【やりたい仕事】自分の能力を生かした仕事に就くためにできること

【やりたい仕事】自分の能力を生かした仕事に就くためにできること

BUSINESS 2018.02.27

Share :

やりたい仕事と、自分ができる仕事は別です。しかし、自分がやりたいと思う理想を持つことはとても大切なことです。やりたいことを目標にして、目標達成するために必要な資格や条件をクリアし、理想の仕事に就けるように計画を立てましょう。

やりたい仕事の見つけ方

自分の性格を分析

仕事は仕事でも、自分がやりたい仕事に就くことができれば、毎日楽しみながら充実した日々を過ごすことができます。やりたい仕事に就くためには、自分が何をしたいかを把握しなければなりません。まずは、自分がやりたいことを箇条書きに書き出してみましょう。

あれもこれもと、たくさんやりたいことがあってもよいです。とにかくやりたいことを書き出していくことが大切なのです。自分ができることや性格を分析することにつながり、その中で仕事につながりそうなことを見つけていきましょう。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

将来の自分を想定

やりたい仕事があっても、将来性がないと長続きできません。やりたいことを見つけながら、将来を想定できるような仕事を探すことは難しいことです。自分の理想ばかりを掲げていては、チャンスを逃してしまうケースも。

理想を持つことは大切ですが、がまんしなければならないポイントも考え、将来の自分を想定できる仕事を探っていきましょう。あせりは禁物なので、じっくり慎重に考えることが大切です。

やりたいよりも出来る事

やりたいことを書き出していくことは、とても重要なことです。そこから、自分が自信を持ってできることに絞っていきましょう。やりたいことは、理想や妄想であるものもあるので、できることは何かという考え方に切り替えていきましょう。

自分ができることを仕事にすると、自信を持って行うことができ、資格を持っていればスキルアップもでき、自分の能力を磨いていくことができます。やりたいことも大切ですが、できることをピックアップしてみましょう。

安定したいなら公務員

チャンスがあり安定を望むなら、公務員の道を考えてみることもよいでしょう。安定した収入やボーナスもあるので、安定した生活を手に入れることができます。刺激的な生活をしたい方は、仕事は安定した公務員に、そして、趣味をいろいろ持つという方も多いので、充実した生活ができます。

公務員は、30代前半まで受け付けているものもあるので、あきらめずに試験を受けてみましょう。自分に足りないものを身につけ、計画的に試験を受けて、公務員の道を進むという方法もよいでしょう。

稼ぎたい金額を計算

自分が稼ぎたいと思う金額を、計算してみることもよい方法です。夢があり、欲しいものがあると、それが目標となって、その目標に応じた仕事を見つけていくことができます。目標金額がある方は、ざっと割り出してみましょう。

目標金額ではなく、将来的にはお店を開きたいという方も、必要な金額を計算してみましょう。何年計画になるか分かりませんが、金額を出すことで夢を実現できる可能性が広がります。

やりたくない仕事を考える

やりたい仕事を書き出すこともよい方法ですが、やりたくない仕事を考えることも消去法としてよい方法です。やりたい仕事でも、よく考えてみるとやりたくない部分が含まれている場合もあるので、現実的なことを考えると消去というように、やりたい仕事を絞ることができます。

やりたくない仕事は、どうしてやりたくないのかを明確にすると、これからの仕事選びにも活用できます。ある程度、がまんできる部分も出てくるかもしれないので、自分の性格を分析することにもつながります。

趣味を仕事にする

自分の趣味を仕事にできれば、それはとても素晴らしいことです。趣味に費やす時間が好きな方は多く、楽しくイキイキとした時間を過ごせていることに気が付く方も。しかし、理想と現実を考えると、やりたい仕事を貫き通すことは難しいことです。

自分が一生懸命になることができ、やりがいを感じて取り組むことができるのですから、どうすれば仕事にすることができるのかを考え、調べることもよい方法です。いろいろ工夫を取り入れることで、仕事にできる場合もあるので、あきらめずに自分で調べてみましょう。

現在の仕事を考える

今の自分の満足度

今の自分は、やりがいを感じて仕事をしているでしょうか?仕事に不満はないが毎日ありきたりで、いつもとは違った刺激や変化が欲しいという方は多いです。やりがいを感じるためにも、現在の仕事を考え、見つめ直してみることもよい方法です。

経験や実績がある方は、自分のお店を出してみるなど、一歩踏み込んで新しい仕事を始めてみるということも、やりがいを感じて取り組むことができます。刺激も変化も楽しむことができ、自分自身を充実させることができます。

ライフスタイルの充実感

自分のプライベートの時間は、充実させることができているでしょうか?日々の仕事で物足りないという方、刺激が欲しいという方は、プライベートや趣味の時間を充実させるようにしましょう。

趣味の時間を充実させることができると、そこから仕事への道が開けるということも珍しいことではありません。自分のひらめきやアイディアを磨く時間としても、日々のライフスタイルを充実させていきましょう。

フリーターとしての今後の不安

フリーターの方は、今後の不安や将来性がないなどの不安が出てきます。今はよいかもしれませんが、一生懸命働くにつれて、昇格したい、ボーナスが出る仕事に就きたいなど、がんばればがんばるほど不満を感じてしまいます。

現在の仕事に不満を感じたら、今の仕事をバネにすることを考えていきましょう。フリーターでも、チャンスはたくさんあります。これから何を目指すかによって道は大きく開き、自分を高め成長していくことができるので、現在の仕事で学べることはしっかり学び、自分の能力を高め、やりたい仕事に就く準備を考えていきましょう。

漠然とした気持ちを整理

やりたいことが特に何もなく、漠然と仕事をしている方も。まずは、わからない理由を考え、自分と向き合う時間を作ってみましょう。環境や仕事に流されるのではなく、自分自身は何をやりたいのかということを、冷静に考えてみましょう。

わからないのではなく、自分から逃げているという場合もあり、それに気が付いていない方もいます。漠然とした気持ちで仕事をするより、やりがいを感じて仕事をした方が、同じ費やす時間でも濃さが違ってきます。自分の気持ちに素直になり、整理していくとよい考えが生まれることもあるので、自分と向き合ってみましょう。

ニートからの脱却

ニートを脱したいという方は多いです。しかし、ニートという時間は、自分と向き合える大切な時間です。がむしゃらに、何でもよいから仕事に就くという方法もあります。しかし、冷静に考えて「自分は何をやりたいのか」「自分には何ができるのか」ということを深く考えることで、新しい道を見つけることができるきっかけになるのです。

ニートから脱して、再びニートにならないためにも、慎重に仕事を見つけ、やりがいを感じて取り組むことができ、自分にとって将来性のある仕事に就くことが大切です。

転職しない選択

やりたい仕事はあるものの、転職しないという選択もあります。職場の環境や仕事の条件などを考えると、不満なく仕事をすることができているが、やりたい仕事があるという方も。

転職は思い切った気持ちが重要で、転職したいという気持ちが勝らなければ行動できません。どうしてもやりたいことがある場合は、趣味として気持ちを割り切って時間を費やしていきましょう。転職に踏み切るタイミングは、自分にしかわからないものなので、そのまま転職しないという選択も、決して間違いではありません。

実際に動き出して決める

様々なセミナーに参加

やりたいことがある方は、実際に行動に移してみることが大切です。さまざまなセミナーに参加して、いままでに感じることができなかった新しい考え方を身につけることができます。

自分のやりたいことや目標に向かって、確実に近づくことができるので、積極的に行動し、参加してみましょう。セミナーによっては、スキルアップセミナーなどもありますが、有料の場合がほとんどなので、最初は無料のセミナーに参加してみるとよいでしょう。

アルバイトとして始めてみる

自分がやりたいことを実感するために、アルバイトとして始めてみるという方法もよいでしょう。将来はオーナーとして働くという目標がある場合、アルバイトとして仕事をすることで、従業員の気持ちや自分はこうしたいという気持ちが生まれます。

仕事も意欲を出して取り組むことができるので、アルバイトという下の立場からスタートしてみるという方法も、仕事をしながら学ぶことができる環境です。挫折しないように、気持ちを高めて取り組んでいきましょう。

色々な人に会って話す

セミナーなどに参加してみると、同じ目標を志す人だけではなく、さまざまなジャンルで活躍し、多種多様な意見を持っている人も参加しています。その中で、いろいろな人に会って話をすることで、新しい情報を見つけることができる場合もあります。

中には、将来的に同じ仕事仲間を見つけることができたというケースもあるので、いろいろな人に会って話をすることはとても大切で、よい出会いができるかもしれません。よいアドバイスをもらえることもあるので、前向きな気持ちで話してみましょう。

様々な分野の本を読む

さまざまな分野の本を読むことも、自分の知識を磨くよい方法になります。ネットで検索して調べるという方法もよいですが、本屋に行くことで、目についたものをすぐに読むことができます。

自分が知らない仕事や、仕事の始め方という本なども参考になります。いろいろな分野に触れてみることで、よいきっかけを見つけることができるかもしれません。気分転換にもなりますが、やってみたいという気持ちを高めることもできます。新しい自分を見つける可能性を高められるので、さまざまな本を読んでみましょう。

世間一般の意見を知る

転職を考えている方は、世間一般的な意見として、人気のある仕事のランキングをチェックするという方法も。また、やりたいことが見つからないという方も、ランキングを見ることで、いろいろな仕事をチェックすることができ、自分の情報を広げることができます。

資格が必要な仕事は、最短で取得できる資格の案内情報も確認することができるので、ランキングをチェックすることで、新しい自分のきっかけを見つけることができる場合もあるので、意見を見てみることもよい方法です。

仕事を探す主な方法

紹介サービスに登録

仕事を探す方法として、紹介サービスに登録しておくと、仕事を紹介してもらうことができます。自分が持っている資格やスキルなどを登録することで、自分の条件にマッチした仕事を紹介してもらうことができるので、自分の情報をきちんと登録することが大切です。

自分の情報が少ないと、紹介される会社や企業も少なくなるので、プロフィールを充実させることが大切です。しかし、自分の情報とは違った情報を入力すると、自分の条件とは違った仕事を紹介されるので、正確に入力することがポイントになります。

様々なメディアの活用

メディアを活用して、転職サイトに登録するという方法もあります。こちらも、自分の情報や条件を入力することで、自分にマッチした仕事を紹介されます。

注意したいことは、このようなサイトを装った詐欺サイトもあるので、注意が必要です。内容は、仕事を紹介するので金額を振り込めという内容。急にお金を請求する転職サイトは存在しないので、だまされないように注意をしながら、メディアを活用して仕事を探していきましょう。

就きたい地域に赴く

自分の足で歩いて探すという方法も、確実性があります。仕事内容や雰囲気なども、自分の目で確認することができるので、本当に仕事をしたいのか、自分に向いているのかを見極める判断をすることができます。

地方にはない仕事でも、都会の方へいくとたくさんあります。単価も高くなり、しっかり稼ぐことができるので、やりがいを感じながら仕事をすることができます。近くに仕事がない場合は、職に就きたい地域に足を運ぶこともよい方法です。

転職フェアなどに参加

転職フェアなど、定期的に開催されているセミナーに参加する方法もよいでしょう。転職フェアには、さまざまな企業が参加しているので、自分が求めている仕事に就ける可能性を高めることができます。

必要な資格やスキルなどを把握することができ、企業の情報もしっかりと聞くことができるので、希望を持って参加することができます。企業側に顔を知ってもらうだけでも、相手に印象を与えることができるので、転職を成功させる確率を高めることができます。

新しい仕事場での意識

少なくても3年は続けてみる

新しい仕事に就くことができたら、最低でも3年は続けてみましょう。思っていた内容とは異なり、辞めてしまうという方も多いのですが、辞める決断をする前に、もう一度自分を見つめ直すことが大切です。

何でもよいことばかりではなく、楽しくないことや面白くないこともあります。やっと転職することができたのですから、悪くても先ずは続けることを工夫して考えてみましょう。自分の意識を変えることで、楽しく改善できることもあります。自分を成長させるためにも、まずは3年続けることを目標にしましょう。

偏見を捨てて新鮮さに変える

新しい仕事に転職すると、偏見を持って取り組む方が多いです。しかし、偏見を捨てて、新鮮さに変えた考え方をすると、楽しく仕事ができる場合も。

転職すると、急に能力やスキルを求められますが、これも自分を成長できるチャンスという捉え方をして、前向きに処理していくと仕事がしやすくなり、理解者も現れます。最初はやりにくく感じることが多くても、前向きな捉え方をして、楽しく取り組むことを心がけましょう。

周りを見るより自分を見る

転職後は周りの目が気になり、自分自身を見失ってしまいがち。仕事ができる人に対して、うらやましがらないことが重要になります。初心の気持ちを忘れず、年下の方にも丁寧に接していきましょう。

謙虚で誠実に取り組むことを続けていくことで、転職しても信頼と信用を着実に積み重ねることができ、人間関係も順調になっていきます。周りと比べてしまいがちですが、自分のペースでしっかり仕事をこなしていくことが大切です。

自分を知ることから始めよう

やりたい仕事に就くことができれば、毎日楽しく充実して仕事を行うことができます。そのためには、自分を知ることが大切で、「やりたい仕事」「できる仕事」という理想と現実をしっかり見極め、把握しなければなりません。

自分の考え方を変えることで、楽しくやりがいを感じて仕事ができる場合もあるので、むやみに転職することはNG。本気で転職したい方は、慎重に目標と計画を立てて、行動に移していきましょう。

category

記事カテゴリー