自分に合う仕事に転職したいと考える男性が知っておきたいこととは

自分に合う仕事に転職したいと考える男性が知っておきたいこととは

BUSINESS 2018.02.27

Share :

今まで携わっていた仕事もある程度の満足度を感じ、なんとなくやりがいがなくなってくるタイミングがくるときがあります。仕事が楽しいとやりがいがあった頃が懐かしく感じ、新たな仕事はないかと考える人が、自分に合う仕事を見つける秘訣とは何でしょうか。

仕事を変えたいと思ってしまう理由

やりがいを見出せなくなってしまった

長年同じ仕事を続けていると、どこかでやりがいがなくなり、以前は持っていたプロ意識も欠けてしまうタイミングがあります。理由はさまざまですが、新人から中堅へとポジションが変わっていくと、仕事を後輩に譲ることが多くなり、自分は現場よりも管理の仕事に従事する時間が多くなったりします。

もちろん後輩が成長し、仕事を任せることができるようになれば、嬉しいことであり、自分ができる仕事も広がります。しかし、自分がやりたいことではないポジションに移動をしたり、全体の管理を見るという立場が好きではない人にとっては、仕事に対する情熱が下がってしまう場合もあります。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

社内に自分が希望をするポジションがあり、移動が可能なのであればよいですが、そもそも現在の仕事に限界を感じている場合は、何か別の仕事への転職を考えることにもなります。自分の思い通りに動きづらくなると、やりがいを感じられなくなってしまいます。

生活サイクルを崩されてしまっている

定時に帰ることがほとんどない会社勤めをしていると、夜遅く帰宅し朝早く出かけるため、睡眠時間が足りない生活になります。ときには、休日出勤もあり自分の時間や家族の時間も削られてしまいます。自分の自由時間が少なく、余暇を楽しむ時間がほとんどなくなってしまいます。

少しでも自由な時間が欲しいため、就寝時間を遅くしてでも好きなことをする時間を作るようになり、生活サイクルが崩れてしまうことになってしまいます。あまりにこのような状態が続くと、精神的にも体調的にもバランスを崩しやすくなります。

仕事の時間が長すぎることで、自分の時間が削られ体を壊すのであれば、今の仕事を変えるべきではないかと考えるようになります。多少給料が下がったとしても、残業が少なめな会社に転職をして、今の生活サイクルを改善したいと思うでしょう。

仕事仲間との人間関係

仕事自体に不満はなくても、仕事仲間との人間関係にトラブルがある場合、ストレスを抱えてしまう原因となります。仕事を遂行するうえで、意見の相違や言い合うことはありますが、それが仕事上だけのことであればよいですが、社内にいる間続くのであれば非常にストレスとなります。

人間関係というのは、仕事をするうえで非常に大切で、よい影響もあれば、ネガティブに働く影響もあります。人間関係が上手くいっていないと、仕事も思うようにこなせなくなり、さまざまな面で影響がでてきます。人間関係のストレスを持つと、今の仕事を続ける気力も失いやすくなるのです。

うまく仕事が進まない

仕事内容には随分と慣れてきたつもりでも、うまく仕事が進まないといった状態になることがあります。作業スピードが落ちたり、環境にうまく適応できていないような違和感を感じるなど、以前はなかったような状況に陥ってしまうこともあります。

仕事内容に魅力を感じられなくなっていたり、どこか自分の力が回りにくくなっていることを感じます。仕事のルールなどの変更にもうまく馴染めなくなっていたり、以前と比べてはるかに仕事への熱や力が落ちてしまっていると、仕事を変えた方がよいかもと考えます。

仕事の報酬に不満がある

長年勤めてきた会社の報酬に対して不満を感じることも、仕事を変えたいと思ってしまう原因になります。やっている業務に対しての報酬が低いと感じたり、周りの知り合いの平均と比べて低いと感じた場合などです。そして、景気などの影響でサラリーがカットされたり、賞与支給がなくなるなどのケースもあります。

同じような仕事をしている仲間と給料の差があると、やはりやる気も失せてきます。もう少し待遇のよい会社に転職をすることで、報酬がアップするのであれば転職を考える人も多いはずです。仕事は、やりがいも大切ですが、それに対する正しい報酬も重要です。

長年勤めた会社への恩があったとしても、待遇面で正しく評価されていないのであれば、転職をしてよい環境に転ずることも手段のひとつになるでしょう。

独立に興味がある

会社への不満はさほどなくても、将来的に独立して事業をはじめたいと考える場合も、仕事を変えたい理由のひとつです。夢であった自分の会社を起こすことや、フリーランスで自分のスキルを試すなどは、タイミングを見計らって仕事を辞めようと考えます。

このケースの場合は、会社自体への不満から考える場合もありますが、じっくりと計画をたてて、会社から学べることを学び、自分の力で先を切り開こうと考えています。ある程度のメドが経たった時点で、会社を辞めて独立をしようと行動するでしょう。

自分に合う仕事を考える

自分のやりたいことを考える

仕事を変えたいと感じる理由はさまざまですが、いざ変えるといっても自分が何をしたいのか明確でなければ、転職する意味が薄くなってしまいます。ただ単に仕事を変えたいと漠然と考えるよりも、自分が何をやりたいのかを考えることが大切です。

まずは、自分がやりたい仕事がどんな職種であるのか、自分の得意なスキルは何なのか、自分が求める仕事のスタイルは何なのかを考えてみるようにしましょう。考える際に、大きな枠から考えるようにし、だんだん細かな部分を増やしていくようにするとよいです。

はっきりと明確に自分の目標が定まっている場合は、本当に自分が目指してしるものと合っているのかを考えます。自分がなぜ、その仕事をやりたいと思ったのかを考えてみましょう。そして、その仕事に付随してくるメリット・デメリットについて再度検証してみるとよいでしょう。

もう一度夢を追いかける

子供の頃から持っていた夢を一度はあきらめたものの、どこかで心残りになっている場合もあります。当時は、スキル不足だったり、結婚のタイミングなどから諦めざるを得なかったという人は、いつか夢を実現できたらと思っていることもあります。

ずっと思い続けていたやりたいことが、現段階で可能かもしれないという状況を迎えたなら、チャンス到来の可能性もあります。可能性を試すことができるチャンスなので、チャレンジするのもよいことですが、ある程度の蓄えを作っておくことも大切です。

そして、自分の状況が夢を追いかけてもよい状態であるのかを見極める必要があります。独身であれば、自分の蓄えが続く限り迷惑は掛かりませんが、もし家族がいるのであれば家族ときちんと話し合う必要があります。自分が夢を追いかけたいと考えるだけでなく、ある程度の見込みも計算しておきましょう。

生活に合わせた仕事を考える

現状を打破して新たな仕事をはじめたいと考えた場合、自分の生活状況に合っているのかを考えておく必要があります。独身者であれば、一生涯独身と考えているのであれば自分の生活をまかなえることが重要です。一人の場合、自分の保障などを整えておく必要があります。

そして、結婚をし家族を持つ人であれば、家族の生活に影響がないかどうか考えておかなければなりません。小さな子供がいるような家庭では、お金はまだまだ必要となります。待遇がアップするような転職であれば、問題ないですが、不安定な給料になる場合はよく考える必要があります。

自由な時間が欲しいために、残業があまりない会社を選んだ場合、もしかしたら収入が下がってしまうことも考えられます。それでも、自分の生活を健康的にしたいとか、精神的に楽な環境で働きたいなどの理由があるなら、そちらを優先するべきです。しっかりと、生活に合った仕事を考えましょう。

適職診断を行う

仕事を変えたいと考えているものの、自分に合った仕事が何かはっきりしないという人もいます。今まで、ひとつの仕事をしてきたため、自分がどんな仕事に向いているのかということを考えてこなかったという人は、一度セルフでできる適職診断を行ってみるとよいでしょう。

インターネットで検索をすると、さまざまな適職診断サイトがみつかります。自分がどんな職種に向いているのかや、どんな仕事をするタイプなのかなどを診断することができます。客観的に自分を見るために、診断サイトを試してみるのは、新たな発見があるかもしれません。

仕事を変えることで得られること

更なるキャリアアップ

仕事を変えることで得られることとは、どんなことが考えられるでしょうか。今まで積み重ねてきたキャリアから、新たなキャリアアップを狙うための転職を考えれば新たなスキルや経験が身に付きます。そして、元々積み重ねた経験やスキルを活かして、更なるキャリアアップも狙うことができます。

自分に合う仕事を見つけることと、今まで自分にはなかった経験であっても、もっと合っている仕事に出会う可能性もあります。まったく違う環境であっても、新たな発見に出会える場合もあるのです。1からのスタートは、ハードかもしれませんがやりがいと共にキャリアを伸ばすことにもつながります。

自分の力を試すことができる

新しい環境で働くということは、今までと違う仕事のスタイルに変わります。職種に変わりがなかったとしても、会社が違えばスタイルも違うことも多くあります。元の会社では、環境的に自分の力を発揮しきれなかった人でもチャンスが巡ってくる可能性もあります。

例えば、大企業の勤めていた人の場合、待遇には恵まれていたとしても、会社のスタイルが決まりすぎていて、やりたいことを十分にやれなかった人もいます。そんな人が小規模な会社で、自分のスキルや経験を活かした仕事ができるようになれば、自分の力を試すことができるメリットとなります。

そして、ずっと夢を見ていた憧れの職業に転職した場合は、自分にどこまでの力があるのか試すことができます。同じ環境で続けることで試すこともできますが、新たな環境で試すということは、更なる力を知ることができるのです。

生活に余裕が出る

ハードな残業を続けていたり、生活サイクルが狂ってしまうような毎日を続けた人が、生活環境を変えるために仕事を変えたことで、生活スタイルに余裕が出てくるようになります。自分に合う生活サイクルになれば、気持ちにも余裕が出るので、もっと仕事に力を入れることもできるのです。

生活に余裕が出るのは、金銭面のケースもあります。待遇がアップする転職をした場合は、経済的な余裕が出るので、金銭的にも気持ちの面でも安心感を持つことができるといえるでしょう。前職での生活で自由な時間が欲しいと思っていたり、金銭的余裕が欲しいと思っていた人にはよいといえるでしょう。

自分のしたいことができる

長年の夢だった独立などをするために、仕事を変えた場合は企業から自立して、自分のしたいことができるようになります。企業勤めの場合は、会社という枠の中で仕事を進めていくのが当然です。自分の意見を伝える機会があったとしても、すべてが自分のしたいようにできるわけではありません。

しかし、独立をして自分の事業となった場合は、自分のやり方で進めることができます。今まで、自分が試してみたかったことができるというのは、独立して事業を起こすひとつのメリットだといえるでしょう。その分、責任や負担はかかりますが、自分の思いを叶えるチャンスにもなるのです。

ストレスを感じず仕事ができる

仕事を変える場合に、前職で人間関係などでストレスを抱えていた人が、環境を変えることでストレスを感じずに仕事ができる可能性があります。どんな会社でも多少の人間関係というのはありますが、耐えきれないような環境になってしまった場合は、職場を変えることも大切です。

仕事を変えたことで、新たな自分になることもできます。前の職場で作ってしまった溝や、自分自身の反省点などをふまえて、新しい環境に馴染んでいくことができるからです。ストレスというのは、仕事の効率も下げてしまうので、ときには転職という決断もよいといえます。

作業スピードが上がる

仕事を辞めようか続けるべきかと悩んでいる状態では、仕事の効率も落ちやすくなってしまいます。今までと同じ仕事なのに、ミスが増えたり作業スピードが遅くなったりと、モチベーションが下がりやすくなってしまうのです。

作業スピードが落ちたり、ミスが増えれば会社から指摘されることも増え、自分の中で悶々とする日々が続くこともあります。仕事の効率が落ちてしまう原因が、仕事を変えたいという理由であれば、転職を考えることも一つの手段です。

転職後、仕事環境が変わりやりがいを感じられれば、作業スピードもアップしたり効率のよい仕事ができるようになるでしょう。

仕事で失敗を防ぐ方法

コミュニケーション能力を高くする

仕事をするうえで、失敗というのはできるだけ避けたいものです。仕事環境をよくするためには、失敗を未然に防ぐことができるスキルが必要です。そのひとつに、コミュニケーション能力を高くするというポイントがあります。

社内の人間や取引先などと、コミュニケーションをしっかり取っておくことで未然に失敗を防ぐこともできます。常にコミュニケーションを取っていれば、約束などを忘れなくなります。なんてことのない会話の中で、確認することができたり、お互いに声を掛けやすくなることで、仕事がスムーズになります。

仕事がデキル人を目指すのであれば、コミュニケーション能力は必須です。コミュニケーションを幅広く取ることで、仕事が広がることもあり、ピンチを救ってくれる場合もあります。コミュニケーションが得意ではない人は、なるべく普段から社内の人と会話をするようにしましょう。

仕事のストレスを発散させる

仕事の効率を上げるためには、ストレスを抱え込むことは悪影響となります。忙しい時期になると、仕事が溜まり自由な時間も取れないくらいになることもあります。誰もが、仕事では多少のストレスを抱えることになりますが、うまくストレスを発散させることができる人もいます。

すべてを抱え込み朝から晩まで仕事漬けになってしまうと、脳が休まるときがありません。精神的にも追い詰められてしまう可能性もあります。そんなことになれば、仕事の効率も落ち、ミスなどが起こりやすくなり負のスパイラルに陥りやすくなります。

ストレスが溜まったと感じたら、時間を作ってストレスを発散させることが大切です。自分の好きな趣味を楽しんだり、友人と楽しく過ごしたり、スポーツをするなどうまく仕事と切り替えられるような時間を作るようにしましょう。

語尾ははっきりとしたものに

受け答えに自信がなかったり、わからないことを断言できないために、曖昧な言葉で濁してしまうことは、仕事でのミスにつながる可能性があります。事前にしっかりと調べて確定したものであれば、自信を持って断言できます。

上司や取引先の人からの問いに、「だと思います」や「おそらく」「たぶん」などの言葉をよく使う人は要注意です。曖昧な状態で返答をすれば、どちらの状態にも捉えられます。相手がどのように受け止めたかわからないままことが進み、結果ミスが発生するケースもあります。

質問や問いに対して、語尾ははっきりとしたものにするようにしましょう。そのためには、自分でしっかりリサーチや確認を怠らないようにすることが大切です。

記憶するだけでなくメモを取る

仕事がデキル人は、しっかりと記憶をするだけでなく、メモを取る癖があります。頭の中で整理されていたとしても、忘れてしまうことがあるからです。メモを取る作業は、一見非効率的に感じるかもしれませんが、作業の効率を上げるために大事なポイントなのです。

メモは、ただ書いておけばよいわけではなく、見返したときにわかりやすくなっていることも重要です。ぐちゃぐちゃになったメモを解読するのに時間がかかったり、書いた場所がわからなくなってしまっては意味がありません。

仕事の優先順位を考えて、あとから進める仕事のポイントは、メモで書いておいたり、to doリストなどをメモしておくことも、仕事の効率アップにつながります。そして、仕事のミスも防ぎやすいのでメモを取ることは重要だといえます。

条件反射や勢いで進めない

仕事を進める場合に、条件反射や勢いで進めないようにしましょう。後先考えなしで、仕事を進めてしまうと、失敗につながってしまう可能性があります。自分の気持ちだけで物事を判断したり、勢いのよい取引先の人の言葉に条件反射のように返事をするなど、勢いで進めることはトラブルにもなりかねません。

どんな相手であっても、一旦考える時間を作るようにしましょう。自分だけで判断できないことは、上司に確認をしたり、現状どのような返事をしておくことが最適なのかを考えて進めるようにしましょう。冷静な判断ができることが重要だといえるでしょう。

しっかりと連絡を取る

先程のコミュニケーション能力と同じような内容ですが、仕事に関わる人間としっかりと連絡を取ることも大切です。普段からコミュニケーションをはかっていれば、コンタクトが取りやすいですが、肝心な連絡を忘れててしまったら、仕事のミスにつながってしまいます。

仕事を効率よく行う場合は、関係者としっかりと連絡を取ることが大切です。取引先に伺う約束の時間を前日に再度確認したり、明日の会議などの内容を前日までに再確認するなど、事前の連絡や確認は重要です。相手側も勘違いをしている場合もあるので、確認することで仕事の無駄がなくなります。

仕事は時間内に終わらせる

仕事をするうえで、残業が発生することはあります。しかし、毎日のように長い残業になってしまうのは、あまり効率がよいとはいえません。1日の仕事を進めるうえで、朝のうちに時間内で終わらせられるようなスケジュールを組んでおきましょう。

もちろんイレギュラーな仕事が入ってしまうこともあり、計画通りにはいかないことも多いですが、優先順位をつけて仕事を進めることが大切です。そして、自分がどうしてもやらなければいけない仕事と、手の空いた部下に振ってもよい仕事があるかなど、社内全体で時間内に終わらせられる仕事の仕方をみつけましょう。

残業が多くなれば、生活サイクルが狂ってしまったり、仕事の効率も落ちてしまいます。できるだけ、効率よくしっかりと仕事を終わらせられるような考え方にすることで、仕事も進めやすくなります。残業は、必要なときだけになるような環境を目指しましょう。

仕事を後回しにしない

夏休みの宿題を最終日にまとめてやる子供のように、やりたくない仕事を後回しにしてしまうと、結果最後に大変なことになってしまい、ミスが起きたりしやすくなります。効率やスピードも落ちるので、他の業務にも影響がでやすくなります。

仕事の優先順位は大切ですが、出来る状態なのに後回しにしていると、作業への影響が出てしまいます。優先順位の高いものからこなしていき、手の空いたときに溜まった仕事を片付けていく癖を付けていきましょう。要領よく仕事を片付けていけるようにしましょう。

よりカッコイイ仕事のできる男になる

プロ意識を高く持つ

仕事がデキル男性は、女性から見ても男性からみてもカッコよく感じられます。そんなカッコいい仕事のできる男性になるためには、プロ意識を高く持つことを求められます。どんな仕事であっても、プロ意識が高く仕事をこなしていく姿は、憧れられる存在になります。

プロ意識がない人は、失敗を誰かのせいにしたり、言い訳ばかりをして逃げるようなことをします。仕事をミスしたとしても、自分の力で解決をしていく能力がある人はプロ意識が高いといえます。自分の仕事をどんな小さなことでも責任を持って、きちんとこなしていく人は素敵に映ります。

目的をもって自発的に動く

仕事をするにあたって、ただなんとなくこなしているより、目的をもって自発的に動く人は、カッコいい仕事のできる人だといえます。どんなことでも、目的をもって動く人は、イキイキとした姿で仕事に臨んでいます。だるいとか、面倒だとばかりいいながら仕事をする人とは違います。

仕事を真面目に一生懸命することを馬鹿にする人もいますが、大人になりきれていない大人だといえます。一生懸命仕事に取り組む姿は、大人として当たり前であり当然なのですが、更に目的や目標を持って頑張る姿は、カッコいい男性とみられるでしょう。

自分だけでなく周りをしっかり見る

社内でリーダーシップを上手に、発揮する男性は仕事がデキルカッコいい男性だといえます。リーダーとして的確な動きを取る男性は、仕事がデキルからこそ任されます。自分の仕事だけでなく、周りの状況をしっかりと見ることができる能力を持つ人は、非常に有能な人材です。

リーダーが采配をしっかりとでき、部下に対してのフォローもきちんとできれば、チームワークも自然と向上していきます。このような人物は、部下からも慕われ尊敬されるようになり、企業としても必要な人物だと捉えられるでしょう。

仕事仲間を気遣う余裕を持つ

仕事を一緒にしている仲間を、気遣う余裕がある男性は、仕事がデキル男性に多いといえます。自分の仕事で精一杯の人は、中々人の分まで気が回らないことも多いはずです。しかし、自分の仕事もこなし仲間を気遣える余裕があるということは、周りの状況まで見ることができる才能があるのです。

忙しい中、仲間を気遣ってくれる気持ちがある人は、好感度も上がりさらに仕事がデキルという印象を与えます。全体の仕事の効率や、質の向上をはかるために、周りも気遣うスキルは非常に素晴らしいスキルだといえるでしょう。

自分に合う仕事でかっこよく生きる

どんな仕事でも向き不向きはあります。自分で選んだ仕事が合わないと思う明確な理由があるのであれば、仕事を変えてみるのもひとつです。自分に合った仕事をみつけて、かっこよく生きてみませんか。そして、デキル男だと思われる仕事のスタイルを追求していきましょう。

category

記事カテゴリー