関東の人気キャンプ場。初めての方にも安心おすすめスポット

関東の人気キャンプ場。初めての方にも安心おすすめスポット

CAMP 2018.02.27

Share :

季節を問わず人気のキャンプ。恋人や家族、友人と過ごすと、みんなで現地に向かったり準備をみんなで行うのでいつもとは違った会話が生まれたり、絆が深まりそうですよね。仕事や勉強から離れた空間で過ごすだけでもリフレッシュ体験ができます。

キャンプに行ってみたい

いざキャンプ場に行こうと思ってもキャンプ場はたくさんあります。関東だけでもかなりの場所があるので、選ぶのにも悩んでしまいます。

キャンプ場を選ぶポイントはいくつかあるので、自身や、一緒に行く方とどこを重視するか相談してもいいですね。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

キャンプ場の選び方

レンタルや購入できるアイテムを調べる

いざキャンプに行こうと思っても、初めてだとなにから初めていいかわからないもの。そんなときはまずキャンプ場選びから始めましょう。

キャンプ場にもいろいろな設備があるので、レンタル予約購入できるもの、例えば準備や持ち運びが大変な薪やテントなどがキャンプ場にあるかなどを調べることから始めるといいですね。

施設やアクティビティ

キャンプといえば、バーベキューや料理作りがメインになりがちですが、最近ではさまざまな設備やアクティビティが楽しめるキャンプ場が増えています。

釣り堀があるキャンプ場や川沿いのキャンプ場だと釣りを楽しむことができたり、テニスコートなどのアクティビティ施設などがあるとみんなで楽しみながら運動不足解消にもつながります。

ロッジなのかテントなのかなどキャンプサイトの種類

宿泊をする場合、キャンプサイト選びも重要です。キャンプサイトにはテント以外にはさまざまな種類があります。

ロッジ

ロッジは小さな山小屋のような建物で中で宿泊が可能です。トイレや入浴設備が付いているのでプライベートな空間も守られます。

バンガロー

バンガローはロッジより小さめの小屋でできていることが多く、入浴設備や炊事場などがないことが多くなっています。そのため、共同設備の周りに複数バンガローが建っているというケースが多いようです。

テント

キャンプといえばまずテントを思い浮かべる方も多いのでは。多くのものが簡単に組み立てられ、気軽にキャンプもできるのでキャンプによく行く方は自分のテントを持っている方も多いです。

オートサイト

オートサイトはグループごとに区切りが決まっているので、場所によっては車を一緒に区画内に止めることも。周りの方と近いとはいえ、きちんとグループの空間が守られているので安心ですね。

持っていくもの

キャンプ場でレンタルできるものをチェックしたら、持っていくものを決めましょう。テントや、寝袋など大きいものは車を利用すると安心ですね。

複数人で行く場合には持ち物が被ったり、いざきて見たら誰も持ってきていない必要品があった、なんてことのないようにリスト化して、役割分担を決めるとよいでしょう。

キャンプ場選びで気を付けたいこと

キャンプ場の中でも、選ぶのに注意が必要な場合があります。ホームページなどで見て魅力を感じ訪れて見たら思っていたところと違ったなんて場合も。

特に立地や営業時期はキャンプ場を選ぶ上で必要なポイントです。立地は、もし川の中州にキャンプ場がある場合には急な雨などで増水した場合、危険が伴います。

営業時期は、定休日や冬季休業をとるキャンプ場もあるので、訪れる前に電話で問い合わせるといいでしょう。

また、常駐管理人の有無もポイントの1つです。もしなにかトラブルがあった場合に常駐管理人があればすぐに相談することができます。

関東でおすすめのキャンプスポット

檜原自然の家/東京都

http://www.spot.town/spot/tokyo/A13307/25561/25847/

廃校をリノベーションしたキャンプ場です。渋谷区の持つ保養施設なので渋谷区在勤在住の方は無料で利用可能です。

もともと学校だったので広いグラウンドで遊んだり、給食室で洗い物をすることも。子供だった頃の懐かしい記憶も蘇りそうですね。

お台場海浜庭園/千葉県

http://www.odaibakaihinteien.jp/kyanpu.html

お台場海浜庭園の敷地内なので海も近く開放的なキャンプ場です。海で釣りを楽しむことも。

また、バーベキューコンロやテーブルなど大き目のキャンプ用品のレンタルも行っているので荷物を少なく済ますことができます。

プライベートガーデン/千葉県

http://privategrden.wixsite.com/mysite/

高原にあるので空気も澄み、涼しいキャンプ場です。1日5組限定なので1組ずつの空間が広くプライベート空間を大切にしたい方にもおすすめです。

避暑地としても使え、暑い時期にも嬉しいプール付きテントやツリーハウスなどに宿泊できます。寝具や調理器具など一式揃っているので着替えのみでもキャンプを楽しめます。

ワイルドビーチ/千葉県

http://wildbeach.jp/kisarazu/

2016年にできたばかりの穴場スポットです。インドから直輸入の最新大型テントや、アメリカを体験できるヴィンテージトレーラーにも宿泊可能。目新しいキャンプサイトを選べるので女子会で利用しても盛り上がりそうですね。

食材などさまざまなものが用意されているので手ぶらでバーベキューが楽しめ、持ち込みをすることもできます。

青野原オートキャンプ場組合/神奈川県

http://www.af08.com/camp-site/02-kanagawa/008-aonohara.html

すぐ近くを流れる道志川で川遊びをしたり、鮎釣りを楽しむこともでき、キャンプ場の中ではマスのつかみ取りをすることも。

桜の咲く季節には花見をしながらキャンプができるので何度もキャンプをしたことがある方も目新しい体験ができそうですね。

月川荘キャンプ場/埼玉県

https://tukigawasou.jimdo.com/

近くを流れる川では川遊びを楽しめ、川のせせらぎで心が癒されそうです。また、秋には紅葉も楽しめます。

映画やドラマのロケ地にも多く利用されているほど、景色もよく写真映えもしそうです。

那須高原アカルパ/栃木県

http://www.akarupa.com/

那須高原アカルパは静かにゆったりと過ごしたい方におすすめのキャンプ場です。バンガローやトレーラーハウスに宿泊できるので万が一悪天候でも安心ですね。

近くの川で川釣りもでき、広い敷地なので犬連れでも楽しめるキャンプ場です。

サンタヒルズ/栃木県

http://santahills.co.jp/

サンタクロースの森と名前が付いているだけあり、冬にはクリスマスイベントを行っているのでお子様連れでも楽しめそうです。

バンガローや、まるで秘密基地のようなツリーハウスに宿泊できるキャンプは素敵な思い出作りになりそうですね。また、テラスでBBQも楽しめます。

大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ/茨城県

http://www.greenvila.jp/

温泉のあるキャンプ場なので、長い車移動で訪れた方もしっかり疲れを癒されそうです。冬も営業しているので寒い時期にもおすすめ。

1年中利用できるプールやテニスコートも完備しているので連泊しても思い切り楽しめそうですね。

PICA富士吉田/山梨県

https://www.pica-resort.jp/yoshida/

テントヴィラやおしゃれなコテージ、トレーラーキャビン、テントサイトなど宿泊施設が充実しているPICA富士吉田。

天体観測や、焚き火でご飯を作ることができるな企画などイベントも盛りだくさんなので初めての方はもちろん、何度訪れても楽しめそうです。

道志の森キャンプ場/山梨県

http://doshinomori.jp/01ca.html

道志の森キャンプ場は見晴らしのいい場所や川沿いなど好みの場所でキャンプを楽しめるフリーサイトなので好みのスタイルでキャンプを楽しむことができます。

予約不要なので急にキャンプに行きたくなった時も訪れやすいのもポイント。バイク乗り入れ可なため、ツーリングをする人にも人気です。

AQUA VILLAGE/静岡県

http://villageinc.jp/aqua/

無人島で1日1組限定というVIP体験ができるキャンプ場です。周りの目や騒音なども気にせず大自然のきれいな景色を独り占めできる大人にもおすすめのキャンプ場。

記念日などのイベントに利用しても素敵ですね。シュノーケリングやトレッキングもできるので、日々のストレスからも開放され、思い切りリフレッシュした時間を過ごせます。

いろいろなところに出かけてみよう

おすすめのキャンプ場といっても、人それぞれいいと感じるポイントは違います。また、キャンプ場にもそれぞれ違った魅力があります。人気のキャンプ場や、気になったキャンプ場ををまず訪れてみるのもいいですが、いろいろなところに足を運び、お気に入りを見つけてみるのも楽しそうですね。

category

記事カテゴリー