【やりがいのある仕事】自分の考え方を変えて充実した日々を過ごそう

【やりがいのある仕事】自分の考え方を変えて充実した日々を過ごそう

BUSINESS 2018.02.27

Share :

やりがいのある仕事は、人それぞれ異なります。しかし、考え方を変えることで、やりがいのある仕事として取り組めるように。失敗は誰にでもあることです。つらい時期を乗り越えるからこそ、成功できたときの達成感ややりがいを感じられるのです。

やりがいのある仕事にする方法

やりたいことを仕事にする

やりがいのある仕事は、人それぞれ異なります。自分の夢だったことや、やってみたいことを仕事にすることができると、楽しく前向きな気持ちで取り組めます。自分の好きなことを仕事にできると、時間を忘れて一身になって作業ができるのです。

また「やりたい仕事」ではなく、「人と話をすることが好き」という場合でも、楽しく仕事をこなせるので、自分のやりたいことにつなげられます。やりたいことを仕事にできると、ストレスを軽減させ、仕事ができる喜びをより一層感じられて、充実した日々が過ごせます。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

楽しいだけが仕事ではなく、ときには困難に立ち向かうことも大切です。難しいことでも乗り越えられると、達成感を感じ、自分の能力をさらに向上させられるので、やりたい仕事に就くことができると、やりがいを持って取り組めるのです。

仕事の中で頼りにされている

仕事の中で頼りにされていると感じたときに、やりがいを感じる人が多いです。後輩に慕われ、頼りにされている存在であるかどうか。重役として、責任のある仕事をしながら、周りに的確な指示を出す司令塔のような存在である場合も、やりがいが感じられるでしょう。

重役も大切なことですが、特に人間関係を上手にできる人は、どんな仕事でもやりがいを持って仕事ができ、周りから慕われる存在になりやすいです。あいさつができればよいだけではなく、世間話を交えながら楽しく話ができる人など、人と人をつなげる役割ができるので、頼りにされます。

頼りにされることで、自分がいなければならないという意識が高まり、仕事も人間関係も前向きにこなしていけます。仲間を大切に思いやれる人は、頼られるだけではなく信頼も厚くなるので、仕事にやりがいを感じて取り組めるのです。

人の役に立っていると実感する

人の役に立つ仕事に、やりがいを感じる人は多いです。仕事の内容にもよりますが、お客さんの対応をすることでやりがいを感じる人も。仕事中に、直接人の役に立っているのか実感できなくても、結果的に人の役に立てる仕事をしていることが分かれば、前向きな気持ちで取り組めます。

仕事は、人と人が関係し合わないと成り立たないものなので、人の役に立たない仕事はありません。全て人のためになる仕事なので、実感できない人は、考え方を変えて取り組んでみましょう。直接、人の役に立てる仕事と実感できなくても、最終的に人のためになることをしているのです。

医療関係の仕事やボランティア活動は、人の役に立っていると実感しやすいですが、ほかの仕事も、人のためや世のためになっています。自分が取り組んでいる仕事に対して、ユーザーが喜んでいる姿を思い浮かべることができれば、やりがいを感じて仕事ができます。

やりがいを感じられなくなったらやること

目標を決めてみる

自分がやりたいと思って就いた仕事でも、「やりがいを感じられなくなった」という場合もあります。そのようなときは、初心の気持ちを思い出してみましょう。自分がどのような気持ちで仕事に就いたのか、当時の気持ちを思い出すことで、自分と向き合えるので気持ちの整理ができます。

また、気持ちを新たに持ち、憧れの先輩に目標を置いてみることもよい方法です。もちろん、自分だけの目標を持ち、仕事をする明確な目的を見つけることで、やりがいを感じて取り組めるようになります。

将来の自分を見つめ直すことでも、仕事をする目的を見いだすことができるので、まずは気持ちを整理して、新しい気持ちで再スタートできるようにしましょう。目標や目的を決めることで、今までとは違った目線で、仕事と向き合えるようになるのです。

ストレスや悩みを発散させる

やりがいを感じるられなくなった場合、気持ちをリフレッシュさせることを考えましょう。仕事に熱心になりすぎてしまうと、ストレスを抱え込みやすくなり、悩みも出てきます。やりがいを感じられる仕事だったはずが、嫌いな仕事に変わってしまう場合も。

大切なことは、気持ちの切り替えです。気持ちを整理させるためには、気分転換をして、心も体も休めること。私生活を見直すことも大切ですが、趣味の時間を増やしてもよいでしょう。仕事とは別の世界を楽しむことで、気持ちを切り替えられて、充実した生活を送れます。

趣味のない人は、自分が一番リラックスできることや、楽しく取り組めるものを見つけましょう。音楽、レジャー、スポーツ、車など、仕事とは別の感性を働かせて過ごしてみることも大切です。自分にとって、一番よいストレス発散法を見つけ出し、気持ちを切り替えて仕事をこなしていきましょう。

仕事へのモチベーションをキープする方法

仕事のライバルを見つける

仕事へのモチベーションをキープすることで、楽しく取り組めるようになります。仕事のライバルを見つけることで、自分の目標を見つけて向上できます。

自分よりも高い能力を持っている人を目標にすることで、心も強くなり成長できるものです。また、できたときの達成感も味わえるので、やりがいが実感できます。

自分のモチベーションも高められるので、ライバル選びも慎重に。仕事の能力も大切ですが、人として信頼される人を目標にしてもよいでしょう。常に自分を高められて、人格を向上させることにつながります。

周りに評価をしてもらう

自分の仕事の成果を評価してもらうことも、次へのやる気を高めさせ、やりがいを実感できます。その場合、周りの人に評価してもらうまで、時間がかかる場合もあり、挫折してしまいそうなときもあるかもしれません。

しかし、そこであきらめるのではなく、やる気につながることを見つけ、一つ一つを確実にクリアしていきましょう。時間はかかっても、必ず評価へとつながります。

評価してもらえると、自分の自信につなげられ、仕事への意識を高められます。さらなる能力アップを目指すきっかけにもなるので、周りからの評価は自分のやる気につながるポイントです。

仕事の失敗はチャンスに

仕事がうまくいかず、失敗してしまうときも。しかし、失敗という経験を積んでこそ、成功へとつなげられて、達成感を味わうことができるのです。失敗の連続でも、くじけない強い気持ちを持ちましょう。

自分の考え方を変え、壁を乗り越えようと思う気持ちが大切です。始めからうまくいくとは限りません。失敗をチャンスに変えて、次へのステップに切り替えて考えましょう。

また、深く気にすることもよくないこと。反省は大切ですが、基本的に楽観的な考え方が成功への近道になります。失敗を繰り返すことで成長でき、成功できたときの喜びややりがいを感じられるのです。

毎日の仕事にやりがいを持って挑む

やりがいを持てる仕事に就くことも大切ですが、自分の考えや気持ち一つで、やりがいのある仕事へと変えられます。また、一生懸命に仕事をこなすことも重要ですが、ストレスを発散できる方法を見つけ、気持ちを切り替えられる生活を意識しましょう。たとえ失敗をしても、気持ちを切り替えて楽しく仕事をこなし、自分の意識を高めていきましょう。

category

記事カテゴリー