「仕事のやりがい」を感じるときとは?感じない人の特徴と探す方法

「仕事のやりがい」を感じるときとは?感じない人の特徴と探す方法

BUSINESS 2018.02.27

Share :

やりがいがないと感じながら仕事をしている人は多いです。感じない人には共通する特徴があり、逆に感じるときにも特徴があります。やりがいを持って仕事をすると、仕事もプライベートも充実する傾向があるので、やりがいを探して人生を充実させましょう。

やりがいの基本

心の中で感じる感情

仕事にやりがいを感じないとつまらなくなり、辞めたくなるような気持ちになります。そもそもやりがいとは何なのでしょうか。やりがいとは心の中で感じる感情からくるものなので、成果を出したから必ず得られるということでもありません。

成果を出したことがやりがいにつながることもありますが、それよりも目標を実現したときの達成感によってやりがいを得られるということのほうが多いです。まずは、自分が何に対してやりがいを感じるのかを知ることが大切。そうすることで目標ができ、目標に向かって一生懸命仕事をするようになります。そして目標が達成されることで仕事に対してやりがいを感じられるようになるでしょう。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

何かに対しての満足感

仕事にやりがいを感じるときは、何かに対して満足感を得られたとき。例えば接客業であれば、お客様に「ありがとう」と感謝されたときに満足感を得られて仕事にやりがいを感じます。

他に仕事内容に関することであれば、昇進したとき、周りに認められたとき、仕事がうまくいって成長を感じたときなど。あとは、給料をもらって経済的に余裕があると感じたときにも満足感を得られて仕事にやりがいを感じるということもあります。

なくて困るものではない

やりがいがなくても困るものではありません。やりがいを感じないまま仕事を続け、キャリアを積み上げている人はたくさんいます。

やりがいを持って仕事をすることはいいことですが、違う見方をすれば、やりがいを持っていることでその仕事に固執してしまうため、新しいチャンスが巡ってきたときに「今の仕事があるから」とチャンスを見逃してしまうということもあるのです。やりがいを持って仕事をしたほうが楽しく仕事ができますが、やりがいが見つけられなくてもとりあえず目の前にある仕事に没頭してみると、キャリアアップしたり新しいチャンスに巡りあったりと、いい方向に向かう可能性があります。

仕事のやりがいを感じる時

営業成績が上がる

仕事のやりがいを感じるときで多い意見は、営業成績が上がった時など、目に見える成果が出せたとき。他にも、自分で提案したことが通ったときや、自分で作ったものが形になったときなど、実績が結ばれたときにやりがいを感じるという意見が多数あります。

仕事内容によっては、目に見える成果を感じにくい仕事もあるので、そういった仕事の場合はやりがいを感じにくいです。一方で営業の仕事の場合は、ほとんどがはじめに営業目標というものが設定されます。そのため、ストレスを感じやすい大変な仕事ではありますが、営業目標が達成されたときは目に見えて成果が出せたということがわかるので、やりがいを感じやすい仕事だといえるでしょう。

取引先に認められる

取引先に認められると、これまでにコツコツと積み上げてきたものが役に立ったのだと嬉しく思うものです。そしてモチベーションが上がり、仕事がやりがいになってきます。

取引先に認められたということは、確実に成果を出せたということ。そして自分の仕事のおかげで会社の役に立ったとなると、自信がついて仕事に対してのモチベーションはますます上がります。もし、毎日同じような仕事をしていてマンネリしていたとしても、その結果取引先に認められるほど成果が出せたのだとしたら、毎日コツコツと仕事をしていく大切さを実感できることでしょう。

上司に成果を認められる

自分がやっている仕事が理解してもらえると、やりがいへとつながります。例えば、上司に成果を認められると、自分がやってきた仕事は間違っていなかったんだと、自信になって仕事に対する意欲が湧いてくるものです。

また、上司に成果を認められると、ダイレクトに自分の成長を実感できます。成長を実感できることは、仕事に対してやりがいを持つためにはとても重要なポイントです。

お客さんの良い反応

人から感謝される機会がある仕事だと、やりがいを感じるものです。例えば、人と接する仕事でお客さんの良い反応がすぐに返ってくると嬉しくなり、仕事をしてよかったと思えます。

お客さんから「ありがとう」と感謝されるような仕事はやりがいを感じやすいです。例えば、接客業でお客さんから感謝されるとき、看護士で患者さんから感謝されるときなど。人と接する仕事は良い意味でも悪い意味でも相手の反応によって自分の仕事に対する評価がわかります。そのため、しっかり仕事をしたら良い反応が返ってきてやりがいへとつながるのです。

重要なポストに抜擢される

重要なポストに抜擢されると、自然と責任感が生まれます。そしてきちんと仕事をこなし成果を出さなくてはという気持ちになり、今まで以上に一生懸命仕事をするようになるものです。

重要なポストを任されるということは、自分がリーダーになってまわりを引っ張っていかなくてはいけないという立場になることもあります。そうなると、適当な仕事をするわけにはいきません。周りに迷惑をかけないように、一生懸命仕事をすることで仕事にやりがいを感じられるようになります。

後輩ができた時

新入社員として入ってきてしばらくの間は、自分が一番下の立場。適当に仕事をしているつもりはなくても、心のどこかに「自分が一番下だから、わからないことがあっても仕方がない」という安心感のような軽い気持ちがあるものです。ところが、会社に人が入ってきて後輩ができると気持ちが引き締まります。

後輩を指導して成長していく姿を見ると、仕事のやりがいが増えます。また、後輩が成長していく姿を見ながら、自分も成長していることを実感できるのです。

やりがいがあると言われる仕事

企画や運営スタッフ

一から作りあげる企画や運営スタッフの仕事は、最初から最後まで自分が作ったということが目に見えてわかる仕事なので、仕事を終えたときの達成感を大きく感じられます。そしてその仕事が成功したときには、自分が作ったということを誇りに思えることでしょう。

大きな達成感がある仕事は、やりがいを感じやすいです。そして自分の仕事を誇りに思えて自信となるので、経験をいかして次の仕事を頑張ろうという意欲につながります。

患者さんに寄り添う看護士

患者さんに寄り添う看護士は、命の重さを目の当たりにするので責任感が生まれます。しっかり患者さんのことを見ていないと命にかかわる危険が起こる可能性もあるので、中途半端な気持ちでできる仕事ではありません。

しかし責任感が大きい仕事だからこそ、やりがいも大きいです。患者さんに「ありがとう」といわれたときには、自分が誰かの役に立っているということが実感できます。

センスが光る美容師や理容師

美容師や理容師は国家資格を取得しないと正式に働くことはできません。国家試験の合格率は、美容師が平均60~80%、理容師が50~70%。誰でもできる仕事ではないということが自分への自信につながり、仕事のやりがいを持つためのモチベーションになります。

美容師や理容師は、自分のセンスが問われる仕事です。お客さんの要望通りにカッティングなどをしますが、その中にはどうしても自分のセンスが多少なりとも入ります。そのため、お客さんが喜んでくれたら自分のセンスが認めらたと嬉しく思い、仕事へのやりがいが大きくなることでしょう。

ファッショナブルなアパレル販売

アパレル販売は好きな分野で仕事をしている人がほとんど。好きなことを仕事にしているというやりがいと、ファッショナブルな世界の中に自分がいるという嬉しさが生まれます。

人と接する仕事なので、お客さんに感謝されたり喜んでもらえる機会も多いです。また、お客さんがリピーターになってくれたときの喜びはより大きく感じることができます。販売している商品やお店が気に入ってリピーターになるだけでなく、接客を気に入ってリピーターになる人もいます。お客さんと仲良く会話できるようになると仕事が楽しく感じるようになるのです。

サポート役の介護スタッフ

介護をするのは家族の負担がとても大きいです。介護スタッフは、介護をする家族の負担を減らすためのサポート役となります。

家族は介護の負担が少しでも減ることでストレスも減るので、介護スタッフをしていると家族から感謝されることが多いです。直接感謝されると、もっとサポートをしてあげたいという気持ちになります。食事や着替えのサポートや、場合によっては入浴や排せつのサポートなどもあり、介護の仕事は大変な面もあります。ここまでやりがいのある仕事はない、という意見もあるほどやりがいも大きい仕事です。

受付に多い医療事務

受付に多い医療事務は人と接する機会が多い仕事です。ただ、サービス業の接客と違い具合が悪かったりケガをして治療にきている患者さんと接するため、そのことを踏まえて責任感を持って接客する必要があります。

もし患者さんが病状に関することを聞きたがっていたとしても、医療事務の仕事では診療に関する内容は絶対に話してはいけません。そういったルールを守りながら、誠実に患者さんと接していると感謝される機会は多い仕事です。感謝される喜びを得られるのは、医療事務のやりがいだといえます。

細かい作業の薬剤師

薬剤師の主な仕事は薬を調剤することなので、薬をミリグラムやミリリットルという単位で配合するなど非常に細かい作業となります。分量や配合を間違えると患者さんの健康を奪いかねないため、丁寧に仕事をしなければいけません。

細かい作業をする仕事なので常に気が張っていて大変ですが、薬剤師という仕事は調剤だけではなく、患者さんの不安を解消するための相談役にもなるのです。薬を処方するときには、患者さんに薬の効能や服用の仕方や副作用についてなどを説明します。そして、薬についての相談にのって患者さんの不安を和らげるために貢献することができるので、自分が頼られていると実感できる仕事です。

国と国を結ぶ通訳

通訳という仕事は、国と国を結ぶ懸け橋になります。異なる言語を使う人々の懸け橋となれるというのは、通訳という仕事ならではのやりがいです。

双方が通じ合うことができたというのを目の当たりにすると大きな喜びになります。また、通訳という仕事は世界が舞台にできるという他にない魅力があり、グローバルな仕事をしているという誇りを持つことができるのです。長く通訳をしているとビッグビジネスの通訳を任される機会もあり、その際には会社の運命を左右するやりとりを裏でサポートしているというやりがいも実感できます。

仕事にやりがいがないと感じる瞬間

なかなか評価されない

まじめに仕事をしているのになかなか評価されないと、仕事にやりがいを感じなくなってしまいます。職種や上司によっては、なかなか評価されないというケースはよくあることです。

評価されない仕事はやりがいがないと感じてしまい、会社を辞めたくなってしまいますが、それでも自分自身で目標をたてて、目標を1つ1つ実現していくことでやりがいが生まれることがあります。自分で工夫をすることでやりがいがあるという気持ちに変化することがありますが、工夫をしても辞めたいという気持ちが収まらないのであれば、転職を考えるというのも1つの手段です。

仕事の価値が見出だせない

毎日同じような仕事をしていると、その仕事に対して価値が見出せなくなってくることがあります。しかしどんな仕事であっても、必ずその仕事をすることが何かの役に立っていて、その仕事には価値があるのです。

仕事にやりがいを感じなかったら、自分がしていることは何のための仕事かをよく考えてみましょう。何かの役に立っていたり、誰かの役に立っていることがわかれば、それをやりがいにできモチベーションを維持することができます。

簡単な仕事が多い

簡単な仕事が多いと、「誰がやっても同じなのでは?」「自分がやる意味はあるのか?」という疑問を抱くようになります。簡単な仕事のほうが楽でいいという意見もあるかもしれませんが、大変でもやりがいを感じる仕事をしたいという意見のほうが多いです。

レベルが低い仕事をしていると、淡々と業務をこなしているだけという感覚になってストレスを感じるようになります。人は、自分だからできる仕事や自分の存在意義を求めたがるものです。そのため、簡単な仕事ばかりしていても仕事がつまらないと感じるようになります。

やる仕事が少ない

暇な時間ができてしまうらくいにやる仕事がないと、やりがいを感じられません。楽な仕事のほうがいいという意見もあるかもしれませんが、仕事量が多いほうが1つずつ仕事をこなしていくうちに充実感を得られます。

時間が経つのを忘れてしまうくらい仕事量が多いと、仕事を終えたときの達成感も大きいです。一方で暇な時間ができるくらい仕事量が少ないと、時間が経つのが遅いと感じる毎日がつらくなることでしょう。仕事がない時間に何をしたらいいのかわからないという不安な気持ちが出て、「自分はこの会社に必要ないのでは?」と思い悩む可能性もあります。

やりがいを感じない人の特徴

感情を共有できる仲間がいない

やりがいを感じない原因は、仕事の内容ややり方ではなく、感情を共有できる仲間がいないからという可能性があります。例えば、残業や休日出勤をしなくてはいけないとき、仲間がいれば仕事の大変さを共有できるのでつらく感じませんが、共有できる仲間がいないと残業や休日出勤は「苦」でしかありません。

人と人のつながりや人間関係は仕事をする上でとても大切です。仲間がいれば一緒に頑張ろうとやる気が出てきます。しかし孤独の中で仕事をしていると、大変な時に乗り切るパワーはなかなか出てこないでしょう。

自分に自信がない

自分に自信がないと、何をするにも弱気になってしまいます。例えば、新しい仕事をするときにも自信がないと失敗したらどうしようと弱気になってしまい、モチベーションが上がりません。

自分に自信を持つということは、仕事をする上ではプラスに働くことが多いです。自信がつくことで積極的に仕事をするようになり、仕事が楽しいとさえ思えるようにます。達成感を得ると自分の成長を感じて自信がつくので、まずは今ある仕事を一生懸命やり終えてみましょう。

目標とする人物がいない

先輩や上司の中に目標とする人物がいないと、仕事に対してのモチベーションが下がってしまいます。「この人のようになりたい」という目標は、モチベーションを上げるための源になるのです。

「憧れの先輩や上司のような仕事をして成績を上げたい」と思えるようになると、一生懸命になって仕事をやりがいに感じられます。モチベーションの維持はやりがいを持つためにはとても重要です。しかし憧れの人がおらず、残念な先輩や上司ばかりだったら、仕事をするのもその職場にいることも嫌になってしまいます。

条件ばかりを気にしている

給与や休日などの労働条件ばかり気にしている人は、転職回数が多い傾向があります。その理由は、条件ばかりに気を取られて仕事に対する意識や意欲が薄くなっているからです。

労働条件をあいまいにしている会社はよくありませんが、働く側も条件を気にしすぎているとやりがいを感じられなくなります。転職は悪いことではありませんが、条件ばかりに気を取られず仕事に対して意識を持つことが大切。意欲的に仕事をすることでやりがいとなり、長く続けることができます。

やりがいを探す方法

自分にしか出来ないことを探す

「自分にしかできないこと」が見つけられたら、そのことがやりがいになります。例えば、資格を取得しないとできない仕事など。資格が必要な仕事だと、誰にでも簡単にできる仕事ではないと自信がつきます。仕事にやりがいを感じたいのであれば、まずは自分にしかできないことを探してみましょう。

資格が必要な仕事はたくさんあります。国家資格が必要な仕事となると、より自分の仕事に誇りを持つことができ、やりがいを感じられることでしょう。ただし資格を取得するために専門学校で学ばなければいけないなど、長い時間をかけて勉強等をしなければいけないものが多いので、自分が得意なことや好きなことの中から選ぶことが大切です。

国家資格が必要な仕事の一部の例

1.美容師
2.理容師
3.一級建築士(建築関係の仕事)
4.弁護士
5.教諭免許状(教師)
6.調理師
7.看護師
8.歯科医師
9.歯科衛生士
10.薬剤師
など。

国家資格は数百種類以上とたくさんあります。今から資格を取得したいと考えるのであれば、まずはどの資格を取得したいかを選び、そのための準備を進めていきましょう。

資格を取得することは簡単なことではありませんが、国家資格が取得できればその分野に関する仕事はある程度保障されたといえるでしょう。国が与えている資格ということで社会的な信用度は高いです。

思いきって転職の準備

努力しても、仕事に対して工夫をしても、いろいろ試したけれどどうしても仕事にやりがいを感じず辞めたいと思うのであれば、思い切って転職の準備をするというのもおすすめ。新しい環境で1からスタートすれば、心機一転で「次こそは頑張ろう」と次の仕事へのモチベーションが上がります。

思い切って新しい環境に飛び込むというのは勇気がいるものです。しかし辞めたいと思っている会社にそのままダラダラといるよりはいい方向に向かう可能性はあります。転職活動をするなら、スケジュールを組んでしっかりと準備を整えましょう。

転職準備の進め方

1.事前準備として、転職活動のスケジュールを立てる。
2.求人情報を見るなどして、応募したい業界や会社の情報収集をする。
3.履歴書などの書類作成をして応募をする。
4.転職理由や志望動機など、想定される質問に答えられる状態にしてから面接を受ける。
5.内定が出たら退職の手続きをとり、引継ぎの準備をする。

何かの役に立っていると考える

何かの役に立っていると感じることができれば、それがやりがいになります。直接感謝される機会が多い、人と接する仕事は、何かの役に立っていることを実感しやすいのですが、そうでない場合は何かの役に立っていることを実感できません。やりがいを感じられず仕事がつらくなったら、自分の仕事が何の役に立っているのか、誰かの役になっているのか、一度よく考えてみましょう。

仕事というのは少なからず誰かや何かの役に立っているものです。自分がしている仕事が何かの役に立っていると実感できる人は、ただ何も考えずお金を稼ぐためだけに仕事をしているという人よりも充実感で満たされています。そしてやりがいとなるので、何かの役に立っていると考えることは仕事をする上でとても重要なことなのです。

仕事以外に目を向ける

現状の仕事にやりがいを探したい場合は、仕事だけにとらわれず、仕事以外に目を向けてみましょう。出勤中や帰宅中に見かけた風景や人々が印象に残り、仕事にやりがいを持つヒントになる可能性があります。

例えば、頑張って働いている人を見て自分ももっと頑張ろうと思うきっかけになることもあるのです。また、仕事以外に目を向けたことで、現状の仕事を頑張るきっかけになるだけでなく、転職先や転職したいと思う業種を見つけるきっかけになることもあります。

やりがいが大切な理由

自ら仕事を楽しめる

やりがいを感じながら仕事をしていると、自ら仕事を楽しめます。すると仕事がはかどるのでミスが減るというメリットもあるのです。仕事を楽しみながらできれば、あっという間に時間が経ちますし、仕事を終えた後の充実感も感じられます。

逆にやりがいを感じられないと仕事がつまらないと思い、仕事がはかどらず集中できないので、ミスが増える傾向があるのです。ミスが増えて上司に怒られ、さらに仕事が嫌になってしまうという悪循環も生まれてしまいます。仕事にやりがいを持つために、自分で目標を作りながら仕事をしてみるなど努力をすることはできるので、仕事を楽しめるような工夫を考えてみましょう。

生き生きした生活

生き生きとした生活を送りたいなら、仕事もプライベートも充実していることが大切。やりがいを持って仕事をしていると、精神状態が安定しているのでプライベートも充実できる傾向があります。

また、プライベートを充実させると、つまらないと思っていた仕事を楽しいと思えるということもあるので、仕事にやりがいを感じられなかったらプライベートを充実させるという逆転の発想をしてみましょう。趣味を作るなど、リフレッシュできる環境作りをすることで、仕事のストレス発散にもなりますし、プライベートを楽しむために早く仕事を終わらせようと効率的に仕事ができるようになります。

将来への希望

将来への希望を持っていると仕事にやりがいが出ます。この会社で出世したい、もしくは将来転職するときに有利になるために自分自身成長したいというのであれば、今ある仕事をこなして確実に実績を積み上げていくことが重要です。やりがいを持って仕事をしていると責任感が出てくるので、新しい仕事を任されるようになるなど成果を認められることが多くなることでしょう。

将来への希望がないと仕事のやりがいを失います。もし会社が倒産しそうという状況であれば将来の希望を持てません。倒産ということになると個人の意思ではどうすることもできないので、その場合は早めに転職の準備を進めるというのもおすすめです。

上手く味方につけて人生を豊かにしよう

仕事にやりがいを感じなくても困ることではなく、やりがいがなくても仕事を続けている人は多いです。しかしやりがいを持って仕事をすることで、充実感を得られたり仕事を楽しめるようになります。

やりがいがないと感じている仕事でも、自分で工夫することでやりがいを持つことは可能。さらにプライベートまで充実するという相乗効果を得られる可能性もあります。「仕事へのやりがい」を上手く味方につけて、人生を豊かにしましょう。

category

記事カテゴリー