ダンロップのルマンの魅力。受け継がれる歴史とタイヤ性能を知る

ダンロップのルマンの魅力。受け継がれる歴史とタイヤ性能を知る

CAR / MOTORCYCLE 2018.03.12

ダンロップルマンVについて知ろう
車を新しく変えた人や車のタイヤを新しく変えたい人、さまざまな理由からタイヤを買い替えたいという人は多くいますし、そもそも車の乗り心地はタイヤで決まってくるといっても過言ではありません。

タイヤを買い替える人の中には、ダンロップのルマンについて知りたい、評判が気になるという悩みや疑問を持っている人がいます。その疑問に対して、最新のダンロップのルマンの性能や評価について詳しく解説していきます。

Share :

ダンロップルマンVについて知ろう

車を新しく変えた人や車のタイヤを新しく変えたい人、さまざまな理由からタイヤを買い替えたいという人は多くいますし、そもそも車の乗り心地はタイヤで決まってくるといっても過言ではありません。

タイヤを買い替える人の中には、ダンロップのルマンについて知りたい、評判が気になるという悩みや疑問を持っている人がいます。その疑問に対して、最新のダンロップのルマンの性能や評価について詳しく解説していきます。

[ 画像ページ引用 https://tyre.dunlop.co.jp/brand/history/ ]

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

受け継がれるダンロップルマンの歴史

現在に繋がるタイヤは今から約130年前作られました。タイヤの元となる思いは今でもダンロップに語り継がれていることを、ここで解説していきます。

ダンロップルマンは1982年初代から

ダンロップの元というよりも、現在に繋がるタイヤは、今から約130年前にアイルランドの獣医だったジョン・ボイド・ダンロップという人物が発明しました。きっかけは自分の息子が使用する三輪車を快適に走らせたいという考えからだったといわれています。130年たった今でもその考え方と気持ちは今でもダンロップに引き継がれています。

このダンロップ製品の中でも特に「ルマン」と呼ばれるタイヤはとても特別な製品であるといえます。この「ルマン」は1982年に「初代ルマン24」という商品が世間に売り出されました。ルマンは走行性能や快適性能、静粛性という三段階の進化を遂げてきました。また近年は現代の低燃費性能をあげることでさらに成長を遂げています。

注目される最新の15代目ルマンV

いろいろな意味で注目される「ルマン」の新作である15代目「LE MANS V(ル・マン ファイブ)」が2018年2月に発売されることが決まりました。そしてその15代目「ルマン」は、車に乗っている人のさらなる快適性を届けたいという思いから「誰もが実感できるダントツの快適性能」を求めて開発されました。この「ルマン?」は口コミ(みんカラ)などでとても評価が高いのが特徴です。

「ルマン?」は快適性能を求めて開発されただけあって、とても自信作であるといえます。特殊吸音スポンジである「サイレントコア」に加え「SHINOBIテクノロジー」を採用しているため、快適性能だけではなく静粛性能も高められています。

ダンロップルマンVの特性

注目度が高く評価も高いダンロップ「ルマン?」の特性とは?その特性と魅力についてお伝えします。

良質な乗り心地

「ルマン?」もSHINOBIテクノロジーという最新技術を搭載しています。人に優しい思いやりのある設計のため、良質な乗り心地を実現しています。また、乗り心地がよいということは、女性を助手席に案内したときにも、ポイントが高いといえるでしょう。

マンホールなどの段差を乗り越えたとしても、快適性能のほうがまさるためソフトな振動で済みます。これは、サイドウォール全体がたわむことで路面からの衝撃を吸収するという新プロファイルが採用されているためクッション効果が増大したことによります。

エコタイヤでありながらも良質な乗り心地を作り上げた「ルマン?」は、エコタイヤの常識を覆したといっても過言ではありません。これは運転席だけではなく、後部座席も同じことで、乗り心地の快適さはどこのシートも変化はありません。

サイドウォール全体がたわむ新プロファイルを採用したことで、操縦性はどうなのかと、疑問になるところですが、操縦性よりも安定性を重視しているため、反応が穏やかであります。

優れた静粛性能

SHINOBIテクノロジー&サイレントコア(特殊吸音スポンジ)の新パターンを採用することで、優れた静粛性能を持ち合わせています。衝撃を緩和し振動抑制をあげることで前作である「ルマン4」よりもいいタイヤになっています。

衝撃を緩和するため、タイヤが道路などの地面に擦れるときにゴーッというロードノイズ音が聞こえますが、振動抑制があがっているためロードノイズ音が小さいことに驚きます。高速で走るとさらにそのロードノイズ音が小さいことを体感できます。「ルマン?」ではパターンを改良したことが大きいといえます。

経済性に優れた耐偏摩耗性能

「ルマン?」は、SHINOBIテクノロジーが採用されているため、 タイヤの骨格(プロファイル?パターン)から見直して作られています。すべてを見直しして作られているため、サイドウォールとトレッドのクッション性が向上しています。

また新たに採用した左右非対称パターンのアウト側ブロックの性能をあげることで、耐摩耗性能も格段に向上しています。

低燃費タイヤである

転がり抵抗性能AAという点から「ルマン?」はエコタイヤであり、低燃費だといえます。ライフ性能が向上していますが、より高い次元でのタイヤ設計が可能となっていることで、タイヤの三大性能である「低燃費」「ウエットグリップ」「耐摩耗性能」をより高い次元で両立することができるようになったためといえます。

幅広い車種に対応する2種類のパターン

「ルマン?」は幅広い車種に対応しています。その幅広い車種に対応する二種類のパターンをみていきましょう。

4本溝の5リブパターン

4本溝の5リブパターンは、タイヤ幅175以上に対応しています。車種としては、セダン・ミニバン・コンパクトなど、幅広い車種に対応できます。

ほとんどがの車種が、この5リブパターン4本溝を使用することになります。特に高級車で、たとえば、メルセデス・ベンツSクラスやBMW7シリーズでは、4本溝5リブパターンが適合します。

3本溝の4リブパターン

ルマン?の3本溝の4リブパターンは、タイヤ幅165以下に対応しています。車種としては、タイヤ幅が小さめの軽自動車に対応できます。

3本溝の4リブパターンを使用する車種は、比較的コンパクトな車になりますが、たとえば、ホンダNBOXやダイハツムーブなどに適合します。

なぜ2種類のパターンがあるのか

リブパターンとは、タイヤの接地面のトレッドパターンのことで、その多くが、直線やジグザグした形状のものを指します。溝とは、タイヤの凹んでいる部分のことで、ルマンVには5リブパターン4本溝と、4リブパターン3本溝のラインナップがあります。

なぜ2種類のリブパターンがあるかというと、車種によって装着できるタイヤの幅が決まっているためです。タイヤの幅が広いほうが接地面が多いので、安定していますが装着できない車もあります。4リブパターン3本溝に比べて、5リブパターン4本溝のほうが接地面が多いので、高速でも安定しています。

当然、幅が広くなるため、5リブパターン4本溝のほうが価格は高めで、おおよそ、1本あたり5,000円〜30,000円くらいの差が出ます。

ルマン4との比較と改善点

評価の高い「ルマン?」は前作「ルマン4」と比べるとどんな改善点があるのか解説していきます。

突起乗り越し比較

「ルマン?」は「ルマン4」に比べて突起乗り越しのときの上下軸力を10.0%低減しています。サイドウォール全体がたわむため少しの上下機すらも吸収するため、クッション効果が高いです。

エコタイヤでありながらも、乗り心地はかなり優れているといっても過言ではありません。快適性を求めただけあって突起の乗り越しは「ルマン?」が前作を上回ってるといえます。

パターンノイズ比較

「ルマンV」は、騒音エネルギー32.4%低減しているため1.7dbA低減しています。サイレントコア(特殊吸音スポンジ)が能力以上にその特性を発揮しているため、誰がどこの席に乗っても静かさを時間できるようになっています。

普通の平面の道路を走っても、高速道路を走っても「ルマン4」に比べるとかなり静かになっています。

ロードノイズ比較

「ルマンV」は、騒音エネルギー36.9%低減しているため2.0dbA低減しています。運転席では静かに感じるロードノイズですが、「ルマン?」では「ルマン4」と違い、後部座席にうつってもロードノイズが小さいことに気づきます。

さらに高速道路で比較するとルマン4では少なくとも出ていたロードノイズ音が「ルマン?」ではほとんど聞こえません。

偏摩耗比較

「ルマン4」に比べ、耐偏摩耗性能が27%向上しています。「ルマン?」ではSHINOBIテクノロジーを採用しているため、タイヤの骨格から見直しされて作られています。

そして新たに採用した左右対称パターンのアウト側ブロックの性能が上がっているため耐摩耗性能が前作に比べるとかなり向上しています。耐摩耗性能はあがっていますが、安定性は増しており平行移動するような動作で車体が移動します。

安定性があるということは、ドライバーもゆったりと余裕をもったドライブを、心がけられるでしょう。

ドライ性能とウェット性能と低燃費性能は同等

これだけ性能が上がったのだから、低燃費性能は新作である「ルマン?」が落ちるだろうと思われがちだですが、実はドライ性能、ウェット性能、燃費性能は前作の「ルマン4」とは変わりがなく同等といえます。

SHINOBIテクノロジーの採用により人に優しく思いやりのある設計のため「ルマン4」に比べると新作である「ルマン?」は良質な乗り心地を実現しているほか、サイレントコア(特殊吸音スポンジ)を採用することで優れた静粛性を発揮しています。またタイヤの骨格が違うため経済的に優しく優れた耐摩耗性能を発揮していることが前作「ルマン4」と新作「ルマン?」の違いであるといえます。

ルマンVは室内静粛性と高速域の安定感が秀逸

前作「ルマン4」に比べると新作である「ルマン?」は車内どこにいても「静粛性が高い」タイヤになっています。また、タイヤの走行による安定性も高まっています。車はお出かけのときに役立つ乗り物の1つです。今年でた「ルマン?」はエコタイヤでありながらも、現存するエコタイヤの常識を覆すほどの乗り心地があるのでぜひおすすめします。

category

記事カテゴリー