建築士の仕事を目指す人へ。必要な資格の種類や、受験資格のこと

建築士の仕事を目指す人へ。必要な資格の種類や、受験資格のこと

BUSINESS 2018.04.04

建築士には、一級建築士、二級建築士、木造建築士の3種類の資格があります。それぞれの資格の違いは明確なので、自分がどんな建築士になりたいのかわかっていれば迷うことはありません。自分の夢にあった資格や受験資格について確認しておきましょう。

Share :

形となってずっと残る仕事

建築士の仕事としての魅力は、「建築物」という形となってずっと残ること。その建築物を通して、一人でも多くの人に幸せを味わってもらえれば嬉しさもあり、達成感もあります。

そんな「建築士」という仕事についての基礎知識を確認しましょう。

建築士が行う設計

建築士が行う設計は大きく分けると、構造設計、設備設計、意匠設計の3つがあります。設計は建築士の基本となる部分なので、確認してみましょう。

DODA

安全性を考える構造設計

構造設計は、建築物の土台や骨組みを設計することによって、その建築物の安全性を確保していきます。人間でいえば、体を支える骨格にあたる部分のことです。

地震が多い日本では、安全性の確保に耐震性が欠かせません。耐震性とは、地震に耐える性質のことです。地質調査の結果にあわせて、基礎の形式なども判断していきます。

建物の基礎は、建物の重さを受けるものなので、その基礎の形式はとても重要。安全性を優先しつつ、経済性や機能性なども考えなけれなばりません。ときには地盤改良も必要なので、 奥が深いところでもあります。

快適に過ごすための設備設計

設備設計は、空調、給排水、電気などの設備を設計することです。この設備設計によって、生活空間の快適さが決まります。人間でいえば、内臓や血管にあたる部分です。

空調、給排水、電気などの設備は、快適に過ごすためにはなくてはならない存在。また、 外からは見えないので、あまり意識されていません。しかし、一旦不調になれば、確実に生活に支障が起きてしまいます。そういう点では、細心の注意が必要です。

また、工場や公共施設、あるいはホテルなどでは、それぞれ専門の設計が必要に。独自のノウハウが必要になってくる分野なので、やりがいも感じられます。

デザインを考える意匠設計

意匠設計は、建物のデザインをする仕事です。一般的に建築設計というと、この「意匠設計」を思い浮かべる人が多いでしょう。人間に例えれば、 顔や体つきの部分です。

意匠設計には、外観のデザインや内部の間取り、さらには建物の配置なども含まれます。洋風や和風などといった外観デザインの好み、生活スタイルにあった間取り、日当たりや駐車スペースなどの建物の配置をお客様から傾聴し、設計に反映していきます。

まず、お客さんの要望を理解することが重要なので、コミュニケーション能力も必要になりますし、プロジェクト全体に気配りをする必要もでてきます。

建築の手続き

設計以外の仕事

建築士の仕事は建物の設計だけではなく、建築現場での監督業務といった仕事や建築に必要な手続きといった仕事などもあります。

建築現場での監督業務

建築士が行う建築現場での監督業務についてですが、これは、直接的に工事の進捗に責任をもって作業を監督するわけではありません。

あくまでも、設計図にそった工事が行われているかを確認することが基本です。もし、現場の事情で、設計図通りに作業ができない場合は、臨機応変に対応策を考えることも必要になってきます。

その場合は、職人の考えを吸い上げて設計の細部を見直すことが必要になったり、コストを考えて使用する建材を変更しなければならないこともあるかもしれません。建築士は、設計通りのものができるように、現場で指示を出すことも必要になってきます。

各種手続きを行う

建物を建てるときに、建築許可や道路使用許可などを申請しないといけない場合があります。建築許可は、建物を建築する許可をもらうための手続きです。市街化調整区域のように、都市計画法によって建物の建築が禁止されている場所があります。そういったところに建物を建てる場合に必要な手続きのことです。

道路使用許可は、工事のためにどうしても道路を使いたい場合に、道路を一時的に使用する許可をもらうための手続きです。道路を継続的に使用したい場合は、道路使用許可と道路占用許可の両方を申請します。いろいろな法律があるので、ちょっとした違いで手続きが変わったりもします。

各種手続きは、建築工事の内容にあわせて申請する必要があるのです。

レストラン建築

建築士免許の種類

建築士免許の種類としては、 建築士には、一級建築士、二級建築士、木造建築士の3種類があります。それぞれの免許によって、設計・工事監理できる建築物に違いがでてきます。

最も難易度の高い一級建築士

一級建築士は、建築業界では最上級の資格。最も難易度が高い資格です。あらゆる建築物の設計や工事監理ができます。

あらゆる建築物というのは、すべての建築物ということで、学校・病院・劇場・映画館・公会堂・集会場・百貨店など、高層ビルから住宅まで設計できるため、大きさに制限がありません。

あつかえる建築物に制限がないので、公共施設や商業施設のような大型プロジェクトに取り組むケースが多くなります。国を代表するような施設の設計も行うことが可能。一級建築士は、プロジェクト全体を見て仕事をするのが好きな人に向いているでしょう。

住宅規模が設計可能な二級建築士

二級建築士は、一級建築士にくらべると、 設計できる建築物の大きさなどに制限があります。

具体的には、延べ面積が500平方m未満のもの、高さが13mまたは軒の高さが9mを超えないものなどといった制限がついてきます。個人住宅のような一戸建てをイメージすれば、わかりやすいでしょう。一戸建てなら、鉄筋コンクリート、鉄骨、木造などの設計をすることができます。

一般の個人住宅を扱うだけであれば、二級建築士の資格で十分。二級建築士の資格で、個人事務所を開いている人も多いようです。二級建築士の仕事は、お客様とじっくり話しながら進めることができます。個人個人のお客様の笑顔のために建築をしたいという人は、二級建築士の仕事が向いているでしょう。

木造建築のみ設計可能な木造建築士

木造建築士は、木造の建築物をあつかう建築士です。 扱える規模も、1階または2階建ての木造建築物で、延べ面積が300平方m以下という制限があります。

木造建築士は、木造建築だけしか扱うことができないので、仕事が限定されてしまいます。しかし、木造建築の仕事をメインにしたいという人には、人気のある資格です。

木造建築で延べ面積100平方m以下でしたら無資格でも設計ができますが、木造建築士という資格があることで、木造住宅の専門家が存在するという形になります。木造住宅が多い日本ならではの資格です。

内装設計

建築士になるための受験資格

一級建築士、二級建築士、木造建築士、それぞれに必要な受験資格をご紹介します。

一級建築士には実務経験が必要

一級建築士を受験するには、実務経験が重要となってきます。以下は必要な実務経験の期間です。

● 四年制大学卒業した人:2年
● 短期大学卒業した人:3〜4年
● 二級建築士を取得している人:二級建築士としての実務経験が4年以上

建築の専門教育を受けずに一級建築士を取得しようとすれば、最低11年の実務経験が必要です。7年以上の実務経験を経て二級建築士を取得したあと、さらに、二級建築士としての実務経験が4年以上必要になります。

実務経験だけで一級建築士を受験しようとすれば11年かかりますが、四年制大学を卒業して実務経験を積む場合は、6年で受験資格が得られます。最初から一級建築士を目指している人は、大学に行く方法を選んでいるようです。

二級建築士は四大卒なら実務経験不要

二級建築士は、四年制大学を卒業すれば実務経験がなくても受験することが可能です。建築の単位がとれる高校を卒業すれば3年の実務経験があれば受験資格が得られます。

しかし、専門教育をまったく受けていない人は7年以上の実務経験が必要です。一級建築士を取得せず、二級建築士だけ取得する人もいれば、二級建築士で経験を積んでから一級建築士にステップアップ・キャリアアップする人もいます。自分のやりたい仕事にあわせて計画を立てることが大切でしょう。

木造建築士に必要な受験資格

木造建築士の受験資格は、二級建築士を受験する基準と同じです。

すでに木造建築の実務に携わっている人は、7年以上の実務経験を積むことで受験資格が得られますし、まだ実務に携わっていない人は、四年制大学に進むという方向性もあります。

二級建築士をもっていれば、木造建築士の仕事はすべてできますが、試験のうえでは、 伝統木材の知識がないと二級建築士でも解けないような問題があるので注意しましょう。木造建築士の仕事は、木造建築に限られているので、木造建築の仕事をメインで取り組むと決めた人にはおすすめです。

寝室設計

どんな建築士を目指すのかじっくり考えよう

建築士の資格は大きく分けて3種類ありますが、どの資格を取得するのかは「どんな建築士を目指すか」によって違ってきます。とにかくどんな建物にも挑戦したいのであれば、一級建築士を目指し、さらなる高みを追求していきましょう。

実務経験も必要なので、建築士としてどのレベルまで自分を成長させたいか悩んだときは、先輩からアドバイスをもらいながら取り組んでいけるとよいですね。

 

当てはまったら要注意。仕事を変えたほうがいいと思うポイント

仕事を辞めたいと思う3つのタイミング

仕事を辞めたいと思う瞬間っていくつもあると思います。

「仕事が面白くない」 「仕事ができないので、上司から怒られる」 「人間関係が最悪だ」 など仕事を辞めたい理由があります。

そのままストレスを抱えて、仕事を続けるのは辛いことも多く、 仕事に身が入らない、失敗を繰り返して、怒られるなどの悪循環に突入することがあります。 仕事を辞めたいと思うときはこんなのではないでしょうか。

まず自分の市場価値を知りましょう

いきなり転職活動をしてはいけません。まずは自分の市場価値を調べてみることです。

自分の市場価値を調べる意味とは?

転職するには自分の市場価値を把握しておくことが重要ということがわかりました。 今すぐに転職する意思がないとしても、いつ仕事を辞めたくなるかわかりません。 不安になったらセーフティネットを張る意味でも、自分のスキルの洗い出しと、市場価値を把握しておくことだけでもしておくべきだと思います。 いつでも転職できると思っていた方が、気持ちが楽になるのです。

どうやって自分の市場価値を調べるのか

無料の転職診断を使う

もう一つは、転職サイトが出している自分診断で把握すること。 おおよそ10分くらいで、登録できるのでおすすめです。適正年収や、強みや弱みを理解できることも大きなメリットです。 別に今すぐ転職をしなくても良く、結果だけを知ることができるので、おすすめです。 他の転職者と比べて自分がどうなのか、そもそも自分の現在の市場価値はどれくらいかを客観的に判断してくれます。

【完全無料】市場価値をチェックできる転職サイトMiidas

ミイダス

ほとんどの方が、転職先のマッチ度が低いと感じている理由は、自分の得意な分野や市場価値を知らないことでミスマッチが発生します。 10分程度の簡単な質問に答えていくだけで、「適正職種」「業務遂行能力」「マネジメント資質」「上司とのマッチ度」「ストレス条件」など5つの項目を診断。 その後、最適な仕事を紹介してくれます。Miidasで転職した方は、転職先とのマッチ度が高まっています。



無料で市場価値をチェック

typeの適職診断

typeの適職診断は、簡単なアンケートを答えるだけで、自分の適職を診断してくれる機能があります。5分程度で簡単にチェックできます。





詳細を見る

転職エージェントで聞いてみる

転職エージェントに相談をすることです。まだ転職の意思が明確でなくても、 相談してみても良いでしょう。その際に、転職の意思がすぐにないことを最初に伝えておけば大丈夫です。 転職のプロに1対1で話せる時間が作れるので、客観的に分析してもらうのが良いでしょう。

リクルートエージェント

リクルートが運営するエージェントです。



詳細を見る

マイナビエージェント

非公開案件が豊富で様々な職種があります。特に、エージェントの対応で評判がよく、しっかりとキャリアプランを考えてくれます。



詳細を見る

スキルを高める方法

英会話

英会話を身に着けてスキルアップをしていきましょう。 外資系企業だけでなく、最近はグローバル化の流れで英語を使う企業が増えています。 転職の際にも、プラスになるでしょう。

自宅で簡単!オンライン英会話【エイゴックス】


自宅で簡単にオンライン英会話ができます。パソコンやスマートフォンがあれば、英会話レッスンが受けられます。 講師も選べるので、無料体験で相性の良い講師を見つけていきましょう。 また、レベルに合わせたレッスンがチョイスできるので、自分のスキルに合わせて検討してみましょう。 時間単位なので、長続きできるか心配な方や、初心者の方はこのサービスがおすすめです。



無料で体験してみる

ECCの【大人が楽しい英語】


ECCというとキッズ向け英会話のイメージがありますが、大人が学べるを英語をテーマにしたサービスです。 日常の何気ない会話からビジネスでの活用まで幅広く選べます。



詳細を見る

24時間オンライン英会話EFイングリッシュライブ


初心者から上級者まで対応しているオンライン英会話です。初めての方でも安心して学べるようにステップに応じたカリキュラムが選べます。



詳細を見る

プログラミングスクール

プログラミングを習得して、転職や年収アップを目指しましょう。 最近では、エンジンアのニーズが高まっています。 プログラミングは難しいと思われがちですが、最初はこうしたプログラミングスクールを通って、基礎的な考え方をマスターしていきましょう。 全く違う業界からの転職も目指せます。

3ヶ月で身につくTECH BOOST


CSS/HTMLなどの基礎的な技術から、AIやブロックチェーンを学べるプログラミングスクールです。 初心者が取り組みやすいようにカリキュラムが組まれています。



まずは無料のカウンセリングを受ける

category

記事カテゴリー