人気のキャンプテントって?悩みを解決してキャンプライフを楽しもう

人気のキャンプテントって?悩みを解決してキャンプライフを楽しもう

CAMP 2018.03.29

今とても人気となっているキャンプ。これからキャンプを始めたいという方、テントを買い替えたいと考えている方の中には、人気のキャンプテントを知りたいという方も多いはず。選ばれている商品や理由を参考に、お気に入りのキャンプテントを見つけましょう。

Share :

今人気のキャンプテントランキング

あなたはテントに何を求めていますか?機能性でしょうか。それともデザインでしょうか。自分のお気に入りのテントをみつけてキャンプがより楽しくなるように、また友人に自慢できるようなテントがきっとみつかるはずです。ですがキャンプを楽しむためにはいくつかのポイントをおさえる必要があります。またどういった機能性があるのかについても理解を深めましょう。

キャンプテントを選ぶポイント

テントタイプと特徴を知る

キャンプで使われるテントには数種類のテントがあります。ワンタッチで開閉可能のものや、ポールが1本で組み立てられるもの、ポールが3本必要なものや、2本で組み立てる事ができるものとさまざまになります。

またテントは住居スペースになるので機能性や、組み立てやすさを求める人とさまざまではないでしょうか。テントの種類や特徴を理解したうえで、自分に合ったテントを探すことが快適なアウトドアへの第一歩といえます。

ドーム型テント

1番ポピュラーなテントになっているといえます。組み立て方も初心者の方には立てやすいテントとなっているといえます。

このテントは1人で組み立てる事もできますが、最初は手こずるでしょう。しかしコツさえ掴んでしまえば10分程で組み立てることができます。初心者の方におすすめのタイプといえます。

ですがテントのみになりますので、タープやスクリーンが別途必要になります。

2ルームテント

名前の通り1つのテントに寝床とスクリーンテントがついているものになります。簡単に言うと1DKです。またこちらは上記のドーム型テントよりもやや設営に難度高めとなっています。1人では立てるのが難しい2ルームテントは2人以上で立てる事をおすすめします。

またこちらの2ルームは初心者にはあまり向いているとは言えません。ですが最近はアシストがついているものもありますので2ルームテントを選ぶ時はアシスト付きに注目してください。

アシスト付きであっても人数は確保する事をおすすめします。

モノポールテント

こちらは三角のテントになっています。インディアン形になっていてとても可愛らしいテントです。このモノポールテントはポール1本で設組み立てをすることができるものとなっています。入口の開閉以外にも天井にも開閉口がついているので空気の入れ替えをする事も可能ですし、寝転がりながら夜空を見上げるのもいいですね。

さまざまな柄や色があるためデザイン重視の人はモノポールテントもいいでしょう。

使用時をイメージして快適に過ごせるものを

キャンプを楽しむためにはデザインはもちろんですが、使用人数や居住空間の広さも重視しなくてはならないところです。また耐水性もしっかりチェックする必要があります。雨の日にキャンプに行かないからといっても朝露などでテントが濡れてしまうからです。それでもデザイン重視をと考えているのであればテントの下にブルーシートを敷く事をおすすめいたします。

今人気のおすすめキャンプテント6つ

コールマン タフスクリーン2ルームハウス

スクリーンタープが一体となっているタイプになります。このコールマンのタフスクリーン2ルームテントは日光を90%カットする事で、夜の睡眠を快適にする事ができます。

少し前のものだとアシストがついていなかったため、1人で組み立てることは難しいものでした。しかし最近の2ルームテントは初心者の人でも立てられるようにアシストクリップがついています。なのでキャンプ初心者であっても手こずることなく組み立てることができるでしょう。

また電源コード引き出し口がついているので中に電源を持ち込むことができ、開閉口を開けっ放しにし虫が入る心配も減ります。また吊り下げ式テントを外す事でスクリーンタープとして利用する事ができます。

中にはアシストがついていないものもありますので、購入時は必ずアシスト付きかを確認してください。

コールマン オアシステント

コールマンオアシステントは70年代キャンプテントのリバイバルとなっています。こちらのキャンプテントは3本のポールで組み立てる事ができるので簡単に組み立てる事ができます。

またコットン素材となっているため夏でも涼しくとても快適に過ごすことができるようになっています。ですが、冬向きではないので秋口などキャンプに行く場合は冬用のテントが別途必要になうといえます。

そして四角い形をしているので丸型のテントのように圧迫感がなく快適に過ごす事ができ、空間も狭く感じることがなく夏にぴったりのテントです。

キャンパーズコレクション プロモキャノピーテント7

人気のプロキャノピーを1まわり大きくしたキャノピードーム型のテントになっています。

このキャノピーは前室は広く作られている事によってタープがなくても開いてポールを立てる事でタープの役割を果たしてくれるものとなっています。また靴の脱ぎ履きがしやすいという事や、雨が降っていても靴が濡れずに済みます。

室内はランタンフックがついている他、メッシュポケットやマルチリングがついています。マルチリングに紐を通すことで洗濯物を干す事ができより快適にすごす事ができるようになっています。

居住スペースも背が高いため大人でも窮屈と感じる事がなく使用する事ができ、圧迫感なく快適に過ごす事ができるでしょう。

スノーピーク アメニティドームL

アメニティードームの中で1番大きいサイズとなっています。

こちらのテントは背を低くする事で風が吹いても風が通り抜けていくという設計になっており、高い耐久性を期待できる商品といえます。

また耐水性にも優れていて、一般的な耐水圧1000〜1500mmに対してアメニティードームLの耐水圧は1800mmという表記になっています。さらにメッシュシェルターと連結する事ができるのでより広く利用することができます。

前室は大きい作りとなっているため、濡らしたくない荷物を入れておくことはもちろん、リビングスペースとしても利用することができます。

また出入口が横にあり大きなつくりとなっているため、居住スペースへ出入りやすくなっている他、荷物の搬入もしやすいという特徴があります。

YOTECE ワンタッチテント

こちらのYOTECE ワンタッチテントは名前と通りワンタッチで簡単にテントを立てる事ができます。

このテントは3〜4人用であるにも関わらず、折り畳み時の大きさは73cmとなっており、重さも3kg程と軽いものとなっています。

あまり荷物を持っていきたくないという人や手早くテントを立てたい方、使用頻度の少ない方におすすめの商品となっています。

またダブルジッパー構造になっているので中からも外からも簡単に開閉をする事ができます。そして何と言ってもこのワンタッチテントはサンシェードにもなるので海水浴やBBQと幅広く利用することができます。

キャンプ初心者の方でも簡単にテントを組み立てることができるといえます。

ロゴス neos PANELドゥーブルXL

こちらロゴスneos PANELドゥーブルXLも2ルームになっています。このテントは車との連結ができるというのが魅力の一つです。

キャンプへ行く日が雨だなんて誰も分かりません。天気予報は晴れだったのに、海や山に近づくにつれ雨が降ってきた、なんて事も。そんなとき、車と連結ができるテントを使うことで雨の日であっても荷物を濡らす事なく運び入れる事ができます。

またこのロゴスneos PANELのPANELシステムというのが、2本のキャノピーで簡単にタープが作れるという優れものなのです。またクロスパネルの湾曲部分がある事によって室内がより広く感じるという事、独自の筋交い構造によって開閉した部分がより強度を期待できるというもの、他にもランタンをつる場所や車との連結、雨水で沈まないという特徴があります。

好みのテントを見つけてキャンプを楽しもう

キャンプテントを選ぶ基準は人それぞれ。簡単なワンタッチ式、ちょっと大変だけど2ルームテント、一人でも組み立てる事ができるドーム型のテント、ポール1本で組み立てる事ができるモノポールテント、キャンプの頻度やこだわり、テントのデザインでお気に入りを見つけましょう。また耐久性や耐水性も重要視する事でよりキャンプを楽しめるでしょう。

category

記事カテゴリー