「ロードバイクグッズ」初心者が絶対に必要なもの、あると便利なもの

「ロードバイクグッズ」初心者が絶対に必要なもの、あると便利なもの

CYCLING 2018.03.31

ロードバイクは普通の自転車よりもスピードが出せることや、前傾姿勢が慣れていない初心者にとっては危険な乗り物です。ですので、大げさかと思われるかもしれませんが、自分自身を守るためのグッズや、あると便利なグッズを紹介いたします。

Share :

必要なものから買い揃えていこう

ロードバイクのグッズの種類はいろいろあり迷われるかと思います。そこで優先順位をつけ絶対に必要なもの、必要なもの、あれば便利なもの、そうでないものに分けてみましょう。

そこで今回は、初心者のかたがグッズ選びに迷わないように、何が必要か選んでみました、ぜひ参考にしてください。

ロードバイクの必需品

これから紹介するグッズは、ロードバイクを始めるにあたり最優先かつ絶対に必要なものです。

なければ事故などの時、命に関わるグッズも紹介します。

命を守るヘルメット

近年、自転車の危険な運転や事故などが増えています。そこでまずは、命の観点からヘルメットはとても重要です。

ましてやロードバイクというスピードが出せる乗り物である以上は落車した場合のことを考えてヘルメットは必須でしょう。

ヘルメットの選び方は自分の存在を他者に知らせるためにも目立つ色がいいでしょう。しっかりとしたメーカーの物であれば安いものでも信頼できるヘルメットです。

有名なところでいうとOGK KABUTO(オージーケーカブト)やLAZER(レイザー)など。

サイズや使用感などはやはり試着してみるのが一番だと思いますので、お店に行って選ぶことをおすすめします。

防犯対策に必須のカギ

ロードバイクは高価な代物ですので盗まれる場合もあります。そこでカギはとても重要です。

ただ、ホイールにカギをするだけでは意味がありません、ロードバイクはホイールやサドルなどの部品は簡単に外せてしまい、そこだけ盗まれるということもあります。

そのため鍵のかけ方は、ホイールとフレームを前輪後輪に一つずつ、さらにサドルにもカギをかけることが重要です。

ほかには、地球ロックという方法があります。

これは、ポールやガードレールなどと一緒にロードバイクにカギをかけることですが、これらは公共物なので勝手にカギをかけないようにしましょう。

自転車は駐輪場に止めて、そこで確認をして大丈夫であればやってみましょう。

自分の存在を知らせるライト

ライトの存在は、自分が「ここにいますよ」という合図なので夜間など暗いとこを走行する際は必要になってきます。

選ぶポイントは、やはり自分の居場所を知らせるためと、道路を明るく照らせる高輝度の発光ダイオード(LED)がおすすめです。

ロードバイクを買ったときにサドルについている反射板ですが、それだけでは頼りないのでテールライトも一緒に購入するとよいでしょう。

テールライトには、夜間は暗くなると自動で点灯してくれる機能のものがありますのでそちらをおすすめします。

お尻への負担を減らすレーサーパンツ

初めてロードバイクに乗った方の大半は「お尻が痛い」と思うでしょう。

ロードバイクはサドルが細く決して柔らかくはない素材です。今後ロードバイクを続けていく上で「痛いから乗りたくない」などやめる原因になってしまう可能性もあります。

レーサーパンツは、お尻の負担を軽減するだけではなく、たとえばペダルをこぐときに普通のズボンだとチェーンホイールに引っ掛かりズボンが破け、姿勢が崩れることがあります。

空気抵抗の観点からみても将来ロードレースに出てみたいと思われているかたは、是非履いてみてください。

「履くのが恥ずかしい」と思われている方もいると思いますが、最近ではロードバイクも注目されているため、レーサーパンツを履いていても恥ずかしいことではないです。

手の負担を軽減するグローブ

初心者のうちは前傾姿勢で無意識に体重をかけてしまうことが多く、ロードバイクのタイヤは細く硬いので衝撃が吸収されず手やお尻に負担をかけてしまいます。

さらに、もしも走行中に落車してしまったら掌をついて転ぶことが多いので、グローブをしていなければ皮膚が剥がれ大変です。さらに汗などでハンドルから手が滑ってしまう事態にもなりかねません。

衝撃を和らげるためと怪我をしないために、グローブは必須だといえます。夏場なら指切りグローブでいいでしょう。

落車して指から落ちることはあまりありません。冬場は防寒対策もあるので指まで隠せるほうがいいでしょう。

あると便利なおすすめグッズ

絶対に必要ではないですが、あればロードバイクライフを大いに楽しくさせてくれるグッズを紹介します。

目を守るサングラス

考えてみて下さい、たとえば、走行中に目に虫やホコリが入った場合に、目があけれずとっさの判断が遅れ事故につながることになるかもしれません。

また、サングラスをしていない場合としている場合では目の疲れが全然違います。

太陽の強い日差し、紫外線は目を疲れさせますし、冷たい風に当たると目からは涙がで視認性が悪くなります。

走行中に、目の外敵はたくさんあります。このことから、サングラスは必要だといえます。

またレンズの選ぶポイントですが、紫外線の量でレンズの色が変わる調光レンズ、光の反射を防いで、クリアな視界を確保できる偏光レンズ、こちらは釣りなどでも使われているレンズです。

レンズカラーは濃いほうが紫外線をカットしてくれますが、夜間の走行などには向いていません。ご自分の使用用途に合ったものを選んでください。

長距離を走るには必須のボトル

長い時間走行するのであれば、夏場であれ冬場であれ脱水症状にならないために水分補給は大事な要素の一つです。

走行中にわざわざバッグなどから出すのが煩わしい、そういう時はロードバイクのフレームにボトルケージを着けて、そこにボトルをセットするのがおすすめです。

信号待ちをしているときや走行中、飲みたいと思った時に飲めるように簡単に片手で操作できるタイプのボトルを選びましょう。

断熱材入りのボトルを選ぶことで保温・保冷に優れたものもあります。

選ぶポイントは、保温、保冷できるか、片手で簡単に操作できるか、ボトルゲージに入れられるか。

ほかには、なくてもいいのですが残りの量を確認できるかで選ぶポイントもあります。

工具を入れるサドルバッグ

サドルバッグには、携帯工具やタイヤチューブ、空気入れなどさまざまなものを入れます。

サドルバッグに最低限入れておきたいものは、工具、タイヤチューブ、タイヤレバー、パンク修理キット、携帯空気入れです。これらがあれば、最低限のトラブルには対応できるでしょう。

そのほかに、携帯電話や現金など必要になることもあります。サドルバッグは使用用途に応じて分けることもよいでしょう。

長距離走行ですと入れていくものも増えるかと思いますし、短い距離だと必要なものも少なくなります。

小さいサイズでも入れ方次第ではより多く入れられます。大きいものを先に、小さいものを後に入れる、使用頻度が低いものは奥に入れ、使用頻度が高いものは手前に入れる、こうすることでたくさん入り、出し入れが楽です。

パンク対策にチューブの予備

ロードバイクは段差などに乗り上げたり、異物を踏んだ時に普通の自転車よりパンクしやすいです。

パンクはタイヤ自体がダメになっているわけではなく、タイヤの中のチューブに穴が開いてパンクしているのがほとんどだと思います。

もしパンクしたまま走行を続けると、さらにチューブに穴が開いたり、タイヤも地面との余計な摩擦によりボロボロになり、さらにホイールまでゆがみや破損のダメージを与えてしまいます。

そのため、予備のタイヤチューブは不測の事態に備えて持っておいたほうがよいです。

さまざまな計測に使えるサイクルコンピューター

これはなくてもいいのですが、あったほうが楽しくロードバイク生活を送れます。

走行距離や速度、時間など測定できるのでモチベーションなどにつながるため、持っておいて損はないでしょう。

安いものは走行距離、速度、基本的な機能が搭載されているものです。

高いものでは、心拍数や回転数(ケイデンス)なども測れます。ほかには、バックライトやワイヤレスなどの機能が搭載されているものもあります。

快適に走るにはグッズを揃えることも大切

ロードバイクを安全、快適に走るために、これらのグッズを揃えてモチベーションを高くもち、楽しむことが大切です。

危険な事故や盗難これらに備えて必需品は早めに準備しましょう。

今はネット通販で安く買える時代ですのでそちらを利用してみるのもよいでしょう。ヘルメットや衣類は実際にお店で試着して、自分に合ったものを購入しましょう。

グッズを揃えていくと気分が上がり、走行が楽しくなるものです。ぜひこれらのグッズを用意して、ロードバイク生活をエンジョイしてください。

category

記事カテゴリー