は他にもたくさんあるので、自分に合うものを選びましょう。自分の精神状態を保つためにストレス発散になる自己投資でもいいですし、語学学習などでスキルアップしたり、交流会で人脈を広げたりして、最終的に仕事のためになる自己投資もおすすめです。

趣味になる自己投資でないと意味がないので、趣味として楽しめるものを選ぶ必要があります。仕事とは全く違うことをしてストレスを発散したり、楽しみながら学べるものが理想です。

身の回りの小物を新しくする

仕事をする上で、デスク回りなど身の回りの環境は重要です。仕事がつまらないと思い始めたら、文房具など身の回りの小物を新しくすると気分転換になります。風水でも、古いものを新しくするだけで仕事運が変わるといわれているようです。

身の回りがゴチャゴチャしていると、気づかないうちにストレスになっていることがあるので、身の回りは綺麗に整頓しておくことが大切。常に身の回りを綺麗にしておきながら、そして仕事がつまらなくなってきたら、文房具などの小物をお気に入りの新しいものに変えてみましょう。お気に入りのものを使うだけで楽しい気分になって、仕事のモチベーションも上がります。

なぜつまらないのか原因を探る

仕事月ならないと思い始めたら、まずはなぜつまらないのか原因を探ってみましょう。原因が分かったら、それを改善することで仕事が楽しくなる可能性があります。例えば、人間関係がうまくいっていなかったら、良好な関係を築ける方法がないか考えてみましょう。周りに相談できる人がいたら誰かに相談してみるという方法もあります。

また、仕事が原因ではなくプライベートがうまくいっていないことが原因で仕事がつまらないと感じている可能性もあります。その場合は、プライベートを充実させる方法がないか考えてみましょう。つまらない原因を改善することが難しいのであれば、そのストレスを発散できる方法を探すという手段もおすすめです。

自分に頑張ったご褒美をプレゼント

仕事がつまらないということは、モチベーションが維持できていないということです。つまり、モチベーションを上げる方法を見つけることで、仕事をすることが楽しくなる可能性があります。仕事のモチベーションを上げるためには、自分に頑張ったご褒美をプレゼントするという手段があります。例えば、「今月頑張ったら次の連休に旅行に行く」など。もっと手軽に、「この仕事をやり終えたらおいしいお酒を飲みに行く」などというのもおすすめ。

先にご褒美を決めておくと、そのために今ある仕事を頑張ろうという気持ちが湧いてきます。やる気が出て仕事をすることが楽しくなってきますし、仕事をやり終えた達成感も出て、さらにご褒美を実現することでストレス発散にもなっていいことばかりです。

恋愛をしてみる

プライベートが充実していると仕事も楽しくなります。もし仕事がつまらないと感じたら、発想の転換でプライベートを充実させる方法を考えるというのも1つの手段です。特に恋愛をすると幸せホルモンが分泌されるので、何をするにも楽しくなります。

恋愛をする相手がいないなら、飲み会や合コンに参加して出会いの場を作りましょう。恋愛のことを考えるだけでも仕事のストレスが吹き飛んで幸せな気持ちで満たされます。

人間関係を円滑にする

仕事が楽しいと感じるかつまらないと感じるかは、人間関係が大きな影響を与えます。人間関係がうまく築けていないと、仕事で成績を残していたとしても仕事をすることがつまらないと感じてしまうことが多いです。

人間関係を円滑にすると、仕事をすることが楽しくなってきます。いろいろなタイプの人がいるので合わないと感じる人もいるかもしれませんが、とりあえず誰に対しても笑顔で挨拶だけはするようにしましょう。それだけでも職場の環境がいい方向に変わることがあります。

小さな目標をたてて達成する

仕事で達成感を感じられるかどうかも、仕事が楽しいと思えるか、つまらないと思うかのポイントになります。達成感を得るために、自分で小さな目標をたててみるといいでしょう。「今日はここまで仕事を終わらせる」など、どんなに小さなことでもいいので、1日1つ目標をたてて達成することでモチベーションが上がって仕事が楽しくなってきます。

ただし、途中で挫折してしまうような目標をたててしまうと仕事が嫌になってしまうので逆効果です。小さな目標を具体的にたてることがポイント。1日に1つでなくても、すごく小さなことであれば1日に複数の目標をたててもいいので、実現できる目標を考えるようにしましょう。

好きな事に関連する副業をやってみる

仕事がつまらないと思ったら、仕事は仕事だと割り切って、仕事とは別の好きなことに関連する副業をやってみるというのもおすすめ。新しいことにチャレンジすることでモチベーションが上がります。

最近ではネットで副業ができるので、仕事が終わった後や休日を利用して簡単に副業することが可能です。ただし、余計なストレスが増えないように、副業をするなら好きなことに関連することでないと意味がありません。さらに副業のやり方次第でスキルアップも図れるので、それを仕事にいかすこともできます。

仕事が楽しいと思っている人の真似をする

つまらない仕事を楽しいと思えるようになるためには、仕事が楽しいと思っている人の真似をするという方法が簡単です。仕事が楽しいと思っている人を観察していると、仕事が楽しいと思えるような特徴的な行動をとっていることがわかります。

観察をしても真似できるような行動が発見できなければ、実際に話を聞いてみて相談するのもいいでしょう。話を聞いてみると、人との接し方、仕事に対する考え方が全く違うことに気がつくことがあります。

得意なことを極めてみる

得意なことであれば、無理をしなくても楽しく仕事ができます。苦手なことをやると時間がかかって嫌になるものです。それなら得意なことを極めてどんどん伸ばしていくと、つまらないと思っていた仕事が楽しくなることでしょう。

得意なことを極めてみたら、いつの間にかその分野のライバルがいなくなって頼られる存在になることもあります。好きなことではなく、得意なことを見つけて極めてみましょう。

仕事を楽しむためにいろいろな発見をしてみよう

仕事を楽しむためには、いろいろな方法があります。目標をたてるなど、仕事の中で工夫をする方法もありますし、プライベートを充実させたりストレスを発散させるなど、仕事以外で工夫をする方法もあるので、自分に合う方法を見つけましょう。

仕事がつまらないと感じる理由も人それぞれ違います。つまらないと感じる理由を探って改善させることも、仕事を楽しくする方法です。仕事を楽しむためにいろいろな発見をしてみましょう。

category

記事カテゴリー