ウブロの腕時計の魅力や特徴とは?人気シリーズのことを知っておこう

ウブロの腕時計の魅力や特徴とは?人気シリーズのことを知っておこう

FASHION 2018.03.20

人気の高級時計ブランドであるウブロ。高級腕時計を購入する候補にウブロにあがっているなら、魅力や特徴について知っておくと検討の材料になります。さまざまな人気シリーズ・モデルがあるので、ウブロのコレクションについても知っておきましょう。

Share :

他にはない革新的デザインの高級時計

他にはない革新的なデザインの高級時計が人気のウブロ。初めての高級時計となると、知名度の高いロレックスやオメガあたりから選ばれることが多いのですが、ウブロは2本目の高級時計を探しているという男性によく選ばれているブランドです。

1本目の高級時計で定番ブランドを身につけていると、そろそろ人とは違う個性を出したいという思いが出てきます。そしていろいろなブランドをチェックしていると、2本目の高級時計として魅力的に感じるのがウブロなのです。

ウブロを知ろう

ウブロの歴史やこだわりなど、ウブロについてさまざまなことを知っておきましょう。

ウブロの歴史

ウブロは、1979年にスイス・ニヨンでカルロ・クロッコが創業した高級時計ブランド。1980年には、金とラバーを組み合わせた時計を発表し、たちまち注目を浴びるようになります。「ウブロ」というブランド名は、フランス語で船の側面にあたる「舷窓」を意味する言葉。ブランド名そのままに、舷窓のようにビスで止めたベゼルはブランドのアイコンです。創業者であるカルロ・クロッコはイタリア人で、スイスの伝統的な技術とイタリアの感覚を掛け合わせたような独特のコレクションを展開していきます。

そして転機が訪れたのは2004年のジャン=クロード・ビバーCEO就任。そして翌年の2005年に誕生したのが、ウブロの代名詞となる「ビッグバン」シリーズです。

ウブロのこだわり

ウブロのこだわりの1つが、手作業による組立です。他にない唯一無二の時計の数々は、熟練工によって手作業で制作されています。最新式の機械を使用するわけでもなく、手作業により丁寧に組み立てられており、複雑な機構と技術にあふれている機械式腕時計です。

それぞれの工程で時計師を変えて制作しているので、前の工程で問題がなかったかをチェックするシステムが取られているのも特徴。それほど丁寧に作られているので、でき上がるまでに3〜4カ月かかるものもあります。

トップリーダー達とのコラボレーション

ウブロは業界のトップリーダー達とのコラボレーションをたくさん生み出してきました。例えば、陸上界ではウサイン・ボルト、野球界では田中将大、サッカー界ではペレなど。他にもバスケットボール、スキー、ゴルフ、テニス、クリケット、フットボール、ファッション、アート、ミュージックなど、各業界の名立たるアスリートやスターをアンバサダーに迎えています。

さらに、イタリアの高級自動車メーカーのフェラーリとのパートナーシップや、靴の宝石と称されるフランスの高級シューズブランドのベルルッティとのコラボレーションも話題に。各業界やトップリーダー達とのコラボレーションにより、独創的な限定モデルが誕生してきました。

フェラーリとのパートナーシップ

これまでにさまざまなコラボレーションを実現させて話題になってきましたが、話題性が高かったうちの1つがフェラーリとのパートナーシップ。2011年からウブロとフェラーリのパートナーシップが始まり、それにより生み出された名作が「ビッグバン フェラーリチタニウム」です。

車のホイールをイメージしたローターや、文字盤にあしらわれた跳ね馬のエンブレムがポイント。フェラーリのイメージカラーの赤や黄色はあえて控えめにして、メカニカルな部分を強調することで、大人のスポーツウォッチに仕上げています。

国内のウブロ直営店

現在国内のウブロ直営店は、銀座、大阪、京都の3店舗。日本初の直営店は、2011年にオープンしたウブロブティック銀座です。ヴァンドーム広場やマディソンアベニューのブティックと同じように、建築家のピーター・マリノ氏が担当し、温かく落ち着いた店内を演出。直営店のみで販売される「ヴァンドームコレクション」や希少な特別モデルの販売が話題になり、オープン当初より時計ファンからの注目を集めています。

2店舗目は2015年にオープンしたウブロブティック大阪。ベースの色調はブランドカラーのブラックを採用し、随所にウブロのモノグラムが施されたデザインが特徴のゆったりとして落ち着いた空間です。2階にはVIPルームも用意されています。

そして、3店舗目は2017年にオープンしたウブロブティック京都。京都の和紙を貼った照明、黒く塗った竹の装飾、網代で覆った陳列ケース、2階のVIPラウンジにある西陣織の生地を使用したソファーや特注の黒色の畳の茶室など、京都らしさ満載の和の雰囲気が特徴です。

ウブロのコレクション

現在も販売している人気の定番シリーズを中心にご紹介します。

世界中を虜にした「ビッグバン」

ウブロの代名詞といえる人気モデルが「ビッグバン」です。2005年に登場してすぐに大ヒット。多数の有名人も愛用しています。輝きのあるヘッド・フレームの美しさ、カーボン素材の文字盤のおしゃれ感、バニラの香りがほのかにするといわれているゴム製のラバーが魅力です。

ウブロの個性的な遺伝子である「両サイドに飛び出した2つの突起」「ビス留めのベゼル」「ビス留め式ストラップ」を継承しつつ、伝統的な素材と未来的な素材を組み合わせる「フュージョン」というコンセプトを掲げ、セラミック、ケプラー、チタニウムなどの新素材を組み合わせています。

過去と現在の融合「クラシックフュージョン」

ウブロの創業当初からクラシックコレクションを再解釈し、過去と現在を融合させたのが「クラシックフュージョン」。クラシックフュージョンの「フュージョン」は「融合」を意味しています。異素材を融合させることで、他にない雰囲気を醸し出しているのがこのモデルの特徴です。

ビッグバンに似たような雰囲気もありますが、違いはクラシックフュージョンはデザインの厚みとシャープな雰囲気があること。ビッグバンの大型ケースと比べると、程よいサイズ感と薄さになっています。なおかつ、スポーティでエレガントなモデルとして、誕生以来人気を維持しています。

樽型ケースの「スピリットオブビッグバン」

「スピリットオブビッグバン」は、これまで丸型ケースだったビッグバンが、樽型ケースに大胆にモデルチェンジされていることが最大の特徴です。他にもさまざまな特徴や魅力があります。例えば、高性能で評判のゼニス社のムーブメントを使用していること、ベルトに革とラバーをコンビで使用していること、高級感あふれるくり抜き加工のカレンダーディスクなど、他にも魅力的なポイントはたくさんです。

これらの特徴の中でも、特に文字盤のカレンダーディスクは魅力的だといえます。一枚の金属の板を数字の形にくり抜いた芸術的なカレンダーディスクは特注デザインです。

迫力の大きさ「キングパワー」

迫力の大きさで見た目のインパクトが強い「キングパワー」。文字盤がカジノのようなデザインになっており、ウブロ最大級のサイズということもあり、大きくゴツめな印象。100mの防水機能もついているので、機能性もありたくましく使えるモデルです。

2009年に誕生し、2010年には自社開発のクロノグラフムーブメント「ウニコ」を搭載したモデルも追加。また、限定モデルが多いこともキングパワーの特徴で、熱心な時計ファンからの支持が高いです。

希少性の高い「MPコレクション」

ウブロは個性的なモデルを数多く生み出していますが、その中でもひときわ革新的なモデルを展開しているのが「MP(マスターピース)コレクション」です。マスターピースとは、「傑作」や「腕試しの作品」という意味があり、野心に満ちたような個性的なコレクションを次々に発表しています。

MPコレクションは超がつくほど高額で、価格は数百万〜数千万円。群を抜くほどの高級感を漂わせています。MPコレクションが誕生したのは2011年とまだ歴史は浅く、まだ種類はそれほど多くはありません。また、世界で限定数十本などと、希少性が高いモデルということも特徴。まわりと同じような時計をしたくないという意識の高い男性に選ばれているモデルです。

ウブロが似合う男になろう

ウブロは高級感があり、独創的でおしゃれを極めている時計という印象があります。ウブロが似合うようになりたいと憧れている男性も多いことでしょう。品があり意識の高い大人の男性に似合う高級時計です。

ウブロを購入したいと思ったときには、モデル選びに迷うかもしれません。代名詞となっているビッグバンはもちろんおすすめですが、その他にも魅力的なモデルはたくさんあります。ウブロの直営店が日本にあるので、一度お店をのぞいてみてはいかがでしょうか。

category

記事カテゴリー